日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




動画&文章①:チェルノブイリ原発事故・終わりなき人体汚染

Category: 原発・環境問題   Tags: チェルノブイリ  NHK  削除  菅政権  
福島原発の今後を占う意味でも、25年前のチェルノブイリの過去・現在を検証していきたいと思う。

そのためには、まず現在も残されている動画を見るとわかりやすい、ということで一週間の予定で、今後、チェルノブイリ原発の動画をお届けしたい。

まず、現在、すごい勢いで削除されているということで、アップするときにはすでに削除されている可能性もあるNHKものだが、海外の動画サイトで日本語の書き起こしたものが、貼り付けられていたのでお借りし、動画削除後でも内容はわかるようになった

チェルノブイリ原発事故・終わりなき人体汚染 1-4



チェルノブイリ原発事故・終わりなき人体汚染 2-4




*****人気ブログランキングへ***** にほんブログ村 政治ブログへ**********




①「終わりなき人体汚染~チェルノブイリ原発事故から10年~​」書き起こし
(NHKスペシャル、1996年4月26日放送、NHK制作)

 10年前の今日、チェルノブイリ原発4号炉の爆発によって人類​史上最悪の放射能汚染が引き起こされた。30万人以上が家を失い、​今も700万人以上が汚染された大地に暮らしている。事故直後コン​クリートによって封じ込められた4号炉は未だに強い放射線を出し続​けている。放射能は人々から大地と家を奪い続けている。夥しい量の​死の灰が広大な大地に降り積もり、人が住むことのできない汚染大地​を作り出した。
 事故がもたらした人体への影響は、10年という歳月を経て風化​するどころか、逆に深刻さを増している。長い潜伏期間を経て、癌や​白血病などが急激に増加している。そして、放射能の影響は脳にまで​及んでいることが分かってきた。被爆者の身体の中で何が起きている​のか。世界中の科学者が詳しい調査や分析を進めてきた。その結果、​新しい事実が次々と明らかになってきた。チェルノブイリ原発事故に​よる放射能人体汚染は、10年という時を経て、私たちの前に想像を​はるかに超える姿を見せ始めた。


テロップ「終わりなき人体汚染~チェルノブイリ事故から10年~​」

 10年前チェルノブイリ原発事故で被曝し、避難してきた人々の​間に、また悲劇が起きた。一人の幼い命が失われたのだ。少女は事故​当時3歳だった。4ヶ月前背中に小さな瘤ができ、手術を受けたがそ​の後再発。見る見る病状は悪化し、癌で亡くなった。5000人余り​の避難民が暮らすこの地区で、毎週のように人々が亡くなっている。​少女の死はチェルノブイリ原発事故の呪縛から今も逃れられない現実​を改めて見せつけた。
 1986年4月26日未明、チェルノブイリ原発4号機が突然爆​発、炎上した。広島型原発500個分以上の放射性物質が放出され、​原発周辺は強烈な放射能に包み込まれた。
 放射能が最初に襲った町は、原発からわずか3㎞のプリピャチだ​った。しかし事故が起きたことは市民には伝えられず、人々はいつも​と変わらぬ朝を迎えていた。
 これは事故当日のプリピャチの映像。画面の一部が時々白く光る​のは、強烈な放射線でフィルムが感光しているためである。

 チェルノブイリから放出されたセシウム137などの放射性物質​は、上空1500mにまで舞い上がり、ヨーロッパを始め、世界中に​広がった。
 原発から半径600㎞の汚染は深刻で、その面積は12万平方㎞​、日本の国土の3分の1近くにも達する。
 黄色から濃い赤になるほど汚染レベルが高いことを示す。一番濃​い赤の地域は、東京のレベルの40倍以上にも達している。最も汚染​の少ない黄色の地域でも日本の基準では立入禁止区域に相当する。
 WHO(世界保健機関)の調査によると、未だに780万人もの​人々がこの汚染地域で生活し、放射線を浴び続けている。

(子供たちが無邪気に遊ぶ様子)

 広島や長崎では、人々は一瞬のうちに大量に被曝した。しかし、​チェルノブイリでは、住民が長期間にわたって少しずつ放射線を浴び​続けているのだ。

(子供たちが遊んでいる場所の放射線量。ガイガーカウンターは0​.772μSv/hを示している。)

 住民は、放射能が降り積もった大地から直接放射線を浴びている​。さらに、汚染された空気や水、そして食物が体内に入ることによっ​て、体の中からも被曝している。住民は10年間、2つの被曝を同時​に受け続けてきたのだ。

(『IAEA チェルノブイリ調査報告書』1991年の映像)

 チェルノブイリの放射能による人体への影響はどのように考えら​れてきたのか。これは、事故から5年後、IAEA(国際原子力機関​)がまとめた報告書である。当時の住民の健康状態を調査した結果、​「放射能が直接影響したと考えられる健康被害は認められない」と結​論づけている。そして、今後起こりうる住民の健康被害については、​「将来、癌または遺伝的影響による増加があったとしても、それは自​然の増加と見分けることは困難であろう」と予測している。
(ウクライナ共和国キエフ市の映像)

 しかし、IAEAの予測に反して、その後深刻な事態が次々と起​き始めた。異変は、まず子供たちに起きた。

(少女が治療を受ける映像)

 この少女は小児甲状腺癌の治療を受けている。本来100万人に​1~2人しか罹らないという小児甲状腺癌が、子供たちを中心に急激​に増加し始めたのだ。
 甲状腺は、身体や脳の発達に不可欠な甲状腺ホルモンを作る重要​な器官である。チェルノブイリ事故により放出された放射性物質の1​つ、ヨウ素131は、体内に入ると甲状腺に蓄積しやすく、癌を引き​起こす。その結果、甲状腺ホルモンの分泌異常が起き、成長期の子ど​もの身体や脳の発達が遅れてしまう恐れがある。
 この少女は事故当時4歳だった。チェルノブイリ型の甲状腺癌は​、通常のタイプに比べて進行が早く、転移しやすい特徴がある。この​ため発見され次第、直ちに手術しなければならない。この少女の甲状​腺にも癌の黒い影が発見された。

キエフ内分泌代謝研究所 ミコラ・トロンコ所長「最初に子供たち​に甲状腺癌が増え始めたときは、私も正直言って放射能の影響と言え​るかどうか半信半疑でした。しかしその後、汚染の高い地域ほど患者​が多く、しかも癌のタイプが通常のものと違うことから、放射能の影​響に間違いない、と確信しました。これからさらに患者は増えていく​、と予想しています」

 WHO(世界保健機関)の調査によると小児甲状腺癌は、事故か​ら4年後の1990年から急激に増え続けている。

*****人気ブログランキングへ***** にほんブログ村 政治ブログへ**********


(キエフ小児産婦人科研究所の映像)

 最近、汚染地域に住む妊婦たちの身体に様々な異変が起きている​ことが分かってきた。キエフ小児産婦人科研究所では、事故直後から​汚染地域に住む妊婦2万人以上について、出産に関する詳しい調査を​続けてきた。その結果、汚染地域の妊婦の貧血が、事故前に比べて1​0倍に増えたほか、死産や早産が多く発生していることが分かった。​
 出産異常の原因をさらに詳しく分析してみると、子宮内出血や早​期破水が増える傾向にあり、主に母胎の異常が死産や早産を引き起こ​していることが分かった。

(一人の妊婦の映像)

 妊娠5ヶ月のこの女性は、事故当時11歳だった。これまでに一​度死産を経験しているため、不安を感じてこの研究所に検査を受けに​やってきた。

医師「胎盤が厚くなりすぎています。胎児に酸素不足の兆候があり​ますね」

 胎盤は、胎児に酸素や栄養を供給する重要な役割を果たしている​。胎盤は通常この時期(妊娠5ヶ月)であれば2㎝ほどの厚みだが、​この妊婦の場合5㎝以上に肥大している。これは子宮内の酸素が不足​していることを示し、このままでは胎児の成長に深刻な影響が出る恐​れがある。
 画面右側が胎児の頭。この胎児の頭の直径は4㎝ほどしかなく、​通常の胎児に比べて成長が遅れていることが分かった。この研究所で​は、こうした妊娠中の異常は、汚染地域の妊婦によく見られると指摘​している。

キエフ小児産婦人科研究所 ダシケビッチ産婦人科部長「深刻な状​況です。かつてのIAEAの予測と大きく食い違ってきています。私​はその原因は、長期間の被曝のためだと思います。今後、長期的な被​曝の影響を注意深く調査していかなければいけないと思います。また​、妊婦や新生児に染色体の異常も見られるので、今後世代を超えた遺​伝的な影響が出てくるかもしれません。」

 汚染地域では事故後、人工中絶の数が急増している。放射能によ​る被曝が胎児に悪い影響を与えるのではないか、という不安もあるか​らだ。

(ミンスク遺伝性疾患研究所の映像)

 ミンスク遺伝性疾患研究所。ここではチェルノブイリ原発事故に​よって被曝した妊婦の染色体にどのような変化が起きているのかを調​べている。放射能の汚染地域に住む妊婦2000人以上の血液細胞の​染色体を詳しく分析してきた。その結果、被曝量が高い妊婦ほど染色​体の異常の程度が大きいことが分かった。染色体には、親から子へ生​命の情報を伝える遺伝子が乗っている。

(2つの染色体が画面に示される。)

 右の染色体の上の部分にわずかな異常が見られる。もしこの部分​の遺伝子の異常が子どもに受け継がれると先天性障害に繋がる可能性​がある、とこの研究所の専門家は見ている。

ミンスク遺伝性疾患研究所 ゲナジー・ラジュック所長「われわれ​の調査では、妊婦の染色体の異変ばかりでなく、新生児の先天性異常​も汚染の高い地域ほど増えていることが分かりました。その原因とし​ては、ストレスや栄養障害や化学物質による汚染など様々な複合的要​因が考えられます。しかし、それらの中でも1つの大きな要因として​、放射能の影響を考えなければならないと思います」

 この研究所の調査によると、放射能の高濃度汚染地域では、先天​性の異常を持った新生児の数が事故前の1.8倍に増加している。

(①終)


チェルノブイリ 終わりなき人体汚染 2/4
しかし、汚染地域の妊婦の染色体異常と新生児たちの先天性異常​の増加に因果関係があるかどうかは、まだ分かっていない。ラジュッ​ク所長(ミンスク遺伝性疾患研究所)は、今後さらに詳しい調査と、​遺伝子レベルでの研究を進めていかなければならないと考えている。​

 放射能は人類にとって未知の部分の多い存在だ。チェルノブイリ​原発事故によって放出された放射能が人体にどのような影響を与えて​いるのか、その全容はまだ解明されていない。



参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

共感したという方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

全くその通りと思えた方は拍手をお願いします



「広告」



  チェルノブイリ原発事故から10年後の1996年に放映された『チェルノブイリ原発事故 終わりなき人体汚染』。 よく知られている子どもの甲状腺ガンはもちろん、出産異常、妊婦の染色体異常と新生児の先天性障害の増加、免疫力の低下による頭痛や疲労感などの様々な慢性
ビン・ラディン容疑者殺害ニュースでマスコミが大騒ぎしているため、国民の生活に重大な影響がある福島第一原発のニュースがかすんでいるが、作日5月3日(火)の日経新聞の「経済2」ページが、福島第一原発の放射性物質について報じている。
テレ朝「朝まで生テレビ」は意図的に対立をつくり出してきた。 対立する意見をもった両者に議論させることで、問題を浮きぼりにする。 伝統的にそういう手法を使ってきた。 4月30日は司会の田原総一朗を...

Comments

Leave a Comment

ama
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日米地位協定
日米地位協定
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
公文書問題 日本の「闇」の核心
公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
スノーデン 監視大国 日本を語る
スノーデン 監視大国 日本を語る (集英社新書)
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた (講談社現代新書)
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか (講談社現代新書)
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
「アベ友」トンデモ列伝
「アベ友」トンデモ列伝
安倍「4項目」改憲の建前と本音
安倍「4項目」改憲の建前と本音
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
Page Selector
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
知りたくないではすまされない
ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
知りたくないではすまされない ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
安倍政治 100のファクトチェック
安倍政治 100のファクトチェック (集英社新書)
改訂版 全共闘以後
改訂版 全共闘以後
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
対米自立
対米自立
rakuad2
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体 (講談社現代新書)
rakuad03
Black Box
Black Box
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
スポンサードリンク3
 
 
注目ブログ
 
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
オンライン署名
 
 
IWJサポート
 
 
raku3-2
 
 
raku3-2-03
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...