小沢派16人の会派離脱は政界再編の引き金になるか!次の一手は新党か!?

とうとう小沢派が動き出した。

16人の比例選出の衆議院議員が、会派離脱と新たな会派を設立した。

声明文をまず転載させていただく。


「約束を果たす民主党への回帰宣言」

「今の菅政権は、国民との約束を果たす本来の民主党政権ではない」 今、民主党議員の多くが強くそう感じている。「国民の生活が第一」の政治理念は、おととしの衆議院総選挙での、民主党と国民との最大の約束だった。しかし今の菅政権ではどんな事態が進行しているだろうか。


 総選挙では、予算のムダを徹底的に削り、新たな政策の財源に充てるとしたマニフェストを掲げ、政権交代を実現した。しかし、「予算の総組み替えなどを行う」と主張していたのに、ほぼ手つかずの一方で、先週、菅総理大臣は、「衆議院の任期中上げない」としていた消費税については、「来年度末までに法的な対応をしなければいけない」と発言し、増税への意欲をあらわにした。
 菅政権は国民との約束、マニフェストを捨てたのである。


 また、政治家主導で日本を立て直すはずが、目玉とされた国家戦略局の設置法案は実現せず、公務員制度改革も反古(ほご)にされている。官僚に頼り放しだが、尖閣問題や北方領土問題など、もっとも政治主導であるべき案件で失敗すると官僚のせいにする。
 菅政権は政治主導の御(み)旗も捨てたのである。


 菅政権は、民主党の理念、そして「国民の生活が第一」という国民の皆様への約束をも捨て去ったのである。

 菅政権が本来の民主党の政策を捨て、本来の民主党の政治主導を捨て、本来の民主党の国民への約束を捨て去って省みないならば、それは国民が願いをかけた本来の民主党そのものを捨て去ることになる。

 そして、このことは、本来の民主党への支持の上に比例代表で当選した我(われ)々(われ)の存在意義すらも打ち消すことになる。

 我々は民主党と国民との約束の上に存在する比例代表の議員だからこそ、本来の民主党の姿とはかけ離れた今の菅政権にはもう黙ってはいられない。みすみす旧来からのしがらみにはまり込み、無原則に政策の修正を繰り返す菅政権に正当性はない。我々は今こそ「国民の生活が第一」の政策を発信し、国民の信頼を取り戻していかなければならない。

 しかし、我々は、民主党に対する信頼が地に落ちた今となっても民主党を捨てるつもりはない。歯を食いしばっても、国民との約束であるマニフェストの実現に取り組む我々こそが、本来の、そして真の民主党であるからだ。

 従って、我々は、国民との約束を果たす議員集団であることを、改めて国民の皆様に行動で示すために、衆議院での民主党・無所属クラブとは分かれ、新たに院内会派を設立する。そして同志一同が結束して、「国民の生活が第一」の政策を実行すべく今後、行動を展開していくこととする。

 2月17日 民主党・衆議院比例代表単独議員有志一同

会長    渡辺浩一郎  
会長代行  豊田潤多郎
副会長   三輪信昭 熊谷貞俊 菊池長右工門 高松和夫
幹事長   笠原多見子
幹事長補佐 水野智彦
副幹事長  渡辺義彦 石田三示 川口浩
事務局長  石井章
事務局次長 大山昌宏 小林正枝 相原史乃
事務局補佐 川島智太郎


*****人気ブログランキングへ***** にほんブログ村 政治ブログへ**********

●PDF:http://p.tl/rE9n

●新会派結成宣言・全文 菅政権に痛烈なダメ出し(産経新聞2011.2.17

最近、スッカラ菅執行部の醜悪な左翼赤軍派スタイルがもたらす極度なストレスと閉塞感で、イライラとマグマが溜り、党員資格停止の常任幹事会においても、仙谷が事実誤認(起訴猶予と勘違い)をして処分をしようとしている件で頂点に達しようとしていた時に、この痛烈な菅政権批判に元気を頂き、スカっとした気分にさせていただいた。

仙谷の事実誤認で川内博史議員が怒りのツイート
kawauchihiroshi 1:38 AM Feb 16th 小沢さんの処分問題を議論した常任幹事会。仙谷さんの重大な事実誤認が明らかになった。仙谷さんは、東京地検の小沢さんへの処分を「起訴猶予だった。だから検察審査会が事件として取り上げ、起訴議決をしたのだ」と発言。事実は、「嫌疑不十分による不起訴」が正しい。処分の前提が間違っている。≫

ニュースと並行してツイッターで怒涛のつぶやき、45ツイートをしてしまった。(もしかして一日で最高新記録かも)

この16人の会見でのミソは、何と言っても予算関連法案に関しての発言である。
代表の渡辺議員が記者の質問に対して次のように答えている。

――平成23年度予算関連法案への対応は?

「大変、大事なことだと思いますけれども、私どもに、今宣言で申し上げた通り、今までのマニフェストが大変大事だと思いますので、マニフェストに照らし合わせて、中身を精査して判断をしたいと思ってます」

――会派が別ということは投票行動が民主党の行動と別になることもあり得る?

「そうです。あり得る」

是々非々で対応し予算にも反対することもあり得ると言っているのだ。

これには、さぞ、現執行部に激震が走ったであろうし、表面的には「たいしたことはない」ようなことを言っているが、かなりの衝撃だったはずだ。

海外メディアもそのことを報じている。

●民主議員16人が会派離脱届、予算・予算関連法案で別行動も(ロイター

社民党を巻き込んで、なんとか衆議院で再可決の2/3の数、318議席を確保しようと躍起になっていたが、その社民党からも見放され、身内からも離反者が出れば、もう3月危機は確実な情勢である。

また、渡辺氏は小沢さんに相談したのかと聞かれて、次のように答えている。

「今申しましたように、私どもは、小沢元代表を大変尊敬をしておりますし、自分の行動は自分で決めろとよく言われていわれておりましたので、今回はそういうことは抜きにして、小沢元代表とか、何かと、接点をとることではなくて、自分たちの判断で行動したわけなんですね。ですけれども、一応、まあ、私どもは民主党に所属しておりますので、今朝ですけれども、小沢氏の秘書さんに一応の連絡をとってこういうことをしますという報告だけはいたしました。伝えておきますという話はありましたけれど、私どもは接点をまったくしておりません。本人とはですね」(産経新聞2011.2.17 13:19

今後、この新会派に合流する議員も増えるという。

≪元代表に近い幹部は「50人ぐらいに増えかねない。エスカレートして離党するかもしれない」と語った。鳩山由紀夫前首相は「政権交代した意義を考えた中での行動だ」と理解を示した。≫(日経

*****にほんブログ村 政治ブログへ*****人気ブログランキングへ**********

まさに菅政権の終わりの始まりであり、政権崩壊の序曲、政界再編の幕開けである。

これには防戦一方だった小沢派が、いよいよ打って出たといっていい。

ある程度綿密な計算があるような気もする。

小沢支持者の中では、最近は一方的に貶められてきた腹いせもあり、一挙に爆発してもろ手を挙げたこのニュースに飛びついたことだろう。

そんなお祭り騒ぎの中で、冷水を浴びせる報道をしたキャスターがいる。(いつものことだが)

NHKのニュースウォッチ9の大越健介キャスターである。

そのニュースを見て速攻でツイートした。

≪NHKで大越がまた恣意的報道、会派離脱の16人は比例名簿で低い人達。自分はまさか当選するとは思わなかったような人たちで、この時に選挙を仕切ったのが小沢一郎。だから今回決起した。この報道にはクレームコールを! NHK・TEL:0570-066ー066≫

番組では、大きな一覧表で、それぞれの比例区の名簿の番号を記載して、この16人が名簿の順番の中でもかなり低いラインにあり、当選ラインぎりぎりの議員ばかりであることを丁寧に解説していた。

これについては、本当の事だからしょうがない。中には議員秘書で名簿を出すために名前を貸したというような人もいるだろう。

その大越キャスターの解説をビデオを見ながら文字にしてみた。

大越「たとえば、東京選挙区を見ていると、渡辺浩一郎さんは29位で上位の方々は小選挙区との重複立候補で、このときは民主党が大躍進して、そのほとんどが小選挙区で当選してしまった。」

・・・

「今回の16名の人たちは民主党の大躍進という恩恵を受けて当選した人たちで、中には自分はまさか当選するとは思わなかったと選挙後に正直に語っていた人もいたぐらいだったんです。」

青山祐子アナ「へえー、民主党の恩恵を受けたこの方達が、どうしてこのような行動に出たんでしょうか?」

大越「この時の衆議院選挙を仕切ったのが誰かといいますと、この方ですよねえ」(小沢さんの顔写真とその下に「選挙の責任者」の文字入りの大きなフリップを出す)」

青山「はあ-、小沢さーん」(呆れたような口調で)※ここがポイント

大越「はい、まあ、当時代表代行だった小沢一郎さん、ええ、この方々を名簿に載せて、しかも結果として当選に導いたのは、まさにこの小沢氏だったわけです。つまり、この16人にとっては小沢氏は恩人、しかも16人は小選挙区という基盤を持たないですから、政治活動の縁(よすが)はまさにこの小沢さんだったというわけです。」

だからどうしたと突っ込んでみるも、その後のことは何も言わない。印象操作を巧みにしていると言える。

こうしてビデオを見ながら検証していくと、至極当たり前のことを言っているとも思えるが、これを再び通してみてみると、最初のツイートをした印象が当たっていたことがわかった。

大越キャスターの言いたいことは、あくまでもこの16人は小沢氏の子分であり、親分の党員資格停止の党の処分に対する不満の表れで今回の行動があること、その背後に小沢氏がいて彼らを操っている事を、客観的な情報を報道しているように見せかけつつも、一番そのことを伝えようとしていることがよくわかった。

こんな公共放送で偏向報道を繰り返すNHKには、断固抵抗しなければなるまい。即効で抗議の電話をした。

この16人の名前を見ると、あまり目にしない、聞いたことがない名前が多いことは確かである。

≪渡辺浩一郎(比例東京)、大山昌宏(比例東海)、小林正枝(比例東海)、菊池長右ェ門(比例東北)、三輪信昭(比例東海)、石井章(比例北関東)、豊田潤多郎(比例近畿)、石田三示(比例南関東)、水野智彦(比例南関東)、相原史乃(比例南関東)、渡辺義彦(比例近畿)、高松和夫(比例東北)、熊谷貞俊(比例近畿)、川島智太郎(比例東京)、笠原多見子(比例東海)、川口浩(比例北関東)≫(産経新聞

*****にほんブログ村 政治ブログへ*****人気ブログランキングへ**********

早速、岩上安身氏がインタビューしている。
≪2011年2月17日、民主党比例代表選出の衆議院議員16人が、民主党の会派を離脱し新会派「民主党政権交代に責任を持つ会」を結成しました。その幹事長である笠原多見子議員への緊急インタビューです。≫


●笠原多見子衆議院議員インタビュー1(2011年2月17日)





●笠原多見子衆議院議員インタビュー2




岩上氏も最後に言っておられるが、菅政権は、強引な党運営、強引な政権運営の果てに、内部からの造反によって行き詰まりを見せたと。

また、笠原議員の言葉で印象に残ったのは、09年マニフェストに沿って法案を出そうともせず、やればいくらでもできるのに、マニフェストと関係ないことを突然出してやろうとしている。可視化でもやろうと思えばすぐにでも始められるのに。

このカンカラ菅政権と執行部の面々、には跡形もなく消えていただきたい。

このエントリーの中で書こうかどうしようかと迷った気になったことがあるが、少しだけ書いておくことにした。
昨年末から、民主党として小沢さんをギリギリ追い詰めて造反させ、菅政権を転覆させたあとの政権を虎視眈々と狙っている輩がいるとすれば、仙谷・前原コンビだ、ということだ。

また、今回の会派離脱も奴ら(米国・財界・マスコミを含めた)の計画の中に入っている、むしろ主導したという可能性もあることまで、留意しておかなければないらないと思う。

会派離脱についてのニュースは、昨日の深夜、既に読売が報じていた。(読売新聞2011年2月17日03時04分

小沢さんは自由報道協会で17日に記者会見をするという予定だったが、24日にずらしている。16日の時点で既にキャンセルなどの連絡ツイートが出ていたので、今回のことは承知の上だったのだろう。

そういえば、2月2日に小沢さんが鹿児島で解散は早いと言っていた。

≪小沢氏は2日夜、鹿児島市内での党関係者との会合で「菅直人首相は辞めない。衆院解散は早い。3月がヤマになる」との見通しを示した。「公明党は本気だ。平成23年度予算案と関連法案が通らないと民主党は厳しい」とも語った。≫(産経新聞2011.2.3 20:01

その公明党に仙谷氏が交渉しているようだ。

≪仙谷由人代表代行は15日午後、活路を求めて国会内で公明党の漆原良夫国対委員長と会った。
仙谷氏「子ども手当法案に賛成できないか」
漆原氏「政局法案だからダメ! 駄目ということを前提に作戦を立てなければ駄目だな」≫(産経新聞 2011年2月16日08:00) 

この二人は、もともと司法修習生の同期で仲がいいことは知られている。既に菅総理を見捨てているけど一応、オレもやっているよ、という仙谷のパフォーマンスと同時に、菅政権後の再編などを密談しているのだろう。

その子ども手当法案は、共産も反対で参院で否決強まったとのこと。(読売新聞2011年2月17日

日刊ゲンダイには「小沢系議員16人が会派離脱 菅政権退陣秒読み」と題して次のように書いてあった。

≪「小沢・河村・原口新党」への布石か
民主党内ではここ数日、にわかに分裂含みの動きが広がっており、そんな中、16人が離脱を宣言したのである。永田町は一気に液状化してきており、菅首相の退陣が秒読みになってきた。≫

政局に敏感な亀井静香議員が、一時は鳴りを潜めていたが、発言や動きが目立ってきたのが気にかかっていた。
≪亀井静香・国民新党代表の最近の動き≫(資料ブログ

予算関連法案を成立させるには、総辞職するか解散しか選択肢はなくなってくる。

そうなると、菅総理の性格を考えると解散もありうる。

解散となると民主党では戦えないとして、新党ができて事実上、民主党が分裂する。

そこで、「民主党A」と「民主党B」がそれぞれが民主党の本流と名乗り、連立のための野党争奪戦が始まる。

もしかすると「民主党C」くらいまでに別れるかもしれないが、どこがどの党とくっつくかで野党も分裂ぶくみとなる。

統一地方選での対立軸で一番分かりやすいのが「減税VS増税」だ。

まずは国民生活第一の候補者は「減税新党」として戦えばまだ勝ち目があるというものだ。

いずれにせよ、今の極度な閉塞感よりは、少し光明が差してきたとは言えると思う。


最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

共感したという方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

全くその通りと思えた方は拍手をお願いします

コメント

非公開コメント

トラックバック

公約尊重よりマスコミに媚びる予算の成立が大事は国民無視だ

昨日「民主党政権交代に責任を持つ会」のブログ記事を幾つか紹介したが、「責任を持つ会」の発足について管政権の運営者達がマスコミを通じて文句をつけていることに反論しているブログ記事を幾つか紹介する。