日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




小沢氏起訴にニュースウィーク編集長の竹田氏が「起訴されたこと自体が異常だ」と特ダネで発言!

Category: 検察   Tags: 検審起訴  小沢一郎  竹田圭吾    
昨日、週刊朝日編集長の山口一臣氏が、「強制起訴に関する明日の新聞記事はチェックする必要がある」というようなことをニコニコ生放送で言っていた。

その各社の社説

朝日新聞:小沢氏起訴―市民の判断に意義がある

日経新聞:民主党は小沢元代表の起訴でけじめを

読売新聞:小沢氏強制起訴 政治的なけじめをつける時だ

毎日新聞:小沢元代表起訴 まず離党してけじめを

産経新聞:小沢氏強制起訴 やはり議員辞職しかない 国民代表の結論無視するな

一面から三面、社会面まで、まあ予想どおりの展開になっている。

そんな中、東京新聞の本日2月1日付け、三面の『核心』は他の報道は詳しく見ていないが、より客観的報道と言えるだろう。その一部を転載させていただく。



有罪立証ハードル高く

小沢元代表強制起訴 新証拠補強できず  小沢一郎民主党元代表が政治資金規正法違反罪で起訴されたことで、検察審査会の議決に基づく強制起訴事件は四件となった。いずれも検察が犯罪を証明する証拠がないと不起訴にした事件だけに、法曹界では「無罪の公算が大きい」と指摘する声も。小沢元代表を起訴した指定弁護士が有罪を立証するのも、高いハードルが待ち受ける。(社会部・小川慎一)

新証拠 補強できず
■難 航
「有罪と判断されるべき事件だ」
ほぼ百日間の補充捜査を終え、小沢元代表を強制起訴した指定弁護士の大室俊三弁護士は記者会見で、有罪立証に自信を見せた。
だが、強制起訴事件で、指定弁護士が法廷での立証に使う証拠の大半は、不起訴と判断した検察が集めたものだ。同じような証拠を使って有罪を立証するのは容易ではない。
大室弁護士は当初、「証拠に弱い部分はある」とし、小沢元代表や元秘書らへの事情聴取で証拠を補強する方針だった。だが聴取はいずれも拒否された。補充捜査の実態は、特捜部が集めた証拠の分析が中心だった。
検察審査会制度に詳しく、刑事弁護に精通する山下幸夫弁護士は「議決で取り上げている供述証拠などでは、小沢氏と元秘書との共謀の立証は相当難しい」と指摘する。

■基 準
「検察の起訴基準に沿って市民が判断すると想定していたが、審査会は起訴のハードルを下げてしまった」
検察幹部が話すように、検察は「有罪判決を得られる高度の見込み」がある場合にのみ起訴する。中でも国会議員の起訴は「裁判で無罪になることは許されない」(検察幹部)として、より慎重に判断されている。
一方、小沢元代表の強制起訴を決めた東京第五検察審査会の議決は、強制起訴を「国民の責任において、公正な刑事裁判の法廷で黒白をつけようとする制度である」とし、検察と別の基準が許されると指摘している。
法廷決着を強く望む市民の声が反映される傾向がある強制起訴制度。その是非については、元裁判官の秋山賢三弁護士が「冤罪(えんざい)を生む可能性を高くする」と話すなど、法曹界でも意見が割れている。

検審 在り方に一石
■疑 問
検察審査会の在り方については、民主党内でも議論の過程が不透明であるとする批判があり、審査補助員として審査する市民に法的な助言をする弁護士を選ぶ方法などを疑問視する声も出ている。
日弁連で審査補助員や指定弁護士の研修を担当した山下弁護士は議決に法的拘束力を持たせた制度を評価しつつ、「現行では審査補助員が一人のため、市民が弁護士の意見に左右される恐れが懸念される。補助員を二人にしたり、議論の回数を公表したりするなど疑念を持たれないようにする必要がある」と提言している。


*****人気ブログランキングへ***** にほんブログ村 政治ブログへ**********

昨日深夜までニコニコ生放送でやっていた「緊急討論! 小沢一郎氏強制起訴」の中で郷原氏が起訴状のコピーと思われる紙を持ちながら、これは酷いものだ、と言われていた。

内容は有料の朝日新聞の『Asahi Judiciary』で見られるようだが、産経の記事で大まかにはわかる。

起訴内容の要旨(産経新聞2011.1.31 17:38

≪【第1】
小沢一郎被告は、自己の資金管理団体である陸山会の会計責任者であった大久保隆規被告と、その職務を補佐する者であった石川知裕被告と共謀の上、平成17年3月31日ごろ、東京都新宿区の東京都選挙管理委員会において、
(1)陸山会が16年10月12日ごろ、小沢被告から4億円の借り入れをしたにもかかわらず、これを16年の収入として計上しないことにより、同年分の政治資金収支報告書の「本年の収入額」欄に、これが5億8002万4645円であったとの虚偽の記入をし、
(2)陸山会が16年10月5日と同月29日、土地取得費等として計3億5261万6788円を支払ったにもかかわらず、これを同年の支出として計上しないことにより、真実の「支出総額」が4億7381万9519円であったのに、収支報告書の「支出総額」欄に、3億5261万6788円過小の1億2120万2731円であったとの虚偽の記入をし、
(3)陸山会が16年10月29日、東京都世田谷区深沢8丁目の土地2筆を取得したのに、これを収支報告書に資産として記載せず、収支報告書を都選管を経て総務大臣に提出し、もって収支報告書に虚偽の記入をし、記載すべき事項を記載しなかった。
【第2】
小沢被告は、大久保被告と、その職務を補佐する者であった池田光智被告と共謀の上、18年3月28日ごろ、都選管において、
(1)陸山会が17年中に土地取得費等として計3億5261万6788円を支払っていないにもかかわらず、これを同年の支出として計上することにより、真実の「支出総額」が3億2734万7401円であったのに、同年分の収支報告書の「支出総額」欄に、3億5261万6788円過大の6億7996万4189円であったとの虚偽の記入をし、
(2)陸山会が前記土地2筆を取得したのは16年10月29日であるのに、収支報告書の「資産等の項目別内訳」の「年月日」欄に取得年月日が17年1月7日であるとの虚偽の記入をし、収支報告書を都選管を経て総務大臣に提出し、もって収支報告書に虚偽の記入をしたものである。≫


従来の検察審査会の虚偽議決の内容をまとめた程度の、あの吉田繁実弁護士と何ら変わらない。
これに3人がかりで何で4ヶ月もかかるのか?この弁護士たちのモチベーションとは何なのか?スタンスは?立ち位置は?など疑問だらけだが、弁護士という職業の性質に視点を移せば、下記の会見内容と合わせ見えてくるものがある。

まず弁護士は、依頼人が極悪人であろうが、法を犯していようが、クライアントとして兎に角守る立場にたっているということだ。

この場合は検察官役とはなっているものの、検察審査会が依頼人でその議決を絶対視して、強制起訴をすることは決まっているが、その議決にそって公判で有罪に持ち込むことが仕事となっている。

会見では記者質問に次のように答えている。

images.jpg
左から村本道夫(56)、大室俊三(61)、山本健一(46)弁護士


――東京地検特捜部が不起訴にした事案です。補充捜査をされて、証拠などに目を通したわけですが、有罪に持ち込む自信というか、有罪の部分を埋めることができたのかお聞きしたい。

 大室弁護士: 結論から言えば、私は、できたと思っております。

 村本弁護士: 私たちの職務というのは、必ずしも、有罪だと確信したから起訴するのではなくて、起訴することが法令で決まっておる。その中で、起訴しない条件はなかった、と判断したから起訴したということです。弁護士は弁護士なりに(東京地検特捜部とは)少し違った目から見れたかなという思いはあります。

 山本弁護士: 私も別に有罪を獲得できると思ったから起訴したというよりは、起訴が議決されたから起訴した、ということではありますけども、ただし、検察官の職務を行う弁護士としてこの事件にあたるわけですから、当然、検察審査会の議決に従って有罪判決が得られるよう、できるだけのことをしたいと思っております。


――職責に基づいて起訴しなければならないというご発言があったが、一法曹人として、自分たちで有罪を立証できると考えられて起訴したのか確認したい。

 大室弁護士: まず自分たちが内心どういうふうに思っているのかというのはたぶん語るのは適切ではないと思います。ただ、抽象的な言い方をすれば、私自身は、小沢氏を起訴することが法曹としての良心に恥じない、というふうには思っています。その程度で勘弁してください。

Asahi Judiciary 2011年01月31日) 

「法曹としての良心に恥じない」?

※メールで情報をいただき、この場合の〝良心〟については、≪憲法76条3項に「裁判官はその良心に従い」という文言があり、「裁判官としての良心」というときには、法令に従うということがもっとも重要で、自己の個人的良心に従えば基礎すべきでないと考えても、法令に従って起訴することが「法律家としての良心」ということ≫ということだ。

ただ、仙谷由人との関係も取りざたされていて、同じ第二弁護士会の中でも三人ともある会に所属しているというこは偶然とは思えない。

日刊ゲンダイに次のように書かれていた。

≪◆検察官役は皆「身内」だった
仙谷由人官房長官(64)の交代機運の高まりは、意外な人々にも影響を及ぼすことになりそうだ。ズバリ、小沢一郎元代表の強制起訴に向けて捜査を進めている検察官役の指定弁護士3人である。
主任格の大室俊三氏(61)を筆頭に村本道夫氏(56)、山本健一氏(46)の3弁護士とも、仙谷と同じ「第二東京弁護士会」に所属。あまり知られていないが、全員とも「全友会」という二弁内の同じ人権派の“派閥”に仲良く名を連ねているのだ。仙谷と村本氏は、東大法学部の先輩・後輩でもある。
「東京の弁護士会は3つに分かれ、さらに各会ごとに主義主張に応じた派閥が存在します。会長選などでは派閥ごとに所属弁護士が票の取りまとめに奔走してきました。仙谷氏らが所属する全友会は1970年に発足。当初は学生運動経験者で若い人権派弁護士の集団でしたが、その後、多くの新人弁護士を入会させ、二弁を代表する一大派閥に発展したのです」(全友会関係者)
仙谷はよほど派閥に思い入れがあるのだろう。政界進出後も、年1回開かれる全友会の総会にたびたび出席してきた。
先日、大室氏は「われわれの捜査は政治の影響を受けたくない」と語っていたが、小沢裁判の指定弁護士が揃って小沢憎しの仙谷に近い人物なのだ。政治的意図を勘繰られても、仕方ない。
指定弁護士の選定には、二弁内部からも「仙谷氏の意向が働いたのではないか」との声が聞こえる。二弁所属のある弁護士は「指定弁護士の選定には慎重な意見が多かったのに……」と、こう打ち明けた。
「指定弁護士の人選は、東京だと3弁護士会が1年ごとの持ち回りで担当します。昨年は二弁の番でした。当然『政治色を排除すべきだ』との意見が上がったのですが、フタを開けると、3人とも仙谷氏と同じ派閥の弁護士で驚きました」≫
(日刊ゲンダイ2011/1/13) 参照:資料ブログ

*****にほんブログ村 政治ブログへ*****人気ブログランキングへ**********

今後、気になるのは公判が長期化することだ。

争点や証拠を絞り込む公判前整理手続きは半年以上かかるとみられ、公判は早ければ9月ごろから始まる見通しだということだ。(共同通信2011/01/31 19:52) 

フジテレビ『特ダネ』でニューズウィーク日本版の編集長・竹田圭吾氏が「起訴されたこと自体が異常だ」と断言していた。

こうした、普通に考えれば誰でもわかる普通のことを言える勇気ある言論人、マスコミ人、テレビコメンテーターが増えることを期待したい。(少しでも小沢氏側の論を張るとレッテルを貼られるから恐れているようだ)

最後に、石川議員がICレコーダーで録音した内容が新聞記事になっていたが、取り上げた新聞社が少ない。

たぶん共同通信が流し、それを記事にした新聞社が少ないということだろう。

これが崩れれば、この証言に立脚している今回の検審起訴は土台自体が崩れるわけだが、法曹界と菅・仙谷・米国が結託した今回の小沢氏追い落とし捏造事件では、常識のベクトルとは違う力が働いている。

森ゆう子議員もブログ上に検察から脅されていると書いている。

≪ある検察幹部が、私の調査に相当ナーバスになっているらしく、「鉄槌を下してやる」と言って、「不祥事」を捜していると司法記者から聞いた。「不祥事」は何でも、いつでも捏造できる。そして、私のやっている事は司法に対する政治介入だとキャンペーンを記者たちに行っているとのこと。≫『森ゆうこブログ

証拠改ざんで検事総長が任期途中で交代し、検事三人が逮捕という、現在ほど検察が信用されていない時期はないぐらいに組織として弱っているのではないかと思えていたが、とんでもない間違いである。

検察は自分達が最高権力機関であり、今後もその在り方は変わることなく続いていくよう、あらゆる策を尽くして改革をする人間に対しては今まで同様、粛清しようとしているのがわかる。

もし、森議員にそのような動きをするのであれば、我々は断固それを阻止しなければならないだろう。

もう、こんな検察組織は、一度解体すべきである。



●石川議員再聴取やりとり詳報(2011年1月31日 02:02)静岡新聞西日本新聞 

東京地検特捜部の検事が衆院議員石川知裕被告を再聴取した際の主なやりとりの詳報は次の通り。

 検事「石川さん、録音機持っていない?」

 議員「大丈夫です」

 検事「この前もさ、そういうこと言っててとってたやつがいてさ。大丈夫? 下着の中とかに入っていない?」

 議員「大丈夫です」

 検事「(一部報道にあった別件の疑惑で)『しかるべき時期に議員辞職します』みたいな内容の調書があったじゃない」

 議員「はい」

 検事「そりゃもうそんなの出したら大騒ぎだからね。まあ現状でいく限りね、(上司は)そんなもの世に出そうなんていう気はないと思うけど、これがまた変な方向へね、鈴木宗男(元衆院議員)みたいに徹底抗戦みたいになっちゃうとさ、『やれるものはやれ』と」

 議員「私に今日できることって何ですかね」

 検事「無難なのはさ、従前の供述を維持するのが一番無難だって。検審の、うちの方針もそうだけど、石川さんが今までの話を維持している限り、(小沢一郎民主党元代表は)起訴にはならないんだろうと思うんだよ」

 議員「今日の調書は検審も見るんですよね」

 検事「見るよ。そのために取るんだから。見せて、検審が(小沢氏は)絶対権力者であるというところにどれだけ疑問を持つかっていうかさ。絶対権力者とか何とか言われてるけれど、きちんと話をして、逮捕されている時と同じ話をして」

 議員「圧力はかかってません。今日も自分の思いを、やっぱり変えようと思う部分を、変えられたらいいってことだけです」

 検事「今度の判断は重いからね。強制起訴までは不要と検審の4人が言ってくれれば、不起訴不当で終わるわけだから」

 議員「先に(議決を)出した5人の人がまだ残っているんでしたっけ? その人たちも変えてくれればいいですけどね」

 検事「だから最初に言ったように、ここで全部否定することは火に油を注ぐことになるよね。ここで維持することが彼ら(審査員)の気持ちをどう動かすかだよね」

 議員「今回(再聴取に)応じないっていう線もあったんですよね、選択として」

 検事「あった。あったけど、それは一番最悪だよね、検審に対して。うち(検察)にとっても」

 議員「小沢さんが起訴になったら、それはそれで複雑ですよね、私も。いや、検察内でですよ」

 検事「検察が起訴した場合、いや、しないよ。石川さんが供述を維持する限りそれはできない」

 検事「陸山会の2004年分収支報告書への不記載、虚偽記入の理由ですが、『私(議員)は深沢8丁目の土地を購入するに当たり、小沢先生から提供を受けた4億円につき、小沢先生が政治活動の中で何らかの形で蓄えた簿外の資金であり、表に出せない資金であると思ったため、これを04年分の収入として収支報告書に記載しませんでした』」

 議員「いや、購入した不動産が明るみに、公表されるのをずらすということが一番の主眼点で、4億円が明るみに出るのを避けるためっていうのは、今でもやっぱり、そんなことはありませんとしか言えないんですよ」

 検事「だったらこうしようか。今まで通りの供述をした上で、最後のところで調書を読み聞かせした後、最後にその4億円についてね」

 議員「4億円を隠したいがためっていうのがね、どうしても引っ掛かるんですよ。土地登記の公表をずらすことが主眼で経理操作したっていうのが実際の話なんで」

 検事「修正できるところはするけど、ただ、趣旨を、要するに隠そうとは思っていないというのはまずいと思うから。だからそこをうまく、まず4億円ありきではないんです、という風に修正していくしかないよね」

 議員「4億円がいかがわしいお金だなんて、実際どう作られたかなんて私には分かりません」

 検事「そこは4億円不記載には関係ないよね。不記載で起訴されているから、もうしょうがない。不記載にした理由は何なのってなった時に、みんなはゼネコンからの裏金に決まってると思っていて、だから書けないんだってなる」

 議員「そういう意識はない。汚いお金だから4億円を何が何でも露見したくないっていうのは今でも違うと言いたい」

 検事「汚い金だっていうのは、検察が勝手に言ってるだけで、別に水掛け論になるから相手にしなくていいんだよ。証拠ないんだから」

 議員「そういう疑問を持ったことがないんで」

 検事「俺はそこ責められてるの。上が『本当にこんなこと言ってんのか』って言うわけ」

 検事「例えば、(小沢氏に)報告、了承してませんというふうになったら、強制起訴の可能性が高くなるよね」


この事件は第二の村木事件であり、第二の前田検事がいることの証拠だが、森ゆう子議員に対する脅しといい、民主党執行部の動きと合わせ、まだまだ油断ができないのが現況である。

小沢氏無罪、検察審査会の闇、国家権力の横暴、マスコミの劣化を追及・監視していくと同時に菅政権打倒を声高に叫び続けていくしかない。

※この検察審査会の議決による起訴は「強制起訴」が通名となってしまっているが、法律用語的には「必要的起訴」というご意見をいただいた。「検審起訴」も検察と紛らわしいので、このほうがスッキリするかもしれない。



最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

共感したという方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

全くその通りと思えた方は拍手をお願いします



「広告」



 風邪がぶり返して思考力が落ちているので、今日は「不当な小沢元代表の強制起訴」関連のブログ記事の転載のみ行います。
 石川議員女性秘書の取調べで10時間以上拘束して子供のお迎えの連絡もさせてもらえなかったことは、『石川知裕議員女性秘書が語る「冤罪はこうしてつくられる」』http://wajuntei.dtiblog.com/blog-entry-1146.html のところですでに書いたが、このような検察の取調べの...
31日、民主党の小沢一郎元代表が、在宅のまま強制起訴された。資金管理団体「陸山会」を巡る政治資金規正法違反である。官僚、マスコミがデマをでっち上げてまで運動した甲斐があったというものだろう。そこまでしてでも小沢一郎氏をつぶしたい理由があるようだ。それに便...
一月三十一日に小沢一郎が起訴され、MSN産経が起訴状の要点を報道したので全文を貼る。要するにこういうことである。 平成16年10月に行われた土地取得が17年1月になされたとして記載された。実に怪しからんことである。そんな怪しからんことに小沢が共謀していた。よって...

Comments

小沢思想と曼荼羅
小沢先生が「起訴、」されました。議員会館の部屋に何百人という報道陣が集まりました。
小沢を憎む者、愛する者、評価を保留して事実関係と本人の認識を正確に知ろうとする者、感情も評価も抜きにして商売になるから来た者。
小沢の言葉、声、しぐさ、匂いを捉えようと老若男女が集まりました。
年収が数十万円の者から二千万円を越える者まで、小沢先生を中心に同心円に群がります。時にはうずまきが出来る。うずまきは遠心ではなく求心です。
質問も思惑もさまざまです。そして彼らの視線は国民に届きます。国民の目線はみんなちがってみんないい。

私には会見が曼荼羅に見えました。お釈迦様を中心に弟子や衆生(国民)が集まる風景です。

新自由主義によってバラバラにされた国民の魂が、小沢を媒体にして結び直されようとしている。小沢をめぐる喧噪は、良い悪いの彼方で起きている「何か」が地上に反映しているだけのことだと思います。
分断された心がつながりを取り戻す儀式です。今起きている現象界の「事件」はズレてしまった歴史の修正作業だと感じます。

切れた電気コードをつなぎ直すと一瞬火花が飛びます。スパークです。つながってしまえば火花は治まります。
電気の世界では一瞬の出来事でも、人間の世界では何年もかかります。

世直しはつながりの修正です。会見を見ていると小沢先生はみんなにとって必要な媒体なのだと思います。

小沢の魂も肉体も、すでに小沢一人のものではない。
いま、アマテラスが岩戸隠れをなさって社会に日が射さず、閉塞感の闇に包まれています。
国民という名の八百万の神々が、小沢を媒体にして踊り、狂う。人間の善し悪しを超越したドラマが天上界で起きているので、地上の『記者会見』として権現(顕現)する。

小沢先生の『自由』や『オープン』という言葉は、場を創るというトポスの思想です。形而下は形而上を映し出す鏡なので、場を創れば自ずから天意が地上に投影される。

体制は堕落します。堕落した旧体制に異議申し立てをする日本国民は八百万神です。暗く閉塞した社会は、天において善くないことだから修正されるのです。

我々の自意識の中での善し悪しの判断は、二義的な話なのだと思います。
ほんとうのリアリティは天にある。天とつながった時に生のリアリティが生まれる。天とは破壊(死)も含みます。
自由もオープンも、快感やエクスタシーと呼ばれる感覚は天を経由して降りてくる。至誠を導く通天閣は検察の偽装された砦にあるのではない。小沢先生が伝えていることはそれだけです。

堕落したカトリックに対してウィクリフやフスが先行しルターやカルヴァンが始めた宗教革命と似ています。
ルネッサンスの再生は日本でも復古維新、原点回帰の反省から始まります。
小沢先生の闘いの気構えは、一瞬のスパークを人間時間の長い単位で復古している「つながりの再生」だと思います。天とつながることで人とつながる思想です。

既存メディアも新興メディアも、小沢が作り出した場(トポス)に曼荼羅のように集まり、社会を再生しようとしている「結びの神々」に見えました。神仏習合の物語が復古していると思います。

八百万神のように「みんなちがってみんないい」。生と死と再生。在ると無いと成る。曼荼羅の世界観はこれだけです。弁証法と同じです。カトリックとプロテスタント、既存と復古、堕落と再生。アウフヘーベンされる発見は国民の意識革命です。

息を吐けば自ずから新しい空気は入ってくる。変わらずに生き残るためには自ら変わらなければならない、という小沢思想の弁証法に国民の集合的無意識は気づいています。

禅の呼吸法のように、普段無視している呼吸に意識を向けるだけで答えは天から降りてくる。生きてることのありがたさや不思議さに気づくあの感覚です。

恨みという「力み」を解きほどくことが思考を解放する本当の『オープン化』であり、正義は勝つという小沢先生の自由思想なのだと思います。そのような発見を導く弁証法が小沢先生の言葉や行動には常に埋め込まれています。

八百万神のようにみんながちがう。同時に天は包摂している。小沢先生の会見を見て『ビジュアル』的に発見した認識でした。
防衛局も検察と同じ悪菅の手先
強制起訴の空騒ぎにかき消されるほんとうに大事なニュースとはこれである。電波ジャック菅内閣の人目を盗む卑劣な極悪非道暴虐政治を見よ。

>高江を助けて下さい - 防衛局がヘリパッド建設作業を強行
>>http://sacredplaces.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/----afad.html?cid=81533707#comment-81533707


地位協定は民主党社民党共産党新党日本新党大地国会議員が緊急動議して国会で直ちに批准停止採決せよ。
いまは米軍を基地の外に一歩も出すな。基地上空外の米軍機飛行は日本の領空侵犯であるようにせよ。
沖縄は米国ではない同朋日本人の住む日本の国土なのだから。
指定弁護士の犯行が実行される時とは?
指定弁護士は初公判法廷で起訴状を読み始めた瞬間犯罪を実行したとして現行犯逮捕される。

Leave a Comment

ama
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日米地位協定
日米地位協定
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
公文書問題 日本の「闇」の核心
公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
スノーデン 監視大国 日本を語る
スノーデン 監視大国 日本を語る (集英社新書)
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた (講談社現代新書)
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか (講談社現代新書)
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
「アベ友」トンデモ列伝
「アベ友」トンデモ列伝
安倍「4項目」改憲の建前と本音
安倍「4項目」改憲の建前と本音
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
Page Selector
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
知りたくないではすまされない
ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
知りたくないではすまされない ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
安倍政治 100のファクトチェック
安倍政治 100のファクトチェック (集英社新書)
改訂版 全共闘以後
改訂版 全共闘以後
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
対米自立
対米自立
rakuad2
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体 (講談社現代新書)
rakuad03
Black Box
Black Box
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
スポンサードリンク3
 
 
注目ブログ
 
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
オンライン署名
 
 
IWJサポート
 
 
raku3-2
 
 
raku3-2-03
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...