日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




小沢一郎の一貫した政治理念が簡単にわかる本

Category: 小沢一郎   Tags: ---
「小沢一郎アンケート」で好きか嫌いかの単純なものだで、最初は3:7で「嫌い」が多かったが、次第に「好き」が逆転し、今ではダブルスコアになっている。嫌いの理由はほとんど感情論になっていて、マスコミの影響が覗われる。その人たちに是非読んでもらいたいのが、気軽に読める2006年に出版した「小沢主義」(小沢一郎著)だ。

私が読んだ本人著の本としては「日本改造計画」に続き2冊目である。対談集とか評論が多い中、13年ぶりの書下ろしとなった本書には、本人の考え方がストレートに伝わり、今の政治状況を理解するためのヒントがつまっている。
「日本改造計画」は1993年に出版された当初は各界にかなりインパクトを与えた本である。
それから一貫した政治理念、理想を掲げ、政権交代を実現した今も、目標とする改革に向けてひたすら走り続けていることがよくわかる。
この2冊を読めば、今の民主党が掲げる「脱官僚依存政治」の政策は、全て小沢さんの考えが反映されていることがよくわかる。

*****にほんブログ村 人気ブログランキングへ*****

この「小沢主義」の中で印象が残ったもの

特に戦後アメリカの傘の下、いかに「富の再配分」をするかが政治家の唯一の任務だった。その配分は官僚が最も得意とする分野だったから、今日まで官僚の力が強大になってしまった。

官僚が用意した答弁を読み上げるだけの国会審議、そこには責任的立場に無い族議員が跋扈し、影響力を持ってきた。いつも責任の所在が曖昧で、だれも失政に対して責任を取ってこなかった。

利益誘導型政治、既得権益を守る政治を許している、全ては国民のレベルが反映している。

日本史上の「三大改革」
日本社会は伝統的に「コンセンサス社会」で、根回しと談合の社会である。優れたリーダーは不必要で、真のリーダーが生まれにくい社会でもあった。

そんな日本にも歴史上傑出したリーダーが現れたこともり、大変革をもたらしたことが3回ある。
一、中大兄皇子の大化の改新
二、織田信長の天下統一への試み
三、幕末の志士達による明治維新

小沢一郎の尊敬する歴史上の人物(一部)
「大久保利通」「織田信長」「原敬」

三人とも既成の価値観にとらわれず既得権益を廃し、情に流されること無く、自分の信念を貫き通した、という点が共通している。
 ※もう一つ気になる共通点は3人とも暗殺されていること。

リーダーとは「自分の目指すものを明確に掲げ、自分で決断し、自分の責任において実行できる人」

リーダーの資質
1、「志」・ビジョンや夢・理想を持っている人
2、自立し主体性を持っている人=「福沢諭吉」
3、広い視野と先見性を持っている人=「坂本竜馬」
4、自分の言行に責任を持つ人=「カルロス・ゴーン」
5、歴史観を持て


また歴史観について

「ぼくは歴史が好きだから、どんな問題に対しても過去の歴史の中にヒントを求め、そこから解決策や対応策を考えていく習慣をもっている」
とも言っている。

読んでいて感じたこと
日本史上の「三大改革」の項目で、織田信長が統一国家・日本を作るため、当時はたぶんタブー視されてきたであろう、巨大権力を持っていた比叡山一向宗との戦いが出ていた。
「当時の宗教組織が一種の既成権力になっていて信長の改革を阻んでいた・・・。」
既得権益を持ち、宗教という衣を着ているがため、当時の権力者も手出しができなくなっていた。
信長は天下統一のため彼らと戦った。


日本をまともな国にするためには、創価学会と戦うときがくるだろう、と実感。




最後までお読みいただきありがとうございます

少しだけ共感を覚えた方はクリっお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

参考になったという方、再度クリッとお願いします
人気ブログランキングへ

応援してくださる方は最後にクリくりっとお願いします


全くその通りと思えた方は拍手をお願いします





テーマ : 民主党・鳩山政権    ジャンル : 政治・経済



「広告」



幸せいっぱい ウキウキ わくわく やっぱり民主党はおかしい やっぱり民主党はおかしい. 小沢および民主の目的は1.外国人参政権は憲法違反の可能性が高い。法制局に憲法違反と答弁されることが無いようにし、強引に成立させるため。 2.自分を含め、金の問題が民主のア...

Comments

小沢一郎 見た目、なんとなく好きになれない
けど、あれだけ党内で小沢を支持する人がいるのだから
何かしら、すばらしい政治理念があるのだろうと
思うのだが、わからない。
小沢一郎 イメージ 金に汚い
秘書も捕まったんだし、国民の前で無実というなら
出てきて経緯を話せるだろうに
参考人招致でも証人喚問でも、
自分の無実を証明できる場所にすればいいのに
政倫審さえ出られないなら、やっぱり何かあるんだろう
と勘繰りたくなる

Leave a Comment

ama
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日米地位協定
日米地位協定
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
公文書問題 日本の「闇」の核心
公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
スノーデン 監視大国 日本を語る
スノーデン 監視大国 日本を語る (集英社新書)
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた (講談社現代新書)
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか (講談社現代新書)
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
「アベ友」トンデモ列伝
「アベ友」トンデモ列伝
安倍「4項目」改憲の建前と本音
安倍「4項目」改憲の建前と本音
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
Page Selector
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
知りたくないではすまされない
ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
知りたくないではすまされない ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
安倍政治 100のファクトチェック
安倍政治 100のファクトチェック (集英社新書)
改訂版 全共闘以後
改訂版 全共闘以後
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
対米自立
対米自立
rakuad2
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体 (講談社現代新書)
rakuad03
Black Box
Black Box
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
スポンサードリンク3
 
 
注目ブログ
 
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
オンライン署名
 
 
IWJサポート
 
 
raku3-2
 
 
raku3-2-03
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...