日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




「検察官適格審査会」と「国家賠償請求」の二つから追い詰められる國井弘樹検事は今年の象徴だ!

Category: 検察   Tags: 國井弘樹  検察官適格審査会  菅直人  仙谷由人  
〝問責男〟(モンセキオトコ)・SENGOKUがテレビをハシゴしている。

26日にテレ朝のサンデーフロントライン、昨日もフジTVのスーパーニュースに生出演している。

そこで、見苦しい詭弁を駆使して自己弁護。

小沢氏には離党を促している。

それが新聞でも報道され、「自分は辞めないけど小沢は辞めろ」キャンペーンをマスメディアとタッグを組んで展開している。

「刑事被告人になれば、決断すると思う」と、ご本人が出処進退を考え離党を決断すると切望しているようだ。

そんな厚顔無恥さ加減を我らが日刊ゲンダイがこき下ろしてくれている。

≪「小沢元代表は自発的離党を」おまえが言うなよ!厚顔無恥 仙谷官房長官 (日刊ゲンダイ2010/12/27)

TVを利用してムチャクチャな憲法論で自己弁護

どこまで厚かましい男なのか。

仙谷由人官房長官が、きのう(26日)ノウノウと出演したテレビ番組で、「小沢一郎元代表は強制起訴されたら、自発的に離党すべし」と発言したことである。“問責男”が自分のことを棚に上げてよく言うよ、だ。

年明けの通常国会の見通しが立たない原因は、小沢問題ではない。むしろ問責が可決した仙谷と馬淵国交相の処遇問題の方だろう。野党は、仙谷と馬淵が続投するなら国会審議を拒否する姿勢を崩していないし、自民党は「仙谷長官を更迭しないなら、菅首相の問責」まで言い出している。

“一兵卒”の小沢が政倫審に出席しなくたって国会の審議は行われるが、閣僚の場合は責任の重みが違う。
それなのに、すべてを小沢問題に押しつけて、自分は涼しい顔をしている。
“厚顔無恥”“不遜”が服を着たような男だ。

「仙谷さんは、『このまま辞任しないで通常国会に突っ込んでも大丈夫』と考えています。『どうせ野党が審議拒否をしても、世論の批判に負けて1、2週間で音を上げる』とタカをくくっているのです。ここへきて菅首相が小沢さんに対して強気に出ていることで、ますます自分は安泰と思っているようです」(官邸事情通)

そのうえ仙谷は、自己弁護のため、テレビ番組でムチャクチャな憲法論まで持ち出した。「たとえ、自民(中心)の連立政権になったとしても参院は過半数に足りず『ねじれ』が続く。解散のない参院が(閣僚の)問責を乱発し、総理の任命権に異議を唱えるのは、憲法上、参院の権力が大きくなりすぎる」と、疑問を唱えたのである。

九大名誉教授・斎藤文男氏(憲法)が苦言を呈す。
「参院の問責決議は、閣僚に対する不信任を政治的に意思表明するもので、参院が有する権限です。憲法上の乱用でも何でもない。仙谷氏は弁護士として法律論をしょっちゅう振りかざしますが、この発言は『曲解』です」

だいたい、自分のことで法律論を持ち出すなら、小沢問題で「世論が求めている」とか「政治的責任」とか抽象論で片付けるのは矛盾している。
小沢問題は法律論ならば、1.検察が2度不起訴にした2.強制起訴が確実なのに国会招致すれば三権分立に抵触する、のである。呆れるほど、ご都合主義のイイ加減な男だ。

スッカラ菅首相に厚顔官房長官。この政権は救いようがない。 ≫

*****にほんブログ村 政治ブログへ*****人気ブログランキングへ**********

スッキリはするものの、何せ大半のマスメディアは菅・仙谷一派に好意的。メディア対策が功奏しているのだろう。

その一つに12月26日に投開票された西東京市議選の民主党惨敗が、あまり報じられていないことがあげられる。

さすがに東京新聞は地元紙ということもあり、比較的大きめに取り上げているが、それでも掲載されたのは本日28日になってからで、しかも地域情報欄で分析記事になっている。

西東京市は、衆院選が中選挙区制で行われていた当時の菅直人首相のお膝元。
各党とも首都・東京での統一地方選の前哨戦と位置付けていた。菅伸子夫人や蓮舫大臣が応援にかけ付けるが、ふたを開けたら、現職五人新人二人のうち、現職四人が落選して獲得したのは三議席。

一番痛いのが、定数28、候補者34で、落選した6人のうち4人が民主党現職議員だったということだ。

どれだけ、民主党離れが進んでいるかがよくわかった。

自身の影響下にある地域がこんな状態であるにもかかわらず、スッカラ菅首相は意に介す訳でもなく、ひたすら「脱小沢」に執念を燃やしているようだ。

来年の統一地方選の前哨戦として位置づけられた選挙で、またもや惨敗を喫した当の本人が、いよいよそれを誤魔化すつもりか、小沢氏に対して事実上の離党勧告を口にした。

昨日の役員会でも政倫審での議決が決まったと報じられているが、その会議の内容があまりにも詳細に報道されていて、誰がどう言ったのかまで、その場に居たかのように、やはり、産経が最初に報じていた。

先日の連合との会談報道といい、まったく記者が潜り込んでいたのでは?、と勘繰りたくなる記事である。(産経新聞2010.12.27 17:52

ただ、役員会後の岡田幹事長の発言では、全会一致で政倫審決議が決まったように発表したが、出席議員からは反発もあるようだ。

それは報道されていないので、森ゆうこ議員のツイートを転載させていただく。

≪moriyukogiin 岡田幹事長の記者会見に複数の役員会出席者から疑問噴出!「何も決めないことを決めた」というのが本当らしいのだが…岡田さん大丈夫? ≫

こうしたことへの防波堤という意味で、産経の記事は有益であり、記者に意識的に流す?ことも意義があるというものだ。

この問題が新年まで持ち越されることになり、新たな展開予想が出てきた。

小沢さんが政倫審に出るというものだ。

小沢さんは当初から、国会審議がこれによってできるようになるなら出る、と言ってきた。

来年の予算審議で当面は仙谷・馬淵両氏の問責決議がネックになっている。

カンカラ首相も内閣改造をほのめかしているように、仙谷官房長官を切ることを交換条件にするというものだ。

これも昨日、小沢さん自ら人を集めた席上で、菅総理が何をするかわからない、解散もありうるから準備をしておくように、と本当にいったのかは不明だが、そのように報道されている。

またNHKによると「民主党政権を失敗させてはならず、私が審査会に出ることで国会が進むなら何でもやる」
と、打開に向けて一歩踏み込んだ発言をしていたようだ。

結局、官房長官人事が焦点となってくることになる。

全て何も決まらずに持ち越されたということだが、火種はくすぶり、年明けは火の手が上がることも十分あり得る。

是が非でも来年に持ち越したくないのは、警察や検察・司法などの不祥事で、とにかく本年中に忘れてしまえ、とばかりにそれぞれが動いた。

*****人気ブログランキングへ***** にほんブログ村 政治ブログへ**********

そうした逃げ切り・誤魔化し報道以外の司法関連ニュースで、昨日12月27日付けで二つの注目すべき大きな出来事が報じられた。

まず一つが、検察官適格審査会が初めて国民の申し出により「随時審査」を行うことになった、というものだ。

この審査の対象となる検事の名前は、当初公表されていなかったが、深夜に毎日新聞が名前を出していた。

検察官適格審査会:郵便不正事件捜査の検事、審査を開始(毎日新聞 2010年12月28日 2時32分) 
≪検察官の罷免を求めることができる検察官適格審査会は27日、郵便不正事件を巡る証拠改ざん・隠蔽(いんぺい)事件に絡み、一般から審査申し立てのあった検察官1人に対する審査開始を決めた。一般からの申し立てによる審査開始は初。審査会は対象となる検察官の氏名を公表していないが、出席委員によると、事件当時に大阪地検検事だった現法務総合研究所教官の国井弘樹検事という。
国井検事は昨年7月に証拠改ざんを知りながら上司への報告が遅れたことと、郵便不正事件での容疑者の取り調べで机を数回たたいたうえ、上司の聞き取りにも事実を報告しなかったことから、減給と戒告の懲戒処分を受けている。審査会は2度の処分を重視して審査開始を判断したとみられ、今後、罷免すべきかどうかを決める。≫

この記事が出る前に予想をして國井検事の名前を書き込んでいたのだが、この國井検事は、昨年の7月から改ざんの事実を前田恒彦検事から知らされながら、その後もスットボケて取り調べなどを続けていたトンデモ検事で、一応、証拠改ざんを内部告発した検事の一人とされている。

この検事については、本ブログでも何回か取り上げている。

本ブログ2010/10/7エントリー≪郵便不正問題で改ざんを知りつつ半年間も放置した國井弘樹検事はじめ関係検事は全員責任をとるべし

その中から一部抜粋してみる。

以前のエントリーで紹介しているが、関西にもいたトンデモ検事として三名を挙げた。

・前田恒彦検事・林谷浩二検事・國井弘樹検事

ここでもっとも強調したいことがある。
今回の証拠改ざんを前田検事本人から打ち明けられ、内部告発したという國井検事である。
その会話がテレビで放映されたが真偽はわからない。

前田「おれ、実はあれ(証拠品データ)書き換えたんだ」

國井「まじっすか?」

その時データの書き換え方法も披露したということだ。

これが、村木元局長の起訴直後というから、昨年2009年7月4日直後ということになる。
(参照:http://www.livedooga.com/v/61955より)

それから半年間放置しつつ、國井検事はその間も上村被告の取調べなどをしている。
1月27日に村木氏の初公判が始まり、弁護側から日付の食い違いを指摘されたことが、内部告発した動機とも言える。また、それを聞きつけた塚部貴子検事が1月30日に佐賀元副部長に直談判したといわれている。その時に一緒にいたといわれる三人の検事のうちの一人が國井検事だ。
塚部検事は「すぐに公表すべきです。公表しなければ私は検事を辞職します。」と迫ったという。
しかし、ここでは國井検事は公判の半年前に前田主任検事から事実を打ち明けられながら放置し、現在は、大坪、佐賀両検事が隠蔽したと供述して最高検の捜査に協力している。
この國井検事と前田検事の供述を基に大坪・佐賀両元検事は起訴され、今後裁判で争うことになるが、二人は完全否認して闘うとのことだ。
半年間の間、前田検事の改ざんを知りつつ、公判で弁護士が問題にするまで隠蔽していた事実は見過ごせない。
塚部検事の勢いに促されるように一緒に内部告発したように思えてならない。≫

*****にほんブログ村 政治ブログへ*****人気ブログランキングへ**********

検察官適格審査会が、その歴史上はじめて国民の申し出により審査することが決まったということは、まさに画期的なことであり、その最初の対象者が國井弘樹検事ということである。

審査員でもある森ゆうこ議員が次のようにツイートをしている。

≪moriyukogiin 検察官適格審査会が開催された。11月に続いて開催されること自体が異例であった。さらに、国民の申出を受け、村木さんの事件について検察官一人の「随時審査」を運営規則に従い多数決で決定した。その検察官の審査を行う過程で、必要があれば他の検察官についても審査することになる。≫

そして、注目する二つ目が村木厚子氏が国家賠償請求を起こし、奇しくも、ここでも國弘樹検事が対象になっているということだ。

村木氏が国家賠償請求=前特捜部長らにも-郵便不正事件で提訴・東京地裁(時事通信2010/12/27-20:36
≪郵便不正事件で無罪判決が確定した村木厚子元厚生労働省局長が、大阪地検特捜部による違法な逮捕・起訴で精神的苦痛を受けたとして、国と前特捜部長大坪弘道被告(57)=犯人隠避罪で起訴=ら3人を相手取り、計約3670万円の支払いを求める国家賠償請求訴訟を27日、東京地裁に起こした。代理人の弘中惇一郎弁護士が同日、記者会見し明らかにした。
 他に訴えられたのは元特捜部主任検事前田恒彦被告(43)=証拠隠滅罪で起訴=と、捜査を担当した国井弘樹検事(35)。
 訴状では、村木氏が無実であることを容易に知り得たのに、ストーリーに沿った調書を作り上げて村木氏を逮捕、勾留した大阪地検や担当検事らの行為は不法行為に当たると主張。起訴休職中に支払われなかった約1年2カ月分の給与計約2100万円の他、精神的苦痛に対する慰謝料として1000万円などを請求している。
 弘中弁護士は、訴訟の対象に大坪被告ら個人を含めたことについて「事件の責任の所在を明確にしたかった。無実の人が追い込まれていった経過を知りたい」と説明した。≫

検事総長の新旧の交代会見が行われたが、これでけじめがついたと甘く見てもらっては困る。

冤罪被害者、支援者、一般国民が声を上げ、暴走する検察・司法を追い込んでいく。

国民を敵に回すと、司法も行政も立法も立ち行かなくなる、というのが良い国家像なのだと思う。

人の道を踏み外すと、あとは転げ落ちるだけだ。

スッカラ菅直人も、厚顔無恥・仙谷由人も名前に「人」の字がついているのが冗談のようだ。

節操が無い、信義も無い、理念も見識も無い、のナイナイづくしのスッカラカン無い閣は、政権交代の意義を無きものとし、掲げたマニフェストも無かったものとして、国民の信頼をも無くしてしまった。

大義無き場当たり政治が続くわけがない。


最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

共感したという方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

全くその通りと思えた方は拍手をお願いします



「広告」



Comments

『国民の生活が第一。』に「。」がつく理由
小沢先生が「挙党一致で『国民の生活が第一。』の政治を実現するために」という声明文を発表しました。

小沢先生がわざわざ「。」で止める「国民の生活が第一」という言葉にこそ核心があると思います。

2009年の5月11日に、虚構の「西松事件」によって小沢先生が民主党代表を辞した時の声明文「挙党一致をより強固にするために」を見ても、「国民の生活が第一。」と「。」で止めています。これは癖ではなく小沢思想が込められています。

丸は円です。丸で止めるというのは完結ということです。それがすべてだということです。初めであり終わり。阿吽の呼吸である阿と吽、アルファとオメガだということです。つまり国民に初まり国民に帰結するという君民共治の思想です。

大君も国民であり、大君は民と共にある国民の中心です。それが日本の神話です。
正義の味方の「特捜神話」をはじめ、国民をリードしていくはずだった「官僚神話」は偽りの神話でした。
「偽りの神話」は催眠術のように国民の目を覆って来ました。国民の考える力を根こそぎ奪って来たのです。

考える力とは合理のロジックだけではありません。合理を超えた目に見えない「何か」を直感する力です。超越性や普遍性と呼ばれる天の感覚です。その感覚を生活に引き寄せ、天と地を繋げるリアリティが物語になります。古事記や日本書紀という歴史の物語は合理で捉えると荒唐無稽に見えますが、目に見えるイメージの背後にある「天の感覚」を思い出すための道しるべです。物語は天地を繋げる媒体です。
この感覚を日本人は「おかげさま」や「ご縁」という言葉で感謝して来ました。信仰や神など意識せずとも自然に「何か」に謝意を感じて来たのだと思います。

このお蔭様の感性を壊したのが官僚機構です。

「天に神様はいない。地上の俺たちが神なのだ。だから我々官僚が天皇を管理する」と自己神格化した官僚機構が140年間も日本を支配して来ました。明治政府は神仏分離、廃仏毀釈の政策を実行し、多元的で寛容な神仏習合の精神文化を破壊したあげく、官僚機構が大君に軍服を着させて世俗化させ、イメージ操作をしながら日本を支配して来たのが戦前の姿です。天皇機関説を批判しながら国体明徴を叫んでいた者も大君をかついで内ゲバをしていただけのことです。私はそのように捉えています。
換言すれば、自己のうぬぼれを権力によって正当化して来た暴力装置が官僚機構です。この歴史が現代に反復しているので危険なのです。危険だからこそ彼らを救わなければならない。官僚を救済しなければ我々が危険だという逆説です。

政治家の国策捜査から一般国民の冤罪事件まで、次々と捜査機関の不正が明らかになって行くなかで、小沢先生は「本来の神話に立ち還れ」と言っているのだと思います。
高天原では稲を作り、機を織り、争いがあっても和の共生社会が営まれます。小沢先生は生産の哲学と助け合いの思想に立ち還れと言っているのだと思います。

問題を乗り越えていくヒントは天にある。天の感覚を取り戻せば地上の問題は修正される。天と地の回路を塞ぎ、分断する官僚機構の催眠術を解いてくれたのが小沢先生であり、それが彼の天命なのだと思います。

それが丸止めの「国民の生活が一番。」です。

本来なら国家権力などに頼らず、社会の側から共生社会を作るのが理想です。しかしここまで新自由主義と貨幣信仰が蔓延してしまうと閉塞感を抜け出せません。政治の力で修正するステージに入ったということです。そして国民は「小沢の民主党」に託したのです。さらに「鈴木宗男の外交力」に託したのです。それが官僚と官報の力で破壊されました。

小沢先生は、官報や官僚は本来国民に奉仕する「公僕という司」だということを国民に教えてくれました。
奉仕は贈与なので、ほんとうに善い「司」に対しては、国民は感謝をして必ず返礼します。納税もするし新聞も買います。真実を伝えるテレビなら見るのです。

官僚機構が「国民の生活が第一。官僚は二番。官報は三番。」という国民への畏敬を発見すれば閉塞感は消えてなくなります。今起きている社会問題の根本原因は、この順番が転倒していることにあるのです。

逆から言えば、「一番」である国民が責任を取るということです。国民が選んだ政治家が責任を取るならば、選んだ我々も責任を負う。嘘つきの政治家を見抜けなかったのは国民の責任です。官僚の謀略や官報の情報操作によって攻撃される本物の政治家を支えてやれなかったのは我々国民の責任です。国民の痛みが分からぬ菅直人を陶片追放出来なかったら我々の責任だ、ということです。
そして痛めつけられて病んだ国民を、まだ闘える国民が助ける。官僚支配を修正するということはそういう闘いだと思います。

菩薩は国民を救うために対話します。死んだ同志が皆そうであったように小沢先生は菩薩になろうとしている。犠牲は無駄ではない。小沢先生は未来の命の礎になろうとしている。そしてその責任は同胞の国民も負う。声明の中にある「国民」と「同志」への呼び掛けはそういう意味だと思います。

小沢先生の声明によって、菅政権と自民党の滑稽さが浮き彫りになりました。この声明は可視化の弁証法です。
追い詰められた菅直人は無条件出席を求めることで「国民の生活は最後。とにかく血祭り」という本音を国民に見抜かれてしまいました。
自民党は仙谷や馬淵のパージに執着しながら「国民の生活より選挙が大事」だという本末転倒な姿をさらしてしまいした。
虚構の「政治とカネ」というオモチャで国民不在のゲームに興じる政治家の姿を可視化したのです。

しかし、小沢先生がもっとも国民に可視化したかったことは、このように菅直人と自民党がハブとマングースのように戦うことで、官僚機構が安全地帯で温存される「システム」です。国民の代表が無意味な政争に明け暮れると、なぜか官僚と官報が儲かるシステムです。換言すれば、政争の仕掛け人は官僚機構だという手品のカラクリです。政治家のコメントも官僚のコメントも、いったい誰が編集して流すのでしょうか。小沢先生はこの催眠術のトリックを声明で可視化したのだと思います。

真理は具体的な姿で現れます。逆から言えば真理は行間と背後に隠れています。小沢思想は言葉の内側に暗示が埋め込まれています。小沢先生は見えない者にも語りかけるからです。見えない者には見えない言葉が伝わります。

最後に小沢先生の声明を添付します。


「挙党一致で『国民の生活が第一。』の政治を実現するために」

私はこれまで、菅代表及び岡田幹事長から、自発的に政治倫理審査会へ出席するよう要請を受けてまいりました。それに対し、私は、政治資金に関する問題はすでに具体的な司法手続きに入っており、三権分立や基本的人権の尊重という憲法上の原理原則からいえば、立法府の機関である政倫審に出席する合理的な理由はない、ただ、私が政倫審に出ることで、国会運営が円滑に進められ、あるいは、選挙戦においても国民の皆様の支持を取り戻すことができるということであれば、政倫審に出席することもやぶさかでないと、繰り返し表明してまいりました。
そうした中で、先般、民主党の最大の支持母体である連合から、挙党一致の体制で難局を乗り越えるよう、強い要請を受けました。また、国民の皆様、同志の皆様にも、多大なご心配をおかけしていることを、大変申し訳なく思っております。これらのことを総合的に考え、私は政治家の判断として、来年の常会において、政倫審に自ら出席することを決意致しました。

具体的に申し上げます。
第一点目として、常会において私が政倫審に出席しなければ国会審議が開始されないという場合、すなわち、私が出席することにより、予算案の審議をはじめ、国会の審議が円滑に進められるということであれば、常会の冒頭にも出席し、説明したいと思います。
第二点目は、私が政倫審に出席するかどうかということが、国会審議を開始するための主たる条件ではないということであれば、国民の生活に最も関連の深い予算案の審議に全力で取り組み、その一日も早い成立を図らなければなりません。
したがって、私はこの場合には、予算成立の後速やかに政倫審に出席したいと考えております。

平成22年12月28日

衆院議員 小沢一郎


Leave a Comment

ama
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日米地位協定
日米地位協定
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
公文書問題 日本の「闇」の核心
公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
スノーデン 監視大国 日本を語る
スノーデン 監視大国 日本を語る (集英社新書)
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた (講談社現代新書)
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか (講談社現代新書)
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
「アベ友」トンデモ列伝
「アベ友」トンデモ列伝
安倍「4項目」改憲の建前と本音
安倍「4項目」改憲の建前と本音
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
Page Selector
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
知りたくないではすまされない
ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
知りたくないではすまされない ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
安倍政治 100のファクトチェック
安倍政治 100のファクトチェック (集英社新書)
改訂版 全共闘以後
改訂版 全共闘以後
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
対米自立
対米自立
rakuad2
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体 (講談社現代新書)
rakuad03
Black Box
Black Box
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
スポンサードリンク3
 
 
注目ブログ
 
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
オンライン署名
 
 
IWJサポート
 
 
raku3-2
 
 
raku3-2-03
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...