日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




12・5「デモ&講演会」に結集しよう!「裁判所・検察・警察は、冤罪で人生をメチャクチャにされた人たちに謝れ!」

Category: 検察   Tags: 検察デモ  ウォルフレン  12・5デモ&講演会  三井環  
12・5 「デモ&講演会」詳細(チラシ&WEBより参照)

【12・5 第一部】 集会&デモ行進

●デモの目的

検察制度の根本的な改革を求める。腐敗の根本にある裏金問題を国民の目に明らかにし、裏金を使用した検察幹部(OBを含む)に対して国庫に返還させる。
村木事件を始め、数々の冤罪を生んできた取調べ方法の抜本的改革を求める。(可視化、押収物・残記録の公開等・・可視化法案の成立へ)

■検察の裏金問題を国民の目に明らかにしその責任を追及し裏金の返還を求める。
■村木事件の検察の責任を追及する。
■取り調べの全面可視化、押収証拠物及び残記録の全面開示を要求する。

●スローガン
「大林宏検事総長よ、自ら使った裏金を返せ」
「村木事件で事前決済した最高検伊藤次長検事は辞職せよ」
「前田主任検事、佐賀副部長、大坪特捜部長だけを起訴したトカゲのしっぽ切りはやめよ。最大の責任は検察トップではないか」
「検察よ、お前は何様なんだ。自分自身を問い直したらどうだ」
「裏金を国民に返せ、おまえ達のやっていることは犯罪だぞ」
「冤罪で人生や生活をめちゃくちゃにされた人たちに謝れ」
「法律は国民生活の基本中の基本だ、正しく運用しろ」
「私たちは、検察権力がやったことを決して忘れないぞ」
「管総理よ、法務・検察の犯罪を隠蔽するな」

●概要
主催:市民の連帯の会
日時:12月5日(日) 13時00分~17時00分(解散) 
場所:日比谷公園大音楽堂(野音)
デモ行進順序:大音楽堂→霞門→霞ヶ関一丁目→桜田通り→虎ノ門交差点→外堀通り→新橋駅ガード→銀座(外堀通り)→数寄屋橋交差点→晴海通り→日比谷交差点→日比谷通り→内幸町交差点→日比谷公園(中幸門)解散
※再訂正

●「呼びかけにあたっての3つの取り決め」
1.自分達にとって都合の悪いものは隠蔽しない。
2.意見や考えが異なる団体や個人を排除しない。
3.情報は操作しない。


●呼びかけ団体・個人(11/29現在敬称略、順不同)

三井環を支援する会

吉川ひろし(千葉県議)
宮嶋巌(FACTA編集人)
小沢真っ白
権力とマスコミの横暴を正し、人権を守る国民の会
一水会
市民が訴える「大阪宣言」の会
築地を守る会
アジア記者クラブ(APC)
創出版社
(株)フーミー
闘う障害者革新無所属の会
総合情報誌「選択」
(株)世界映画社
(株)ティーエム
渡辺完(元宝塚市長)
高野和郎(ジャーナリスト)
保坂展人(前衆院議員)
上原公子(元国立市長)
大野ひろみ(千葉県議)
北芝健(警察評論家)
新宿連絡会
奥山たえこ(杉並区議)
福士敬子(東京都議)
魚住昭(ジャーナリスト)
浅野貴博(衆議院議員)
岩上安身(ジャーナリスト)
桜井昌司・杉山卓男(布川事件・再審被告人)
北方ジャーナル
鳥賀陽弘道(ジャーナリスト)
ふじしろ政夫(鎌ヶ谷市議)
池田はるお(東久留米市議)
財界さっぽろ
伊東章(弁護士)
さいとうまこと(名古屋市議)
森功(ノンフィクション作家)
古川利明(ジャーナリスト)
青木理(ジャーナリスト)
三宅勝久(フリージャーナリスト)
木川統一郎(弁護士・元中央大学教授)
粟野仁雄(ジャーナリスト)
植草一秀(元早稲田大学教授)
井野賢二(弁護士)
西山明行(弁護士)
二木啓孝(ジャーナリスト)
検察の暴走を許さない香川県民の会
橋野高明(同志社大学人文科学研究所研究員・日本キリスト教団牧師)
夏井辰徳(脚本家)
小坂和輝(中央区議・医師)
森達也(映画監督)
門間幸枝(袴田さんを救う会 副代表)

主催:12・5市民の連帯の会 実行委員会
【三井環事務所】東京事務所
〒110-0015 東京都台東区東上野6丁目1番4号 イワツキビル201号 TEL. 03-3844-8722 FAX. 03-5827-3132
メールアドレス:info@syowakikaku.com 
http://www.solidarite.jp/

●デモでのプラカード、旗、ハチマキ、着ぐるみ等は各自で制作お願いします。

●当日、会場で支援のカンパをお願いします。

参照:
・12月5日(日)抗議デモのチラシ
http://www.solidarite.jp/chirashi1201.pdf
・三井環のWEBサイト:Solidarite - ソリダリテ - http://www.solidarite.jp/

*****人気ブログランキングへ***** にほんブログ村 政治ブログへ**********


【12・5 第二部】 講演会

●『12/5カレル・ヴァン・ウォルフレン教授講演会』

★再度、講演会場が変更されたようです
(12/4、19:20時点)

「権力とマスコミの横暴を正し、人権を守る国民の会」HPより)

●概要
日時:2010年12月5日(日)、17:30開場、18:00開演、19:30終了予定。
場所:TKP東京駅日本橋ビジネスセンター
http://tkptn.net/
JR「東京駅」から徒歩5分。
地下鉄・銀座線、東西線「日本橋駅」A5 出入口真上。

講演タイトル:
「独立日本の未来に求められる確固とした責任感のある政治」
The future of an independent Japan demands decisive and unhampered responsible politics
逐時通訳付き(原不二子さん)
入場無料(ご浄財のご寄付は大歓迎です)。
主催:12/5ウォルフレン教授講演会実行委員会(代表:高木共生)

※念のため、随時、上記HPをチェックしてください。


会場と主催者が変わったようだが、以下の檀氏の功績は変わるものではない。

その檀氏が、短期間でウォルフレン氏講演会を行うために、いくつもの壁を乗り越えられ、突き進んでいく様子が阿修羅掲示板に掲載されている。

氏の熱い想いと純粋な気持ちがよく表されていて、何事にも応用できる要素が、この中には詰まっていると思う。是非ご一読をおススメする。

●檀公善:12・5(日)、三井環氏支援行事の後は、ウォルフレン氏の緊急講演会に結集してください
http://www.asyura2.com/10/senkyo100/msg/539.html

以下、≪檀公善:ウォルフレン講演会(12・5)のチラシとポスターができあがりました≫の記事を転載させていただく。http://www.asyura2.com/10/senkyo100/msg/821.html

(以下転載)


≪ウォルフレン講演会(12・5)のチラシとポスターができあがりました。迅速に、大量に拡散し、多くのみなさんの目に触れるよう、ご尽力ください。

日比谷公会堂の定員数は2,074人です。ぜひとも、なんとか満杯にしたいものだと思っています。阿修羅愛読者のみなさんの熱意が、きっと奇跡を起こしてくれるものと信じます。

まず何よりも必要になるのがチラシとポスターです。実行委員会では、つぎのようなチラシを用意しました。サイズはA4で、モノクロにしました。PDFファイルをダウンロードしていただくと、普通のプリンターで印刷できます。

ポスターとして使う場合は、セブンイレブンのコンビニに行き、コピー機でA3を指定してプリントしてください。ファイルナンバーは「65822716」もしくは「57011981」を入力してください。

http://www.tsuiq.info/A4-144.pdf

ウォルフレン教授の講演は、いくつかネット上の映像を通して視聴することができますが、今回の講演の内容は、離日を前にしたウォルフレン博士が、愛する日本の自覚ある私たちに残していきたい究極のメッセージになるはずです。次の英文メールは、教授が同志Norikoさんに送ってきたメッセージです。

As I discussed with Dr. Done, I would talk about some themes of my book where they relate especially to Japan’s situation. This means treating the dangerous situation of slavishly following the United States in everything.
Japan must become truly independent.
That also means that any government in Japan must be a government ready to rethink the status quo and develop new policies, and must be given the chance to do so.
So, as a title I suggest:
The future of an independent Japan demands decisive and unhampered responsible politics.

ドクター・ダンと話し合ったように、私は今回の著書の中から、あるテーマについてお話したいと思っています。その内容は、日本が置かれている状況に、特に関わりがあります。すなわち何かにつけてアメリカに隷属している危険な状況への対処の仕方ということです。日本は、真の独立国にならなくてはなりません。これはまた、日本のいかなる政府であっても、体制を見直す覚悟がなければならず、新しい政策を策定し、それらを実践するチャンスに恵まれる必要があるということです。

そこで、以下のようなタイトルではどうでしょう。

独立日本の未来に求められる確固とした責任感のある政治

氏の日本に対する深い思い入れから発せられる心のこもったメッセージを、私たちはしかと受け止めようではありませんか。

さて、通訳の原不二子氏は、知る人ぞ知る超一流のベテランです。ウォルフレン教授の講演の通訳として、ほぼ専属といっていいほど優先的に起用されており、ウォルフレン教授が「もっともウマが合う」とされる方です。

12月5日は、遠方からの貸し切りバス等による参加もあります。三井環氏支援の集会・デモのあと、引き続き講演会に参加していただき、その後帰りのバスに乗車となると、かなりの強行軍になることも考えられます。
そこで、空腹のまま講演会場にお入りいただくことにもなります。

実行委員会は、2,074人分の軽食を用意する大英断を決定しました。「愛さい弁当」さんの千葉産多古米こしひかりを使ったおむすび2個に、お茶を付けて、無償で提供します。せっかくのおむすびを残飯にすることはできません。実行委員会が必死の覚悟で会場を満杯にしようと意気込んでいる心意気に、ぜひ大動員で応えてくださることを期待しています。

入場料ですが、これも大英断で無料にします。有料にするか、無料にするか、実行委員会の中では大激論が闘わされました。さまざまな出費をトータルすると、100万円を切りません。それでも無料という結論になった最大のポイントは、やはり動員です。なんとしても2,074人の定員を満杯にするということを最優先にしようという意見に、軍配があがったということです。

実行委員会は、聴講者のみなさまのご期待に応えるためには、ありったけの努力を惜しまないという立場で、何事にも積極的に当たろうと考えています。みなさまにおかれましては、なにとぞ応分の浄財をカンパしていただくという形で、この講演会を財務的にも大成功させるためにご協力ください。≫


(以上転載)

国家権力に立ち向かうデモが、芽生え、ようやく成長し始め、12・5で一つの形として現れようとしている。

参加できる方もできない方も、思いを一つにすれば、強大な国家権力に立ち向かっていけると確信している。

参照:
・カレル・ヴァン・ウォルフレン教授講演ビデオ1 2010.11.17
http://www.youtube.com/watch?v=zbbqpcunR1w

・カレル・ヴァン・ウォルフレン氏講演会ビデオ1~10  2009年11月25日 (資料ブログ

・カレル・ヴァン・ウォルフレン氏のホームページ
http://www.wolferen.jp/index.php?t=1&...


最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

共感したという方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

全くその通りと思えた方は拍手をお願いします



「広告」



Comments

この運動に
派遣法というマジックで未来を閉ざされている大学生や若者たちをこの運動の仲間にして、派遣法の改正にまで発展させて欲しいと思っています。
派遣法こそ、日本社会劣化の元凶です。

Leave a Comment

ama
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日米地位協定
日米地位協定
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
公文書問題 日本の「闇」の核心
公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
スノーデン 監視大国 日本を語る
スノーデン 監視大国 日本を語る (集英社新書)
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた (講談社現代新書)
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか (講談社現代新書)
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
「アベ友」トンデモ列伝
「アベ友」トンデモ列伝
安倍「4項目」改憲の建前と本音
安倍「4項目」改憲の建前と本音
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
Page Selector
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
知りたくないではすまされない
ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
知りたくないではすまされない ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
安倍政治 100のファクトチェック
安倍政治 100のファクトチェック (集英社新書)
改訂版 全共闘以後
改訂版 全共闘以後
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
対米自立
対米自立
rakuad2
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体 (講談社現代新書)
rakuad03
Black Box
Black Box
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
スポンサードリンク3
 
 
注目ブログ
 
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
オンライン署名
 
 
IWJサポート
 
 
raku3-2
 
 
raku3-2-03
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...