日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




最高裁の裏金:「日本国民は、犯罪者集団に裁かれているのです」 by 生田暉雄 (元高裁判事) 

Category: 検察   Tags: 最高裁の裏金    
ほとんど全ての自治体、企業を含め組織の中には必ず、プール金、隠し金という、いわゆる裏金がある。

企業は自らの収益が原資になっているが、役所は国民の血税が裏金となっているところから、その質は全く違う。

三井環氏が暴露した検察の裏金でもわかるように、その使途は遊興費ともいえる自組織中心的な享楽に使われている場合が一番の巨悪ある。

それらは徐々に可視化してきてはいるが、そのほとんどが組織側としては認めていない。

今年の5月に元高裁判事で最高裁裏金問題を追及している生田弁護士が、司法行政文書の情報公開請求をしたところ拒否されたので、処分取消を求めて国を相手に提訴した。

先日の11月12日東京地裁705法廷にて結審となり、次回12月10日判決ということだ。(最高裁情報) 

この最高裁判所裏金問題は、裁判官の人事評価をごまかす手口で年に10億円が裏金に回り、50年間も同じことを続けてきたというから驚きである。



詳しい内容は下記やリンクを参照いただくとして、この国は、犯罪者集団(警察)に監視され、犯罪者集団(検察)に起訴され、犯罪者集団(裁判所)に裁かれる、という犯罪者集団が国家主権を牛耳ている無法国家だといえる。

その生田弁護士も以前、警察権力から不当逮捕されそうになったことがあるそうだ。
生田暉雄弁護士不当逮捕準備を許さない集会等の報告(不当逮捕を許さない会・えひめ)薔薇、または陽だまりの猫

最高裁裏がね問題のわかり易いJANJANの記事を転載させていただく。

*****人気ブログランキングへ***** にほんブログ村 政治ブログへ**********



≪最高裁にも裏金疑惑、元高裁判事が指摘 情報開示請求に最高裁はナシのつぶて(JANJAN:小倉文三 2009/07/23
■最高裁に裏金疑惑
弁護士の生田暉雄さんとは、7月12日に高知市で開かれた「仙波敏郎・講演会」の会場で会いました。生田弁護士は最近、「高知白バイ事件」の民事裁判の弁護を引き受けたのです。警察相手となると、尻込みする弁護士がほとんどなので、香川県の弁護士に依頼することになったようです。「22年間、大阪高等裁判所などで判事をしていた」ということですが、堅苦しくないお人柄で、すぐ打ち解けて対等に話すことができました。
私が、「警察も裁判所もムチャクチャですね」と切り出すと、「最高裁にも裏金があったりしますからね」という言葉が返ってきました。「知ってますよ。誰か本に書いてるらしいですね」と言うと、「これですよ」と1冊の本を出してこられました。見ると、『裁判が日本を変える!』(生田暉雄 日本評論社)とありました。著者が、目の前にいたのです。「しかし、このタイトル、インパクトがないですね」と思ったままを言うと、「そうですか? 本屋にこれがいいと言われたもので・・・」と、反権力のわりに、素直でいらっしゃいました。

警察の捜査段階で「高知白バイ事件」裁判は終わっていた!?
警察から上がって来た刑事訴訟の99.9パーセントが、有罪なのだそうです。これは、裁判で無罪になる確率は1000分の1、ということです。ですから、実際には警察の取調べが刑事裁判の方向を左右していると言えます。「民事不介入」という警察のポリシーがありますが、警察は、分不相応に、刑事事件の判決に介入し過ぎています。「高知白バイ事件」は、その典型的な例で、警察のご都合主義的な主張が3審制のどこにも引っかかることなく、ベルトコンベアーに乗ったかのように流れていきました。
仮に、警察が身内大切で、無実の片岡さんを犯人に仕立て上げたとしても、裁判所が「おい、ちょっと待て!その話おかしいじゃないか? そんなブレーキ痕なんかつくわけないだろ? バスに乗っていた人たちの証言はいったいどうなってるんだ?」と常識的な審理をしてくれれば、片岡さんは刑務所に行かずにすんだのです。最終的には、(裁判所が白黒をつけてくれるはずだ)と、無実の片岡さんは信じていたのです。しかし、どの裁判所も、そのようには機能しませんでした。
「高知白バイ事件」は、冤罪事件の氷山の一角で、同様のことは、日本国では日常的に起こってきたし、現に起こっているし、今後も起こっていくものと想像されます。獄中の片岡さんに代って、裁判所に申し上げたい。「人手が足りないなら、1回だけでいいから、まともに審理してください。3審制は理想ですが、書類が移動するだけの形式的な3審制なら、時間とカネの無駄遣いです」、と。
「日本の裁判は、異常です」と生田弁護士
大阪高等裁判所の判事にまでなっていた生田弁護士は、こう言いました。「日本の裁判は、世界的に見て、異常です。建前は民主主義なのに、官僚裁判官の支配する人権無視の裁判が横行しています。私は、裁判員制度の本当の目的は何かというと、国家権力の恐ろしさを国民に思い知らせることなのではないか、と考えているのです。どうして、刑事事件に市民感覚が必要で、民事事件には市民感覚が必要でないのですか?」

■ヒラメ裁判官が大量発生する理由
2004年10月18日、最高裁長官は新任裁判官の辞令交付式で、「上級審の動向や裁判長の顔色ばかりをうかがうヒラメ裁判官がいるといわれるが、私は少なくともそんな人は全く歓迎していない」と訓示を垂れたそうです。いかにヒラメ裁判官が多いか、を問わず語りに明かしたエピソードだと思います。しかし、生田さんは、裁判官はヒラメにならざるを得ないカラクリになっている、というのです。講演会での生田さんの説明によると、こういうことです。
「裁判官は、司法試験を通ってなるのですが、報酬月額は、判事補の時代に、12号(225,300円)から1号(430,000円)と上がっていきます。判事になってからは、8号(503,000円)から1号(1,211,000円)と上がっていきます。判事の4号までは、だいたい20年かかりますが、皆同じように上がっていくのです」。
「しかし、4号から3号に上がるときには、60名中20名しか上がれません。40名は落とされるのです。年間所得で言うと、期末手当5.2ケ月分、都市手当0.12ケ月分があるので、4号地方都市勤務と3号大都市勤務の間には、約400万円の差があります(H18・4・1実施)。さらに、3号にならなければ、裁判長にはなれません。裁判官になったからは、誰しも裁判長になりたいのです。しかし、その当落の基準は、全く示されていないのです。つまり、4号になってから最高裁や行政の顔色を窺っても、もう遅いということです」。
「裁判官になってから20年というのは、子供が高校生や大学生になっている頃で、地方勤務か大都市勤務かということも家族にとっては切実な問題です。地方勤務だと多くの場合、単身赴任になってしまいます。4号か3号かの違いは、裁判官の家族全員の運命を左右する事柄なのです。3号になれなければ、2号、1号にもなれませんし、1号になれなければ、所長にはなれないのです。中には、65歳の定年まで4号のままの裁判官もいるのです。このように、裁判官がヒラメ裁判官にならざるを得ないような昇給・昇進のカラクリになっているのです」。

■最高裁の裏金作りのトリック
「最高裁は、60名のうち20名しか4号から3号に上げないにもかかわらず、給与のほうは、全員3号として予算配布を受けているのです。だから、400万円の40人分が裏金になるのです。そのような手口で、年に10億、サンフランシスコ条約以来、かれこれ50年そういうことをやっているのでしょうから、500億円にはなっている、と私は試算しています」。
「もしそれより少なければ、警察と同じように幹部が着服していたということになりますが、最高裁には、仙波さんのような人がいませんから、真相は闇の中です。警察の裏金は400億円くらいですから、最高裁のほうが上ですね。私は、現在、最高裁に情報の開示請求をしていますが、最高裁からは、何の返事もありません。最高裁は、私を無視し続けています」。
「警察では、情報提供者に捜査協力費を支払ったことにして、ニセ領収書を作成して裏金にしています。検察では、行っていない調査活動を行っているかのように装って、経費を計上して裏金にしています。最高裁では、架空の予算配布を受けて、裏金にしています。いま、この国の警察・司法は、恐ろしいことになっているのです」。
 この記事は7月12日の「仙波敏郎・講演会」で、生田弁護士が話した内容を中心にまとめたものです。正確を期すために、数字などは『裁判が日本を変える!』(生田暉雄、日本評論社)の第5章「裁判官の統制」から引用しました。「最高裁の裏金」についてもその第5章に書かれています。

まとめ
 2年ほど前、大阪から高知に帰郷した娘を駅まで迎えに行ったことがあります。そのとき、車の中で「お父さん、最高裁が裏金作ってるって、知ってる?」と娘が唐突に聞くのです。「知らん。そら、どこの会社でも役所でも、多少は裏金を作っとるやろ」と、私が言うと、「それが、多少じゃないみたいよ。ネタ元は、元大阪高裁判事よ。本に書いてる」と娘が言いました。
 いまにして思えば、娘は帰郷の途中に香川に立ち寄り、生田弁護士の出版記念パーティーに出席し、直接、生田さんから「最高裁の裏金作り」の実態を聞いていたのでした。私は、娘がそのとき見せてくれた出版物の名前も弁護士の名前もすっかり忘れていました。
  私にとっては、「高知白バイ事件」の延長線上に、その生田暉雄弁護士が登場したのです。警察の不正を追及しているうちに、芋づる式に、最高裁の不正が出てきたのです。生田さんは、ある雑誌にこう書いたそうです。「日本国民は、犯罪者集団に裁かれているのです」と。すると、親しい法律家たちに、「オマエ、名誉毀損で訴えられるぞ」と注意されたそうです。生田さんは、「それは、私の望むところです。そうしたら、最高裁に証拠を出させて、法廷で戦えばいいのです」と意気軒昂でした。
しかし、ヒラメ裁判官に最高裁が裁けるものなのでしょうか?≫


人権が蹂躙され、国民生活に影響がある国家権力、裁判所・検察・警察の「裏ガネ三兄弟」による裏金問題の解明は最も重要である。

12月5日には、三井環氏のデモ&日比谷公会堂のウォルフレン教授の講演会が行われる。

ウォルフレン氏の新刊も会場で買えるそうだ。

参照:
最高裁のウラ金-正常な司法なくして、正常な社会の発展は無い-生田暉雄
・PDF:http://www.saikousai.info/saikousainouragane.pdf
・阿修羅掲示板:http://www.asyura2.com/10/senkyo100/msg/404.html

-大スクープ! コレが「最高裁の裏金」捻出のカラクリだ!-(古川利明の同時代ウォッチング

ウォルフレン関連エントリー
ウォルフレン論文「日本政治再生を巡る権力闘争の謎」*保存用(長文)


最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

共感したという方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

全くその通りと思えた方は拍手をお願いします



「広告」



元裁判官の生田暉雄弁護士が、原告代理人となっている国を被告とした民事訴訟が、東京地裁で、審理中であることを知りました(三上英次氏のJanJanBlogの先月19日の記事「財布の中まで身

Comments

最高裁裏金疑惑裁判で過剰警備
最高裁裏金疑惑裁判で過剰警備した裁判官(舘内比佐志裁判長、後藤隆大裁判官)は北本イジメ判決を言い渡した裁判官です。同級生から「きもい」と悪口を言われ、下駄箱から靴を落とされ、「便器に顔をつけろ」と言われるなながらイジメを否定した判決です。
最高裁判所長官を裁いた下級裁判所裁判官について、告訴状を公開
平成24年9月30日、【最高裁判所長官(竹崎博允)】を裁いた【下級裁判所裁判官(衣斐瑞穂)】について、【告訴状】を公開しました。
【事件番号:広島地方裁判所平成24年(ワ)第1191号(Casefile#003)】
http://casefiles-casefiles.blogspot.jp/
【裁判官西前ゆう子】の【手数料詐欺の手口】
平成24年9月11日、【裁判官西前ゆう子(広島地方裁判所)】の【訴訟提起手数料詐欺の手口】を公開しました。
【事件番号:広島地方裁判所平成22年(ワ)第1436号(Casefile#005)】
http://casefiles-casefiles.blogspot.jp/
裁判官上田賀代を被告訴人とする【告訴状】
平成24年9月9日、【裁判官上田賀代(広島地方裁判所)】を被告訴人とする【告訴状】を公開しました。
【事件番号:広島地方裁判所平成24年(ワ)第800号(Casefile#004)】
http://casefiles-casefiles.blogspot.jp/
【控訴提起】に伴う【過納手数料還付申立書」を公開。
【控訴提起】に伴う【過納手数料還付申立書】を公開しました。
【事件番号:広島地方裁判所平成24年(ワ)第1191号(Casefile#003)】
http://casefiles-casefiles.blogspot.jp/
日本が100%腐敗する前に
裁判官、検察官、刑事の良心あるものが勇気ある決断をし、片っ端から内部告発して建て直ししてもらいたい。
裏金や脱税に対する追求は手ぬるすぎる
 私は松下系列のパナホームを欠陥住宅で訴え裁判していましたが、その過程でパナホームが我が家を補修した事にして、実際には行われていない架空の補修工事を大量にでっち上げて経費として計上し、脱税に悪用していた事実が出てきて大変驚きました。
 その金額たるや伝票類があるだけで、1億数千万円、伝票類が既に廃棄されてしまった分も含めれば、2~3億円以上にもなります、因みに我が家は、実質5千万弱の家です(古い家の解体、地盤改良、整地、外構含めて)。
 しかし裁判長は、「補修工事に1億5千万以上も、どうやっても使えるわけが無い、その点は置いといて。」と言われ、その点は無視して素通りされました。
 私としては、我が家がとんでもない欠陥住宅になった背景には、この脱税に悪用された事実が大きく関係しているので、裁判でその点を審理して欲しかったのですが全く無視され、最後は、法廷でも調停のような会議室でもなく、大阪高裁の廊下の隅の窓際にあるベンチのところで、記録係(書記官?)ら、裁判長以外裁判所の者は誰も居ないところで、裁判長から強い態度で和解を迫られ因果を含められる有様で、大変悔しい思いをしました。
 裁判所にも場外乱闘というのがあるんですね、初めて知りました。
私は、「犯罪の事実が出ているのに見て見ぬふりは、裁判所としておかしいのではないか?きちんと審理して下さい。」と訴えましたが、聞き入れられませんでした。

 最高裁にも裏金問題があるようですが、裁判所が裁判の過程で企業が脱税している事実が出てきても、それを無視して素通りしようとする背景には、裁判所自体の裏金問題があるのでは?と勘ぐりたくなります。

 国の財政は破綻しかけているようですが、にも拘らず脱税や裏金に対する追及は、あまりにも手ぬるすぎると思います。
 検察も問題になっていますが、法律の世界にも深い闇がある気がします、問題提起を行う人々がもっと増えることを切に願います。

Leave a Comment

ama
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日米地位協定
日米地位協定
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
公文書問題 日本の「闇」の核心
公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
スノーデン 監視大国 日本を語る
スノーデン 監視大国 日本を語る (集英社新書)
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた (講談社現代新書)
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか (講談社現代新書)
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
「アベ友」トンデモ列伝
「アベ友」トンデモ列伝
安倍「4項目」改憲の建前と本音
安倍「4項目」改憲の建前と本音
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
Page Selector
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
知りたくないではすまされない
ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
知りたくないではすまされない ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
安倍政治 100のファクトチェック
安倍政治 100のファクトチェック (集英社新書)
改訂版 全共闘以後
改訂版 全共闘以後
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
対米自立
対米自立
rakuad2
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体 (講談社現代新書)
rakuad03
Black Box
Black Box
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
スポンサードリンク3
 
 
注目ブログ
 
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
オンライン署名
 
 
IWJサポート
 
 
raku3-2
 
 
raku3-2-03
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...