日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




警察官は町のお巡りさんから上層部にいたるまで、100%全員が「裏ガネ」で汚染されている by 仙波敏郎氏

Category: 警察利権   Tags: 警察裏ガネ  仙波敏郎  岩上安身  
検察の裏ガネが三井環氏によって注目されたが、それ以上にもっと根が深く、その金額も膨大で、歴史的にも古くからある裏ガネがあった。

その内容を知れば驚愕することは間違いない。

一般市民が犯罪に巻き込まれれば、まず警察に駆け込む。

その警察組織の中で、ほとんどの警察官が犯罪に手を染めている、と仙波氏は現役時代から警鐘を鳴らしてきた。

警官たちが今もなお手を染め続けている犯罪とは。

公金横領、公文書偽造、私文書偽造、脱税、業務上横領、詐欺・・・。

また、仙波氏は「日本という国の中で、日常業務の中で犯罪を犯しているのは、ヤクザと警察官のみです」ときっぱりと言ってのけた。

インタビュアーの岩上氏も、仙波氏が語る内容があまりにも強烈過ぎて、しばしば言葉に詰まった様子がビデオで伺えた。

また、選挙違反についても警察庁のキャリアから時の政権の意向に沿った形で検挙されるという内容もびっくりだ。

愛媛知事選で、負けた相手候補を応援した土建屋を、選挙が終わって一斉検挙し、完膚なきまでに叩きのめしたといういことだ。

その驚愕のインタビューは是非、時間があるときに岩上氏のウェブサイトでご覧いただきたい。要必見である。

参照
 
・感想文:黒夜行 

以下は、そのビデオを見ながら気になった部分をメモし、箇条書きにして要点をまとめてみた。

*****人気ブログランキングへ***** にほんブログ村 政治ブログへ**********



仙波敏郎氏インタビュー(メモ&要点)

警察組織は、25万人のノンキャリアと500人のキャリア、一般職員をあわせ30万人いる国家権力の最大の組織。

その組織を挙げて裏ガネ作りに手を染めている。

警察組織にいる者は、100%裏ガネに汚染させれている。

町のおまわりさんから上層部にいたるまで、100%全員が汚染されている。

日本という中で、日常の業務の中で犯罪を犯しているのはヤクザと警察官のみ。

署長以上の管理職は年間数百万円使い込んでいる。

全国で年間400億円全てが裏ガネに回っている。
署長以上の管理職は、一人年間数百万円懐に入れている。

捜査費というのは警察の中では国費の「捜査協力費」のこと(年60億円)

市民の皆さんは犯罪捜査に使ったお金を捜査費と思っている方が多い。要するに言葉遊びで騙している。

都道府県費のお金は「捜査報償費」という。(年90億円)

犯罪捜査に使ったお金は「捜査費用」と言っている。

この捜査協力費60億円と捜査報償費90億円の150億円の99%は裏ガネに使われている。

一部、本当に捜査に協力してもらった人を表彰したり、物を持っていったりしているが、ほぼ全額が裏ガネになっている。

それは全て国民の税金から拠出されている。

現在の警察制度は、昭和29年にできた。500人のキャリアが考えだした裏ガネのシステムは最初からあった。
昭和33年当時に既に裏ガネが確認されている。

私が24歳で巡査部長になってから偽領収書を書けといわれた。既にその前から裏ガネのことは知っていた。
そのときに書かなかった。
断ったら転勤や出世ができなくなるから皆手を染めてしまう。
断った警官は「マル特」と呼ばれ、特別扱いされて常に監視の対象となる。

自分は一切偽領収書をつくらなかった。それで転々と転勤をさせられた。

警察は裏ガネを作るために通常、偽の領収書をつくる。
また、観葉植物などの備品をたとえば、98,000円で毎月買ったことにして白紙の領収書をもらっておく。
実は一回だけしか買ってないが、同じものを1階から2階に移し、2階のものを3階にと移動してフロワーごとに替えつつ同じものを使いまわしている。それだけでも年間で100万以上浮くことになる。

裏ガネを作るために偽の領収書が必要で、捜査協力費から捻出している。
だから、犯人を誰でもいいから作らないと裏ガネがつくれない。だから冤罪もうまれる。

一番簡単なのは、指紋。指紋を適当に採取して、それが現場から出たということにしておくのは日常茶飯事。

また、警察官の犯罪も裏ガネによって守られ、事件を起こしても組織をあげて守られ、逆に栄転している者もある。

愛媛県警で本当にあった話として、ある巡査部長がレイプ事件を起こした。
警察は組織を挙げて巡査部長をかばっている。独身のレイプされた女性を4・5時間監禁し「なんで妻子ある男性と性交渉をもったのか」と逆に問い詰める。その後に刑事告訴されるが、一年前のことで証拠力がない。

レイプ犯の巡査部長は、その後何事もなかったかのように栄転した。
レイプ事件でも何でも全ての警察官の犯罪は、裏ガネがばれるということで、守られる。

春になると、800万円の現金を副署長が用意して、3月の年度末にはゼロにする。
それを全て署長が移動の時などに渡し、署長はその中から本部長に上納する。

警察官の制服のうちポケットは二つあり大きく作ってある。
なぜか。
100万円の札束を入れても外から見てもわからないから。
ボーナス時期になると署長は裏ガネから100万円を渡すことになっていた。

裏ガネが警察全体の人事にもかかわっている。
お歳暮お中元は当たり前、署長になるのは上納金を上司に多く積んだ人がなる。

今から20年くらい前に同級生で察まわりやっていた産経新聞の現役記者によると、事務部門の警官がぐちって、「実は本部長から毎月の上納金を100万円にしろと言ってきた」と相談を受けた。その産経の記者は裏ガネのことは知っていたけど具体的な数字を聞いたのは初めてだと言っていた。

当時は警察には部門が5つあった。事務部門、刑事、交通、警備、生活安全部門でそれぞれ20万円が本部長宛の上納金として割り当てられていた。

その中では刑事部門は報償費があり、生活安全部門も防犯協会や許認可の関係がある。
警備は国費の捜査費があるからもっと強く、交通にも安全協会がある。

だが、事務部門はカラ出張しかない。

*****人気ブログランキングへ***** にほんブログ村 政治ブログへ**********

三井環氏は高校の先輩 
松山東高等学校で、夏目漱石の『坊っちゃん』の舞台になった学校で有名。卒業生には、正岡子規、大江健三郎や伊丹十三がいる。
同じ高校の先輩・後輩で、それぞれ検察の裏ガネと警察の裏ガネを追及しているという何の因果かわかりませんが・・・。

私が5年前に告発したことにより400億円あった裏ガネが200億円に減った。

官僚組織に正常化をもとめるのは難しい。政治家やメディアや市民の力が必要

5年前、告発したときに民主党議員もきてくれたが、今は政権与党になってからの民主党からは何も声がかからない。主流派は完全に官僚に飲み込まれた。(参照

今までの自民党と民主党の政治家の中で、日本の検察、警察にNOといえるのは小沢一郎しかいない。

小沢一郎と阿久根の竹原市長とダブってみえる。

市長も自分を捨ててこの阿久根市を豊かにしようというのが原点。

4時間彼と話したら、彼は本物だとわかった。竹原市長のやっている手段はいいとはいえないが、原点はブレてない。

検察と警察は以前の自民党政権時の制度がいいと思っている。

愛媛県の県知事は文科省出身で森喜郎の腹心だった人。
負けた県知事候補を応援した土建屋を徹底的に潰すため、軽い刑でも小さな談合などでもガサ入れた。形式犯でもあげた。

県知事が警察庁長官に圧力をかけ、長官が本部長に、本部長が署長に圧力をかける。

選挙違反でも、選対本部の中に警察の協力者が入って、わざと違反させることもある。
公安の人間は全体の2%いる。彼らは表では名前も顔も知られていない。警察の中でも知っているのはごく一部。
彼らは非合法をやるのが仕事。

だから政治家は警察に絶対にNOといえない。

よっぽど地盤が強固で選挙に強くないと、負けたときに何をされるかわからない恐怖がある。

新聞記者はスパイが多い。
記者懇といって警察が記者を囲っている。また記者も副署長や署長にたかっている。

警察は検察の捜査力をバカにしている。
検察が一から事件を捜査したことがない。実際は警察が力をもっている。

検察がなぜ可視化に反対するか、彼らは警察を守っている。

警察は当然無理な取調べをする。
現場の捜査官は自分の捜査テクニックがばれるのがいやだ。
自分たちのやっている不正を表にだすことはできない。
一番ひどい取調べをしているのは警察。
きびしい取り調べをしないと自白させられない。


警官OBが15万人いるが、私だけですよ、裏ガネに関与していないのは。

告発した段階で命を賭けている
私は自殺はしない、死んだら殺されたと思えと息子に言っている。

市民としていかにそうした犯罪に手を染めている警察官に接していけばいいのか?
何かあったときには必ず警官の階級と名前を聞く。そしてメモをとる。
警察に100%信頼をおかないこと。

Web Iwakami - 岩上安身オフィシャルサイト『仙波敏郎氏インタビュー(2010年11月6日)』より  

(以上、メモ&要点)


裏ガネを中心として犯罪を取り締まる者が、日々犯罪を犯し、国民の税金を誤魔化し、横領している。

それ故にモラルが低下し、良心が曇り、社会常識まで欠落していくのだろう。全ての事柄に組織防衛がまず前面に出て、何事にも国民よりもまず組織を優先して物事を考えるようになる。

何といっても共に犯罪を犯している、という強い絆、強烈な関係でそれぞれが結ばれている。

何とも恐ろしい。

エゴ丸出しの自組織中心の国家権力の権化、巨大モンスターを抱え込んでいる日本という国は、実に恐ろしい国である。

今からでも遅くは無い。

組織の手先になりはて、裏ガネ作りに加担させられたことを真摯に反省し、警察官になろうとした初心に立ち返って、仙波氏のように声を挙げる、真の勇気ある警察官が一人でも現れることを待望したい!

参照
仙波敏郎さんを支える会
明るい警察を実現する全国ネットワーク
世直しオンブズマン

 


最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

共感したという方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

全くその通りと思えた方は拍手をお願いします



「広告」



Comments

このブログ最高だ
刑事はなぜ嘘の調書を作成し犯人を増やすのか、犯罪を増やすのか、謎が溶けました。お金に目が眩み、人の人生を潰してでも手に入れた金で食う飯は美味しいと思うほど卑しい職業だったんだ。嘘調書で納得なく刑務所にぶちこまれ不味い飯を食べさせて自分たちだけ美味しいものを食べて幸せか?純粋な警官ほど自殺してしまう謎も理解できます。
許せない
涼しい顔して取り締まりしてるかと思うと腹が立って仕方がありません

Leave a Comment

ama
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた (講談社現代新書)
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか (講談社現代新書)
AI時代の憲法論 人工知能に人権はあるか
AI時代の憲法論 人工知能に人権はあるか
共犯者 -編集者のたくらみ-
共犯者 -編集者のたくらみ-
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
Page Selector
昭和・平成 戦後政治の謀略史
昭和・平成 戦後政治の謀略史
フェイクニュース 新しい戦略的戦争兵器
フェイクニュース 新しい戦略的戦争兵器 (角川新書)
新版 どうせ死ぬなら「がん」がいい
新版 どうせ死ぬなら「がん」がいい (宝島社新書)
尾畠春夫 魂の生き方
尾畠春夫 魂の生き方
「トランプ暴落」前夜
「トランプ暴落」前夜 (Econo-Globalists 21)
革命とサブカル
革命とサブカル
日本昭和トンデモ児童書大全
日本昭和トンデモ児童書大全 (タツミムック)
ドナルド・トランプの危険な兆候――精神科医たちは敢えて告発する
ドナルド・トランプの危険な兆候――精神科医たちは敢えて告発する
山口組と東映ヤクザ映画 ~伝説のヤクザ・菅谷政雄組長の激しき生涯と華麗なる芸能界
山口組と東映ヤクザ映画 ~伝説のヤクザ・菅谷政雄組長の激しき生涯と華麗なる芸能界人脈~
rakuad2
属国の9条 ゴー宣<憲法>道場II黒帯
属国の9条 ゴー宣<憲法>道場II黒帯
許せないを許してみる 籠池のおかん「300日」本音獄中記
許せないを許してみる 籠池のおかん「300日」本音獄中記
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体 (講談社現代新書)
公文書問題と日本の病理
公文書問題と日本の病理 (平凡社新書 895)
ヘイトスピーチは止められる
ヘイトスピーチは止められる (社会運動 No.432)
スノーデン 監視大国 日本を語る
スノーデン 監視大国 日本を語る (集英社新書)
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
前川喜平「官」を語る
前川喜平「官」を語る
rakuad03
公文書問題 日本の「闇」の核心
公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)
日米地位協定
日米地位協定
Black Box
Black Box
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
スポンサードリンク3
 
 
注目ブログ
 
 
[スポンサードリンク]
 
 
これから出る注目本
(予約可)
AI時代の憲法論 人工知能に人権はあるか・・・ 佐藤 優 (著), 木村 草太 (著), 山川 宏 (著) 毎日新聞出版 (2018/11/16発売予定)
AI時代の憲法論 人工知能に人権はあるか
小さなパン屋が世界を救う「奇跡の缶詰」(仮)・・・ 菅 聖子 (著) ウェッジ (2018/11/17発売予定)
小さなパン屋が社会を変える 世界にはばたくパンの缶詰
矛盾社会序説・・・ 御田寺圭 (著) イースト・プレス (2018/11/17発売予定)
矛盾社会序説
ユーチューバーが消滅する未来 2028年の世界を見抜く (PHP新書)・・・ 岡田 斗司夫 (著) PHP研究所 (2018/11/17発売予定)
田中角栄に学ぶ夢を叶える生き方・・・ ムック エイ出版社 (2018/11/19発売予定)
9条の挑戦:非軍事中立戦略のリアリズム・・・ 伊藤 真 (著), 神原 元 (著), 布施 祐仁 (著) 大月書店 (2018/11/19発売予定)
9条の挑戦:非軍事中立戦略のリアリズム
THE LAST GIRL―イスラム国に囚われた少女の物語・・・ ナディア・ムラド (著), 吉井智津 (翻訳) 東洋館出版社 (2018/11/20発売予定)
THE LAST GIRL―イスラム国に囚われた少女の物語
対米自立・・・ 木村 三浩 (著) 花伝社 (2018/11/20発売予定)
対米自立
アナキズム――一丸となってバラバラに生きろ (岩波新書)・・・ 栗原 康 (著) 岩波書店 (2018/11/20発売予定)
平成の政治・・・ 御厨 貴 (著), 芹川 洋一 (著) 日本経済新聞出版社 (2018/11/22発売予定)
ゲラーさん、ニッポンに物申す・・・ ロバート・ゲラー (著) 東京堂出版 (2018/11/26発売予定)
ゲラーさん、ニッポンに物申す
訴訟は本人で出来る・・・ 自由国民社; 第4版 (2018/11/28発売予定)
トランプのアメリカ アメリカ―その「偉大なる復活」の真相・・・ ニュート・ギングリッチ (著), あえば直道 (監修) 産経新聞出版 (2018/11/28発売予定)
トランプのアメリカ アメリカ―その「偉大なる復活」の真相
自衛隊の存在をどう受けとめるか: 元陸上自衛官の思いから憲法を考える・・・ 末延 隆成 (著, 編集), 飯島 滋明 (著, 編集), 清末 愛砂 (著, 編集) 現代人文社 (2018/11/28発売予定)
自衛隊の存在をどう受けとめるか: 元陸上自衛官の思いから憲法を考える
鎌倉資本主義・・・ 柳澤 大輔 (著) プレジデント社 (2018/11/29発売予定)
鎌倉資本主義
人殺しの論理 凶悪殺人犯へのインタビュー (幻冬舎新書)・・・ 小野 一光 (著) 幻冬舎 (2018/11/30発売予定)
平成精神史 天皇・災害・ナショナリズム (幻冬舎新書)・・・ 片山 杜秀 (著) 幻冬舎 (2018/11/30発売予定)
皇室入門 制度・歴史・元号・宮内庁・施設・祭祀・陵墓・皇位継承問題まで (幻冬舎新書)・・・ 椎谷 哲夫 (著) 幻冬舎 (2018/11/30発売予定)
FEAR 恐怖の男 トランプ政権の真実・・・ ボブ・ウッドワード (著), 伏見 威蕃 (翻訳) 日本経済新聞出版社 (2018/12/1発売予定)
FEAR 恐怖の男 トランプ政権の真実
社会不適合僧侶の究極ミニマル生活 くるま暮らし。・・・ 静慈彰 (著) 飛鳥新社 (2018/12/6発売予定)
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団・・・ 森 功 (著) 講談社 (2018/12/6発売予定)
ついに始まった日本経済「崩壊」 (SB新書)・・・ 浜 矩子 (著) SBクリエイティブ (2018/12/6発売予定)
ついに始まった日本経済「崩壊」 (SB新書)
「オウム」は再び現れる (中公新書ラクレ)・・・ 島田 裕巳 (著) 中央公論新社 (2018/12/7発売予定)
米中衝突-危機の日米同盟と朝鮮半島 (中公新書ラクレ)・・・ 手嶋 龍一 (著), 佐藤 優 (著) 中央公論新社 (2018/12/7発売予定)
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)・・・ 知る権利ネットワーク関西 (著) 花伝社 (2018/12/10発売予定)
炎上弁護士 なぜ僕が100万回の殺害予告を受けることになったのか・・・ 唐澤 貴洋 (著) 日本実業出版社 (2018/12/13発売予定)
一神教と戦争 (集英社新書)・・・ 橋爪 大三郎 (著), 中田 考 (著) 集英社 (2018/12/14発売予定)
安倍政治 100のファクトチェック (集英社新書)・・・ 南 彰 (著), 望月 衣塑子 (著) 集英社 (2018/12/14発売予定)
なぜ、日本の精神医療は暴走するのか・・・ 佐藤 光展 (著) 講談社 (2018/12/14発売予定)
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
オンライン署名
 
 
IWJサポート
 
 
raku3-2
 
 
raku3-2-03
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...