日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




「検察・検審を糾弾するデモ」決定!いよいよ「サイレント・マイノリティ」が決起する時が来た!

Category: 検察   Tags: サイレントマイノリティ  検察・検審を糾弾するデモ    
仙谷官房長官のでしゃばり、思いつき、皮肉を混ぜた上から目線発言の数々。

全て責任逃れ先送り逃避行内閣は、菅直人自身がリーダーシップのカケラもなく総理に相応しくない、中味が空っぽのスッカラカンだったことが露呈している。

もう魚の死んだような目には、既に覇気がなく無気力さが感じられ、まさに死に体と言える。

今頃、総理の重圧に耐えられなくなって自身の実力の無さを痛感しているのだろう。

しっかりとした理念も持たず、ただ権力ばかり志向してきた者のあわれな姿や傲慢不遜な官房長官など見たくもない。

市民運動家出身で庶民を代表する物言いも、連日のグルメツアーの実態を見れば、ただの飾り文句であることは明確で、語る言葉にも説得力がなく、逃げ腰・無気力政権運営のおかげで最大不幸社会を築きつつある。

最も影響を受けるのは我々国民である。

円高が進み景気が悪化しても何も有効な手を打てない体たらく。

庶民は節約しても追いつかず、リストラの嵐が吹き荒れて失業者が急増。非正規労働者をさらに苦しめる派遣法改悪、グレーゾーン金利が撤廃され総量規制導入後は借金さえできなくなり、生活にも困窮する庶民が急増。

その沈殿していく世の中にさらに追い討ちをかけるような、今回の検察不祥事と検察審査会の議決。

こんなおぞましい検察審査会の議決にもかかわらず、政治家もマスメディアも大多数の国民も思考停止状態に陥り、何ら疑問もはさまずに、ただ説明責任を声高に叫んでいる。

こんな姿に、ほとほと呆れるばかりか怒りを通り越して悲しくさえなってきていた。

このまま、うやむやにしてしまえば不正義がまかり通り、益々、既得権力を増長させてしまい、法秩序も乱れた暗黒の社会になってしまう、と憂いた人々が次々と声を挙げている。

今、行動を起こさなければ、このまま黙っていたら将来に大きな汚点となる、という危機感からだろう。

この戦いは、やるか、やられるか、の最終戦争である。

いよいよ目覚めた「サイレントマイノリティ」が、声を挙げ具体的行動に出る時がきた!

サイレント・マイノリティ (新潮文庫)』(塩野七生 著)
内容(「BOOK」データベースより)
≪みずからの置かれた状況を冷静に把握し、果たすべき役割を完璧に遂行する。しかも皮相で浅薄な価値観に捉われることなく、すべてを醒めた眼で、相対的に見ることができる人間―。それが行動的ペシミスト。「声なき少数派」である彼らの代表として、大声でまかりとおっている「多数派」の「正義」を排す。

著書より
≪「私も、悪人であっても能力のある者に支配されるのならば我慢もするが、善人であっても、アホに支配されるのは、考えるだけでも肌にあわが立つ」≫

*****人気ブログランキングへ***** にほんブログ村 政治ブログへ******

まずは暴走検察と検察審査会に対して、はっきり「NO」を突きつけるため、行動している方々を紹介する。

最初は一人で決断し一人で署名活動を行った
●ネットで呼びかけ、街頭でも署名した「岡本 啓一氏」ツイッター:keiichi__ 
【小沢一郎議員の民主党議員としての地位保全を求める署名】 http://www.shomei.tv/project-1619.html
≪小沢議員は検察審査会の結果に従い強制起訴となりました。しかし小沢議員は起訴が決まっただけで、有罪が確定したわけではありません。
そのような状態にもかかわらず国会では議員の辞職勧告や、民主党の離党勧告などが騒がれています。
このような自体がまかり通れば、一般市民の僕らの生活にも影響が出てきます。
つまり検察に睨まれたら、社会的生命を奪われかねないということです。
私は断固このような検察国家にならないよう、署名を集めたいと思います。≫

・目標署名数 30,000
・現在の署名数 3,793 (達成率 12.6 %)
・期限 2011年01月07日

携帯からも署名できる

●新宿駅で署名活動 http://bit.ly/cyYyPP呼びかけ
≪【署名活動】場所:新宿駅 南口日時:10/9 14:30〜参加される方は http://j.mp/dvmT3A のような物を御持参ください。ボールペンも。明日、駅前で署名を募ってる僕に声を掛けて下さい。≫

●小沢氏に係る検察審査会議事録の情報公開請求をするとネットで情報を募集している「ブログジャーナル」様


●『検察・検審を糾弾するデモ』「主催者:@soilyano」様  
本日、集合場所とコースが決まったようだ。

* 10月24日、日曜日(12:15中央区水谷橋公園集合)
* 外堀通り経由で日比谷公園まで行進。
* 許可は22日午後に下りる予定。まずは申請が受理されまた

※訂正
・集合場所:水谷橋公園
・住所:中央区銀座1-12-6 地図  
駅:日比谷線・銀座一丁目駅、都営浅草線・宝町駅、銀座線・京橋駅

主催者の本日のツイートで

≪ 検察、検審査の横暴を糾弾するデモ は24日12:15中央区水谷橋公園集合、12:30スタートが決まりました。外堀通り経由で日比谷公園まで行進。許可は22日午後に下りる予定。まずは申請が受理されまたので、告知します。≫

と場所決まったとのこと。 

【デモ&書名】「小沢真っ白」の檀さん及びそのスタッフ方々のご尽力により、明日からデモの掲示板が正式運用になります。これで錯綜していた情報の一元化がはかれます (^^) URLは正式運用が開始した時点でお知らせします♪ ネット&街頭署名の岡本啓一氏も加わっているようだ。https://twitter.com/keiichi__

今回のデモのテーマは、『検察・検審を糾弾するデモ』で、主催は、「権力とマスコミの横暴に抵抗する市民の会」ということです。(参照:父さんの日記)様

soilyano 拡声器ある方は持参願います。プラカードなどは特定の団体や個人を誹謗中傷は厳禁で、検察、権力の横暴に抗議、反抗の趣旨に合った内容で各自、用意可能な方はお願いします。詳しくは都度発信します。午後13又は14時開始予定です

なお、デモの詳細は「小沢一郎に日本を託す会ブログ」をチェック


*****人気ブログランキングへ***** にほんブログ村 政治ブログへ******

●【小沢一郎氏への一人1,000円献金の呼びかけ】「元株や」様

11月1日に、みんなで一緒に、一人一口、1,000円を小沢一郎氏に献金しようというものです。
小沢一郎氏への献金は陸山会を通して行い、その方法は2つあります。

1. 楽天の 「 LOVE JAPAN 」 経由での献金
2. 直接「陸山会」に献金

直接「陸山会」に献金する場合は、小沢一郎ウェブサイトの「政治献金のご案内」 から「陸山会 入会申込書 送付依頼フォーム」に必要事項を記入し(もちろん、献金する金額も!)、送信ボタンをクリックしてください。
陸山会への寄附は、原則として月額1,000円=年額12,000円以上から(月払い、半年払い、年払いのいずれか)とされていますが、一回限りの寄付( カンパ )も随時可能です。
今回はその一回限りの寄付(カンパ)の呼びかけとなります。これを機に、小沢一郎氏が主張される「企業献金を廃止し、政治家への献金は個人から」を国民の行動で示しませんか?

政治家小沢一郎氏を支援することは、
・私たちの生活と日本の経済・財政の立て直し
・主権国家としての日本の独立
・世界の中での日本のリーダーシップ醸成

そして、
・日本の歴史文化の保護
・日本人の誇りと美徳を復活させる意識改革
・私たちの子ども、孫世代の明るい未来
を、私たち主権者の手で実現させることになるのです。(参照:父さんの日記

●チラシ制作 http://www.tsuiq.info/OzawaWhite.pdf

●検察審査会糾弾特大バナー 『雑談日記(徒然なるままに、。)』様 
検察審査会と小沢さんのことを考えると悔しくて眠れなかった。徹夜で作りました。このコマ。

↓ クリックすると拡大します。(歌は、吉田拓郎のファイト、宗次郎の= 道 =

規制改革要望書司法改革と検察審査会会議録非公開糾弾バナー



これらの小さなそれぞれの力が結集し必ず大きな力となっていくだろう。

小沢さんが卒業した小石川高校の同級生が「小沢議員を支援する会」を立ち上げ200名の市民を動員などや著名人やメディアなども様々な動きを見せている。

●宮崎学氏が吉田繁実弁護士への懲戒請求 (THE JOURNAL

●岩上安身氏、鳥越俊太郎氏、上杉隆氏、魚住昭氏、郷原信郎氏などや日刊ゲンダイ、週刊朝日、週刊ポストやラジオなど情報発信。

参照:「司法を考える会」の動画アップしました。出席者は、村上正邦氏、鈴木宗男氏、緒方重威氏(元公安調査庁長官)、中塚宏氏(元枚方市長)、青木理氏。(Web Iwakami)

10月24日のデモも、小さな規模であったとしても、それが呼び水となり、日を改めて著名人も含めた大きなデモや運動に発展し、全国に拡がっていくと確信している。


最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

共感したという方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

全くその通りと思えた方は拍手をお願いします



「広告」



Comments

岡本(keiichi__)です。

正式にデモの承認が警察からおりました。

まずはご一報まで…

Leave a Comment

おい、マジか。池上彰の「ニュースを疑え!」
おい、マジか。池上彰の「ニュースを疑え!」
こうして歴史問題は捏造される
こうして歴史問題は捏造される (新潮新書)
怖い中国食品、不気味なアメリカ食品
怖い中国食品、不気味なアメリカ食品 (講談社文庫)
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
Page Selector
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
永久属国論 ―憲法・サンフランシスコ平和条約・日米安保の本質
永久属国論 ―憲法・サンフランシスコ平和条約・日米安保の本質
「なんとかする」子どもの貧困
「なんとかする」子どもの貧困 (角川新書)
それ、時代ものにはNGです
それ、時代ものにはNGです
知ってはいけない 隠された日本支配の構造
知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書)
池上彰のこれが「世界のルール」だ!
池上彰のこれが「世界のルール」だ! (文春文庫)
米中「二大帝国」の戦争はもう始まっている
アメリカの敗北と中国の野望、そして日本の生きる道
米中「二大帝国」の戦争はもう始まっている  アメリカの敗北と中国の野望、そして日本の生きる道
アメリカを動かす『ホワイト・ワーキング・クラス』という人々
世界に吹き荒れるポピュリズムを支える"真・中間層"の実体
アメリカを動かす『ホワイト・ワーキング・クラス』という人々 世界に吹き荒れるポピュリズムを支える
ルポ 沖縄 国家の暴力 現場記者が見た「高江165日」の真実
(激トーク・オン・ディマンド vol. 11)
ルポ 沖縄 国家の暴力 現場記者が見た「高江165日」の真実
ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ
ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ (岩波現代全書)
戦略の地政学 ランドパワーVSシーパワー
戦略の地政学 ランドパワーVSシーパワー
ナチスの「手口」と緊急事態条項
ナチスの「手口」と緊急事態条項 (集英社新書)
リベラルという病
リベラルという病 (新潮新書)
犯罪「事前」捜査 知られざる米国警察当局の技術
犯罪「事前」捜査 知られざる米国警察当局の技術 (角川新書)
rakuad2
核大国ニッポン
核大国ニッポン (小学館新書 つ 3-1)
大惨事と情報隠蔽: 原発事故、大規模リコールから金融崩壊まで
大惨事と情報隠蔽: 原発事故、大規模リコールから金融崩壊まで
物言えぬ恐怖の時代がやってくる 共謀罪とメディア
物言えぬ恐怖の時代がやってくる 共謀罪とメディア
共謀罪の何が問題か
共謀罪の何が問題か (岩波ブックレット)
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
rakuad03
海の放射能に立ち向かった日本人 ビキニからフクシマへの伝言
海の放射能に立ち向かった日本人 ビキニからフクシマへの伝言
「テロ等準備罪」にだまされるな (「計画罪」は「共謀罪」そのものだ)
「テロ等準備罪」にだまされるな (「計画罪」は「共謀罪」そのものだ)
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
紙の爆弾 2017年 2月号
Kindle版
紙の爆弾 2017年 2月号 [雑誌]
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
日本会議の研究
日本会議の研究 (扶桑社新書)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
一億総選挙革命
一億総選挙革命 (veggy Books)
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
日々坦々twitter
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
Web Translate
Social bookmark
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
[スポンサードリンク] 2
 
 
IWJサポート
 
 
これから出る注目本
(予約可)
福島第一原発 1号機冷却「失敗の本質」 (講談社現代新書)・・・ NHKスペシャル『メルトダウン』取材班 (著) 講談社 (2017/9/20発売予定)
福島第一原発 1号機冷却「失敗の本質」 (講談社現代新書)
暴かれた伊達政宗「幕府転覆計画」 ヴァティカン機密文書館史料による結論 (文春新書)・・・ 大泉 光一 (著) 文藝春秋 (2017/9/20発売予定)
大メディアだけが気付かない どアホノミクスよ、お前はもう死んでいる (講談社+α新書)・・・ 佐高 信 (著), 浜 矩子 (著) 講談社 (2017/9/21発売予定)
チェ・ゲバラと共に戦ったある日系二世の生涯~革命に生きた侍~・・・ マリー前村=ウルタード (著), エクトル・ソラーレス=前村 (著), 伊高 浩昭 (監修), 松枝 愛 (翻訳) キノブックス (2017/9/21発売予定)
チェ・ゲバラと共に戦ったある日系二世の生涯~革命に生きた侍~
FAKEな平成史 自粛と萎縮に抗して・・・ 森 達也 (著) KADOKAWA (2017/9/22発売予定)
家族をテロリストにしないために:イスラム系セクト感化防止センターの証言・・・ ドゥニア・ブザール (著), 児玉 しおり (翻訳) 白水社 (2017/9/23発売予定)
自民党に天罰を! 公明党に仏罰を!・・・ 佐高 信 (著) 七つ森書館 (2017/9/23発売予定)
東アジア連携の道をひらく 脱炭素社会・エネルギー・食料・・・ 国際アジア共同体学会 (監修), 進藤 榮一 (編集), 朽木 昭文 (編集), 松下 和夫 (編集) 花伝社 (2017/9/25発売予定)
東アジア連携の道をひらく  脱炭素社会・エネルギー・食料
だから、居場所が欲しかった。 バンコク、コールセンターで働く日本人・・・ 水谷 竹秀 (著) 集英社 (2017/9/26発売予定)
ヒトは「いじめ」をやめられない (小学館新書)・・・ 中野 信子 (著) 小学館 (2017/9/28発売予定)
ヒトは「いじめ」をやめられない (小学館新書)
世界政治 裏側の真実・・・ 副島 隆彦 (著), 佐藤 優 (著) 日本文芸社 (2017/9/29発売予定)
届かなかった手紙 原爆開発「マンハッタン計画」科学者たちの叫び・・・大平 一枝 (著) KADOKAWA (2017/9/29発売予定)
偽装の被爆国――核を捨てられない日本・・・ 太田 昌克 (著) 岩波書店 (2017/9/29発売予定)
ジブラの日本語ラップ完全メソッド・・・ Zeebra (著) 文響社 (2017/9/29発売予定)
誰も書けなかった 首都圏沿線格差 in ディープ・・・ 首都圏沿線格差研究会 (編集) 笠倉出版社 (2017/9/29発売予定)
世代の痛み - 団塊ジュニアから団塊への質問状・・・ 上野 千鶴子 (著), 雨宮 処凛 (著) 中央公論新社 (2017/10/5発売予定)
小林よしのり×田原総一朗の 日本人なら知っておきたい天皇論 (SB新書)・・・ 小林 よしのり (著), 田原 総一朗 (著) SBクリエイティブ (2017/10/6発売予定)
日本人なら知っておきたい天皇論 (SB新書)
東芝はなぜ原発で失敗したのか・・・ 電波社 (2017/10/7発売予定)
探査ジャーナリズムとNGOとの協働(仮)・・・ 渡辺 周 (著, 編集), 花田 達朗 (著, 編集), 野中 章弘 (著, 編集), 金 敬黙 (著, 編集), 加地 紗弥香 (著, 編集), ワセダクロニクル (著, 編集) 彩流社 (2017/10/10発売予定)
「日米指揮権密約」の研究:自衛隊はなぜ、海外へ派兵されるのか (「戦後再発見」双書6)・・・ 末浪 靖司 (著) 創元社 (2017/10/12発売予定)
「日米指揮権密約」の研究:自衛隊はなぜ、海外へ派兵されるのか (「戦後再発見」双書6)
底辺への競争 格差放置社会ニッポンの末路 (朝日新書)・・・ 山田昌弘 (著) 朝日新聞出版 (2017/10/13発売予定)
「暴走する」世界の正体 最強論客が読み解く戦争と革命の国際情勢 (SB新書)・・・ 宮崎 学 (著), 佐藤 優 (著) SBクリエイティブ (2017/11/7発売予定)
「暴走する」世界の正体 最強論客が読み解く戦争と革命の国際情勢 (SB新書)
謎多き団体「フリーメイスン」全面協力ブック FACTS ABOUT FREEMASONRY BOOK #SQUARE (バラエティ)・・・大型本 宝島社 (2017/12/20発売予定)
謎多き団体「フリーメイスン」全面協力ブック FACTS ABOUT FREEMASONRY BOOK #SQUARE (バラエティ)
 
 
オンライン署名
 
 
raku3-2
 
 
インターネット政党 「新党憲法9条」
Inter.jpg
 
 
raku3-2-03
 
 
注目ブログ
 
 
「フォーラム4」に賛同します!
F4001.jpg
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
DMM3-2
ブランドバッグ、ドレス、家電レンタル
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
ad-Kindle
 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...