日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




「政・官・報の複合体」との「最終戦争」始まる!打たれた分だけ強くなっていく。

Category: 小沢一郎   Tags: 検察審査会  小沢一郎  
「そこまでしてたか」

というのが、検察審査会の「強制起訴」発表を聞いた第一印象である。

今、検察不祥事の真っ只中で、それを打ち消すほど効果的なものを、ここにもってきたか、と。

この改ざん事件が、村木元局長の無罪判決を受け、いよいよ隠し通せなくなってきたことから、検察批判の絶頂期に向けて、世の中の批判の目を反らす絶妙のタイミングを見計らっていた。

と考えると自然である。

最近、検察・官僚機構幹部たちのそこはかとない闇の部分を甘く見すぎていたのかもしれない。

彼らは国家の最高権力者であり、自分たちが国を動かし国家国民を掌握している、という誇りと自負を持ち、最後の勝負に打って出てきたとも言える。

代表選で小沢一郎が打ち出した政策をやってもらっては困る、絶対阻止しなければならない、と特に官僚機構のほとんどの幹部達は再認識したに違いない。

また、違う角度からは、9月14日に既に議決が出ているのに発表を今まで見合わせていた背景だ。

弁護士が決議文をまとめていた時間にしても長すぎる。

毎日新聞に補助弁護士のコメントが出ていた。

≪第5審査会で議決書作成を補助する審査補助員の吉田繁実弁護士は4日夜、取材に「代表選と同じ日に議決したのは偶然で、議決は(代表選の)結果が出る前にされた」と説明した。9月上旬に東京地検特捜部副部長から説明を受け、「特捜部が手がけた事件で、政治家案件。プレッシャーがあった」と振り返った。「『起訴すべきだ』という方針は、割と早い段階で決まった」とも明かした。≫(毎日

確か吉田弁護士が審査補助員に決まったのは9月7日だと思う。

以前アエラが補助弁護士が決まらないと次のような記事を書いていた。

≪評議の内容は法で守秘義務が課されている。だが、こうした告発の動きがあれば、審査補助員を受けようとする弁護士にかかるプレッシャーは絶大だ。大きな負担があるにもかかわらず、審査補助員の報酬は一回3万5千円しかない。ある弁護士は言う。「そういう状況では、米澤さんが2回目の審査補助員をする気にはなれないでしょう。政治的な色がついた弁護士はふさわしくないし、政治に巻き込まれたくない弁護士もやりたくない。
このままではいつまでたっても審査補助員は決まらず、第五検審は宙ぶらりんのままです」
審査補助員の不在で7月中の議決は絶望的な情勢になった。8月になれば、また半数のメンバーが入れ替わる。
7月中のメンバーなら起訴相当と考えるとみられる人数は、4月の議決の際の5人は確実。さらに新しく加わった6人のうち半数が起訴相当と考えれば、強制起訴となる計算だった。
一通の告発状が出された結果、小沢氏の最初の起訴議決にかかわった人間はすべていなくなり、再びまったく新しいメンバーが起訴すべきか検討することになった。議論は白紙に戻ったとも言える。
関係者の間では、「小沢氏強制起訴」の可能性は以前より低くなった、とする見方が強い。
法曹関係者はこう指摘する。「最初に陸山会事件で、小沢氏を告発した人は、反小沢的な考えの持ち主。今回、米澤氏らを告発しようと動いたのは、親小沢的な考えの持ち主でしょう。どちらの結論が出るにしても、告発した『市民団体』の政治的意図を知りえないまま、検察審査会が政治利用されている。現行の検察審査会制度に何らかの問題があることが、今浮き彫りになってきたのではないでしょうか」≫
本ブログ7/16エントリー≪第1検審会の「不起訴不当」議決と第5検審会の議決の行方 AERAがスクープ?≫)

この吉田弁護士は一週間しかかかわっていないことになる。

ここにも検察主導でこの決議が導き出されていることがよくわかる。

以前、伊藤博敏氏が次のようなことを書いていて、ブログで取り上げた。

≪1年以上の長きに渡った「小沢捜査」は、検察の都合によって始まり、「一体の原則」を崩さず、「法務・検察」という組織に政治を介入させることもなく、最後には「小沢起訴」に持ち込むという、検察の望む形で決着する。
「検察首脳」と「捜査現場」との分断が、改正検察審査会法によって、"穴埋め"されるという事実は意外に知られていない≫

現場派の代表格である大鶴検事を本人希望の次席検事させ、引き続き小沢捜査をさせたのも、小沢不起訴で「検察首脳」に現場が押さえ込まれた格好を訂正し(←ここまで私論)、この検察審査会で穴埋めして、既定路線人事に持ち込もうということか。

伊藤氏は、この記事の締め括って次のように書いている。

≪最後の聖域として恐れられ、強大な権力を手放さず、法改正も有効活用する検察――批判をいくら浴びようと、いまだ唯我独尊の組織であり続けている。≫

大久保秘書が逮捕された後の昨年5月に検察審査会の「起訴」に強制力を持たせる法改正をしているのも気になるところだ。

また、郷原信郎氏が週刊朝日で検察審査会が2009年5月から「起訴相当」の議決に強制力を持たされた意味を二つ上げている。

一つは、刑事事件の処分において被害者・遺族の意向を尊重する方向性で、「明石歩道橋事故」や「JR福知山線脱線事故]などの強制起訴はその流れとのこと。

もう一つが今回の小沢さんの事件で、これについては郷原氏は、検審の議決は性格が違うんじゃないかと次のように言っている。

≪そもそも小沢さんの事件は、検察自身が勝手に暴走した挙げ句、力尽きた。それを、マスコミが検察審査会をあおることで、再び暴走の方向に戻そうというもので、検察審査会を政治的に利用して検察の権限行使の限界を超えさせようとする動きに見えます≫

検察審査会が検察の道具となっていることがよくわかる。

*****人気ブログランキングへ***** にほんブログ村 政治ブログへ******

9月14日までの議決で何回審査したのか、公表しないことを隠れ蓑に、検察主導で平均年齢30.9歳の審査員は、一回目の議決と変わらず、検察の意向に沿った結論を導き出したといえる。

検察審査会が出した議決の要旨を読むと、一方的な見方しかしていないことがよくわかる。

起訴にプラス材料には「認められる」、マイナス材料には「疑わしい」「信用できない」「不自然である」など、これこそ最初からストーリーありきの議決であったのだろう。

「疑わしきは罰せよ」が検察審査会の精神であるようだ。

≪検察審査会の制度は、有罪の可能性があるのに、検察官だけの判断で有罪になる高度の見込みがないと思って起訴しないのは不当であり、国民は裁判所によって本当に無罪なのかそれとも有罪なのかを判断してもらう権利があるという考えに基づくものである。そして、嫌疑不十分として検察官が起訴に躊躇(ちゅうちょ)した場合に、いわば国民の責任において、公正な刑事裁判の法廷で黒白をつけようとする制度であると考えられる。≫

議決については、平均年齢が30.9歳という、どんな選び方をすればこんなに若くなるのか、かなり疑問は多い。

郷原氏がこの議決についてツイートしている。

≪nobuogohara 今回の検察審査会の議決書、理屈にも何もなっていない。虚偽記入罪の共謀がどのような場合に成立するのか、斎藤検事は、どういう説明をしたのか。補助弁護士の吉田という人は、政治資金規正法をどう理解しているのか。強制起訴になっても証拠がないのでまともな公判にはならない。

この議決書に基づいて起訴すると言っても、その前提となっている解釈がおかしいので、証拠を取捨選択しようがない。結局、指定弁護士は、検察から提供された証拠を手当たり次第証拠請求するしかないのではないか。それは、石川氏らの公判にも影響する。今回の議決は検察にとっても深刻な事態。

昨日の段階では、議決書の冒頭の被疑事実(不動産取得時期、代金支払時期の期ズレだけ)が、当然、そのまま起訴すべき犯罪事実になっていると思っていたが、よく見ると、添付されている別紙犯罪事実には、検察の不起訴処分の対象になっていない収入面の虚偽記入の事実が含まれている。

検察の公訴権独占の例外として検察審査会議決による起訴強制が認められている趣旨に照らして、不起訴処分の対象事実を逸脱した被疑事実で起訴相当議決を行うことは許されない。今回の起訴相当議決は無効であり、強制起訴手続をとることはできない。≫

以前の週刊朝日で上杉隆氏郷原氏との対談で上杉氏が次のように言っていた。

≪小沢サイドを取材すると、いまの世論では「起訴相当」が2回出されて強制起訴となることを織り込んでいるようです。その2回目が参院選後になるのか、・・・・そのとき、また1年前と同じ戦いが待っているだろうと覚悟している。実際、小沢事務所は、そうした事態を見込んで「最終戦争」の準備をしているといった感じです。≫
本ブログ4/27エントリー≪「検察審査会を政治的に利用して検察の権限行使の限界を超えさせようとする動き」週刊朝日≫)

今回は、まさに「最終戦争」である。

これから様々な修羅場を見ることになる。

官邸を中心とする与党と自民党を中心とする野党が騒ぎだし、小沢さんも窮地に追い込まれる。

また官僚・マスメディアが恣意的な情報を流し続け、国民の多くが影響を受けて、「小沢辞めろ」の大合唱が、そこかしこに聞こえてくることになる。

そうした「政・官・報の複合体」はかつてないほどの強力な負の力を結集して、最終決戦と位置づけて臨んでくる。

あらゆる手段を使って小沢派とそのシンパの分断工作を仕掛けてきて、支持者の中にも離反していく人々も出てくるだろう。

そんな強大な勢力と闘う一兵卒の小沢さんには、この世的な権限も位置も何もない。

だが、打たれれば打たれるほどパワーが増し、内部の結束力は強くなり、強靱な精神が培われて、見えないところで人々に伝播して繋がり合い、より強固になって、この世的な強大な力と十分闘えるだけの勢力に必ずなる。

それは小沢一郎氏が、日本を立て直す歴史的使命をおびているからだと思っている。

私も、コンクリートをも突き破る「雑草」になろうと思う。


最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

共感したという方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

全くその通りと思えた方は拍手をお願いします 



「広告」



 当代きっての大政治家たる小沢一郎氏に対する2度目となる「起訴相当」の議決が表面化して一晩経過した。  案の定というべきか、売国翼賛マスゴミ各紙が掲げた社説はものの見事に統一されている!  ・ゴミ賣: 検察審再議決 小沢氏「起訴」の結論は重い  ・アサヒ: ...

Comments

ゲームセット?
小沢さんが100名の国会議員を引き連れ新党結成しなければゲームセットです。
起訴された時点で手足が縛られました。
公判は何時行なわれるか分らない状況になります。
勿論、マスコミは総力を挙げて検事役の弁護士を守るので粛々と時間の浪費を行ないます。
もし検事役の担当弁護士が正義感が強く、公判維持不能の起訴を裁判所と小沢弁護団と公判前手続きで相談し、スピード結審を計り、公式会見で洗いざらい公表すれば良いのですが、夢見ても仕方ないことです。

そして国会では魔女裁判が続き、マスコミは表に出てこれないように事ある毎にネガキャンを繰り返すでしょう。
これを打開するには実質自分がトップの政党を作り、親派議員を表の顔として政界再編を目指す以外死に体になります。

小沢さんは政界再編で両院で過半数の国会議員を押さえて逆襲しマスコミ各社を告訴し、国会の証人喚問にマスコミを呼び出し、その悪意を白日のもとに曝さなければ「もとの木阿弥」になります。
徹底的にマスコミ崩壊まで戦わなければ終わりです。

ホントの敵が他にいてもマスコミを黙らせれば”逆王手”で詰みです。
検察・官僚や財界やアメリカが敵だと思ったら大間違いですよ。
奴らはマスコミが付いていなければ何にも出来ない”でくの坊”です。
歴史上戦争では、プロパガンダが最も有効な戦略であった事を理解すれば解ります。
実際の敵はマスコミだけだと知るべきです。
官僚支配から「助詞」(蝶番)を取り戻す

「小沢(は)悪人」という文脈の報道(物語)を「小沢(も)悪人」と助詞を変えるだけで、社会が違って見えてくると思います。

現象は言葉のマジックです。認識は前後の言葉をどのような蝶番でつなぎ合わすかによって、まったく違った物語になります。官報が流通させている文脈の「助詞」を見直すだけで、催眠術のトリックが可視化して来ます。

世界は言葉で出来ています。文字や話言葉だけでなく、絵画も彫刻も写真もすべて「言葉の一形態」です。演劇芝居から日常生活の「たたずまい」まで、すべて言葉です。言葉は魂を入れる「入れ物」ですから言霊と言うのでしょう。
言葉が魂であり生活そのものであるならば「生活が第一」という小沢さんの言葉は、天への祈りでもあると思います。一人ひとりは違っても、さまざまな活動をしていくなかに祈りがある。畑仕事やモノ作りも、子育てや勉強だって、それが祈りなのです。小沢さんの「至誠通天」という言葉は、そのような感覚を理解した宇宙観、死生観そのものでしょう。

小沢は悪人です。ただし我々と同じように悪人なのです。もっとはっきり言えば、小沢は「悪党」なのです。既存の官僚権力に立ち向かう強い武士集団のボスです。映画「ラストサムライ」では明治政府と闘うサムライは悪党扱いされて壊滅されました。
しかし、いつもサムライが負けるとは限らない。今は近代が完成に近づいている。歴史が自ら変わろうとしている時代だ。上等じゃねーか、親や子供をヤラれた人間の彼岸花を見せてやろう、と思っている人も私だけではないと思います。

今回の官僚軍は悪質ですが杜撰です。周到さがまったくない。フォローもバランス感覚もない。ここまで丸見えの謀略を居直って実行すれば「居直り強盗」の論理と同レベルだということです。この有り様は、国民の集合的無意識を相当刺激していると思います。
潜在する私怨を通り超して、一番深いところにある、すべてと繋がっている阿頼耶識(あらやしき)に穿ちます。

今までは多くの同胞が自殺したり引きこもったりする「捨て身」の戦術でシグナルを送って来ました。あるいは自暴自棄になって暴れるという表現形態で、おかしくなった社会にメッセージを発信して来ました。しかし今後は違うでしょう。これほど人間の尊厳を刺激されると(つまりバカにされると)国民は無意識に、あるいは自覚的にあらたな戦法を見つけ出すと思います。泣き寝入りして来た声なき声は、新たな「表現」を始めると思います。必然です。

1パーセント以下の特権階級にいる人々も阿頼耶識(あらやしき)で国民と繋がっています。「生活」という背水の陣を敷いている庶民には、特権階級の金持ちや身分保障のある官僚、宣撫工作をするメディア人には想定出来ないような「何か」が必ず降りてきます。そして潜在している阿頼耶識(あらやしき)を経由して支配階層の人々も必然的に変化を起こします。敵も味方も集合的無意識で繋がっているということを、お互いに思い知る経験をするでしょう。

今の小沢さんは滅ぼされたサムライたちの無念を背負っています。死んでいった同胞と一体になっています。
明治以来、官僚が近代化を進めるなかで排除してきた日本人の「おかげさまの心」が140年の時を超えて帰郷するように小沢さんに憑依しています。そして今、生き残っている者が、失われた日本人の誠心を小沢さんと連なりながら取り戻そうとしています。

日々坦々様は『打たれれば打たれるほどパワーが増し、内部の結束力は強くなり、強靱な精神が培われて、見えないところで人々に伝播して繋がり合い、より強固になって、この世的な強大な力と十分闘えるだけの勢力に必ずなる。それは小沢一郎氏が、日本を立て直す歴史的使命をおびているからだと思っている。私も、コンクリートをも突き破る「雑草」になろうと思う』と言います。

全面的に同意します。今、起きている出来事は今生きている人間だけの問題ではないからです。

「小沢起訴へ」という官僚機構の物語(言葉)は、阿頼耶識(あらやしき)からの合図(シグナル)です。国民が小沢と共に起き上がり、官僚が作った偽の言葉(物語)に社会の側から本当の言霊で切り込みを入れて偽王朝を斥ける「訴」の闘いです。そのような逆説としてニュースを受け止めています。

冷静な目で周りを見ると、敵の中にも誠心が裏側に隠れているだけで、光の当て方を変えることによってオセロのように味方になる同胞がいることがわかります。実は既に「官僚以外はみんな味方」なのかもしれません。

歴史が変わる時は、光が当たる役割を担う人々と、陰を担う人々の共同作業で完成するのだと思います。

私は優劣の彼方に答えがあると信じます。

そのヒントが官僚が使う言葉の助詞です。助詞は蝶番です。結びの中間を官僚に握られてしまっていたから、国民はバラバラにされたのです。ボトルネックを締めていたのは検察を頂点とする官僚機構です。我々はアトム化され、国民同士が憎しみ合うゲームをさせられて来たのです。まるで自分の意志のように。

ならば、見抜けば変わります。自ずから「たたずまい」が変わります。そして奪われた蝶番を取り戻す。目覚めるとはそういうことだと思います。
大きな流れ
ここにコメント出すのは2回目になります。
正月の新聞一面に小沢さんの虚偽記載事件報道から不思議な違和感を感じ始め、読売新聞とネットの政治関連のニュース記事を見ながら違和感を感じ、いろいろと調べていくうちにここにたどり着きました。ネットの海は広いものです。ある事象を様々な視点から見ているんだということがよくわかります。まぁくだらないブログもよく見かけます。ネトウヨや自民支持をしている連中(金でももらっているのかね・・・)の誹謗中傷には必ずといっていいほど朝鮮人を使います。逆に小沢さんを支持する人たちは必ずといって売国奴という言葉で応戦しています。どちらも言われた側からすれば気分悪いでしょうけど、共通していることは、双方共に情報に客観性がかけている気がします。誹謗中傷するだけならまだしも、その根拠たるものがなく、作り話すらある。
なんとなくで書くのなら、もっと建設的なコメントをみたいものです。小沢さんは他人を非難したりしてませんよね?そんなコメントを見かけにくいだけかもしれませんが、そう思えてきます。そこは僕の作り話にしときましょ。
まぁ、僕らは時代の流れに沿って生きているということを言いたかっただけです。全体の流れに沿って動いている。序盤の局面を自民の小泉からの流れで、民主へと風向きが変わりつつあったように見えたのが、民主は民主でも民主党のほうに風が吹いただけで、民主主義に風はふいていませんでした。それは、大局はまだ、小泉旋風からの流れにすぎないからだと考えられます。では、今後どうすれば民主主義国家への流れがかわるのか?むしろ、今は危険な方向へと流れているのがメディアを通してわかると思います。メディアは刷り込み洗脳を行い、世論操作が整いつつある。また、不景気なためか、時代の風潮からか、断片的な情報のみを信じてしまうことや、無関心な若者が多い。自分たちに降りかかる火の粉でなければ無関心で面白半分に野次馬騒ぎする輩すらいます。疑問に思うことや学習能力はあるはずなのに、なぜこんなバカげた小沢さんのみを起訴だの不正だのといつまでも騒いでいるのか気づかない人が多い?マスコミの過剰バッシングするのか疑問に思わない?それは、いたってシンプルな答えがある。情報が断片的で毎回同じことを繰り返していれば刷り込み洗脳ができるマスコミばかりをみているからだ。だいたい、家庭で新聞をとる人は1社しか新聞をとっていない。(たまに日経新聞もとるかな)その新聞とテレビの一方通行な情報を毎日刷り込まれたら、新興宗教の得意な隔離・否定・トランス状態・再起という行為より簡単に洗脳できてしまう。洗脳されている人というか気づいていない人が多すぎるため、今の流れが起きているとも考えられます。今の日本はその悪しき流れにより有らぬ方向へと進もうとしている。
この流れを変えるには、一度すべてが壊れるか、悪しき流れに従いながら徐々に流れを変える中和かと思うのですが、前者が起こる事が一番心配です。

Leave a Comment

ama
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日米地位協定
日米地位協定
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
公文書問題 日本の「闇」の核心
公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
スノーデン 監視大国 日本を語る
スノーデン 監視大国 日本を語る (集英社新書)
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた (講談社現代新書)
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか (講談社現代新書)
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
「アベ友」トンデモ列伝
「アベ友」トンデモ列伝
安倍「4項目」改憲の建前と本音
安倍「4項目」改憲の建前と本音
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
Page Selector
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
知りたくないではすまされない
ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
知りたくないではすまされない ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
安倍政治 100のファクトチェック
安倍政治 100のファクトチェック (集英社新書)
改訂版 全共闘以後
改訂版 全共闘以後
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
対米自立
対米自立
rakuad2
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体 (講談社現代新書)
rakuad03
Black Box
Black Box
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
スポンサードリンク3
 
 
注目ブログ
 
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
オンライン署名
 
 
IWJサポート
 
 
raku3-2
 
 
raku3-2-03
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...