日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




菅直人自身の「政治とカネ」問題が浮上!「クリーンでオープン」なら自ら説明責任を果たせ!

Category: 菅直人   Tags: 菅直人  週刊現代  政治とカネ問題  
先週の代表選のさなか、週刊現代に菅直人自身の「政治とカネ」問題が掲載されていた。

選挙中ということもあり、かなり意図的なものを感じた。

ただ、今週号でも新たな疑惑として第二弾を掲載している。

ツイッターには流したが、本ブログでは、あちら側(仙谷)と同じ汚い土俵に乗ることはない、と思い取り上げてはこなかったが、あまりにあちら側が小沢さんの「政治とカネ」問題を利用しているので、取り上げることにしてみた。

まず、私のツイートを転載してみる。

arths2009
≪週刊現代がスクープ《菅直人にもあった「政治とカネ」の重大疑惑》菅が代表を務める政治管理団体「草志会」で毎年政治資金パーティーや懇親会を開催し、しかも民主党本部から06~08年の3年間で1億3400万円献金を受けているが、99年から10年間、人件費「0」になっている。
2010.09.13 09:41

菅直人の「政治とカネ」「草志会」と同じ住所の「応援する会」が10年間で2億2700万円人件費を計上。肩代わりさせているのではないかとの疑惑。これは経費の付け替えであり「陸山会事件」と全く同じ政治資金規正法の虚偽記載にあたる。

菅直人の「政治とカネ」政治資金規正法では「事務所費は家賃など事務所の維持に通常必要とされるもの」と定めている。「草志会」は築27年のマンションにあり家賃が年間342万円計上、収支報告書には10年間で 1億6300万円、1年で1630万円で、事務所費が異常に高い。≫


ジャーナリストの松田賢弥氏が追及している記事だが、松田氏が言うには、これは石川議員が立件された、政治資金規正法の虚偽記載と全く同じ構図だということだ。

日刊ゲンダイもケータイ版で月315円を払えば、記事が読めるようになっている(これは是非オススメしたい)。

これと同じく週刊現代もケータイで読めるようになったので、先週号の全文を転載させていただき、皆様のご判断を仰ぎたい。

*****人気ブログランキングへ***** にほんブログ村 政治ブログへ******




これでクリーンなら、クリーニング屋が怒るよ 菅直人にもあった「政治とカネ」の重大疑惑

(週刊現代9月25日号 ジャーナリスト 松田賢弥)


菅直人首相は代表選の間、口を開けばクリーンを謳(うた)い、「政治とカネ」で小沢一郎前幹事長との違いを際立たせようとしてきた。田中真紀子元外相はその姿を「クリーニング屋じゃないんだから」と揶揄したが、果たして菅は、それほどクリーンな男なのだろうか。「政治とカネ」の問題とは無縁だと言い切れるのか。
私はこれまで赤城徳彦元農水相や菅の側近・荒井聰国家戦略担当相の事務所費問題などを取材したことがあるが、菅の政治資金について取材を進めると、同じような不透明なカネの流れにぶちあたった。
舞台となるのは菅が代表を務める政治資金管理団体「草志会」で、'97年1月に総務省に政治資金管理団体としての届け出を行っている。具体的なカネの流れの説明に入る前に、この「草志会」の概要について、若干触れたい。
公表されている「草志会」の政治資金収支報告書を見ると、同会は毎年のように東京や関西などで政治資金パーティや総会、懇親会をを開催している。また、民主党本部から'06年~'08年の3年間で約1億3400万円もの献金を受けていることがわかる。
献金は当時、民主党代表だった小沢一郎の名前で支出され、「寄附金」名目で計上されている。民主党は収入の約85%を政党交付金に依存しており、言うまでもなくそれは国民の税金が原資である。
つまり、「草志会」は党を通して税金が注ぎ込まれており、その運営には当然、透明性が求められる。

カン、アウト?
(建物の写真あり)

「草志会」があるはずのマンションだが、郵便受けには名前もない

私は東京都武蔵野市に向かった。菅の選挙区(東京第18区)は武蔵野、小金井、府中の各市にまたがっており、「草志会」の所在地も膝元の武蔵野市になっている。JR中央線の三鷹駅北口から歩いてすぐの7階建てマンション。'83年に建てられたものだ。「草志会」の収支報告書では、「主たる事務所」はこのマンションの302号室と書かれている。
ところが、マンションの1階にある郵便受けを見ると、302号室には「草志会」とは別の「菅直人を応援する会(以下、応援する会)」「菅直人事務所」などの表示があるだけ。隣の301号室の郵便受けには「民主党東京都第18区総支部」と記されていた。302号室のドアにも「応援する会」のプレートと、菅
直人の名前の上にガムテープを貼ったのか、単に「事務所」と書かれた表示があるのみで、「草志会」の文字はいっさいない。これはどういうことなのか。
「応援する会」の収支報告書を見ると、「主たる事務所」は確かに302号室になっているから、同一の場所に二つの政治団体が同居していることになる。それだけではなく、「草志会」の会計責任者と「応援する会」の事務担当者は同じ女性で、菅事務所の古参秘書。菅事務所関係者によれば、彼女は菅の〝金庫番〟的存在だという。
特筆すべきは、「草志会」の経常経費のうち人件費が'99年から10年間、「0」になっていることだ。前述したように「草志会」は政治資金パーティなどを開いて活動している他、党本部からの巨額のカネの受け入れ先になっている。しかも、'08年だけで約880万円の個人献金も集めている。
パーティを開けば、パーティ券の発送から当日の受付など、当然、人件費がかかるはずだ。そもそも会計責任者の女性は無償で仕事をしていることになる。政治資金規正法は「労務の無償提供」について「政治活動に関する寄附」とみなし、収支報告書に人件費相当額の記載を求めているが、「草志会」の収支報告書を子細に見ても、それが記載されている形跡はない。
私はある疑念を抱いた。「草志会」と同一の場所に置かれている「応援する会」の人件費は、'99年からの10年間で約2億2700万円が計上されている。このなかに本来なら「草志会」で計上すべき人件費を紛れ込ませている、あるいは「応援する会」に人件費を肩代わりさせているのではないか。細かいことに思えるかもしれないが、これは経費の付け替えであり、政治資金規正法の虚偽記載に当たる犯罪である。小沢の一連の陸山会事件で、元秘書の石川知裕ら3人が逮捕されたのも同じ容疑だった。
事務所費が異常に多い

しかも、不自然なのは人件費だけではない。事務所費にも重大な疑惑がある。政治資金規正法では、事務所費を家賃、税金、保険料、電話代など「事務所の維持に通常必要とされるもの」と定めている。だから、通常、事務所費の大半を家賃が占める。この事務所費が家賃に比べて、不自然なほど多額なのである。
「草志会」の事務所費は'99年からの10年間で約1億0710万円。同じ部屋を借りている「応援する会」からは同期間で約5590万円が計上されており、合計すると築27年が経つマンションの一室に総計約1億6300万円、年間で約1630万円の事務所費がかかっていることになる。
では、事務所費の大半を占めるはずの家賃はいくらか。「草志会」の'08年の収支報告書によると、家賃・共益費として年間約342万円が計上されていた(「応援する会」の報告書には家賃の記載なし)。つまり、10年間で家賃以外にざっと1億2880万円が事務所費として使われている計算だ。これらはいったい、何に使われたのか。
同じマンションに住むこの部屋のオーナーは、本誌の取材にこう語った。
「菅さんや(「草志会」会計責任者の)女性には会ったことがありますが、『草志会』という名前は聞いたことがない。他の場所にあるんじゃないですか。あの部屋は20年以上前から貸しているが、初めて聞いた」
「政治資金オンブズマン」のメンバーで、神戸学院大学法科大学院教授の上脇博之は、収支報告書を見て、次のように指摘する。
「確かにこの家賃にしては、事務所費が異常に多い。それに人件費が長い間、まったく計上されていないのは極めて不可思議なことです。代表選で菅さんはクリーンを標榜してきたが、菅さんにも『政治とカネ』の問題が出てきたと言わざるを得ません。菅さんは過去にさかのぼって事務所費や人件費の内訳を明らかにする説明責任があります」
本誌は二つの政治団体が入った部屋を訪ね、会計責任者の女性に会いたい旨を伝えたが、インターホン越しに「代表選で、取材に対応できる者が出払っている」という答えが返ってきた。そこで、菅直人事務所に質問状を送った。内容は①「草志会」の人件費がゼロなのはなぜか、②家賃に比して事務所費がこれほど多い理由はなぜか、などである。

菅の事務所は、
「お尋ねの件については、法に則り適正に処理しております」
と回答するのみだった。
菅の政治団体に関する「政治とカネ」の重大疑惑。現時点では、菅サイドが意図的に不自然なカネの流れを作り出しているのか、それとも単に杜撰(ずさん)な経費処理をし続けてきただけなのかは判然としない。言えることは、小沢が代表を辞めるにいたった政治資金規正法の虚偽記載の疑いが、菅にもそのまま降りかかってきたということである。(文中一部敬称略)




参照:週刊現代10/2号・追及第二弾

「クリーン」で「オープン」を標榜する菅直人政権は、まず自身の疑惑の説明責任をしなければ、人のことをどうこう言う資格はない。

ましてや、それを利用しようとするならば、言語道断。徹底的に追及していかなければなるまい。


最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

共感したという方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

全くその通りと思えた方は拍手をお願いします



「広告」



Comments

菅首相の政治資金の問題、初めて知りましたが、興味深かったです。
菅首相もですが、今後は、仙石官房長官の「国会招致」や「刑事告発」の話も出てくるのではないかと思います。

仙石長官の政治団体が長男の会社に月10万円の「人件費」を支出していた問題(当初は「事務委託費」だったが、途中から、制度が変わって「事務委託費」のままだと領収書が必要になったためかどうか、領収書が不要な「人件費」に科目を変更)。

これは、仙石長官が、長男の会社の中の人に、仙石氏の政治団体が「人件費」を支払う根拠となる「仙石氏の政治団体との雇用契約関係の実態」があったことを説明できなければ、そして、その「人件費」が本当に長男の会社の中の人に実際に毎月10万円ずつ支払われていたことを説明できなければ、「虚偽記載」(政治資金規正法違反)の問題が生じると思います。

長男の会社の中における誰が、どのような雇用契約を政治団体と結んでいたのか、そして、その雇用契約を結んでいた人はどのような仕事を政治団体の指導監督の下で実際にやっていたのか、そして、この月10万円の「人件費」が長男の会社の中の人に実際にどのように支払われていたのか、という「仙石氏の政治団体と長男の会社の中の人との雇用契約関係の実態」を、明確に説明することはなかなか難しいのではないかと思います。
記事では「小沢さんの秘書と同じ虚偽記載」となっているが、小沢さんの秘書のほうは、どう記載すれば適法なのかが示されておらず、あのようにしか記載できなかった、つまり「虚偽」であったことさえ疑問視されている。
虚偽記載に絡んで、金銭的な利得があったならばそれこそ法律の趣旨にもとるものである。
しかるに、小沢さん秘書の場合には記載の間違いさえなかった可能性が高く、ましてやそこに金銭的利益が存在する形跡がない。
事務所費用の付け替えなどという悪質な虚偽記載と同じには論じてはいけないのである。
”偽善・菅”の「クリーン?な政治活動」とは
僕は昔、”親・菅派”だった、今は完全に裏切られた思いだが。当時、在籍してた頃の公労協労組は「社民連」の江田と菅を”推薦候補”にしてたこともあって、旧社の右派系(仙石もだったか?)に大して意味なく(旧社・左派の協会系が嫌いだった反作用だったからかも知れない)、投票は恐らくしなかった(記憶ないので)だろうが、他政党派に支持政党がなかったから、だ。

僕はその後組合運動から離れ自営業してたが、組合時代の親友からお呼びがかかって「電話工事してくれ。俺は今、そこに派遣されてるから菅の赤坂事務所に来てくれ。」と言うので、何回か訪問、NTTの中古ビジネスホン10台ほど工事だけしてやった。もう10数年前だから「請求書・控」も処分してしまったが、工事代金が『シリウス』事務所(菅の個人事務所と友人からは聞いていた。)から支払われたことは今まで無い。
僕がここで言いたいのは、「ダラ菅の、クリーンさ」という欺瞞だ。自治労・神奈川から派遣された僕の友人の人件費、その当時の赤坂見附の『シリウス』事務所費(僕の工事代金も含む)等の処理は、政治資金としてどう処理されたのか? 『シリウス』時代の、カネの流れは、決して「個人資金」だけで絶対できないハズだ。ともかく、公務員労組にオンブに抱っこ、だったと思ってるので、ちゃんと正当に資金処理(自治労等の寄附金?=政党活動費・処理も含めて)されてた?のかという疑い「似非クリーン」だからだ。
なにを今更
何を今更、菅や仙石などが、クリーンな政治家などと思っている国民は、ハッキリ言って「馬鹿」でしょう。

自分で自分の首を絞める「天下のB層国民」。

このB層国民の駆逐と大手マスゴミの崩壊と改革が、今後の日本維持繁栄の大きな鍵になる


只今現在の報道体制の大手マスゴミは、その存在自体が『犯罪』である。


小沢一郎の復活しか、只今のところ、この国の未来は無い

Leave a Comment

ama
琉球独立は可能か
琉球独立は可能か
新聞社崩壊
新聞社崩壊 (新潮新書)
団塊絶壁
団塊絶壁 (新潮新書)
不当要求・クレーマー撃退のポイント50
不当要求・クレーマー撃退のポイント50
Page Selector
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
子どもの人権をまもるために (犀の教室)
子どもの人権をまもるために (犀の教室)
知らないではすまされない自衛隊の本当の実力
知らないではすまされない自衛隊の本当の実力 (SB新書)
ファシズムの正体
ファシズムの正体 (インターナショナル新書)
カストロとゲバラ
カストロとゲバラ (インターナショナル新書)
保守と立憲 世界によって私が変えられないために
保守と立憲 世界によって私が変えられないために
ヘイト・クライムと植民地主義 (反差別と自己決定権のために)
ヘイト・クライムと植民地主義 (反差別と自己決定権のために)
rakuad2
「賢い愚か者」の未来:政治、経済、歴史、科学、そして人間――「深層」へのアプロー
「賢い愚か者」の未来:政治、経済、歴史、科学、そして人間――「深層」へのアプローチ
金子勝先生のやさしい憲法教室 ──自民党「日本国憲法改正草案」をきる 〈第一巻〉
金子勝先生のやさしい憲法教室 ──自民党「日本国憲法改正草案」をきる 〈第一巻〉
金融排除 地銀・信金信組が口を閉ざす不都合な真実
金融排除 地銀・信金信組が口を閉ざす不都合な真実 (幻冬舎新書)
誰も書かなかった昭和史の謎
誰も書かなかった昭和史の謎 (宝島SUGOI文庫)
船瀬俊介の「書かずに死ねるか! 」新聞・テレビが絶対に報じない《日本の真相! 》
船瀬俊介の「書かずに死ねるか! 」新聞・テレビが絶対に報じない《日本の真相! 》
米中海戦はもう始まっている 21世紀の太平洋戦争
米中海戦はもう始まっている 21世紀の太平洋戦争
徹底討論 どうする!? どうなる!?「北朝鮮」問題
徹底討論 どうする!? どうなる!?「北朝鮮」問題
ゴーマニズム宣言SPECIAL 新・堕落論
1%寡頭権力支配を撃ち砕くビットコインのすべて
ゴーマニズム宣言SPECIAL 新・堕落論
なぜ「やらせメール」に手を染めたか 原発世論操作のカラクリ
なぜ「やらせメール」に手を染めたか 原発世論操作のカラクリ (朝日新聞デジタルSELECT)
「安全神話」PRに加担した 原発とメディア マネー(1)
「安全神話」PRに加担した 原発とメディア マネー(1) (朝日新聞デジタルSELECT)
日米地位協定
日米地位協定
Black Box
Black Box
rakuad03
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
紙の爆弾 2017年 2月号
Kindle版
紙の爆弾 2017年 2月号 [雑誌]
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
[スポンサードリンク]
 
 
注目ブログ
 
 
スポンサードリンク3
 
 
これから出る注目本
(予約可)
決断のとき――トモダチ作戦と涙の基金 (集英社新書)・・・ 小泉 純一郎 (著),‎ 常井 健一 (その他) 集英社 (2018/2/16発売予定)
決断のとき――トモダチ作戦と涙の基金 (集英社新書)
炎と怒り――トランプ政権の内幕・・・ 小泉 純一郎 (著),‎ 常井 健一 (その他) 集英社 (2018/2/16発売予定)
炎と怒り――トランプ政権の内幕
公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)・・・ 瀬畑 源 (著) 集英社 (2018/2/16発売予定)
公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)
さまよう民主主義 アウトサイダーの台頭は政党政治の終焉なのか (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)・・・ スティーヴ リチャーズ (著),‎ 高崎 拓哉 (翻訳) ハーパーコリンズ・ ジャパン (2018/2/17発売予定)
さまよう民主主義 アウトサイダーの台頭は政党政治の終焉なのか (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)
ジハード大陸:「テロ最前線」のアフリカを行く・・・ 服部 正法 (著) 白水社 (2018/2/20発売予定)
ジハード大陸:「テロ最前線」のアフリカを行く
実録・レイシストをしばき隊・・・ 野間 易通 (著) 河出書房新社 (2018/2/21発売予定)
実録・レイシストをしばき隊
ベルルスコーニの時代――崩れゆくイタリア政治 (岩波新書)・・・ 村上 信一郎 (著) 岩波書店 (2018/2/21発売予定)
誰が世界を支配しているのか?・・・ ノーム・チョムスキー (著),‎ 大地 舜 (著),‎ 榊原 美奈子 (著) 双葉社 (2018/2/21発売予定)
チェルノブイリという経験――フクシマに何を問うのか・・・ 尾松 亮 (著) 岩波書店 (2018/2/22発売予定)
貴の乱 日馬富士暴行事件の真相と日本相撲協会の「権力闘争」・・・ 鵜飼 克郎 (著),‎ 岡田 晃房 (著),‎ 別冊宝島特別取材班 (著) 宝島社 (2018/2/22発売予定)
貴の乱 日馬富士暴行事件の真相と日本相撲協会の「権力闘争」
記者襲撃 赤報隊事件30年目の真実・・・ 樋田 毅 (著) 岩波書店 (2018/2/22発売予定)
記者襲撃 赤報隊事件30年目の真実
日本の情報機関は世界から舐められている 自衛隊情報下士官が見たインテリジェンス最前線・・・ 宮田敦司 (著) 潮書房光人社 (2018/2/24発売予定)
日本の情報機関は世界から舐められている 自衛隊情報下士官が見たインテリジェンス最前線
問題は右でも左でもなく下である。・・・ 適菜 収 (著) ベストセラーズ (2018/2/24発売予定)
日報隠蔽 南スーダンで自衛隊は何を見たのか・・・ 布施 祐仁 (著),‎ 三浦 英之 (著) 集英社 (2018/2/26発売予定)
日報隠蔽 南スーダンで自衛隊は何を見たのか
祇園秘話 日本一の花街と昭和の偉人たち (宝島SUGOI文庫)・・・ 岩崎 究香 (著) 宝島社 (2018/2/26発売予定)
成年後見制度の闇(仮)・・・ 長谷川学 (著),‎ 宮内康二 (著) 飛鳥新社 (2018/2/28発売予定)
シリアの秘密図書館 (瓦礫から取り出した本で図書館を作った人々)・・・ デルフィーヌ・ミヌーイ (著),‎ 藤田 真利子 (翻訳) 東京創元社 (2018/2/28発売予定)
全電源喪失の記憶: 証言・福島第1原発 日本の命運を賭けた5日間 (新潮文庫)・・・ 共同通信社原発事故取材班 (著),‎ 高橋 秀樹 (著) 新潮社 (2018/2/28発売予定)
保守の遺言:JAP.COM衰滅の状況 (平凡社新書)・・・ 西部 邁 (著) 平凡社 (2018/3/1発売予定)
保守の遺言:JAP.COM衰滅の状況 (平凡社新書)
米軍の北朝鮮爆撃は6月! 米、中が金正恩体制破壊を決行する日・・・ 副島隆彦 (著) 光文社 (2018/3/2発売予定)
米軍の北朝鮮爆撃は6月!  米、中が金正恩体制破壊を決行する日
「平和をつくる」を仕事にする (ちくまプリマー新書)・・・ 鬼丸 昌也 (著) 筑摩書房 (2018/3/5発売予定)
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
オンライン署名
 
 
IWJサポート
 
 
raku3-2
 
 
インターネット政党 「新党憲法9条」
Inter.jpg
 
 
raku3-2-03
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...