日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




「検察・検審を糾弾するデモ」(10.24)参加報告

Category: 検察   Tags: デモ  検察・検審を糾弾するデモ  検察  検察審査会  小沢一郎  
携帯で写真をアップしたら文章が全て消えていた。(がっくり)

記憶をだどり、エントリーしていた内容を書きながら全体の報告をさせたいただく。

集合時間の30分前に現地到着。

その時点では人はマバラで4.50人というところだった。

s-画像 003

その間、「小沢真っ白Tシャツ」を購入。

s-P1020383.jpg参照:通販で買えるようだ) 

これを早速着込み、一旦公園を出て再び戻ると、続々と人が集まりはじめていた。

うろついていると、文藝評論家の山崎行太郎氏にお会いでき、あいさつすることができた。(やはりインナーマザー様の文章をかなり評価しているようだった)

集合時間の頃には、ほとんど公園を埋め尽くすほど、人があふれていた。推定700人。(主催者発表1000人)

二見伸明氏が先頭でいよいよ出陣。

s-画像 010 s-画像 016

参加者の平均年齢は検察審査員よりもかなり高いが、中には若い女性もいて、シュプレヒコールも率先して声をあげていた。
黄色くはないがオレンジ色の声が響き、想像したよりも活気あるデモとなった。

主催者も、今回はできるだけスマートにトラブルなく、ということで最初は淡々と行進していたが、そのうち人が多い銀座の繁華街にさしかかると、徐々にボルテージがアップしてきて、私もブログ用に撮影することなどブッ飛んでしまい、ひたすら声を張り上げていた。(動画の要望もありましたが、行進の模様はそんなことでありません)

*****人気ブログランキングへ***** にほんブログ村 政治ブログへ**********

シュプレヒコール事例

「小沢一郎は無罪だ~」
「マスコミは真実を報道せよ!」
「検察は取り調べを可視化せよ!」
「検察審査会も可視化せよ!」
「これ以上えん罪を増やすな~」
「鈴木宗男も冤罪だ!」
「小沢一郎に仕事をさせよ~」

など

ここから私のオリジナル

「官僚の横暴を許すな!」
「記者クラブを廃止せよ!」
「検察審査会の議決はでたらめだ~」
「小沢一郎の改革を断固支持する!」

周りの方々も後に続いて声をあげていただき、感謝。

行程は短い区間だったが、精一杯アピールできたと思う。

最後のゴール地点、日比谷公園に着いた時には「小沢コール」があがっていた。

s-画像 020(1)

思えば、代表選での「小沢コール」がサイレントマイノリティの最初のシュプレヒコールだったのかもしれない。

以前より書いてきたが、デモをしたからといってすぐには変わるものではない。

今回、北海道からとか地方からこのデモのために駆けつけたか方々も少なからずいたようだ。

水滴が静水に落ちて波紋が拡がっていくように、このデモでの具体的行動とその想いが必ず呼び水となるはずだ。

日本の民主主義を守るため、はじめて普通の人々が立ち上がった。

組織にも属していない人たちが、自分の意思で集まり、自らすすんで声を挙げた。

これが、一番大事なことだと思っている。

ツイッターでの声がけというのも斬新だった。

これから、ネットが中心で大部分のマスコミの影響下にある人たちには届きにくいが、こうした運動形態として広がれば、必ず一定の影響が出て結果が付随すると確信している。

これを企画したスタッフの方々には、何の経験値もない中、大変なご苦労があったと思う。

歴史的な一歩を踏み出していただいたスタッフはじめ参加された方々、また参加できず応援していた多くの心ある国民の皆様方に感謝し、これから「サイレントマイノリティ」が全国各地で産声を挙げられんことを祈るばかりである。

これがスタートで勝負はこれからである。

次回は11月2日に行うとのこと。*11月5日に変更

※追加:

主催者の一人で、言いだしっぺの
soilyanoさんの主催者発表

≪10・24検察、検審を糾弾するデモ 」はお陰で無事に終了しました。街頭からの合流の方々もいらっしゃり、1000 名の参加者、外堀通りの信号を4ブロック続く長蛇の列でした。有難うございます。次回以降の情報も今後お知らせ致します。


取材に来ていたAPF通信社の山路徹氏のツイート

yamajitoru ≪<検察・検審を糾弾するデモ> 現在、鋭意作業中です。夕方にはUSTできると思います。もう暫くお待ち下さい。http://www.apfnews.com 約3時間前 webから

本日の<検察・検審糾弾デモ>には、ピープルズパワーを感じました。主催者によればデモを組織したのも初めて。準備も一週間足らずで、1000人近い人々が参加しました。多くの人々が危機感を持っている証しですね。こうした人々の声を伝えるのもネットメディアの役割。マスは来てませんでしたから。≫

要チェック1:独立系ニュースプロダクション「APF通信社」の公式ウェブサイト『APF NEWS』※UP済み

要チェック2:Twit Casting


最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

共感したという方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

全くその通りと思えた方は拍手をお願いします



「広告」



今日、「検察・検審の横暴を許すな!」などと主張するデモが都内で行なわれました。 http://www.apfnews.com/whatsnew/2010/10/apf_sp_1000.html http://nicoasia.wordpress.com/2010/10/24/%e3%80%90%e4%b8%ad%e7%b6%99%e3%80%91%e6%a4%9c%e5%af%9f%e3%83%bb%e6%a4%9c%e5%a

Comments

次回も参加します
生まれて初めてこの種(デモ?)の行進へ参加しました。これから多くの国民が目覚めて、参加する事を期待します。
残念ながらデモには参加できなかったですが、ライブで
動画を見ながら沢山の方が参加されているのを見て胸が熱く
なりました。 本当に皆様お疲れ様です。

マスコミは中国のデモは放送しても、日本のデモは報道せず
どこの国のマスコミでしょう! 
私も自分なりに何が出来るか考えてます。
私も参加しました。お会いしているかも。1000名って、うれしい悲鳴ですが、まだまだ。1万人を目指す。メディアも無視できなくなります。一番うれしかったのは、同士に遭えたこと。周りは無関心な人たちばかりなので、被害妄想になりそう。この一連の冤罪事件のシナリオを書いている連中は、すごく悪賢いのでしょうが、その手先は馬鹿っぽいです。すきだらけ。

ところで、これも連中の嫌がらせ?田原総一郎は小沢派には評判悪いようですが、けっこう是々非々で、週間朝日に検察審査会批判など書いています。彼はマスコミ洗脳され派に人気があるので、よけい憎がられたのかもしれません。こちらは、排除でなく連帯の精神でいきましょうよ。

田原氏に取材テープ提出求める=拉致絡みの発言訴訟で―神戸地裁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101024-00000030-jij-soci
マスコミの報道ぶりをしっかりチェックしよう。
今日のデモには、参加できませんでしたが、大成功の由、ご苦労様でした。
この成果をマスゴミたちは、どう伝えるか、明日の新聞テレビをしっかりチェックし、無視したメディアに対しては、しっかり抗議をしていくことが大切だと思います。
今日の成果を埋もれさせてしまわないうちに。
それと、ユーチューブやニコ動などでの動画のアップも楽しみにしています。
日本初の市民デモに参加!!
日々坦々様~いつも楽しみに、全ての記事を読ませてもらっています。有難う!
冒頭にあった山崎行太郎先生、香り高いインナーマザー様の記事も全て読んでいます。日々坦々様と同じく、早く《小沢政権樹立》を願う者として、惜しみない行動をする覚悟です。
 然し今日のデモに参加して思ったことは、《小沢一郎支援》でデモを実施して、あの多くの参加者、《小沢一郎支援》と云う『個人支援』で多くの支持者が集まったと云う、過去の日本に有り得なかった、実に感動的なデモだったと思います。この運動を原点として、大きな国民運動に広がる布石になればとねがっています。
 今世界中に横行する為政者の横暴を食い止める名誉ある《無血革命》を、日本から創めようではありませんか!!
”近代化したはずの日本人の意思だ”
10.24デモ ご苦労様でした。呼びかけ人、参加者、ネツトで支持された皆さんに敬意を送ります。感謝、感謝。
主権在民、3権分立の危機。
日々坦々様

「検察・検審を糾弾するデモ」の参加報告読ませていただきました。「デモをしたからといってすぐには何も変わらない」と云う、慎重な言葉の中にも、全体にみなぎる日々坦々さんの士気。
一言、書かずににはいられぬほどの高揚を感じました。
(源流の一滴を心に留めたいと思います。)

Leave a Comment

ama
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
JAPAN 外国人がどっと押し寄せる 意外な日本の新名所200の地図帳
JAPAN 外国人がどっと押し寄せる 意外な日本の新名所200の地図帳
「アベ友」トンデモ列伝
「アベ友」トンデモ列伝
安倍「4項目」改憲の建前と本音
安倍「4項目」改憲の建前と本音
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
Page Selector
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
知りたくないではすまされない
ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
知りたくないではすまされない ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
安倍政治 100のファクトチェック
安倍政治 100のファクトチェック (集英社新書)
改訂版 全共闘以後
改訂版 全共闘以後
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
対米自立
対米自立
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた (講談社現代新書)
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか (講談社現代新書)
rakuad2
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体 (講談社現代新書)
スノーデン 監視大国 日本を語る
スノーデン 監視大国 日本を語る (集英社新書)
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
rakuad03
公文書問題 日本の「闇」の核心
公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)
日米地位協定
日米地位協定
Black Box
Black Box
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
スポンサードリンク3
 
 
注目ブログ
 
 
[スポンサードリンク]
 
 
これから出る注目本
(予約可)
変容するNHK――「忖度」とモラル崩壊の現場・・・ 川本 裕司 (著) 花伝社 (2019/2/5発売予定)
変容するNHK――「忖度」とモラル崩壊の現場
ハッキリ言わせていただきます! 黙って見過ごすわけにはいかない日本の問題 (単行本)・・・ 前川 喜平 (著), 谷口 真由美 (著) 集英社 (2019/2/5発売予定)
ハッキリ言わせていただきます! 黙って見過ごすわけにはいかない日本の問題 (単行本)
日本は誰と戦ったのか - コミンテルンの秘密工作を追及するアメリカ 【新書版】 - (ワニブックスPLUS新書)・・・ 江崎 道朗 (著)ワニブックス (2019/2/8発売予定)
日本は誰と戦ったのか - コミンテルンの秘密工作を追及するアメリカ 【新書版】 - (ワニブックスPLUS新書)
横田空域 日米合同委員会でつくられた空の壁 (角川新書)・・・ 吉田 敏浩 (著) KADOKAWA (2019/2/9発売予定)
1980年代から見た日本の未来 (イースト新書)・・・ 三浦 展 (著) イースト・プレス (2019/2/10発売予定)
1980年代から見た日本の未来 (イースト新書)
一億総他責社会 (イースト新書)・・・ 片田 珠美 (著) イースト・プレス (2019/2/12発売予定)
グーミンと日本病 ここは愚の果て雑魚の群れ・・・ 内海 聡 (著), 坂の上零 (著) ヒカルランド (2019/2/12発売予定)
グーミンと日本病 ここは愚の果て雑魚の群れ
遅読術 (ベスト新書)・・・ 適菜 収 (著) ベストセラーズ (2019/2/14発売予定)
「承認欲求」の呪縛・・・ 太田 肇 (著) 新潮社 (2019/2/15発売予定)
「縄文」の新常識を知れば日本の謎が解ける (PHP新書)・・・ 関裕二 (著) PHP研究所 (2019/2/16発売予定)
警察庁長官狙撃事件: 真犯人“老スナイパー”の告白・・・ 清田 浩司 (著), 岡部 統行 (著) 平凡社 (2019/2/18発売予定)
(仮)なぜ「平和」は「戦争」に負けるのか?フーバー・近衛・ルーズベルト (WAC BUNKO 290)・・・ 林 千勝 (著) ワック (2019/2/20発売予定)
(仮)特捜検察の「光と闇」---ロッキード事件からグラマン、リクルート、村木、ゴーン事件まで・・・ 宗像 紀夫 (著) ワック (2019/2/20発売予定)
弁護士YouTuberクボタに聞く「これって犯罪ですか?」・・・ 久保田 康介 (著) KADOKAWA (2019/2/20発売予定)
弁護士YouTuberクボタに聞く「これって犯罪ですか?」
違和感のススメ・・・ マリリン・グティエレス (著), 泉 康夫 (翻訳) 松尾 貴史 (著) 毎日新聞出版 (2019/2/22発売予定)
橋の下のゴールド・・・ 高文研 (2019/2/28発売予定)
橋の下のゴールド
ニュースが報じない神社の闇――神社本庁・神社をめぐる政治と権力、そして金・・・ 「リテラ」神社問題取材班 (著) 花伝社 (2019/3/25発売予定)
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
オンライン署名
 
 
IWJサポート
 
 
raku3-2
 
 
raku3-2-03
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...