日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




オススメ本:誰も書けなかった政界捜査の舞台裏 『新・検察秘録』

Category: 検察   Tags: 検察  
誰も書けなかった政界捜査の舞台裏

司法記者クラブキャップを勤めたいわば検察と癒着関係にあった著者ならではの視点があり、読む人によっては、あくまでも検察側の論理だという人もいるだろう。

菅さんが首相になってからは、菅政権や民主党執行部などに疑問を感じ、産経新聞の記事でなるほどと合点がいく時もあり、私自身もびっくりしている今日この頃である。

あれだけ小沢氏関連報道では、本ブログでも批判し、あまりに露骨な内容に取り上げることすら避けてきた産経新聞を引用することも多くなったのが不思議である。

結局は受け手の問題でもあり、反対側にいる者の論理にも耳を傾け、納得するものがあればそれを取り入れていけばいいだけの話で、決め付けや無条件に受け入れることが問題であると思う。

そんなことを踏まえた上で、この本をおススメしたい。




まえがきより

≪本書の校了直前に衝撃的なニュースが飛び込んできた。本稿に深く、重く、強く関係する出来事である。急遽、この「はじめに」を書き換えた。
二〇一〇年六月二日、民主党・鳩山由紀夫首相が退陣を表明した。本書のメイン・キャストである小沢一郎も幹事長職を辞任することになった。理由は何か。鳩山氏は米軍普天間基地移設問題の処理の不手際と自身の政治資金問題に責任を取ってのことだった。小沢氏は元秘書らが逮捕された虚偽記入問題にけじめをつけるためだった。
・・・・
これから始まる本書の物語は小沢氏に関連する政治資金規正法違反事件の顛末である。
一人の政治家周辺を一年以上にわたって執拗に追いかけた検察捜査の在り方を問う書でもある。
さらに小沢・民主党と検察の闘い、確執の記録でもある。
検察は事件の頂点に小沢氏を位置づけ、三度のアタックをした。しかし、小沢氏に迫ることはできず敗北を喫した。その捜査の過程で小沢氏周辺に蠢く巨額資金の存在が暴かれ、ダーティーイメージが植えつけられ、小沢氏は参院選を前に退場を余儀なくされたわけである。"豪腕"は、検察捜査で目前に控えていた総理大臣の座を奪われ、幹事長の椅子も失った。検察は「してやったり」の思いでいるのだろうか。

・・・・

四月二十七日、検察審査会は小沢氏の不起訴処分に対し、審査員十一人全員一致で「起訴相当」を議決した。捜査のプロが下した結論を、アマチュアがひっくり返した。審査会は「絶大な指揮命令権限を有する小沢氏の地位と状況証拠を総合すれば、共謀共同正犯が成立する」とした。「起訴相当」の議決を受け、第3ラウンドの捜査が始まった。小沢氏はまたも天敵との闘いを強いられた。しかし、新証拠がないまま検察は不起訴処分を宣告した。ここに検察VS小沢のかくも長き戦争は終結した。検察の完敗である。

検察は小沢氏周辺に漂う巨額資金と利権構造を解明し、小沢氏の"犯罪"を暴くため、選挙前、国会開会直前、あるいは新政権の誕生前後に、家宅捜査、事情聴取、秘書らの逮捕、起訴と、公権力をフル行使してきた。捜査手法に疑義も出た。国民はいつものように特捜応援団にはならなかった。検察の「厳正公平、不偏不党」も疑われた。「結局、大山鳴動して・・・」と捜査能力も問われた。そして検察の政治介入とも言われた。

・・・・

勝ち負けはともかく、小沢氏関連事件捜査の是非をめぐる論議は、神話の世界にあった検察を現実世界に置換させる役割を果たした。捜査観、捜査手法、組織の在り方も問われた。「孤高」「独善」はもう通用しないという告知もあった。
身内の論理で完結していた組織は、外部空気による喚起作用を求めているのかもしれない。
刑事司法を取り巻く環境は今、大きく変化しようとしている。スタートした裁判員制度、検察審査会への強制起訴権限付与、取調べの全面可視化導入問題、そして政治家犯罪摘発の困難性、集中する国家要請型犯罪摘発、史上・経済ルート違反へのお仕置き、欧米型捜査手法の採用論議、公訴時効の廃止・延長。新時局が目白押しである。これらが、じわりと検察組織、捜査価値観に変容を迫っている。こうしたなか、特捜捜査も旧来型スタイルを脱皮し、今日的手法を編み出そうとしているのかもしれない。
その過渡期に現出したのが、小沢氏関連事件の捜査ではなかろうか。
一九四九年(昭和二十四年)に誕生した東京地検特捜部は、栄光と挫折の歴史を背負いながら齢(よわい)は還暦を過ぎた。
本書は小沢氏関連事件を軸に、事件史をひもときながら、検察の権力運用について考えた。≫


この本の著者・村串栄一氏は東京新聞編集委員で、中日新聞社会部記者、司法記者クラブキャップ、特報部デスクなどを経ている。いわば、検察と十分癒着(特に石川達紘氏、熊崎勝彦氏など)状態にある側が描いた、検察批判本になっているところがミソである。


最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

共感したという方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

全くその通りと思えた方は拍手をお願いします

テーマ : 考えさせられる本    ジャンル : 本・雑誌



「広告」



Comments

Leave a Comment

ama
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日米地位協定
日米地位協定
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
公文書問題 日本の「闇」の核心
公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
スノーデン 監視大国 日本を語る
スノーデン 監視大国 日本を語る (集英社新書)
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた (講談社現代新書)
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか (講談社現代新書)
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
「アベ友」トンデモ列伝
「アベ友」トンデモ列伝
安倍「4項目」改憲の建前と本音
安倍「4項目」改憲の建前と本音
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
Page Selector
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
知りたくないではすまされない
ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
知りたくないではすまされない ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
安倍政治 100のファクトチェック
安倍政治 100のファクトチェック (集英社新書)
改訂版 全共闘以後
改訂版 全共闘以後
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
対米自立
対米自立
rakuad2
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体 (講談社現代新書)
rakuad03
Black Box
Black Box
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
スポンサードリンク3
 
 
注目ブログ
 
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
オンライン署名
 
 
IWJサポート
 
 
raku3-2
 
 
raku3-2-03
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...