日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




官報談合、この「官とメディア」の問題は相当に根が深い

Category: 官房機密費   Tags: 官房機密費  外交機密費  佐藤優  週刊朝日  
週刊ポストの上杉氏の官房機密費追及記事を取り上げようと思っていたが、今週の週刊朝日の佐藤優氏の≪外交機密費を受け取った新聞記者たち≫は今までの論点とは違う、官僚によるメディア支配とその手口という衝撃的な記事だった。

s-P1010859.jpg(週刊朝日7/2号)

リード文
≪官の利益のために世論を誘導する―霞が関がメディアを篭絡(ろうらく)するために使うのは「官房機密費」だけじゃない。外務省もまた「外交機密費」を大いに活用していたのだ。手口は巧妙だ。官僚と記者が育む「黒い友情」の実態を、"伏魔殿"の裏の裏まで知り尽くす男、作家で元外務省主任分析官の佐藤優氏(50)が語った。≫

この中では官僚がどのように新聞記者を手なずけ、手下にしていくのか。官僚の支配下に置かれた新聞記者によってその後なにが起こっているのか、が見えてくる。
佐藤氏も手を染めたという「白紙領収書」問題は、実際に5・6回、200枚以上の白紙領収書を作成したことを告白し、その時は、はっきりと有印公文書偽造で明らかに犯罪であることを認識していたと語っていることには驚くと同時に、外務省の中で組織として常態化、慢性化していたことがよくわかる。
渡しがお小遣いをもらっているわけではないからまあ、こういうことはやってもいい範囲だ」と思ってきたことを佐藤氏は述懐している。

こうしてつくられた白紙の領収書は、海外視察で、首相や外務大臣に同行してきた記者達に配られ、そこにいい加減な数字を書き込んで経費として精算し、お金を受け取る、というなんともミミッちいことを
していたというのだ。
これは90年代なかばで各社が経費節減で厳しくなり、この「白紙領収書」を渡す慣行もなくなったということだ。

その後には外務省のマスコミ対策は変化し、外務省の記者クラブ「霞クラブ」の特定の記者にターゲットを絞り工作し、そこに「機密費」が使われているということだ。
「機密費」から接待を受けた記者は次第にその弱みから、外務省よりの記事を書き、また頼まれたレポートなどもアルバイトで書いていた、ということだ。
各国大使館に配布される「政局レポート」という報告書は「公文書」のかたちで省外秘になっていて、「これは霞クラブの記者に内々に執筆してもらったものです。厳に当省出身の幹部職員のみに回覧してください」という注意事項があり、佐藤氏も度々目にしたとのこと。

こういう協力的な記者を外務省では「与党」と名づけ、それに反して抵抗してくる記者を「野党」として分類している。外務省がまず狙うのは、この「野党」の記者ということだ。
正義感が強く、国民の「知る権利」に応えるという意識が高い"誠実"な記者で、そういう記者には、外務省も誠実なふりをして対応し、徐々に手懐(てなず)けていき最終的には「与党」の記者を増やしていくというのだ。

その徐々にというのが大変巧妙で、佐藤氏も言っているが、「スパイ」が協力者を作るときの典型的な方法だとということで、妙に納得した。

*****政治ブログ******人気ブログランキングへ*****

「野党」に区分けされた正義感あふれ外務省にも公然と批判してくる誠実な記者を、まずは誠実なふりして対応し「野党」から「建設的野党」になっていただいて、ある程度、関係が深くなったところで"悪魔の囁き"をする。
「あなたのような政局動向に通じている記者の見解を、ぜひ外務省の幹部、あるいは在外公館の幹部に伝えたい。匿名でリポートを書いてくれないか」
そして数十万を渡す。これももちろん「外交機密費」から出ているという。
最初はできるだけハードルを低くして攻めて行く。

「新聞の重要な記事のところに、赤で記しをつけてください」
「切り抜きをください」
「切り抜きにコメントを書いてください」
「報道についてリポートを作ってください」
「役所の中の様子を教えてください」
という"本当の狙い"に行き着く。

≪そして、だんだんモノを受け取ることに慣れさせ、その対価としてカネをもらう習慣をつけ、できるところから少しずつ深みにはめていくわけです。いったんこのリポートを書いたら、もう一生終わりです。どんな社も、記者が取材で得た政治家の懇談メモ=表に出さない前提の(オフレコ)メモを使って、官からカネをもらってリポートを書いたことが露見したらクビです。それがわかっているから、そういう記者は、"無二の親友"になる。こうして「野党」側から「与党」側に移行してくる記者な少なくないのです。≫

佐藤氏は、現在報道されている情報で、特に外交問題と検察の特捜部に関連する案件に関しては「9割」が官の側からの情報だと断定している。

そうした官僚側が取捨選択した、官僚の意向に沿ったヨイショ記事など、マスメディアは官製情報とも呼べる情報を垂れ流し、国民のためというより官僚のためのメディアに成り下がっている、といえる。
これについて我々は「暴走検察」でイヤというほど見せられてきた。
それが全省庁にあてはまっている、ということだろう。

元時事通信記者で経済関連記者クラブに所属していた相場英雄氏が、『Business Media 誠 』の中で、政治部記者と官房機密費について次のように書いている。(参照

≪筆者が接した「ごく一部の政治部ベテラン記者たち(他社を含む)」の中には、有力政治家からもらった高額な宝飾品を誇示したり、はたまた住宅購入に当たり、派閥領袖(りょうしゅう)から頭金の支援を仰いでいたことを嬉々として明かしてくれた人物さえ存在した。こうした人は1人や2人ではなかった。他の同僚、また他社の記者からも同様の話を多数聞いたことがある。政治部の中でも、特に自民党の大派閥担当、あるいは政局取材に強みを持つ記者ほどこの傾向が顕著だったと鮮明に記憶している。要するに、担当した政治家やその秘書、あるいは派閥との結びつきがどれだけ強いかが、記者に対する暗黙の評価対象になっていたからだ。 現在問題となっている官房機密費に関して、筆者は野中氏が指摘した「官房長官の引き継ぎ簿」を実際に目にしたわけではない。誰がいくら、いつ受領したかなど詳細に関しても知り得る立場にない。 ただ先に触れたように筆者が接した「ごく一部の政治部ベテラン記者たち」の事象に当てはめれば、一連の官房機密費問題に対して抱く心証は「さもありなん」であり、「クロ」なのだ。≫

官房機密費や外交機密費なども含め、この「官とメディア」の問題は、相当に根が深い。

これからも追及の手を緩めることはできない。


最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

共感したという方は、再度クリッとお願いします
人気ブログランキングへ

全くその通りと思えた方は拍手をお願いします



「広告」



Comments

官報談合
おっしゃる通りですね。
3年前、公取の摘発を受けた時、地元の新聞社は役所発表を垂れ流すだけで、業者の言い分は完全に無視されました。知り合いの新聞社幹部に聞いたら、『役所を敵に回すと情報がもらえなくなるから』だそうです。
また、地元で手広くやっている税理士の先生は、『大手新聞社の地方支局の領収書は、県庁市役所幹部の接待費ばかりですよ』と語っていました。
New Entryを読むのがほぼ不可能
はじめまして。時々お邪魔しており、深い共感をもってブログ主さんのご主張を読ませていただいてます。

今日は、サイトの技術的なことでお願いがあります。「New Entry」の欄が動くのは大変読みづらく、今もここ数日のentryを追おうとしたけれども断念したところです。普通に固定していただけないでしょうか。

Leave a Comment

ama
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
炎上弁護士 なぜ僕が100万回の殺害予告を受けることになったのか
炎上弁護士 なぜ僕が100万回の殺害予告を受けることになったのか
ついに始まった日本経済「崩壊」
ついに始まった日本経済「崩壊」 (SB新書)
「オウム」は再び現れる
「オウム」は再び現れる (中公新書ラクレ 640)
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
Page Selector
米中衝突-危機の日米同盟と朝鮮半島
米中衝突-危機の日米同盟と朝鮮半島 (中公新書ラクレ 639)
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
社会不適合僧侶の究極ミニマル生活 くるま暮らし。
社会不適合僧侶の究極ミニマル生活 くるま暮らし。
平成精神史 天皇・災害・ナショナリズム
平成精神史 天皇・災害・ナショナリズム (幻冬舎新書)
FEAR 恐怖の男 トランプ政権の真実
FEAR 恐怖の男 トランプ政権の真実
トランプのアメリカ その「偉大なる復活」の真相
トランプのアメリカ その「偉大なる復活」の真相
鎌倉資本主義
鎌倉資本主義
ゲラーさん、ニッポンに物申す
ゲラーさん、ニッポンに物申す
平成の政治
平成の政治
9条の挑戦:非軍事中立戦略のリアリズム
9条の挑戦:非軍事中立戦略のリアリズム
対米自立
対米自立
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた (講談社現代新書)
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか (講談社現代新書)
rakuad2
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体 (講談社現代新書)
スノーデン 監視大国 日本を語る
スノーデン 監視大国 日本を語る (集英社新書)
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
rakuad03
公文書問題 日本の「闇」の核心
公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)
日米地位協定
日米地位協定
Black Box
Black Box
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
スポンサードリンク3
 
 
注目ブログ
 
 
[スポンサードリンク]
 
 
これから出る注目本
(予約可)
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由・・・ 相澤 冬樹 (著) 文藝春秋 (2018/12/13発売予定)
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う・・・ 朝日新聞加計学園問題取材班 (著) 岩波書店 (2018/12/14発売予定)
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
安倍政治 100のファクトチェック (集英社新書)・・・ 南 彰 (著), 望月 衣塑子 (著) 集英社 (2018/12/14発売予定)
安倍政治 100のファクトチェック (集英社新書)
一神教と戦争 (集英社新書)・・・ 橋爪 大三郎 (著), 中田 考 (著) 集英社 (2018/12/14発売予定)
なぜ、日本の精神医療は暴走するのか・・・ 佐藤 光展 (著) 講談社 (2018/12/14発売予定)
なぜ、日本の精神医療は暴走するのか
改訂版 全共闘以後・・・ 外山恒一 (著) イースト・プレス (2018/12/16発売予定)
改訂版 全共闘以後
「アベ友」トンデモ列伝・・・ 適菜 収 (著), 小林 よしのり (著), 西尾 幹二 (著), 内田 樹 (著), 古谷 経衡ほか (著) 宝島社 (2018/12/17発売予定)
「アベ友」トンデモ列伝
【保存版】平成の30年と皇室 (週刊朝日ムック)・・・ 週刊朝日編集部 (編集) 朝日新聞出版 (2018/12/17発売予定)
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン・・・ 大西つねき (著) 白順社 (2018/12/17発売予定)
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
米中「AI大戦」・・・ 兵頭 二十八 (著) 並木書房 (2018/12/19発売予定)
米中「AI大戦」
知りたくないではすまされない ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと・・・ 江崎 道朗 (著) KADOKAWA (2018/12/19発売予定)
知りたくないではすまされない ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~・・・ 坂東忠信 (著) 啓文社書房 (2018/12/19発売予定)
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
安倍「4項目」改憲の建前と本音・・・ 上脇博之 (著) 日本機関紙出版センター; 初版 (2018/12/20発売予定)
安倍「4項目」改憲の建前と本音
消された精神障害者・・・ 高橋敏男 (監修), 原義和 (編集) 高文研 (2018/12/25発売予定)
消された精神障害者
オウム真理教元幹部の手記・・・ 富田隆 (著) 青林堂 (2018/12/27発売予定)
オウム真理教元幹部の手記
日本進化論 (SB新書)・・・ 落合 陽一 (著) SBクリエイティブ (2019/1/8発売予定)
日本進化論 (SB新書)
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
オンライン署名
 
 
IWJサポート
 
 
raku3-2
 
 
raku3-2-03
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...