日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




社会部・経済部の記者たちよ、「官房機密費マスコミ汚染問題」で政治部を徹底追及せよ!

Category: 官房機密費   Tags: 官房機密費  マスコミ問題  
≪官房機密費マスコミ汚染問題 歴代官邸秘書官を連続直撃!≫
≪大新聞は1行も報道せず(東京新聞を除く)テレビは特集番組をあわてて中止≫

怒りの告発キャンペーン第3弾の週刊ポスト最新号のタイトルである。

s-P1010775.jpg s-P1010776.jpg(週刊ポスト6/11号)

この一週間ほどで数十人の元官邸関係者を連続直撃したという上杉氏が、またまた仰天する記事を書いている。

中でも政治部記者にたいしてランク付けが行われていて、その新聞なりテレビ局の影響力や部数などに応じて官房機密費からの配る金額に差があった、ということだ。
盆暮れに一人ずつ呼び出して個室などで、ランクが高い大新聞社などはプラス10万円で反対にブロック紙や通信社などはマイナス10万円で平均30万円ということだ。

また、驚くのはマスコミ対策費として官邸サイドからのみではなく、有力議員や秘書などを通じて配っていた、という。複数のルートを通じてマスコミへ機密費が広く配布されていたというのだ。

また、平野貞夫氏が、飲ませて抱かせた、"女"もあてがっていた、と言っているが、別の関係者は「記者を吉原や川崎のトルコ(風呂)に連れて行った」「夜中に酔っ払うとしょっちゅう機密費を無心してきた」「50万円から100万円にといった金額のランクアップを要求してきた」とその渡した側は次々と証言してくれる、というのだ。なんとも情けない話である。

やはり、普段マスメディアは「世の中の不正を正す」とかで権力を傘にカッコつけているが、その裏の顔を見た関係者にしてみれば、憤懣たる想いがあったのかもしれない。

歴代内閣が退陣するときに、基本的には総理と官房長官が山分けし、余った分はそれぞれの秘書官たちがお世話になった議員や官僚、評論家やメディア関係者にも配って使い切り、金庫を空にするのが礼儀だった、ということだ。

河村建夫元官房長官が持ち逃げした2億5000万円の行方についても儀式でその一部がメディア対策費に使われた可能性は大きい。

今まで、本ブログでも何度もこのコソ泥・河村前官房長官の持ち逃げ事件を取り上げているが、これは恒例となっていた、という「ありえる」話ではあるが、それが実態だったとすれば、マスコミの鳩山政権パッシングは、この2億5000万円の官房機密費効果といっても間違いではないことになる。

また記事の中で、ある政治部記者に官房機密費の中から渡そうとしたら、経済部記者もいたから、別の日に渡したというようなことが次のように書かれている。
≪「昔は総理外遊などの際は政府チャーター機の中で機密費を政治部記者にお土産代として配っていたが、経済部などよそ者がいる場合は後で個別に配っていた」≫

これは、官房機密費に与る記者は政治部に限られていたことがわかる。


*****政治ブログ******人気ブログランキングへ*****

新聞社の中にはそれぞれの部門があり、社会部、経済部、文化部などに分かれているが、この機密費問題を語るとき、記者という括りで語られ、政治部記者とは限らないと皆、認識している。

政治部以外の記者たちは、自分達にも嫌疑が向けられているのがわかるだろう。

あたながたの友人・知人からも、官房機密費の件で聞かれているだろう。皆、あなたがたも絶対に受け取っていると思っているのだ。
実際、直接「貰った?」と聞かれたこともあるかもしれない。"疑いの目で見られていることを自覚しているのならば、もっと積極的に自分達や、業界全体に向けられた嫌疑を晴らす努力をしたらいかがだろうか?

また、あなた方自身も政治部の記者が派手な生活をしていると思ったことはないか。
同期なのにいち早く家を新築し、車も高級車に乗っているような輩に疑問を感じたことはあるはずだ。

これが晴れない限り、いくら、まじめに取材したとしても、どんなに世の中の不正を追及したとしても、あたながたの書いた記事は、誰もまともには信じないだろう。あたながた自体が不正をしているのだから。

社会部記者ならば、政治家の不正を追及しようとして政治部に潰されたという経験は一度や二度ではないだろう。
経済部記者なら、特定の業界と癒着して陰で悪さをしている政治家を何人も知っていることだろう、だが、その同じ数だけ記事に書けない政治家がいるのではないか?

あなたがたが、少しでもジャーナリストとしての自覚と、その精神があるならば、今、一番、解明されなければならないことは、「政治とカネ」でもなく、政権批判でもなく、まずは「報道とカネ」の問題ではないのか?
機密費がメディアに流れ、どのようなマスコミ対策が行われてきたか、誰が受け取りどんな記事を書いたのか、を徹底的に検証することである。

できないというならば、ひょっとして、社会部・経済部・文化部の記者も「毒まんじゅう」喰らった口か?と疑いたくもなる。心ある記者は魂を売る事無く、この問題を棋界の問題として勇気ある行動を期待する。

それでもできないならば、強硬手段に出るしかない。

そんな腐敗したマスメディアは日本には要らない。

外国メディアもこの問題を取り上げてきている。まさに日本の恥であり、ジャーナリズムの風上にも置けない者たちだ。

ならば、積極的に外国メディアに取り上げてもらうしかない。
この際、同じ日本人として恥をしのんで、各国に働きかけ、日本の大恥を削がなければなるまい。

平野貞夫氏が外国人特派員協会主催の記者会見で話してもらうのもいいかもしれない。

この問題は今後も徹底的に追及されなければならない、大きな問題である。

これからもガンガンと取り上げさせていただく。


最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

共感したという方は、再度クリッとお願いします
人気ブログランキングへ

全くその通りと思えた方は拍手をお願いします

テーマ : 報道・マスコミ    ジャンル : 政治・経済



「広告」



色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。
何らかの恫喝があった可能性は大いにありますね・・・小沢氏の発言が引っかかっています。まだ未確定なので仮定の話はあまり意味は無いですが、仮に菅氏になったとしても犬察&デマゴミは相変わらずでしょうし。正直消費税増税は官僚&財界に取り込まれていると見ています...

Comments

官房機密費
独裁国家や文化後進国なら、政府がマスコミに賄賂を贈って
世論操作をする例はいくつもあるだろうが、、、。
まさか、日本がこんな状態とは、思ってもみませんでした。
日本のメディアのほとんどが腐りきっている以上、もうそれしか手はないと思うな。外国ならばそうゆう利権は無いし、どんどん情報を外国のメディアが放送してくれればいいと思う。

Leave a Comment

ama
私は真珠湾のスパイだった 新書版
私は真珠湾のスパイだった 新書版
日本会議の野望――極右組織が目論む「この国のかたち」
日本会議の野望――極右組織が目論む「この国のかたち」
「右翼」の戦後史
「右翼」の戦後史 (講談社現代新書)
核実験地に住む――カザフスタン・セミパラチンスクの現在
核実験地に住む――カザフスタン・セミパラチンスクの現在
日本の大問題 残酷な日本の未来を変える22の方法
日本の大問題 残酷な日本の未来を変える22の方法
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
Page Selector
前川喜平「官」を語る
前川喜平「官」を語る
嘘に支配される日本
嘘に支配される日本
フェイクの時代に隠されていること
フェイクの時代に隠されていること
平成を愚民の時代にした30人のバカ
平成を愚民の時代にした30人のバカ
保守と大東亜戦争
保守と大東亜戦争 (集英社新書)
エセ保守が日本を滅ぼす
エセ保守が日本を滅ぼす
面従腹背
面従腹背
「反グローバリズム」の逆襲が始まった
「反グローバリズム」の逆襲が始まった
権力と新聞の大問題
権力と新聞の大問題 (集英社新書)
よみがえる戦時体制 治安体制の歴史と現在
よみがえる戦時体制 治安体制の歴史と現在 (集英社新書)
rakuad2
権力の「背信」 「森友・加計学園問題」スクープの現場
権力の「背信」 「森友・加計学園問題」スクープの現場
追跡 日米地位協定と基地公害――「太平洋のゴミ捨て場」と呼ばれて
追跡 日米地位協定と基地公害――「太平洋のゴミ捨て場」と呼ばれて
断罪~政権の強権支配と霞が関の堕落を撃つ 次世代への日本再建論~
断罪~政権の強権支配と霞が関の堕落を撃つ 次世代への日本再建論~
rakuad03
公文書問題 日本の「闇」の核心
公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)
「安全神話」PRに加担した 原発とメディア マネー(1)
「安全神話」PRに加担した 原発とメディア マネー(1) (朝日新聞デジタルSELECT)
日米地位協定
日米地位協定
Black Box
Black Box
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
紙の爆弾 2017年 2月号
Kindle版
紙の爆弾 2017年 2月号 [雑誌]
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
スポンサードリンク3
 
 
注目ブログ
 
 
[スポンサードリンク]
 
 
これから出る注目本
(予約可)
池上彰の「天皇とは何ですか?」・・・ 池上 彰 (著) PHP研究所 (2018/7/20発売予定)
池上彰の「天皇とは何ですか?」
核兵器はなくせる (岩波ジュニア新書)・・・ 川崎 哲 (著) 岩波書店 (2018/7/21発売予定)
言論の飛礫(つぶて)不屈のコラム・・・ 鎌田 慧 (著) 同時代社 (2018/7/31発売予定)
言論の飛礫(つぶて)不屈のコラム
ブラック校則 理不尽な苦しみの現実・・・ 荻上 チキ (著, 編集), 内田 良 (著, 編集) 東洋館出版社 (2018/8/1発売予定)
ブラック校則 理不尽な苦しみの現実
日本衆愚社会 (小学館新書)・・・ 呉 智英 (著) 小学館 (2018/8/3発売予定)
袴田事件 これでも死刑なのか・・・ 小石 勝朗 (著) 現代人文社 (2018/8/6発売予定)
驚くべきCIAの世論操作 (インターナショナル新書)・・・ ニコラス・スカウ (著), 伊藤 真 (翻訳) 集英社インターナショナル (2018/8/7発売予定)
驚くべきCIAの世論操作 (インターナショナル新書)
図解版 老人の取扱説明書・・・ 平松 類 (著) SBクリエイティブ (2018/8/8発売予定)
図解版 老人の取扱説明書
神社崩壊・・・ 島田 裕巳 (著) 新潮社 (2018/8/9発売予定)
〈平成〉の正体 なぜこの社会は機能不全に陥ったのか (イースト新書)・・・ 藤井達夫 (著) イースト・プレス (2018/8/10発売予定)
使ってはいけない集団的自衛権 (角川新書)・・・ 菊池 英博 (著) KADOKAWA (2018/8/10発売予定)
日大の帝王 田中英壽理事長と巨大私学の伏魔殿・・・ 別冊宝島編集部 (編集) 宝島社 (2018/8/27発売予定)
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
オンライン署名
 
 
IWJサポート
 
 
raku3-2
 
 
raku3-2-03
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...