日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




総理自身が指摘している、誰が官邸情報の漏洩をしていたのか?

Category: 鳩山政権   Tags: 佐野忠克  総理秘書官  
じっくり総理会見の詳細を読んでみると、二つの部分が引っかかった。(参照

一つが「5月末という理由と根拠」で、もう一つが「官邸情報の漏洩を総理自身が指摘」していること。
※「韓国海軍哨戒艦沈没」の発言も多かったので気になるところ。(参照①:「池田香代子ブログ」様)(参照②:「杉並からの情報発信です」様)

・5月末の根拠
「昨年12月に私がこの12月の末には結論を出すことは極めて危ないと判断をいたして半年近く延期
例えば最初の3カ月は予算の時期がございますので、必ずしも十分熟慮を加えるには政府として時間的に短いのではないかといういこと、またゴールデンウイークというときがありましただけに5月にさまざまな働きかけができるのではないかという考えがあったこと、さらには参議院選挙の前までにこの問題が決着がつかなければ、この問題が最大のイシュー(問題)になる可能性があるということで・・・」

これには少しガクっときてしまった。もっと必然的な根拠があるのかと思っていたからだ。アメリカ側の事情をここで言うわけにはいかないが、それを暗示するような暗号を入れてもらいたかった。(笑)
これも、だれかの入れ知恵か?

・官邸情報漏えい
「そこの中で私が1点申し上げることができるとすれば、やはりこのような大人数でしかもある意味で必ずしもすぐに公表することができないようなさまざまな情報というものがかなりその途中の段階で漏れてしまうということがございました。その原因は必ずしも定かではございませんが、そのことによって、報道がされ、さまざま国民にご迷惑をおかけしたということも現実にありました。このいわゆる保秘というかですか、秘密を守るということが必ずしも十分に果たされてこなかったということは、ある意味で政治主導の中で難しい官僚の皆さん方の知識を頂きながら歩ませていくという中での難しさかなと、そのように考えています」

これは、官僚から漏れたものと、官邸そのものから漏れているものとがあるのではないか?
鳩山総理は、"感情的に怒る"ということは、国会答弁などでもあまりないが、遠回しで批判することはよくある。
この情報漏えいについての発言では、暗に外務省・防衛省あたりから漏れていたことを指摘しているように聞こえてくる。

官邸の中心で、せっせと内部情報を外部に運んでいたのではないか、という人物がいる。

その辺のところを、週刊ポスト5/28号が網羅していた。

この号は、上杉隆氏の「官房機密費」第一弾が書かれていて、本ブログ≪官房機密費受領問題:マスメディアは既に「けもの道」にどっぷり浸かっていた!≫で取り上げている。

その「官房機密費」の次の記事だった。今のタイミングで読むとストーンと入ってきて、事実に近いことがよくわかる。
タイトルが≪小沢一郎が激怒した「普天間問題の裏切り者」≫
「本誌スクープで見えてきた政府・与党の内部分裂」という副題がついている。

*****政治ブログ******人気ブログランキングへ*****

(書き写し開始)

≪「普天間政局」がわかりにくのは、政府・与党に鳩山・小沢体制を邪魔したい"裏切り者"がいて、諸説・謀略情報が飛び交うからだ。大手メディアはそこを完全に読み間違えている。
本誌が前号でスクープした「鳩山腹案」は、「鳩山潰し」を狙う勢力をあぶりだすことになった。
大手メディアがこぞって「腹案」を無視し、どうやら本当らしいとなってから慌てて後追いしたのはご愛敬としても、面白いのは政府・民主党内部である。
本誌が発売された5月10日の朝刊各紙には、普天間問題でこの日、関係閣僚会議が開かれ、「政府案が決定される」との観測記事が載った。「腹案」がオモテに出ることを察知した官邸内の「反鳩山」勢力が、その機先を制して無理やり「辺野古案」で押し切ろうとあせった様子が透けて見える。
「閣僚会議を開こうと強く主張したのは、佐野忠克・総理秘書官でした。それに平野博文・官房長官とその取り巻きが賛同し、会議開催が決まった」(官邸筋)。前号で報じた通り、平野官房長官は、辺野古の「桟橋案」や「徳之島案」「ホワイトビーチ埋め立て案」など、周囲から囁かれる案を次々と口にして報道と世論を迷走させた張本人だ。
一方、佐野秘書官は経産省出身の官僚で、霞が関代表という立場はもちろん、「強引にでも自分で仕切ろうとする押しの強さがある。ただし、かき回した末に問題が行き詰まると、誰かに押しつけて真っ先に逃げることも多い」(後輩官僚)という人物評もあり、鳩山由紀夫・首相を支えるという動機で動いているかは疑問が残る人物だ。
ともあれ、閣僚会議は開かれた。そして同時に「政府案は辺野古で決まり」というリークがなされたことも間違いない。実際、読売新聞のように、それを真に受けて報じたメディアもあったのだが、実際にそんな決定がなされなかったことは、その後の動きからも明らかだ。
・・・・「腹案を潰したい筆頭は外務省。岡田克也・大臣を取り込んで、昨年末から『辺野古案しかない』と言い続けてきた。これは、自民党政権時代に米政府と現行案を決めた当事者だから、それでまとめたい。それと、外務省嫌いで知られる小沢一郎意・幹事長を失墜させたい思惑もある。
普天間で政権が内部分裂すれば、鳩山と小沢はセットで消える」(前出・官邸筋)
確かに、外務省と佐野秘書官が歩調を合わせている様子がうかがえる。5月13日に、普天間の海兵隊をテニアン島に誘致している現地代表団が来日した。このグループと接触してきた民主党意の川内博史・代議士は、事前に鳩山首相に代表団との面会を以来して了解を得ていたのだが、来日2日前になって突然、佐野秘書官から川内氏に電話があり、「総理は会えない。これは外交マターだから武村公一・外務副大臣が会う」と一方的に通告した。
テニアン島では地元を挙げて海兵隊誘致運動が起こっており、代表団は来日した後、オバマ大統領の招きでワシントンを訪問する予定になっていた。日米交渉の最前線では「鳩山腹案」を提示する日本と、テニアン案を模索するアメリカ、という動きがあったわけだが、佐野氏と外務省は、この両者が接触することを嫌ったようなのだ。失望した代表団は副大臣に会わずに米本土に向かった。≫

(書き写し終了)

ここが一つの大きな分水嶺となったのではないかと思う。
鳩山総理とすれば、自分でも「県外」と言っているわけで、それを模索してきた形跡もある。ここで「反腹案派」は「抑止力」などをちらつかせ、県外・国外に関する情報を遮断したのだろう。

*****政治ブログ******人気ブログランキングへ*****

この記事の中に出てくる、総理大臣秘書官(政務担当)佐野忠克氏は、1969年(昭和44年)4月 通商産業省入省、 1993年(平成5年)8月 総理府 細川護熙内閣総理大臣秘書官(事務担当)につき、鳩山総理と接点ができている。

当初、鳩山総理は、小泉元首相の秘書官だった飯島勲氏のように、芳賀大輔氏を首相秘書官に起用する予定だったようだが、偽装献金事件で潰されてしまった。だから、旧知の佐野氏に白羽の矢が立った、ということだ。

この佐野氏が注目された時があった。
一秘書官が、異例とも言える米国務省NO.2と会談したというもので、ここに何か辺野古の布石が打たれたのではないかという怪しい動きである。

≪首相秘書官、米国務副長官と会談へ
 平野博文官房長官は14日午後の記者会見で、鳩山由紀夫首相とともに訪米して米国に残っている佐野忠克首相秘書官が、スタインバーグ国務副長官と会談することを明らかにした。米国務省「ナンバー2」が日本の首相秘書官と会談するのは極めて異例。米軍普天間飛行場移設問題について、佐野氏は日本側の検討状況などについて説明するとみられる。(時事トッドコム 2010/04/14-17:23)≫

また、記事の主旨には賛成できないが、「現代ビジネス」に「徳田虎雄との会談を仕掛けた佐野忠克首相秘書官」と題し、田崎史郎氏が書いている。(参照

≪鳩山が動きだしたのは4月28日、徳之島出身の元衆院議員・徳田虎雄との会談からだった。そもそも徳田と会談したことがまず疑問だ。 徳田虎雄が1980年代に衆院奄美群島選挙区(定数1)で保岡興治と「保徳戦争」と呼ばれるほど激しい選挙を戦い、選挙違反で逮捕者が続出したこと、徳洲会の病院経営、彼の政治活動などを多少知っていれば、接触することにもっと注意を払っただろう。 案の定、会談内容は、同席した衆院議員の二男・毅からマスコミに公表された。毅は自民党に所属している。毅がマスコミに、あるいは自民党にすべて話してしまうことは容易に想像できたはずだ。
徳田が会談を受けた時、「これはトラップ(罠)かもしれない」という懸念を抱かなかったのだろうか。  
この会談の設定は政務担当の首相秘書官・佐野忠克を中心に進められた。・・・佐野は鳩山と徳田との会談を他の秘書官はもちろん官房副長官・松井孝治らともほとんど相談しなかった。時期もまずく、住民の反対集会が4月18日に徳之島で開かれた後では、地元を説得しようとしてもできるはずがない。≫

鳩山総理は佐野秘書官に手篭めにされていたことになる。

首相秘書官の内訳は、慣例的に政務担当1名、事務担当4名の計5名で構成され、それぞれ外務省、財務省、警察庁、経済産業省の各省庁から1名ずつ出向する形で就任する。財務省出身者が事務秘書官の中で筆頭格とされ、他の事務秘書官よりも年次が上の者が就けられる。
これは自民党時代からの、別の言い方をすれば、官僚主導政治時代からの因習である。鳩山総理が政権発足から、なぜここにメスを入れなかったかが、今思えば疑問。当初は別の候補の名前があがっていた。

昨年の総選挙前に首相秘書官にジャーナリストの上杉隆氏を起用、というニュースが流れていたのだ。
上杉氏を報道担当として、また日本総合研究所会長の寺島実郎氏も外交担当ということだった。(参照)上杉氏になっていれば、会見のオープン化が一挙に進んだだろう。

完全に官僚主導でこの普天間移設を解決されてきたことがよくわかる。外務省と防衛省にそれぞれ岡田大臣、北沢大臣が早い段階から取り込まれていた。

今からでも遅くない。まず首相秘書官全員、特に佐野秘書官を更迭せよ!


最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

共感したという方は、再度クリッとお願いします
人気ブログランキングへ

全くその通りと思えた方は拍手をお願いします

テーマ : 民主党・鳩山政権    ジャンル : 政治・経済



「広告」



 下にも浅ましいのは男の嫉妬である。ましてや、それが自分の無能さを棚に上げたものであれば、なお始末が悪いというものである。  さて、普天間基地問題で鳩山首相が屈辱的かつ不本意極まる決断を強いられたわけだが、 腐痔惨軽やゴミ賣がグループの総力を挙げて鳩山叩...

Comments

今からでも遅くはない 否、遅い
いまさら、総理秘書官替えたところで、もう遅いですよ。
民主党が内閣を替えます。総理も呑まざるを得なくなります。

Leave a Comment

安倍でもわかる保守思想入門
安倍でもわかる保守思想入門
欲望の資本主義
欲望の資本主義
「国富」喪失
「国富」喪失 (詩想社新書)
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
Page Selector
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
ナビラとマララ 「対テロ戦争」に巻き込まれた二人の少女
ナビラとマララ 「対テロ戦争」に巻き込まれた二人の少女
グローバル・ジャーナリズム――国際スクープの舞台裏
グローバル・ジャーナリズム――国際スクープの舞台裏 (岩波新書)
アメリカ大統領物語 増補新版
アメリカ大統領物語 増補新版 (ハンドブック・シリーズ)
国際テロリズム:その戦術と実態から抑止まで
国際テロリズム:その戦術と実態から抑止まで
日本とフランス「官僚国家」の戦後史
日本とフランス「官僚国家」の戦後史 (NHKブックス)
徹底追及 築地市場の豊洲移転―崩された「食の安全・安心」
徹底追及 築地市場の豊洲移転―崩された「食の安全・安心」
希望の国の少数異見
希望の国の少数異見
rakuad2
日本ノンフィクション史 - ルポルタージュからアカデミック・ジャーナリズムまで
日本ノンフィクション史 - ルポルタージュからアカデミック・ジャーナリズムまで (中公新書 2427)
「公益」資本主義 英米型資本主義の終焉
「公益」資本主義 英米型資本主義の終焉 (文春新書)
孤独死大国 予備軍1000万人時代野のリアル
孤独死大国 予備軍1000万人時代野のリアル
【決定版】白熱講義! 憲法改正
【決定版】白熱講義! 憲法改正 (ワニ文庫)
トランプが戦争を起こす日 悪夢は中東から始まる
トランプが戦争を起こす日 悪夢は中東から始まる (光文社新書)
rakuad03
自発的対米従属 知られざる「ワシントン拡声器」
自発的対米従属 知られざる「ワシントン拡声器」 (角川新書)
首相官邸の前で
首相官邸の前で<DVD付き>
ゴーマニズム宣言SPECIAL 天皇論 平成29年: 増補改訂版
ゴーマニズム宣言SPECIAL 天皇論 平成29年: 増補改訂版
フクシマ6年後 消されゆく被害
フクシマ6年後 消されゆく被害
健康診断は受けてはいけない
健康診断は受けてはいけない (文春新書 1117)
あなたの隣の放射能汚染ゴミ
あなたの隣の放射能汚染ゴミ (集英社新書)
誰も書けなかった東京都政の真実
誰も書けなかった東京都政の真実
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
紙の爆弾 2017年 2月号
Kindle版
紙の爆弾 2017年 2月号 [雑誌]
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
権力に迫る「調査報道」 原発事故、パナマ文書、日米安保をどう報じたか
権力に迫る「調査報道」 原発事故、パナマ文書、日米安保をどう報じたか
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
日本会議の研究
日本会議の研究 (扶桑社新書)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
一億総選挙革命
一億総選挙革命 (veggy Books)
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
日々坦々twitter
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
Web Translate
Social bookmark
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
[スポンサードリンク] 2
 
 
IWJサポート
 
 
これから出る注目本
(予約可)
「国富」喪失 (詩想社新書)・・・植草一秀 (著),星雲社 (2017/3/27発売予定)
「国富」喪失 (詩想社新書)
神楽が伝える古事記の真相 秘められた縄文の記憶 (廣済堂新書)・・・ 高見 乾司 (著) 廣済堂出版 (2017/3/29発売予定)
神楽が伝える古事記の真相 秘められた縄文の記憶 (廣済堂新書)
なぜメリル・ストリープはトランプに噛みつき、オリバー・ストーンは期待するのか ハリウッドからアメリカが見える (幻冬舎新書)・・・ 藤 えりか (著) 幻冬舎 (2017/3/30発売予定)
実践メディアリテラシー―“虚報”時代を生きる力・・・ 大重 史朗 (著) 揺籃社 (2017/4/1発売予定)
実践メディアリテラシー―“虚報”時代を生きる力
ブラック化する職場 コミュニティユニオンの日々・・・ 竹ノ内 宏悠 (著) 花伝社 (2017/4/1発売予定)
ブラック化する職場  コミュニティユニオンの日々
「テロ等準備罪」にだまされるな (「計画罪」は「共謀罪」そのものだ)・・・ 竹ノ内 宏悠 (著) 花伝社 (2017/4/1発売予定)
「テロ等準備罪」にだまされるな (「計画罪」は「共謀罪」そのものだ)
「減塩」が病気をつくる! (青春新書インテリジェンス)・・・ 石原 結實 (著) 青春出版社 (2017/4/4発売予定)
50代から本気で遊べば人生は愉しくなる (SB新書)・・・ 片岡 鶴太郎 (著) SBクリエイティブ (2017/4/6発売予定)
天皇125代 皇位継承の智恵 (別冊宝島)・・・大型本 宝島社 (2017/4/6発売予定)
歯科治療の大疑問 (別冊宝島)・・・大型本 宝島社 (2017/4/6発売予定)
不寛容社会 - 「腹立つ日本人」の研究 - (ワニブックスPLUS新書)・・・ 谷本 真由美 (著) ワニブックス (2017/4/8発売予定)
「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)・・・汐街コナ (著), ゆうきゆう (監修) あさ出版 (2017/4/10発売予定)
「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)・・・ エドワード・スノーデン (著), 青木 理 (著) 集英社 (2017/4/14発売予定)
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
日本共産党 思想と正体 (別冊宝島)・・・ 大型本 宝島社 (2017/4/15発売予定)
永山則夫 封印された鑑定記録 (講談社文庫)・・・ 堀川 惠子 (著) 講談社 (2017/4/15発売予定)
保育園問題 - 待機児童、保育士不足、建設反対運動・・・ 前田正子 著 (著) 中央公論新社 (2017/4/19発売予定)
自民党―「一強」の実像・・・ 中北浩爾 著 (著) 中央公論新社 (2017/4/19発売予定)
原発より危険な六ヶ所再処理工場・・・ 舘野淳 (著), 飯村勲 (著), 立石雅昭 (著), 円道正三 (著) 本の泉社 (2017/4/19発売予定)
原発より危険な六ヶ所再処理工場
定年後 - 50歳からの生き方、終わり方・・・ 楠木新 著 (著) 中央公論新社 (2017/4/19発売予定)
スマホ廃人 (文春新書)・・・ 石川 結貴 (著) 文藝春秋 (2017/4/20発売予定)
トランプドルの衝撃 新生アメリカはロシアとの白人同盟を目指す・・・ ベンジャミン・フルフォード (著) 成甲書房; 初版 (2017/4/21発売予定)
MI6対KGB 英露インテリジェンス抗争秘史・・・ レム・クラシリニコフ (著), 佐藤 優 (翻訳), 松澤 一直 (翻訳) 東京堂出版 (2017/4/25発売予定)
MI6対KGB 英露インテリジェンス抗争秘史
トランプ革命の始動 覇権の再編・・・ 田中 宇 (著) 花伝社 (2017/4/25発売予定)
トランプ革命の始動  覇権の再編
 
 
オンライン署名
 
 
raku3-2
 
 
インターネット政党 「新党憲法9条」
Inter.jpg
 
 
raku3-2-03
 
 
注目ブログ
 
 
「フォーラム4」に賛同します!
F4001.jpg
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
DMM3-2
ブランドバッグ、ドレス、家電レンタル
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
ad-Kindle
 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...