日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




「小沢氏の秘書逮捕は森英介法相の指揮権発動だった!」平野貞夫氏爆弾告発

Category: 森英介   Tags: 指揮権発動  森英介  平野貞夫  上杉隆  
緊急エントリー:

小沢氏の秘書逮捕は森英介法相の指揮権発動だった!平野貞夫氏爆弾告発
朝日ニューススター2010年05月18日 「ニュースの深層」 

http://bit.ly/aCm3RG

ビデオ書きおこし

平野「・・・そのことでね、先週の5月13日の木曜日に驚くべき情報を直接お聞きしましたので、」

上杉隆「5月13日、あっ今月ですね、」

平野「ええ、ちょっと短時間説明させていただきたいんですが・・・。実は数人の財界人に呼ばれまして、これからの政治どうなるか、という懇談会をしていた席で、その中の一人の財界人からですね、昨年のその西松事件で大久保秘書が逮捕され、起訴された後だと思いますが、当時の森英介法務大臣と親しい方で、時々会食する方だそうですが、会食する機会があってですね、そのあと、赤坂のスナックで2次会に行って、そこでですね、まあ、森法務大臣が多少アルコールが入ってたのかも知れませんが、小沢事務所大久保逮捕は、実は自分が指示したもんだと・・」

上杉隆「え、法務大臣がですか?」

平野「森英介法務大臣が、自分が指示してですね、捜査、逮捕させたものだ、ということをその財界人に言ったそうです。」

上杉「えーと、この番組は今生放送でやってるんで、やや慎重にならなくてはならないんですが、現職の法務大臣が司法のいわゆる捜査を指示ってことは、指揮権の発動になってしまうんですが」

平野「ええ、指揮権発動の可能性といいますか、疑いがそこで出てくると思います。」

上杉「あくまでも平野さんはワンクッションおいた伝聞なので、もしこれ森法務大臣が見ていたり、関係者が見ていたりしたら、是非、この番組出ていただくなりなんなりして、反論というかですね、もし違うということになったら反論して・・・」

平野「実はですね、私はその話を聞いて愕然としたのは、大久保秘書が逮捕される3月3日の前日・・」

上杉「3月3日ですね」

平野「ええ、昨年の3月3日ですね、千葉県の知事選挙、吉田平、という候補の事務所開きに行きましたところ・・」

上杉「平野さんがご自身で」

平野「ええ、行きましたところ森法務大臣と堂本元知事と一緒になりまして、そこでその森法務大臣から、私に対してですね、『平成になって日本の政治を、メチャメチャに壊したのは、その犯人は平野だ』と・・」

上杉「直接?」

平野「ええ私に、」

上杉「森さんはあれですね、千葉が選挙区ですから、そこにいらっしゃったわけですね」

平野「小沢一郎よりもっとひどい人間だと誹謗を受けましてね、私は冗談かと思ってたんですよ。しかし、先週、その財界人から話を聞いてですね、私自身も指揮権発動されて捜査の対象になってたんじゃないかと」

上杉「ほう」

平野「実はまあ、某テレビでキャスターやってる元特捜部長なんかは、私もやがて捜査されて逮捕される、というような話をしてたっちゅう文書なんかがありましたんですがね、愕然としたんですよ。それで、私が申し上げたいのはですね。今日は機密費の話ですから、これ以上申し上げませんが、」

上杉「いいえ是非」

平野「民主党は本質的にこの小沢問題っていうのをですね、西松問題というのは、いわば自由民主党から仕掛けられた
ですね、一つのその政治弾圧であると、という意味で民主党及び政権がですね、その真相を徹底的に調べるべきだと思うんですよ。ところが、ではなくて党内ではですね、足の引っ張り合いやっているちゅう雰囲気でですね。よろしくないと思います。それで、この機会にですね、私、この問題を提起しますので、是非ジャーナリズムも、それから政権政党である自民党がですね、いったいこの問題の本質というのは、そういう政治的な捜査っていいますか、それが背後にあったかどうかという疑念をですね、まあ小沢さんが政治倫理審査会に出ることもこれはこれでいいと思います。が、同時に関係者のやっぱり証言といいますか、正確な情報をとっていただきたいと、こういう願いでございます。」

上杉「確かにいきなりの爆弾発言に思いますが、ただ実際、法治国家である日本において、当時の与党の最高指揮権をもっている事実上の法務大臣が、なかばその対立する野党の国会議員に対して、それと元国会議員に対して指揮権を発動したとなると、それは、当然ながら調査すると。特に我々ジャーナリズムのほうはまさに、その部分こそ取材対象にさせなくてはいけない、ということを考えると、仰るとおりですし、あと、民主党は今、政権交代して与党になっているわけですから、調査をするって言うことは、まさに指揮権発動っていう、これは可能性ですけど、国家としては重要な案件なわけですから、まさにその部分では平野さんがおっちゃるとおりだなと・・・
いきなり問題提起、激しい問題提起ですが、是非これ、またあらためて、お話を覗いたいと思います」

追加
参照:≪平野貞夫さんの「西松事件は森前法相の指揮権発動」証言がyoutubeに≫(池田香代子ブログ)様
≪きのう、国会の議員会館に行きました。お会いした議員さんに、「きょうは指揮権発動の話題でもちきりなんでしょうね」と言ったら、「なあに、それ?」とご存じありませんでした。それで、ある議連の創立総会でお話をしたのですが、冒頭にこの情報をお伝えしました。15、6人の議員さんたちは初耳とのことで、会場にザワが走りました。≫


*****政治ブログ******人気ブログランキングへ*****



「広告」



 法治国家である日本において、当時の与党(麻生自民党)の最高指揮権をもっている事実上の森英介法務大臣が、対立する野党(民主党)の国会議員・元国会議員に対して指揮権を発動したとなると、これは国策捜査として問題にされるべきことだろう。この平野貞夫氏の爆弾告...

Comments

もし事実なら
森英介は国会で説明する責任があるだろう。あと、官房機密費の件について受け取った連中も全員国会で答弁すべし。

結局、自業自得自民もミンスも五十歩百歩かw あー、次の選挙どうなっちゃうんだろう。
民主党は真相解明に全力を尽くしてほしい。

Leave a Comment

フクシマ6年後 消されゆく被害
フクシマ6年後 消されゆく被害
都庁の給与・出世・人事
都庁の給与・出世・人事 (別冊宝島 2553)
金正恩の核が北朝鮮を滅ぼす日
金正恩の核が北朝鮮を滅ぼす日 (講談社+α新書)
日本人だけが知らない砂漠のグローバル大国UAE
日本人だけが知らない砂漠のグローバル大国UAE (講談社+α新書)
織田信長の家臣団―派閥と人間関係
織田信長の家臣団―派閥と人間関係 (中公新書)
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
Page Selector
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
素晴らしき哉、常識!
素晴らしき哉、常識!
健康診断は受けてはいけない
健康診断は受けてはいけない (文春新書 1117)
700番 第二巻/第三巻
700番 第二巻/第三巻
日本人失格
日本人失格 (集英社新書)
あなたの隣の放射能汚染ゴミ
あなたの隣の放射能汚染ゴミ (集英社新書)
たとえ世界が終わっても ──その先の日本を生きる君たちへ
たとえ世界が終わっても ──その先の日本を生きる君たちへ (集英社新書)
疑獄 パククネの知られざる大罪
疑獄 パククネの知られざる大罪
ルーズベルトは米国民を裏切り 日本を戦争に引きずり込んだ
─アメリカ共和党元党首ハミルトン・フィッシュが暴く日米戦の真相
ルーズベルトは米国民を裏切り 日本を戦争に引きずり込んだ ─アメリカ共和党元党首ハミルトン・フィッシュが暴く日米戦の真相
生前退位をめぐる安倍首相の策謀
「通貨発行権」を牛耳る国際銀行家をこうして覆せ
生前退位をめぐる安倍首相の策謀 (宝島社新書)
自衛隊「自主防衛化」計画
自衛隊「自主防衛化」計画
rakuad2
アメリカで感じる静かな「パープル革命」の進行とトランプ大統領誕生の理由
アメリカで感じる静かな「パープル革命」の進行とトランプ大統領誕生の理由
アメリカ大統領を操る黒幕: トランプ失脚の条件
アメリカ大統領を操る黒幕: トランプ失脚の条件 (小学館新書)
誰も書けなかった東京都政の真実
誰も書けなかった東京都政の真実
rakuad03
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
紙の爆弾 2017年 2月号
Kindle版
紙の爆弾 2017年 2月号 [雑誌]
築地移転の闇をひらく
築地移転の闇をひらく
大メディアの報道では絶対にわからない どアホノミクスの正体
大メディアの報道では絶対にわからない どアホノミクスの正体 (講談社+α新書)
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
権力に迫る「調査報道」 原発事故、パナマ文書、日米安保をどう報じたか
権力に迫る「調査報道」 原発事故、パナマ文書、日米安保をどう報じたか
黒い巨塔 最高裁判所
黒い巨塔 最高裁判所
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
日本会議の研究
日本会議の研究 (扶桑社新書)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
一億総選挙革命
一億総選挙革命 (veggy Books)
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
日本はなぜ脱原発できないのか: 「原子力村」という利権
日本はなぜ脱原発できないのか: 「原子力村」という利権 (平凡社新書)
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
日々坦々twitter
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
Web Translate
Social bookmark
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
[スポンサードリンク] 2
 
 
IWJサポート
 
 
これから出る注目本
(予約可)
2050年 衝撃の未来予想・・・ 苫米地 英人 (著) TAC出版 (2017/2/22発売予定)
2050年 衝撃の未来予想
絶望老人・・・ 新郷 由起 (著) 宝島社 (2017/2/23発売予定)
絶望老人
日本‐喪失と再起の物語:黒船、敗戦、そして3・11 (上)・・・ デイヴィッド ピリング (著), David Pilling (その他), 仲 達志 (翻訳) 早川書房 (2017/2/23発売予定)
日本‐喪失と再起の物語:黒船、敗戦、そして3・11 (上) (ハヤカワ文庫NF)
死刑囚 永山則夫の花嫁 「奇跡」を生んだ461通の書簡・・・ 嵯峨仁朗・柏艪舎 (編集) 柏艪舎 (2017/2/25発売予定)
死刑囚 永山則夫の花嫁 「奇跡」を生んだ461通の書簡
ゴーマニズム宣言SPECIAL 天皇論 平成29年: 増補改訂版・・・小林 よしのり (著) 小学館 (2017/2/27発売予定)
ゴーマニズム宣言SPECIAL 天皇論 平成29年: 増補改訂版
巨悪の正体 あなたは、なぜカスなのか?・・・ 内海 聡 (著) きこ書房 (2017/2/28発売予定)
巨悪の正体 あなたは、なぜカスなのか?
魂でもいいから、そばにいて ─3・11後の霊体験を聞く─・・・ 奥野 修司 (著) 新潮社 (2017/2/28発売予定)
貧困クライシス 国民総「最底辺」社会・・・ 藤田 孝典 (著) 毎日新聞出版 (2017/3/1発売予定)
貧困クライシス 国民総「最底辺」社会
広告業界という無法地帯へ・・・ 前田 将多 (著) 毎日新聞出版 (2017/3/2発売予定)
広告業界という無法地帯へ
首相官邸の前で・・・ 小熊 英二 (著) 集英社インターナショナル (2017/3/3発売予定)
首相官邸の前で<DVD付き>
独裁者カストロの素顔 (別冊宝島)・・・大型本 宝島社 (2017/3/3発売予定)
なぜ介護殺人は起きるのか (別冊宝島)・・・大型本 宝島社 (2017/3/6発売予定)
なぜ関空に世界中から末期がん患者が集まるのか?・・・ 堀 信一 (著)  宝島社 (2017/3/6発売予定)
いい人生は、最後の5年で決まる がん患者3000人と対話してわかった 後悔しない最後の迎え方 (SB新書) ・・・樋野 興夫 (著) SBクリエイティブ (2017/3/7発売予定)
世界から「格差」がなくならない本当の理由 (SB新書)・・・ 池上彰+「池上彰スペシャル! 」制作チーム (著) SBクリエイティブ (2017/3/7発売予定)
父と私・・・ 田中 眞紀子 (著) 日刊工業新聞社 (2017/3/7発売予定)
父と私
自発的対米従属 知られざる「ワシントン拡声器」 (角川新書)・・・ 猿田 佐世 (著) KADOKAWA (2017/3/10発売予定)
「ポスト真実」時代のネットニュースの読み方・・・ 松林薫 (著) 晶文社 (2017/3/11発売予定)
「ポスト真実」時代のネットニュースの読み方
韓国の不都合な真実 (別冊宝島)・・・ 大型本 宝島社 (2017/3/14発売予定)
難民と生きる・・・長坂 道子 (著) 新日本出版社 (2017/3/15発売予定)
巨象IBMに挑む―ロックアウト解雇を跳ね返す・・・ 田島 一 (著) 新日本出版社 (2017/3/15発売予定)
政治の絵本―現役東大生のお笑い芸人が偏差値44の高校の投票率を84%にした授業・・・ たかまつ なな (著) 弘文堂 (2017/3/16発売予定)
孤独死大国ニッポン・・・ 菅野 久美子 (著) 双葉社 (2017/3/18発売予定)
白熱談義! 日本国憲法改正 (ワニ文庫)・・・ 小林 節 (著) ベストセラーズ (2017/3/18発売予定)
日本ノンフィクション史 - ルポルタージュからアカデミック・ジャーナリズムまで・・・ 武田 徹 (著) 中央公論新社 (2017/3/21発売予定)
閉じこめられた僕 - 難病ALSが教えてくれた生きる勇気・・・ 藤元 健二 (著) 中央公論新社 (2017/3/21発売予定)
希望の国の少数異見・・・ 森 達也 (著), 今野 哲男 (著) 言視舎 (2017/3/22発売予定)
アメリカ大統領物語 増補新版 (ハンドブック・シリーズ)・・・ 猿谷 要 (編集) 新書館; 増補新版 (2017/3/23発売予定)
ナビラとマララ 「対テロ戦争」に巻き込まれた二人の少女・・・ 宮田 律 (著) 講談社 (2017/3/23発売予定)
徹底追及 築地市場の豊洲移転―崩された「食の安全・安心」・・・ 赤旗編集局 (著), 日本共産党東京都議団 (編集) 新日本出版社 (2017/3/23発売予定)
 
 
オンライン署名
 
 
raku3-2
 
 
インターネット政党 「新党憲法9条」
Inter.jpg
 
 
raku3-2-03
 
 
注目ブログ
 
 
「フォーラム4」に賛同します!
F4001.jpg
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
DMM3-2
ブランドバッグ、ドレス、家電レンタル
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
ad-Kindle
 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...