日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




三井環氏「闘いはこれから、命ある限りやる!」ザ・スクープSP&「検察との闘い」(創出版)

Category: 検察   Tags: 検察  裏金問題  三井環  鳥越俊太郎  検察リーク  
始まった!テレ朝のザ・スクープスペシャル 5月16日(日)午後2~3時25分 ≪取材直前の逮捕劇 「検察史上類を見ない犯罪」の真相≫鳥越俊太郎が三井環に8年前のリベンジインタビュー http://bit.ly/c0M50Z ケータイ: http://bit.ly/bn7cfs  検察裏金問題≫と番組の始まりと同時にツイートした。

この番組は、楽しみにしていたので録画もしていたが、リアルタイムで見たかった。印象に残った部分のメモと、テレビを見ながら同時にツイートをしたので、それを散りばめながら、最後に三井氏の最新刊「検察との闘い」(創出版)について書くことにする。

●ザ・スクープSP
直前の口封じ逮捕により成し遂げられなかったインタビューを、鳥越氏は、8年前に約束していた同じ日の4月22日、同時刻、同じホテルで会うことになる。

検察の裏金作りの発覚をまぬがれるため取材の3時間前逮捕した。現職の高検部長が逮捕される、しかも逮捕したのは職場の同僚である大阪地検特捜部の検事たち。

「領収書を偽造して裏金化して一晩で10万飲み食い、多い時は30万円、もうドンちゃん騒ぎですよ」と三井氏。

鳥越氏「小沢幹事長の検察の捜査手法やマスコミの過激報道の裏には、三井さんの逮捕劇が原点なのではないか」

三井氏は、検察の裏金疑惑の告発を匿名で雑誌などに出していたが、顔出しの実名告発を薦められ、半年ちかく悩んだ。

当時野党の菅さんとの接触を期に、悩み続けた顔出し告発を決意した。菅さんも政策秘書に指示し、独自に裏金問題に関する資料収集をする。

(ツイート)
三井氏が逮捕前に描いていたシナリオ・ザスクープ取材→朝日新聞集中連載→スクープ放映→菅さんが国会質問→三井氏証人喚問→原田検事総長証人喚問。鳥越さんは8年目にしてその約束を果たした。菅さんにもやり残した仕事をしていただきたい #scoopSP

インタビューの3時間前に逮捕され、そのシナリオは崩れる。

口封じ逮捕だったのか。

もし、検察権力が自分たちの不祥事をもみ消すために使われているとしたら、大変な職権乱用であると、菅さんも三井氏逮捕後、独自に調査をする。

永野元特捜副部長「起訴事実から、在宅で任意聴取で充分で、身柄拘束までする必要は無い。この程度で逮捕状を出すこと事態おかしい」「まして特捜部が動くような内容でもない」

森山法務大臣「検事の名誉をいちじるしく脱した」「裏金については事実無根であると結論が出ている」
「幹部検事が暴力団と接点を持ったこと自体が異例」

懲戒免職処分→まだ裁判が始まってない段階で懲戒免職→検察庁の人事権乱用である。また推定無罪を検察が破る

逮捕後、三井氏は検察幹部のリーク情報垂れ流しにより、「悪徳検事」のレッテルを貼られる。

三井「まさか事件をつくってまで逮捕されるとは思わなかった。」

公判時、三井氏は「私の事件は風が吹けば飛ぶようなもの。しかし検察の裏金は多額、本当はここに座るべきは検事総長である」

(ツイート)
原田元検事総長以下歴代検察幹部を被告人席に!

高橋徳弘元副検事に証拠として30枚から50枚のニセ領収書をつくってもらい保管してもらった。決定的証拠を保管。

三井氏「検察の裏金事件は犯罪です。検察が犯罪を犯すとこれをチェックする機能は日本にはない。」

「闘いはこれから、命ある限りやる。」

大阪高裁は不正流用の事実あったと一部認めた。裁判所が裏金の認定をした→法務省も検察庁は黙殺。

返金して謝罪するのが常識。

調査活動費がこの後激減。98年には年間5億5千万円だったのが、現在、7500万円に。

裏金が無くなった証拠。

(ツイート)
鳥越氏「小沢幹事長問題、ライブドア事件、郵便不正事件と暴走検察といわれる強引な捜査手法があり、マスコミにリークし世論をつくり風を吹かせ、捜査をやりやすくする。この暴走の原点が三井事件にあったと思う。その検察をチェックできないマスコミも共犯だと思う。」 #scoopSP

鳥越氏に拍手!

(その他ツイート)
三井氏の出所の時に旗を持っていたサングラスをかけていた人物が戸田ひさよし・前門真(かどま)市議会議員 http://bit.ly/dD77bW  あの在特会と闘っている猛者。 #scoopSP

裏金疑惑。これだけ証言者がいて事件化できないのが不思議。政権交代で真っ先に取り組むべき重要案件だ。今からでも遅くはない。検察幹部が自分達の遊興のために国民の血税を使い込んだのだから、返金すべし! 番組は予想以上の出来だった #scoopSP

追加:放映ビデオ「叡智くんの極楽チャンネル


*****政治ブログ******人気ブログランキングへ*****

●三井環氏の最新刊「検察との闘い」(創出版)


帯には、≪検察最大のタブー「裏金問題」を内部告発した元検事の壮絶な生きざまを描いた手記!≫

まえがきに
≪本来なら、出所前とあって、浮かれて当然かもしれない。しかし、私は怒りでいっぱいだった。民主党の小沢一郎幹事長の政治資金規正法違反事件のことである。出所時のマスコミの質問も、小沢氏の問題に集中した。
「民主党政権が取り調べの可視化をマニュフェストに掲げるなど、検察にとって都合の悪い政策を打ち出しているので、民主党をたたき、つぶそうとしている。今も検察は自民党と一体となっている」
「石川議員は喋りすぎている。小沢氏もなぜ検察に資料を差し出すの?捜査は戦争。戦争に勝つためには小沢氏も相手を攻撃すべきだ。検察最大の弱点、裏金問題で検事総長を証人喚問して、徹底追及すべきだ」
「検察は選挙に影響を及ぼす時期には、強制捜査はしないのが不文律。小沢氏の公設秘書に対する事件は衆院選前に着手している。なぜ不文律を破ってまで強制捜査したのか」などと話した。こんな話、刑務所では、話たくともできなかった。手紙すら書けなかった。
・・・・私は検察の裏金を告発したばかりに、口封じ逮捕され、1年8ヶ月の実刑判決を受けた・・・そうした怒りに加えて、小沢氏の事件だ。ここで闘わなければ、これまでの闘いが無駄になる。≫
と出所時静岡刑務所前で記者の質問に応えている。
参照:「戸田ひさよしの自由自在ホームページ 」http://bit.ly/dj1r1S

このタイミングでの出所について、≪検察のあり方が非常に注目を浴びている時期の出所。ある意味、私にとっては「神風」だ。仮釈放に横槍を入れたばかりにこうなったのだ。今度は私が逆襲する番である。(P142)≫とも書いている。

また、三井氏の検察裏金告発によって、検察は三井氏が言う「けもの道」に入った。それは検察の裏金疑惑を時の小泉政権に泣きつき、借りをつくって、その後、小泉政権下で検察と政権が癒着し、次々と邪魔者を摘発していった、というものだ。

この本で初めて知ったのは、三井氏がこの「けもの道」に関心を持っていたのが麻生総理だったとのこと。
大久保秘書逮捕という、それまでの検察が守ってきた「選挙に影響させない」という不文律を破った理由を、評論家などの意見を集めて考察したとして次のように書いている。

≪検察は裁判員制度を強力に推進し、可視化法案の成立を否定した。他方、民主党は裁判員制度を見直し、可視化の推進を主張。真っ向から対立していた。検察は体制を維持するため麻生首相と共闘したと見てもおかしくない」(P147)≫
その評論家の見方に三井氏は≪実によく見ていると感心した≫と述べている。
また、静岡刑務所で目にとめた週刊誌で大久保秘書逮捕前に、国民新党の亀井静香がインタビューで語っていたことが印象的だとして≪いくら内閣支持率が10%しかないからといえ、民主党は麻生を甘く見すぎている。すんなり政権が転がり込んでくるなんてことはあり得ない。最高責任者というのはどんな手を使ってでも野党を潰そうとするものだ。私は警察庁二課長出身なので権力者の恐ろしさを知っている」さすが捜査を経験した人だ。その洞察力は素晴らしい。(P148)≫
と意味深が部分を伝えて、今度は別のところでストレートに麻生関与を語っている。
≪検察は「けもの道」で内閣に大きな「借り」ができた。一方、内閣は検察に大きな「貸し」をつくったのである。「けもの道」にとても興味を持っていた政治家がいたという。自民党政調会長であり、後に首相となる麻生太郎だったことを人づてに聞いた。2009年3月3日の大久保逮捕は絶妙なタイミングだ。「けもの道」とまったく関連性がなかったとは私には思えない。検察の最大の弱みを政治権力が利用したのだと思う。貸しを返してもらったというより、断崖絶壁を脱出するために弱みを利用したのではないか。そうして検察は政治に使われたのだ。(P149)≫と三井氏は時の麻生政権と検察が癒着した、まさに国策捜査であると見ているようだ。

検察の暴走はいろいろな見方があるが、やはりこの検察の裏金を内部告発しようとした、当時の大阪高検公安部長だった三井氏の口封じ逮捕からはじまり、今日の民主党潰しに至っている、と見ることもできる。
ただ、やはり検察はそのような状況を逆に利用し、検察人事の関与や可視化法案成立阻止に動き、真っ向から民主党と対峙して、うまく麻生政権に利用されてきた、と見ることもできると思う。

三井環氏の今後の活躍に期待してやまない。

(ツイート)
民主党は「政治とカネ」と切り離し、「検察の裏金疑惑」を淡々と粛々と解明に向けて議論すべき。公共の放送に流れたのだから、早急に第三者委員会など新たにつくり、この最後のチャンスを逃すな。党利党略ではなく、日本の健全な未来のために! #scoopSP(@arths2009

参照:ビデオ

最後までお読みいただきありがとうございます

少しだけ共感を覚えた方はクリっとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

参考になったという方、再度クリッとお願いします
人気ブログランキングへ

全くその通りと思えた方は拍手をお願いします

テーマ : 検察・警察の腐敗    ジャンル : 政治・経済



「広告」



 民主党小沢幹事長の失脚を目論む特騒犬察一家が仕掛けた「陸山会偽装献金事件」であるが、先週15日の小沢幹事長本人に対する3度目の事情聴取に続き、17日は 石川知裕衆院議員に対する頭狂痴犬特騒部による事情聴取が約4時間半に渡って行われた ようだ!  当然、

Comments

Leave a Comment

辺野古問題をどう解決するか――新基地をつくらせないための提言
辺野古問題をどう解決するか――新基地をつくらせないための提言
新貧乏物語――しのび寄る貧困の現場から
新貧乏物語――しのび寄る貧困の現場から
ジリ貧大国ニッポン
ジリ貧大国ニッポン
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
Page Selector
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
在日米軍 変貌する日米安保体制
(激トーク・オン・ディマンド vol. 11)
在日米軍 変貌する日米安保体制 (岩波新書)
生涯投資家
生涯投資家
東京大改革 小池百合子の戦い
東京大改革 小池百合子の戦い (別冊宝島 2595)
ニーチェに学ぶ「奴隷をやめて反逆せよ! 」―まず知識・思想から
ニーチェに学ぶ「奴隷をやめて反逆せよ! 」―まず知識・思想から
世界の右翼
世界の右翼
東大卒貧困ワーカー
東大卒貧困ワーカー (新潮新書)
信じてはいけない 民主主義を壊すフェイクニュースの正体
信じてはいけない 民主主義を壊すフェイクニュースの正体 (朝日新書)
人は、老いない
人は、老いない (朝日新書)
どアホノミクスの断末魔
どアホノミクスの断末魔 (角川新書)
ドン ―最強の敵か、最良の友か
ドン ―最強の敵か、最良の友か
rakuad2
国民のしつけ方
国民のしつけ方 (インターナショナル新書)
築地移転の謎 なぜ汚染地なのか 石原慎太郎元都知事の責任を問う
築地移転の謎 なぜ汚染地なのか 石原慎太郎元都知事の責任を問う
rakuad03
日本中枢の狂謀
日本中枢の狂謀
東芝 大裏面史
東芝 大裏面史
日本人と右翼
日本人と右翼 (別冊宝島 2580)
徹底解剖 安倍友学園のアッキード事件
徹底解剖 安倍友学園のアッキード事件
共謀罪の何が問題か
共謀罪の何が問題か (岩波ブックレット)
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
原発より危険な六ヶ所再処理工場
原発より危険な六ヶ所再処理工場
「テロ等準備罪」にだまされるな (「計画罪」は「共謀罪」そのものだ)
「テロ等準備罪」にだまされるな (「計画罪」は「共謀罪」そのものだ)
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
紙の爆弾 2017年 2月号
Kindle版
紙の爆弾 2017年 2月号 [雑誌]
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
日本会議の研究
日本会議の研究 (扶桑社新書)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
一億総選挙革命
一億総選挙革命 (veggy Books)
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
日々坦々twitter
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
Web Translate
Social bookmark
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
[スポンサードリンク] 2
 
 
IWJサポート
 
 
これから出る注目本
(予約可)
ある日うちの愛犬が介護老犬に! - みんなの家族になれて良かった (MyISBN - デザインエッグ社)・・・ 桜梅桃李 (著), KAREN (イラスト) デザインエッグ社; 1版 (2017/6/24発売予定)
ある日うちの愛犬が介護老犬に! - みんなの家族になれて良かった (MyISBN - デザインエッグ社)
物言えぬ恐怖の時代がやってくる 共謀罪とメディア・・・ 田島 泰彦 (編集) 花伝社 (2017/6/25発売予定)
物言えぬ恐怖の時代がやってくる 共謀罪とメディア
昭和初期政治史の諸相―官僚と軍人と党人・・・ 堀 茂 (著) 展転社 (2017/6/25発売予定)
昭和初期政治史の諸相―官僚と軍人と党人
「軍学共同」と安倍政権・・・ 多羅尾 光徳 (著), 池内 了 (著), 山崎 正勝 (著), 西山 勝夫 (著), 河村 豊 (著), 土井 誠 (著), 竹内 真 (著) 新日本出版社 (2017/6/27発売予定)
「軍学共同」と安倍政権
新自由主義に抗して スーザン・ジョージと世界市民運動・・・ 日下部 史彦 (著) SSBパブリケーションズ (2017/6/28発売予定)
新自由主義に抗して スーザン・ジョージと世界市民運動
拉致と日本人・・・ 蓮池 透 (著), 辛淑玉 (著) 岩波書店 (2017/6/28発売予定)
拉致と日本人
東芝 原子力敗戦・・・ 大西 康之 (著) 文藝春秋 (2017/6/28発売予定)
東芝 原子力敗戦
海の放射能に立ち向かった日本人 ビキニからフクシマへの伝言・・・ 奥秋 聡 (著) 旬報社 (2017/6/30発売予定)
海の放射能に立ち向かった日本人 ビキニからフクシマへの伝言
日米開戦の正体 東條英機とゾルゲ事件・・・ 孫崎享 (著) 祥伝社 (2017/7/2発売予定)
日米開戦へのスパイ  東條英機とゾルゲ事件
憂国論 戦後日本の欺瞞を撃つ(祥伝社新書)・・・ 鈴木 邦男 (著), 白井 聡 (著) 祥伝社 (2017/7/4発売予定)
憂国論 戦後日本の欺瞞を撃つ(祥伝社新書)
僕らの社会主義 (ちくま新書)・・・ 國分 功一郎 (著), 山崎 亮 (著) 筑摩書房 (2017/7/5発売予定)
戦場 - 元国家安全保障担当補佐官による告発・・・ マイケル フリン (著), マイケル レディーン (著), 川村 幸城 (翻訳) 中央公論新社 (2017/7/6発売予定)
地政学から読み解く米中露の戦略 (別冊宝島)・・・大型本 宝島社 (2017/7/7発売予定発売予定)
東芝崩壊 19万人の巨艦企業を沈めた真犯人・・・ 松崎 隆司 (著) 宝島社 (2017/7/7発売予定)
三菱財閥 最強の秘密 (宝島社新書)・・・ 田中 幾太郎 (著) 宝島社 (2017/7/10発売予定)
マル暴捜査・・・ 今井 良 (著) 新潮社 (2017/7/14発売予定)
メディアの驕り・・・ 廣淵 升彦 (著) 新潮社 (2017/7/14発売予定)
昭和・平成 日本の凶悪犯罪100・・・ 別冊宝島編集部 (編集) 単行本 宝島社 (2017/7/15発売予定)
日本の裏社会 闇の職業図鑑・・・ 別冊宝島編集部 (編集) 単行本 宝島社 (2017/7/22発売予定)
 
 
オンライン署名
 
 
raku3-2
 
 
インターネット政党 「新党憲法9条」
Inter.jpg
 
 
raku3-2-03
 
 
注目ブログ
 
 
「フォーラム4」に賛同します!
F4001.jpg
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
DMM3-2
ブランドバッグ、ドレス、家電レンタル
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
ad-Kindle
 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...