日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




≪検察審査会は4月20日頃に「起訴処分が相当」との答申を公表する(歳川隆雄)≫?検察審査会をも利用する検察の劣化極まれり

Category: 検察   Tags: 検察  小沢一郎  検察審査会  
話題になっている「現代ビジネス」に掲載されている歳川隆雄氏の記事。
タイトルは≪鳩山内閣大幅改造なら「岡田官房長官、前原外相」小沢幹事長、平野官房長官の同時更迭≫である。

この中で注目した、というか驚かされたのは小沢さんに対する検察審査会の答申が4月20日頃、起訴処分相当だ、という点。

こんな情報は検察からしかありえない。完全にリーク情報である。

検察審査会に関する情報は、その会議の日時は勿論、いつ結論がでるかなど完全非公開で一切情報は外部に出さないことになっている、はずである。

本ブログ4/9エントリー≪官僚の橋頭堡・財務省と日本の癌組織・検察に、真の政治主導政治を確立するためにもメスを突き立てよ!≫でも引用させていただいた、日刊ゲンダイ4/8の記事の一部。

「“情報源"はまた検察リークか」
民主党の小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる収支報告書虚偽記入事件で、東京地検特捜部が決めた小沢の不起訴処分の当否を検討している「東京第5検察審査会(検審)」が、特捜部検事から意見聴取し、近く議決する見通し――と報じられた。これにはビックリしてしまう。検審というのは、会議内容はもちろん、開催期日すら明かされない完全非公開の会議だからだ。その“極秘情報"がなぜ、簡単に漏れたのか。
「漏れるはずのない検審の会議情報が報道されるのは極めて異例だ」(「検察審査会の午後」の著者で、元読売新聞記者の作家、佐野洋氏)
検審は事件を扱う組織だけに、警察や検察など捜査機関と同様の「秘匿性」が求められる。仮に審査員が会議情報をペラペラ話せば、当事者の証拠隠滅や逃亡の恐れもあるし、審査員が逆恨みされて襲われる危険も出てくる。だから、検察審査会法は、会議の非公開や審査員への罰則付き守秘義務を課しているのである。
「どんな事件でも、会議情報は一切答えない。それが検審です。それなのになぜ今回、こういう報道がなされるのか分かりません」(法曹界関係者)≫

*****政治ブログ******人気ブログランキングへ*****

検察審査会の審査員は、新聞もテレビも見るだろう。

審査していたとされる2・3ヶ月の期間で、マスメディアの小沢氏・民主党に対するネガティブキャンペーンはよりエスカレートしていて、その審査員に向けての意図的なものにも、今考えると思えてきてしまう。

そうした中で、こんな政治評論家・歳川氏の記事が、「起訴処分相当」などと書いている。

以下その記事の一部。

≪政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑に問われた小沢一郎民主党幹事長は「嫌疑不十分によって不起訴処分」となったが、検察審査会は4月20日頃に「起訴処分が相当」との答申を公表すると見られている。
 仮にこの答申を受けて東京地検が小沢氏を在宅起訴するようなことになれば、鳩山首相はこれを奇貨として幹事長更迭を決断。同時に決着できなかった「普天間問題」の実質的責任者である平野博文官房長官も更迭し、一部内閣改造を断行するというのだ。
 もちろん、小沢幹事長が自ら「辞任カード」を切ることもあり得る。いずれにしても内閣改造と幹事長人事の合わせ技で乗り切る腹積もりではないか。後任の幹事長に菅直人副総理・財務相を充て、財務相には野田佳彦財務副大臣を昇格させる。
 そして大幅な改造であれば、岡田克也外相を官房長官、外相が前原誠司国交相、国交相に玄葉光一郎衆院財務金融委員長を起用する。さらに先に女性スキャンダルが報じられた中井洽国家公安委員長・防災担当相を更迭し、樽庄伸二衆院環境委員長を指名する。
 そして、いま首相の信任が最も厚いとされる仙谷由人国家戦略相に副総理を兼務させるというものだ。小幅改造であれば、仙谷氏を官房長官に起用、後は国家公安委員長の交代だけである。
 問題は、幹事長の後任人事だ。鳩山主導であれば、仙谷幹事長もあり得る。常識的には小沢氏が推すことになる海江田万里選対委員長代理か、細野豪志組織団体委員長(副幹事長)のいずれかではないか。だが、「小沢切り」で鳩山首相の求心力が回復し、政権浮揚が叶う保証はない。≫

もし、これが事実であるならば、検察審査会の結論が出ていない段階で、その答申に影響を与えうるものであり、それに対して何らかの既定なり規制はないのだろうか。

世論調査をみても、意図的な偏向報道に影響をされてしまう国民がいかに多いかはよくわかった。
検察審査員にしても、検察より説明を受けているというが、それでは一方的情報にすぎず、何故不起訴となったかの説明も、限りなくクロに近いなどということを、トクトクと説明されれば、マスコミ偏向情報と合わせ、検察審査員も影響されることは必至である。

本来、検察審査会は「検察官が独占する起訴の権限(公訴権)の行使に民意を反映させ、また不当な不起訴処分を抑制するために、地方裁判所またはその支部の所在地に設置される、市民11人によって構成される機関。(Wikipedia)」である。

これを逆手にとって、利用しているのではないのか?

検察の劣化、ここに極まれり。


最後までお読みいただきありがとうございます

少しだけ共感を覚えた方はクリっとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

参考になったという方、再度クリッとお願いします
人気ブログランキングへ

全くその通りと思えた方は拍手をお願いします

テーマ : 検察・警察の腐敗    ジャンル : 政治・経済



「広告」



Comments

花見  様
ここで言っているリーク情報というのは、マスコミが検察審査会のもうすぐ出るだとか、検察が説明したなどは、本来はそうした情報すら出してはいけないことになっているはずなのに、出てくることに対して、検察からのリーク情報という意味です。
第5検察審査会
あまり知られていないようですが、「検察審査会」と言うのは
我々民間人(一般市民<有権者に限る>)による審査会です。

なので「検察が情報をリークする」と言う表現は可笑しいです
リークするのは選ばれた民間人ですね。

選ばれた民間人の個人情報は国が管理していますから
そこで働く人間が漏らせば、住所氏名等も漏れてしまい
審査会の人間を個人的に脅しに来る事もあるかもしれませんね。

Leave a Comment

ama
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日米地位協定
日米地位協定
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
公文書問題 日本の「闇」の核心
公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
スノーデン 監視大国 日本を語る
スノーデン 監視大国 日本を語る (集英社新書)
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた (講談社現代新書)
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか (講談社現代新書)
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
「アベ友」トンデモ列伝
「アベ友」トンデモ列伝
安倍「4項目」改憲の建前と本音
安倍「4項目」改憲の建前と本音
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
Page Selector
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
知りたくないではすまされない
ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
知りたくないではすまされない ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
安倍政治 100のファクトチェック
安倍政治 100のファクトチェック (集英社新書)
改訂版 全共闘以後
改訂版 全共闘以後
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
対米自立
対米自立
rakuad2
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体 (講談社現代新書)
rakuad03
Black Box
Black Box
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
スポンサードリンク3
 
 
注目ブログ
 
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
オンライン署名
 
 
IWJサポート
 
 
raku3-2
 
 
raku3-2-03
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...