日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




「対立軸」・「磁極」・「水滴」としての小沢一郎

Category: 小沢一郎   Tags: 小沢一郎  対立軸  磁極  水滴  
週刊ポスト3/26号の特集「小沢一郎が消えたニッポン大図解」は、マトリックス(対立軸&分布図)にかなり力を入れ興味深い内容になっている。その意図するところの主旨は置いといて、起承転結の「起」の部分が、この20年間の政治状況を端的に考察していて、いい表現になっている。

s-P1010270.jpg s-P1010272.jpg(週刊ポスト3/26号)

(以下転載&要約)

≪「そもそもこの国の政治は、民主党も自民党も政策の大きな対立軸を国民に提示していない。第三極といっても同じです。あるのは権力を握る小沢一郎氏を軸にした永田町のパワーゲームであり、個々の政治家はその中で打算的に動いているにすぎません。」と政治評論家の浅川博忠氏が言い切る。

2大政党制が定着している欧米の主要国は、「保守かリベラルか」「大きな政府か小さな政府か」「伝統主義か民族多様性尊重か」といった政策・理念による対立軸で政党が分かれて国民に選択肢を与えている。
しかし、日本の政治は過去20年近く『親小沢』と『反小沢』という政治スタンスの違いだけで政党の離合集散が繰り返され、主義主張による再編はなかったといっていい。
現在、「小沢独裁」を批判する自民党の「第3極」派の政治家たちにしても、民主党の「反小沢グループ」である仙石由人・国家戦略相や枝野幸男・行政刷新相らにしても、小沢氏の存在を抜きにして「日本をどんな国にするか」という理念やビジョンを正面から国民に問うたことがあっただろうか。
皮肉な言い方をすれば、この国の政治家にとって、「政策を磨いて国民の支持を得る」ことより、「小沢氏を批判して対決する」ことのほうが、手っ取り早く政治の檜舞台で脚光を浴びる道だったといえる。かくして永田町では、「政局あって政策なし」「政争あって国民なし」の“陣取りゲーム”が繰り返された。…
政治評論家の有馬晴海氏が「いまの政治家は、小沢さんがいない政界でこの国をどう運営していこうかなんて、真剣に考えたことはないのではないか。彼らが唯一の対立軸を失ったら、途端に大混乱に陥ると考えられます」…。≫

(以上転載&要約)

※(余談)
この後、この特集の「○承転結」で、笑ってしまったのが、小沢氏のいない「世襲」と「資産」の対立軸で、「叩き上げ下流党」の党首格が「資産ゼロ」の長妻さん、「世襲上流党」の次世代党首格が河野太郎とのこと・・・。

この特集の次が≪完全シミュレーション検証編「親小沢」 VS「反小沢」だけで動いた「永田町20年史」≫で歴史を振り返りつつ、その根拠を検証している。
簡単にまとめると、「小沢」VS「反小沢」の対立軸で起きた出来事:経世会分裂から自民分裂へ、新進党の結党と解党、自自公連立崩壊と自由党分裂、小泉政権誕生、民主党内分裂含み・・・。

あたかも、磁極へ吸い寄せられる鉄粉のように小沢氏を基点として政治家が離合集散し、水滴が静水に落ちて波紋が拡がっていくように小沢氏を中心に政局が起きてきた歴史であることがよくわかる。(自薦:これもいい表現だ!)

政治家もそうなら、国民もまさに「親小沢」「反小沢」の軸で政治を評価し議論している。

そんな小沢一郎のような政治家や個人がいままで日本に存在していただろうか。

今、日本に本当の意味での民主主義が根付くのか、「お上」に楯突くことが許されなかった官僚主導政治から、国民の手に政治を取り戻すことができるのか、政官業癒着で一部既得権益者らが血税や利益を独占するのか、国民が必要だというところに配分されるのかは、全ては小沢一郎にかかっている、といっても過言ではないだろう。

で、あるからこそ全勢力を駆使して反小沢・既得権益者軍団は、あらゆる手段を講じて、あの手この手で攻め続けているのであって、その勝敗が決する日が間近に迫っていることを考え合わせても、もう一度、参院選前に何らかのかたちで"仕掛けてくる"ことは十分にあり得る。

あの佐久間特捜部長もクリスタル買収関連でグッドウィルの脱税事件を最後(続投の可能性もあり)の仕事としているが、政治家(久間章生元防衛大臣)を取ろうとするもうまくいかず。久間と言えば、ソチ次期冬季五輪の利権がらみ問題もあるが、所詮手をつけたとしても既に普通の人だから、最後の仕事としてはハナがない。だから小沢さんに対してもまだ、脱税で反転攻勢を仕掛けてくる可能性はある。やるかやられるかだ。

その時良識ある国民は、自分達の子孫のためにも、将来を決する闘いに自ら正面から向き合う時が来るかもしれない。


最後までお読みいただきありがとうございます

少しだけ共感を覚えた方はクリっとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

参考になったという方、再度クリッとお願いします
人気ブログランキングへ

応援してくださる方は最後にクリくりっとお願いします


全くその通りと思えた方は拍手をお願いします

テーマ : 政治    ジャンル : ニュース



「広告」



 ★「ラ・ターシュに魅せられて」のブログ主は永田町界隈に詳しい人のようです。新聞テレビだけでは分らない話がまいにち載っています。「木霊の宿る町」と同じです(笑)。http://latache1992.blog56.fc2.com/おのまが投稿しはじめた頃の「ラ」ブログのコメント...

Comments

堀江 秀雄 様
ありがとうございます。

ただ、承認制にしても、あえて、ゴミコメントや反対の立場のコメントも承認していきたいと考えています。

どんなにネトウヨが論理思考がないか、人間性が歪んでいるかを見ていただく、という主旨で、反対論については柔軟に「こんな考え方もあるのかとより思索を深める為です。
承認制に賛成です
前から思っていました。このブログは、ブログ自体のレベルの高さに比べ、書き込みのレベルがあまりにも低すぎます。テレビや新聞・雑誌の見出し程度しか理解できない無知な輩が、分かったような気分で汚い言葉で書き散らしており、非常に不快な思いをさせられました。
真面目で一定レベルの層の人たちのみの共有で充分ではないでしょうか?ネトウヨやゴロツキがこのブログで開眼することは有り得ないしゴミはゴミでしかないのですから。
攻撃を受けました
小沢語録は皆様のおかげで、グーグル検索トップになったのですが、たぶんネトウヨと思われる輩から、操作され、クリックしてもコメントにしか繋がらないということになっていました。現在コメント自体を削除してますが、いまだグーグルから検索しても「小沢語録」のページではなく、トップページのみに繋がる、ということになっています。

ということもあり、このコメントも当面は承認制にすることにいたしましたので、ご理解の程、お願いいたします。
小澤が辞して笑うのは誰か
民主党内の仙石・枝野など反小澤勢力が幹事長の辞任を誘っているが,自分たちが幹事長に代わって選挙を仕切る決意でもあるのだろうか.選挙のことは誰か他の人がやってくれるとでも思っているのであろうか.岡田時代は選挙に惨敗し,前原時代はメール問題で民主党が自滅の危機に陥った.それを見事に起死回生したのが小澤であった.小澤を辞任に追い込めば,残る人材は仙石・枝野ぐらいしかいない.今の民主党にとっては,小澤に代わって選挙を仕切る人材を育てることが急務であろう.
日本人?
日本人の為の人物なら無差別な外国人参政権・無分別な憲法解釈・政治団体を装う土地買収・日本人をバカにした「騎馬民族説」「日本人非自立民族」を外国で約束・講演はしないでしょう。
党を作り党を潰して金太り、人の税金で金太り、田中角栄を誹謗(墓参りは恥ずかしげも無く)して田中角栄の手法を使う。
官僚から権益を取り戻すと言いながら日教組・自治労・公労・連合等の票を当てにする。ゴキブリの様なタイプ。

Leave a Comment

ama
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日米地位協定
日米地位協定
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
公文書問題 日本の「闇」の核心
公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
スノーデン 監視大国 日本を語る
スノーデン 監視大国 日本を語る (集英社新書)
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた (講談社現代新書)
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか (講談社現代新書)
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
「アベ友」トンデモ列伝
「アベ友」トンデモ列伝
安倍「4項目」改憲の建前と本音
安倍「4項目」改憲の建前と本音
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
Page Selector
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
知りたくないではすまされない
ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
知りたくないではすまされない ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
安倍政治 100のファクトチェック
安倍政治 100のファクトチェック (集英社新書)
改訂版 全共闘以後
改訂版 全共闘以後
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
対米自立
対米自立
rakuad2
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体 (講談社現代新書)
rakuad03
Black Box
Black Box
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
スポンサードリンク3
 
 
注目ブログ
 
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
オンライン署名
 
 
IWJサポート
 
 
raku3-2
 
 
raku3-2-03
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...