日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




「この裁判は検察の倫理、検察の存在(意義)を問うている」(石井一議員)*村木元局長裁判の様子を江川紹子氏がツイート!

Category: 村木元局長裁判   Tags: 石井一    江川紹子  
ジャーナリスト江川紹子氏が、村木元局長裁判の傍聴の様子をツイート!全文 3/4.20:50現在 *随時更新
<監視じゃ!ナル。>

(転載開始)
無事傍聴券ゲット。法廷に入りま〜す

休廷。石井議員の手帳を巡って検察と弁護側の論争あり。検察は、それを証拠提出したり 法廷で示すことに猛烈に反対。そこには、検察の描いた構図を突き崩す重大事実がかかれいました。倉沢被告が公的証明書を得るために石井議員に会ったという日、じつは石井氏はゴルフ場にいたのでした

石井議員は自分の行動を克明に記録していました。その事実が判明するのを恐れた検察が懸命の抵抗をしたのでした。

検察側の描いた構図での、石井議員の位置づけをおさらい。自称障害者団体「凜の会」代表の倉沢被告は、昔秘書として務めたことのある石井議員の事務所を訪ね、石井氏に公的証明書について厚労省に口添えしてくれるよう依頼。石井議員が厚労省の塩田部長に依頼し、塩田部長が村木被告に指示
村木被告(当時は厚労省課長)が上村被告(同係長)に証明書偽造を指示した――という筋書き。ところが、これまでの公判で、上村被告は村木被告の指示を否定。塩田部長も村木被告への指示や石井議員からの働きかけを否定。倉沢被告だけが「2004年2月午後1時に石井議員と会った」と証言

今日の公判で弁護側証人として出廷した石井議員は、過去40年にわたって自分の予定と実際の行動について克明に手帳に記録している、と証言。04年2月25日は衆議院の予算審理が佳境を迎え、「年金、構造改革の集中審理が予算委員会で行われ、閣僚は全部そこに張り付き。他の議員は予定がなかった」

「なので私はその日成田市のゴルフ場にいました」と述べ、一緒にゴルフをした議員などの名前を挙げました。午前7時頃に自宅を出て、1ラウンドプレーをし、風呂に入って着替えをして4時頃ゴルフ場を出たとのことです。その後は東京に戻り、赤坂の料理屋で議員や業界関係者との懇親会に直行。

そのため、事務所で倉沢被告と会うことはありえない、と石井氏は強調しました。また、倉沢被告が石井氏の秘書になったのは1982年で、翌年の選挙で石井氏が落選したため、務めていたのはわずか1年。その後は、石井氏が参院比例区に鞍替えした時に、ボランティアとして手伝ったくらいの関係。

年に1、2回訪ねてくるというくらいの関係だったとのことです。2001年には1回、02年と03年はゼロ回、04年と05年は2回と、会った回数まで石井氏は正確に覚えていました。それは、法廷に来る前に手帳を確認しておいたから。会った人、用件なども、毎日欠かさず、克明に記録してあるそう。

石井氏は、捜査段階で大阪地検の前田検事の事情聴取を受けています。そのときも、2004年分の手帳を全部並べて「見ていただいて結構ですよ」と言ったのに、検事はあまり興味を示さず、パラパラを見ているくらいで、その日について詳しく聞かれることはなかった、とのこと。

「今年に入って、弁護士さんから『この日の記録はあるか』と聞かれたので、『ありますよ』と言った。神戸の事務所に電話をして、古い手帳を確認させ、そのページをFAXさせたんです」と石井氏は経緯を説明しました。

というのは、検察側は、公判前整理手続きで石井氏の”アリバイ”について弁護側が主張してないとか、証言予定事実の書面にも書いてないので、手帳を弁護側が証拠提出したり、法廷で示したりすることに猛烈に反対したため、裁判長が、まず手帳を弁護人が入手する経緯を明らかにするよう求めたのです。

石井氏が経緯を証言したため、裁判長は、検察官の異議を退け、法廷で手帳を示すことを弁護側に許可しました。その手帳は法廷のスクリーンにも映し出されましたが、実に細かく誰といつ、どこで会ったかが書かれていました。問題の日のゴルフについては、場所やスコアまで書かれていました。

石井氏は、倉沢被告から「凜の会」について聞いたのは、たった一度。すでに証明書が発行された後の2004年11月6日。「倉沢が私の事務所を訪ねてきて、タブロイド大の新聞を見せて、(選挙対策のために)これに先生の写真や政策を載せたらどうか、と言ってきた。郵便代が安いんだ、と言っていた。

送る相手は障害者だという。民主党には障害者の団体をバックにしている候補者が他にいるし、今さら私がとってつけたように顔や名前を送っても、選挙の役には立たない。にわかごしらえでそういうことをしてもダメだと言って、私は話しに乗らなかった。その時に、新聞の名前を見て、『なんと読むんだ』と聞いたら、倉沢は『凜の会』ですと言った。私は『難しい名前やな。考えておくけど、気が進まない』と言った。後にも先にもこれっきりです」と石井氏は証言。弁護人から、「倉沢被告に、『あの時にお世話になりました』という話は出なかったのか」と聞かれ、「石井氏は『ありません』」と明言 。

まったく無関係なのにマスコミにあたかも関係があるように報じられ、選挙を控えていたのに、とても迷惑をしたと石井氏。支援者からも「厚労省の局長と男女関係でもあるのか」という電話まで来るようになり、困って弁護士に相談。身の潔白を証明するために、やむをえず週刊誌を提訴した。

「新聞なんて、(間違いを)書いたって、全然責任とりませんからね」と法廷でぼやく石井氏でした。

休廷。検事からの反対尋問で石井議員は、村木被告とは今日初めて会ったと証言。知り合いでもないのに証人となったのはなぜかときかれ「私自身もマスコミに書かれて相当辛い思いをした。村木という女性局長は高知の大学を出て東大卒の競争の中であそこまで上り詰めたのに被告人の席に立たされて、さぞ辛いだろうな、と」「この事件にはおかしい点がたくさんある 。弁護士からの強い要請もあったが、この際出て証言すべきだとおもった」法廷にたつのは初めてとのこと。

検察官は石井議員の証言を崩そうと必死。一緒にゴルフに行った議員が、当日、国会の委員会に出ていたという議事録を突然出してきた。ところが石井議員、「いい所に目をつけられましたが、議事録には出席してもしなくても、メンバー全員の名前を載せるんです。

なので、そこに載っているからと言って、私と一緒にゴルフをやっていなかったということにならないんです。よくお調べください」

さらに検察官、「その日はインのスタートで……」と言ったところで、弘中弁護士すかさず立ち上がり、「異議!」。それは証拠に出てないと。尋問が終わった後、弘中弁護士が再び立ち上がり、「インからスタートしたと分かっているのは、ゴルフ場に照会をしているんですよね。それを開示してください」

とたんに検察官しどろもどろ。「捜査中です」。さらに弘中弁護士が詰める。検察官は「問い合わせはしたが、証拠になっていない」などと、照会したことを認めました。石井証言が正しいことを、実は分かっていたことを事実上”自白”。けれども「証拠化されたものはない」などと、しどろもどろでした。

裁判所は、検察側が証拠採用に反対していた石井議員の手帳を、弁護側の主張通りに証拠採用を決定。検察官は異議申し立てをしましたが、裁判所は退けました。

裁判の最後に石井議員は「この裁判は検察の倫理、検察の存在(意義)を問うている。検察は善であり公正無私であるとの面目を果たしていただきたい」と述べ、検察が自発的に何らかの責任を取るよう求めました。

公判後、記者会見した石井議員は「私のことも(マスコミは)ほとんど犯人扱いだった」「皆さん方は事実に基づかない報道を続けてこられた責任をどうとるのか」「皆さん方の情報のあつめかたはどうだったのか。(検察の)リークでしょ?」など、マスメディアの報道について猛省を促しました。
7分前
(転載終了)
3/4.20:50現在 *随時更新

この裁判によって「検察の暴走」があからさまになってきた。


*****政治ブログ***人気ブログランキングへ********



「広告」



多分これで一通り全ての関係者が法廷で話したことになるのでしょうか。 厚労元局長の指示「記憶ない」=元部下が供述翻す-大阪地裁 3月3日20時19分配信 時事通信  障害者割引郵便悪用事件で、証明書を偽造させたとして虚偽有印公文書作成罪などに問われた厚生労働省元...
村木厚子さんの裁判は昨日が第10回目、そして今日の第11回公判では大阪地検特捜部が本命として狙いを定めていた石井一・参院議員が弁護側証人として登場しました。 後半の様子は近日中に ・村木厚子さんを支援する会 http://www.airinkai.or.jp/muraki_sien/ ・村木厚子...

Comments

堀江 秀雄  様
> 毎日毎日、鋭く質の高い情報を有難うございます。今後ともよろしくお願いします。

こちらこそ、宜しくお願いいたします。
有難うございます
毎日毎日、鋭く質の高い情報を有難うございます。今後ともよろしくお願いします。

Leave a Comment

おい、マジか。池上彰の「ニュースを疑え!」
おい、マジか。池上彰の「ニュースを疑え!」
こうして歴史問題は捏造される
こうして歴史問題は捏造される (新潮新書)
怖い中国食品、不気味なアメリカ食品
怖い中国食品、不気味なアメリカ食品 (講談社文庫)
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
Page Selector
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
永久属国論 ―憲法・サンフランシスコ平和条約・日米安保の本質
永久属国論 ―憲法・サンフランシスコ平和条約・日米安保の本質
「なんとかする」子どもの貧困
「なんとかする」子どもの貧困 (角川新書)
それ、時代ものにはNGです
それ、時代ものにはNGです
知ってはいけない 隠された日本支配の構造
知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書)
池上彰のこれが「世界のルール」だ!
池上彰のこれが「世界のルール」だ! (文春文庫)
米中「二大帝国」の戦争はもう始まっている
アメリカの敗北と中国の野望、そして日本の生きる道
米中「二大帝国」の戦争はもう始まっている  アメリカの敗北と中国の野望、そして日本の生きる道
アメリカを動かす『ホワイト・ワーキング・クラス』という人々
世界に吹き荒れるポピュリズムを支える"真・中間層"の実体
アメリカを動かす『ホワイト・ワーキング・クラス』という人々 世界に吹き荒れるポピュリズムを支える
ルポ 沖縄 国家の暴力 現場記者が見た「高江165日」の真実
(激トーク・オン・ディマンド vol. 11)
ルポ 沖縄 国家の暴力 現場記者が見た「高江165日」の真実
ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ
ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ (岩波現代全書)
戦略の地政学 ランドパワーVSシーパワー
戦略の地政学 ランドパワーVSシーパワー
ナチスの「手口」と緊急事態条項
ナチスの「手口」と緊急事態条項 (集英社新書)
リベラルという病
リベラルという病 (新潮新書)
犯罪「事前」捜査 知られざる米国警察当局の技術
犯罪「事前」捜査 知られざる米国警察当局の技術 (角川新書)
rakuad2
核大国ニッポン
核大国ニッポン (小学館新書 つ 3-1)
大惨事と情報隠蔽: 原発事故、大規模リコールから金融崩壊まで
大惨事と情報隠蔽: 原発事故、大規模リコールから金融崩壊まで
物言えぬ恐怖の時代がやってくる 共謀罪とメディア
物言えぬ恐怖の時代がやってくる 共謀罪とメディア
共謀罪の何が問題か
共謀罪の何が問題か (岩波ブックレット)
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
rakuad03
海の放射能に立ち向かった日本人 ビキニからフクシマへの伝言
海の放射能に立ち向かった日本人 ビキニからフクシマへの伝言
「テロ等準備罪」にだまされるな (「計画罪」は「共謀罪」そのものだ)
「テロ等準備罪」にだまされるな (「計画罪」は「共謀罪」そのものだ)
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
紙の爆弾 2017年 2月号
Kindle版
紙の爆弾 2017年 2月号 [雑誌]
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
日本会議の研究
日本会議の研究 (扶桑社新書)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
一億総選挙革命
一億総選挙革命 (veggy Books)
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
日々坦々twitter
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
Web Translate
Social bookmark
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
[スポンサードリンク] 2
 
 
IWJサポート
 
 
これから出る注目本
(予約可)
福島第一原発 1号機冷却「失敗の本質」 (講談社現代新書)・・・ NHKスペシャル『メルトダウン』取材班 (著) 講談社 (2017/9/20発売予定)
福島第一原発 1号機冷却「失敗の本質」 (講談社現代新書)
暴かれた伊達政宗「幕府転覆計画」 ヴァティカン機密文書館史料による結論 (文春新書)・・・ 大泉 光一 (著) 文藝春秋 (2017/9/20発売予定)
大メディアだけが気付かない どアホノミクスよ、お前はもう死んでいる (講談社+α新書)・・・ 佐高 信 (著), 浜 矩子 (著) 講談社 (2017/9/21発売予定)
チェ・ゲバラと共に戦ったある日系二世の生涯~革命に生きた侍~・・・ マリー前村=ウルタード (著), エクトル・ソラーレス=前村 (著), 伊高 浩昭 (監修), 松枝 愛 (翻訳) キノブックス (2017/9/21発売予定)
チェ・ゲバラと共に戦ったある日系二世の生涯~革命に生きた侍~
FAKEな平成史 自粛と萎縮に抗して・・・ 森 達也 (著) KADOKAWA (2017/9/22発売予定)
家族をテロリストにしないために:イスラム系セクト感化防止センターの証言・・・ ドゥニア・ブザール (著), 児玉 しおり (翻訳) 白水社 (2017/9/23発売予定)
自民党に天罰を! 公明党に仏罰を!・・・ 佐高 信 (著) 七つ森書館 (2017/9/23発売予定)
東アジア連携の道をひらく 脱炭素社会・エネルギー・食料・・・ 国際アジア共同体学会 (監修), 進藤 榮一 (編集), 朽木 昭文 (編集), 松下 和夫 (編集) 花伝社 (2017/9/25発売予定)
東アジア連携の道をひらく  脱炭素社会・エネルギー・食料
だから、居場所が欲しかった。 バンコク、コールセンターで働く日本人・・・ 水谷 竹秀 (著) 集英社 (2017/9/26発売予定)
ヒトは「いじめ」をやめられない (小学館新書)・・・ 中野 信子 (著) 小学館 (2017/9/28発売予定)
ヒトは「いじめ」をやめられない (小学館新書)
世界政治 裏側の真実・・・ 副島 隆彦 (著), 佐藤 優 (著) 日本文芸社 (2017/9/29発売予定)
届かなかった手紙 原爆開発「マンハッタン計画」科学者たちの叫び・・・大平 一枝 (著) KADOKAWA (2017/9/29発売予定)
偽装の被爆国――核を捨てられない日本・・・ 太田 昌克 (著) 岩波書店 (2017/9/29発売予定)
ジブラの日本語ラップ完全メソッド・・・ Zeebra (著) 文響社 (2017/9/29発売予定)
誰も書けなかった 首都圏沿線格差 in ディープ・・・ 首都圏沿線格差研究会 (編集) 笠倉出版社 (2017/9/29発売予定)
世代の痛み - 団塊ジュニアから団塊への質問状・・・ 上野 千鶴子 (著), 雨宮 処凛 (著) 中央公論新社 (2017/10/5発売予定)
小林よしのり×田原総一朗の 日本人なら知っておきたい天皇論 (SB新書)・・・ 小林 よしのり (著), 田原 総一朗 (著) SBクリエイティブ (2017/10/6発売予定)
日本人なら知っておきたい天皇論 (SB新書)
東芝はなぜ原発で失敗したのか・・・ 電波社 (2017/10/7発売予定)
探査ジャーナリズムとNGOとの協働(仮)・・・ 渡辺 周 (著, 編集), 花田 達朗 (著, 編集), 野中 章弘 (著, 編集), 金 敬黙 (著, 編集), 加地 紗弥香 (著, 編集), ワセダクロニクル (著, 編集) 彩流社 (2017/10/10発売予定)
「日米指揮権密約」の研究:自衛隊はなぜ、海外へ派兵されるのか (「戦後再発見」双書6)・・・ 末浪 靖司 (著) 創元社 (2017/10/12発売予定)
「日米指揮権密約」の研究:自衛隊はなぜ、海外へ派兵されるのか (「戦後再発見」双書6)
底辺への競争 格差放置社会ニッポンの末路 (朝日新書)・・・ 山田昌弘 (著) 朝日新聞出版 (2017/10/13発売予定)
「暴走する」世界の正体 最強論客が読み解く戦争と革命の国際情勢 (SB新書)・・・ 宮崎 学 (著), 佐藤 優 (著) SBクリエイティブ (2017/11/7発売予定)
「暴走する」世界の正体 最強論客が読み解く戦争と革命の国際情勢 (SB新書)
謎多き団体「フリーメイスン」全面協力ブック FACTS ABOUT FREEMASONRY BOOK #SQUARE (バラエティ)・・・大型本 宝島社 (2017/12/20発売予定)
謎多き団体「フリーメイスン」全面協力ブック FACTS ABOUT FREEMASONRY BOOK #SQUARE (バラエティ)
 
 
オンライン署名
 
 
raku3-2
 
 
インターネット政党 「新党憲法9条」
Inter.jpg
 
 
raku3-2-03
 
 
注目ブログ
 
 
「フォーラム4」に賛同します!
F4001.jpg
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
DMM3-2
ブランドバッグ、ドレス、家電レンタル
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
ad-Kindle
 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...