日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




戦後の「日米関係」がよーくわかる!…孫崎享氏の講演会『戦後史の正体』(再掲)

Category: 日米関係   Tags: ---
(以下、本ブログ2012年8月13日エントリー

孫崎享氏の講演会『戦後史の正体』・・・「危ないことを話す時は誰かがしゃべったことにする」


戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
孫崎 享
創元社
売り上げランキング: 2,121

*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


「出版界でも新しいい動きではないかという感じがしてる」との出だしから始まった孫崎氏の講演会。

ツイキャスで中継しながらメモをとったが、気になった部分だけ抜粋してみることにする。

まず、この本が出た背景を語られた。



そういえば、最初にアマゾンでこの本の概要を見たときに、版元が創元社ということで少し意外に思った記憶がある。まあ、大手ばかりがいいとは言えないが、やはり宣伝などに費やす予算規模は違うし、営業力も中小の比ではない。ただ最近の状況はよくわからなが、こういう固めの本は最初の配本はどこも渋めなのかもしれない。ただ、索引や年表、わかり易さなど非常に丁寧に作られている。

(以下、メモ&要約)

「人間の縁というものは不思議なもの」ということで、この本はツイッターのやりとりで偶発的?に出版されることになったようだ。

本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること―沖縄・米軍基地観光ガイド』という本の著者である矢部宏治という人が、孫崎氏の「ツイッターをおいかけてる」とツイートしてたので、若いジャーナリストが書いたんだろうと思い、応援してやろうとその本をツイッターで紹介した。そしたら本も売れたようで、著者も若い人だと思ったら、創元社の社長の弟という事だった。

それで「書いてください」という話になって創元社から出すことになった、ということだ。

確かに今ではツイッターやフェイスブックのやりとりからビジネスに発展するということが多いんだろう。

最初に矢部氏からは90年以降のことを高校生にもわかるように書いてくれと言われたようだけど、1945年9月2日から通史として書かせてくれと頼んだということだ。

この講演会の後、孫崎氏を囲んで懇親会があり、その時に次のような話を聞いた。

編集者がこの本を書くにあたっていくつかの本を読んでくれと持ってきた中に、デール・カーネギーの「人を動かす」があり、人を惹きつける文章を書いてくれということか、後はタイトルを忘れてしまったが、高校生でもわかるような表現にしてもらうための本など、3冊もってきたとのこと。

創元社は当初、初版として8000部刷った。

私も売りたいから盛んにツイッターで宣伝した。

発売前から細かく石橋湛山などを出していった。

結局、発売前にアマゾンで6000部予約が入った。

全ての本で4日間トップになった。

7月24日の発売日に25000部追加で刷って

発売4日目に4万部

その日のうちに10万部刷った。

30万部はいくと踏んでいる。

ある程度の人が読んだら日本が変わると思う。


*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


以前、防衛大学にいるときに『日米同盟の正体~迷走する安全保障 (講談社現代新書)』を書いた。

世の中の日米関係の考え方は変わった。

ちなみに防衛大学は、「戦争に突っ走る人たちを作ってはいけない」ということで、特に社会科学の先生方はリベラルの人が多かった。

防衛省の認可する大学相当となっている。

先生は学問の自由はあるべきだとしている。

「日米同盟の正体」の出版は防衛省のOKをとってあった。

2005年の2+2、「日米同盟未来のための変革と再編」lは日米同盟を根本的に変えるものだった。

参照記事:
■日本の民主党政権も“日米同盟の拡大”を踏襲 今回の日米2+2が意味するもの
孫崎 享(日経ビジネス2011年6月30日)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20110628/221164/?rt=nocnt

≪ 通称、日米安全保障協議委員会が6月21日ワシントンで開催された。日本側から松本剛明外務大臣,北澤俊美防衛大臣、米国側からクリントン国務長官,ゲーツ国防長官が出席した。

2+2は「安全保障条約」を実質的に変えるほどの力を持つ

 近年、日米安全保障協議委員会は、日米間の安全保障関係で極めて重要な役割を負っている。過去の会議では、その時々の重要課題について協議するケースが多かった。1998年は弾道ミサイル防衛の技術研究、2000年は思いやり予算、2002年は北朝鮮の核開発問題で合意を発表している。
 そして2005年になり重要性は一段と高まった。2005年10月に日米双方は「日米同盟:未来のための変革と再編」に合意した。この合意まで、日米間の安全保障の基本は日米安保条約であった。同条約は日米協力の範囲を「極東」に限定している。さらに日米が共同で軍事行動を取るケースも他国が攻撃した時にほぼ限定している。
 しかし「日米同盟:未来のための変革と再編」は日米安保条約の取り決めを越えて、日米共同の軍事行動の範囲を「世界」全体へ、かつ共同軍事行動を取るケースを「国際的安全保障環境の改善のために実施する」と拡大した。例えばサダム・フセインの存在が国際的安全保障環境にマイナスと判断すれば、サダム・フセインが他国を攻撃していなくとも、その排除を「国際的安全保障環境の改善」と位置づけることができる。ある意味では、軍事行動に対する制限を大幅に排除したと言ってよい。この2005年の2プラス2合意が今日の日米同盟の根幹となっている。≫



*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


<やはり反響が大きいのが天皇の米軍基地容認の部分だろう。>

<昭和天皇はGHQ側に「沖縄を半永久的に軍事占領してほしい」と伝えていて、沖縄の現実は今でも基本的に昭和天皇の要望通りになっている>



これは進藤栄一という当時筑波大学助教授が、雑誌『世界』に「分断された領土」という論文を書いた。(後に本も出版している)
分割された領土―もうひとつの戦後史 (岩波現代文庫)


これには日米関係のある意味隠しておきたい「天皇陛下とアメリカ」について書かれていて、著書本人に会って話を聞いた。
発表した時に右翼に狙われると思いホテルをとっていたが誰も何も言わなかったという。

不都合な事実には反論せず、あたかもそれが何の意味も持たないように黙殺されていた、ということで、それがマスコミを含めた日本の学会の常套手段だ。


*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


<あとは興味深かった事>

「イスラエルというのはものすごく怖い国で軽率な発言をすると危ない」という。

イスラエル・ロビーとアメリカの外交政策 1』という本がある。

アメリカの国会議員で6割以上が彼らの言うとおりになる。

アイパックの年次総会には必ずアメリカの大統領候補がいく。いかに私があなた方の利益を守れるかを競い合うとのこと。

1960、70年には黒人問題を取り上げられたが今はない。

1940,50年代の映画では、ユダヤ人はアメリカの中で蔑視されていたことがわかる。

黒人の市民権活動にはユダヤ人が入っていた。黒人の地位が上がれば、ユダヤ人もあがる。

80年末からはユダヤ人はエスターブリッシュの中に入っていった。

米国の国会議員の中で面と向かってイスラエル政策を批判する政治家はいない。

アイパック(イスラエルロビー)は米国の議員達にこういう。

「一年に2つか3つだけは支持してください。もし支援してくれれば選挙資金を援助します。もしだめだったら他の人を支援します」

ブッシュ政権で、一番最初にやった政策はエネルギー政策で「脱中東」だった。

エネルギーの7割は国内、3割は外国に依存し、その16%が中東に依存。全エネルギーの中東依存は5%で、意識的に下げてきた。

これは安全保障と同時にイスラエルロビーの効果。

参照:
AIPAC 米国のイスラエル・ロビーの仕組 アイパック


■アメリカ・イスラエル公共問題委員会(-こうきょうもんだいいいんかい、The American Israel Public Affairs Committee=AIPAC、エイパック)アメリカ合衆国において強固な米以関係を維持することを目的とするロビイスト団体、利益団体である。アメリカにおいて、全米ライフル協会をも上回る、もっとも影響力のあるロビイ団体とする報道もある。AIPACの年間予算は5,000万ドルに上るという。


*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


あとは印象に残るのは、「危ないことを話すときは誰かがしゃべったことにする」とのことだ。

以前、久間防衛大臣が「イラク戦争はおかしかった」と言って、アメリカから糾弾された。それは自分の言葉で話したからで、孫崎氏は危ないところは全て引用しているとのこと。

また、あまり大きな図は描かないようにしている。一つ一つの事実に基づいて、小さな事実を提示して考えていただこうとしている。

たとえば911の問題

誰も問題にできないような事実をまず示す。

1.1ヶ月前の8月くらいにCIAがテロ事件が起こる可能性を言ったが、米国政府は何も対応をとらなかた。

2.ブッシュの中枢の人たちがプロジェクト4「ニューアメリカセンチュリー」という団体に入っていて、この団体が「米国において第二の真珠湾攻撃があったら望ましい」と言っていた。
この二つの事実を提示して、あとはみなさんが判断をお願いしているとのこと。

また尖閣諸島問題について

政府は日本固有の島であるから領土問題はないといっている。

いろいろ調べるとかならずしも日本のものではない。

石原慎太郎東京都知事が尖閣を買うと発言したのは米国の「ヘリテージ財団

bilderberg54こと中田安彦氏からコメントいただいた。

≪まあヘリテイジって米海軍系のシンクタンクですからね。海軍の権力を温存するようなゲストを呼びますよね。≫



盛り上げることで日本の軍備を整える。中国脅威論を煽る。

核に対する抑止力は幻想。

日中の戦いにアメリカが参戦したらシアトルを攻撃すると言われれば、自分の国を犠牲にしてまで相手の国を守ることはない。

それに島々の防衛は日本が行うと2+2に書いてある。

尖閣問題で米国が日本につくことはない。

中国は尖閣諸島を棚上げしている。

1.日本が管轄していいということを中国が認めているということ。北方領土や竹島とは違う。

2.中国は自分で軍事力を使って介入するとはしていない。

東京都には外交能力がない。飛行機を持ってない。そういう者が外交問題を言うものではない。

石原さんがやっているのはかき混ぜること。

韓国でも大統領が竹島に行った。次の大統領候補も竹島に上陸するかどうかを問われることになる。

係争地を抱えている時には、それをエスカレートさせるべきではないというのは鉄則。

(以上、メモ&要約)


*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


個人的にどうしても確認しておきたいことがあった。

それは以前のエントリーで書いた第10条の件である。

岸元首相が日米安保条約に仕組んだ第10条「通告するだけで破棄できる」と孫崎享著『戦後史の正体』

これは懇親会に行く途中で聞いてみたことだが、「10条の存在は知っていたが、日米地位協定との関係性までは知らなかった」とのことだった。

懇親会では先生自ら席を巡回していただき、最後に隣になったので、いろいろ質問させていただいた。

日本のインテリジェンスについてや佐藤優氏についての感想、危ない目にあったことはないかなどなど、いろいろとあったがまた機会があれば書いていきたい。

司会進行の山崎氏も言っていたが、この本は多くの人にぜひ読んで欲しい本で、人にオススメするのは勿論、より積極的に読書会などをしたり、配ったりといろいと手はあるだろうと思う。

そういえば、8月18日前後に孫崎氏は小沢政治塾で講演するとのことだった。


最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

賛同してくださる方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

応援してくださる方は、拍手をお願いします



「広告」



Comments

Leave a Comment

Black Box
Black Box
ここがおかしい! 小林節が壊憲政治を斬る!
ここがおかしい! 小林節が壊憲政治を斬る!
世界のタブー
世界のタブー (集英社新書)
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
労働者階級の反乱 地べたから見た英国EU離脱
労働者階級の反乱 地べたから見た英国EU離脱 (光文社新書)
身近に迫る危険物 人体をおびやかす危ないモノたち
身近に迫る危険物 人体をおびやかす危ないモノたち (サイエンス・アイ新書)
聖書、コーラン、仏典 - 原典から宗教の本質をさぐる
(激トーク・オン・ディマンド vol. 11)
聖書、コーラン、仏典 - 原典から宗教の本質をさぐる (中公新書 2459)
テロvs.日本の警察 標的はどこか?
テロvs.日本の警察 標的はどこか? (光文社新書)
Page Selector
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
「日米指揮権密約」の研究:自衛隊はなぜ、海外へ派兵されるのか
「日米指揮権密約」の研究:自衛隊はなぜ、海外へ派兵されるのか (「戦後再発見」双書6)
もの言えぬ時代 戦争・アメリカ・共謀罪
もの言えぬ時代 戦争・アメリカ・共謀罪 (朝日新書)
バカ論
バカ論 (新潮新書)
日本人なら知っておきたい天皇論
日本人なら知っておきたい天皇論 (SB新書)
自民党に天罰を! 公明党に仏罰を!
世界に吹き荒れるポピュリズムを支える"真・中間層"の実体
自民党に天罰を! 公明党に仏罰を!
底辺への競争 格差放置社会ニッポンの末路
底辺への競争 格差放置社会ニッポンの末路 (朝日新書)
大メディアだけが気付かない どアホノミクスよ、お前はもう死んでいる
大メディアだけが気付かない どアホノミクスよ、お前はもう死んでいる (講談社+α新書)
福島第一原発 1号機冷却「失敗の本質」
福島第一原発 1号機冷却「失敗の本質」 (講談社現代新書)
永久属国論 ―憲法・サンフランシスコ平和条約・日米安保の本質
永久属国論 ―憲法・サンフランシスコ平和条約・日米安保の本質
rakuad2
知ってはいけない 隠された日本支配の構造
知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書)
核大国ニッポン
核大国ニッポン (小学館新書 つ 3-1)
大惨事と情報隠蔽: 原発事故、大規模リコールから金融崩壊まで
大惨事と情報隠蔽: 原発事故、大規模リコールから金融崩壊まで
物言えぬ恐怖の時代がやってくる 共謀罪とメディア
物言えぬ恐怖の時代がやってくる 共謀罪とメディア
共謀罪の何が問題か
共謀罪の何が問題か (岩波ブックレット)
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
rakuad03
海の放射能に立ち向かった日本人 ビキニからフクシマへの伝言
海の放射能に立ち向かった日本人 ビキニからフクシマへの伝言
「テロ等準備罪」にだまされるな (「計画罪」は「共謀罪」そのものだ)
「テロ等準備罪」にだまされるな (「計画罪」は「共謀罪」そのものだ)
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
紙の爆弾 2017年 2月号
Kindle版
紙の爆弾 2017年 2月号 [雑誌]
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
日本会議の研究
日本会議の研究 (扶桑社新書)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
日々坦々twitter
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
Web Translate
Social bookmark
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
[スポンサードリンク] 2
 
 
IWJサポート
 
 
これから出る注目本
(予約可)
佐藤優の集中講義 民族問題 (文春新書)・・・ 佐藤 優 (著) 文藝春秋 (2017/10/20発売予定)
佐藤優の集中講義 民族問題 (文春新書 1142)
[新装完全版]ロスチャイルドによる衝撃の地球大改造プラン 米国とイスラエルの力を借りて皇国の理念【NEW八紘一宇とNEW大東亜共栄圏】の実現へと向かうNIPPON!・・・ 板垣 英憲 (著) ヒカルランド (2017/10/24発売予定)
母性のディストピア・・・ 宇野 常寛 (著) 集英社 (2017/10/26発売予定)
母性のディストピア
ユニクロ潜入一年・・・ 横田 増生 (著) 文藝春秋 (2017/10/27発売予定)
ユニクロ潜入一年
平成日本タブー大全2018 分裂山口組と安倍政権と ジャニーズ事務所の黒幕・・・ 西岡 研介 (著) 伊藤 博敏 (著), 森 功 (著), 鈴木 智彦 (著) 宝島社 (2017/10/27発売予定)
平成日本タブー大全2018 分裂山口組と安倍政権と ジャニーズ事務所の黒幕
市民政治の育てかた: 新潟が吹かせたデモクラシーの風・・・ 佐々木 寛 (著) 大月書店 (2017/11/3発売予定)
市民政治の育てかた: 新潟が吹かせたデモクラシーの風
「暴走する」世界の正体 最強論客が読み解く戦争と革命の国際情勢 (SB新書)・・・ 宮崎 学 (著), 佐藤 優 (著) SBクリエイティブ (2017/11/7発売予定)
「暴走する」世界の正体 最強論客が読み解く戦争と革命の国際情勢 (SB新書)
あなたも間違いなくかかっている 死に至る病い【日本病】 集団ふわふわゾンビ化の超感染力!・・・ 坂の上零 (著) ヒカルランド (2017/11/8発売予定)
あなたも間違いなくかかっている 死に至る病い【日本病】  集団ふわふわゾンビ化の超感染力!
「脱」戦後のすすめ (中公新書ラクレ)・・・ 佐伯 啓思 (著) 中央公論新社 (2017/11/8発売予定)
不安な個人、立ちすくむ国家・・・ 経産省若手プロジェクト (著) 文藝春秋 (2017/11/9発売予定)
物流大崩壊 (宝島社新書)・・・ 角井 亮一 (著) 宝島社 (2017/11/10発売予定)
不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか (講談社現代新書)・・・ 鴻上 尚史 (著) 講談社 (2017/11/15発売予定)
こうしてロスチャイルドの金融支配は崩壊する 1%寡頭権力支配を撃ち砕く《ビットコイン》のすべて・・・ 宮城ジョージ (著) ヒカルランド (2017/11/16発売予定)
こうしてロスチャイルドの金融支配は崩壊する 1%寡頭権力支配を撃ち砕く《ビットコイン》のすべて
新橋アンダーグラウンド・・・ 本橋信宏 (著) 駒草出版; 四六版 (2017/11/16発売予定)
小池百合子の正体・・・ 適菜 収 (著) ベストセラーズ (2017/11/18発売予定)
ジブラの日本語ラップ完全メソッド・・・ Zeebra (著) 文響社 (2017/12/1発売予定)
謎多き団体「フリーメイスン」全面協力ブック FACTS ABOUT FREEMASONRY BOOK #SQUARE (バラエティ)・・・大型本 宝島社 (2017/12/20発売予定)
謎多き団体「フリーメイスン」全面協力ブック FACTS ABOUT FREEMASONRY BOOK #SQUARE (バラエティ)
 
 
オンライン署名
 
 
raku3-2
 
 
インターネット政党 「新党憲法9条」
Inter.jpg
 
 
raku3-2-03
 
 
注目ブログ
 
 
「フォーラム4」に賛同します!
F4001.jpg
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
DMM3-2
ブランドバッグ、ドレス、家電レンタル
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
ad-Kindle
 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...