日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




鳩山元首相のクリミア訪問で一斉に批判報道!「米国発の情報中心」「米国追随の外交」と本質を突かれたから?

Category: マスコミ   Tags: ウクライナ  クリミア  鳩山由紀夫  
鳩山由紀夫元首相のクリミアを訪問と現地での発言がよっぽど許せないのか、日本政府はじめマスコミやTVコメンテーターなどが怒り狂ったように一斉にディスりまくっている。

hatoyama04.jpg

まあ、本当の事を言っているに過ぎないと思うのだが・・・

*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


菅義偉官房長官
「総理まで経験した政治家としてあまりにも軽率で、極めて遺憾だと厳しく批判したい」

民主党の岡田克也代表
「日本政府の考え方とは全く違うし、一私人とはいえ、元首相だから、あってはならないことだ」

民主党の枝野幸男幹事長
「その方は元自民党の議員でもあり、元民主党の議員でもある。今は少なくとも民主党に属している方ではない」

鳩山邦夫元総務相
「宇宙人らしい人間が本物の宇宙人になった。少なくとも日本人ではなくなった」

まったく、賛同すると言えば火の粉が飛んでくるとばかりに、与野党問わず、左右問わずに批判の嵐になっている。

ワイドショーでも連日取り上げられていた。

2015年3月12日フジテレビ「とくダネ!」(トップニュース)
鳩山元首相放送 クリミア訪問で物議

2015年3月12日放送 8:00 - 10:25 日本テレビ「スッキリ!」
鳩山元首相 クリミアのロシア編入で「住民投票は合法」

2015年3月13日放送 フジテレビ「とくダネ!」
鳩山元首相 クリミア強行訪問

2015年3月13日放送テレビ朝日「ワイド!スクランブル」
NEWS井戸端ランキング2位 鳩山元総理「クリミア移住も検討」

2015年3月13日放送日本テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」
鳩山元首相「日本国民洗脳されている」


*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


まあ、鳩山氏側も311前後であるにもかかわらず、これほど多くの番組に取り上げられ、大きく報じられるとは思ってもみなかったのではないだろうか。

マスコミからすれば、311の食傷気味の報道で、この出来事に飛びついたという事情もあるのかもしれない。311だけじゃなく普段から報じる事が大事ではないのか。

このクリミア訪問の話題を取り上げたメディアは、ほぼすべてが批判的なもので、少しでも同調しようものなら袋叩きにあうくらいに「同調圧力」が働いていたようにみえる。

しかし、それらの批判を逆なでするように鳩山さんは、平然と、そして淡々と、ロシアへの編入の是非を問うクリミアの住民投票については、
「ウクライナの憲法にのっとって平和裏に、民主的に行われた」と言ってのけている。

そして日本政府に対しても、「特に外務省は常に米国に配慮しなければならない状況に陥っている」(参照)とし、マスコミも「クリミアの状況を欧米の立場から伝えている」と次のように語っている。
私たちは西側、とくに米国中心の情報によって日本の多くの報道がなされています。そのことが必ずしも日本の国民に正しい報道がなされていないのではないかと大変心配しておりました。≫(参照


*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


このように批判も意に介さない鳩山さんに対して、フジテレビの「スーパーニュース」で、元日本振興銀行社長で作家の江上剛氏が、この話題の最後に顔を赤くして「激オコ」していた。

江上

3月11日は日本人全員が喪に服している時ですよ!世界の人々が鎮魂の祈りを捧げている時ですよ!そんな日に何をフラフラしてるのか!

国益を損なう行為で本当に迷惑」「これ以上なにか言って他の国に迷惑をかけないでほしい」とも…

また、「せっかくロシアに行ってて宇宙人と呼ばれてるんですから、ソユーズに乗らせて宇宙に打ち上げてもらいたいですね」なども…

番組の意向を汲んで発言するのがコメンテーターだから、それにコメントしてもしょうがないが、「大人げない」の一言に尽きる。


*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


クリミア編入を含めたウクライナ情勢に関しては、本ブログのスタンスは、既に何回かエントリーしている。

本ブログ2014年4月18日エントリー≪キエフの政府の国家安全保障局庁舎のフロア全体がアメリカの情報将校で占められウクライナの当局者でさえ立ち入り禁止≫では次のように書いた。

≪今回のウクライナ政変をどのように捉えるかで、派生する出来事の見方も全て変わってくるが、一つの見方としては、欧米になびいていたヤヌコビッチ大統領が方針転換してロシアに近付こうとしていたのを阻止するために、偶発的ではなく意図的に欧米により計画され実行された「テロ」であり「クーデター」であるというものである。前々からNATOにより訓練を受けたネオナチや、民間の傭兵などを大量投入された結果、大統領が追い出されて今のクーデター政権が樹立されている、というのが本ブログの見方である。≫



参照エントリー
ウクライナ・クリミア問題で激化する欧米VSロシアの「諜報戦」に国際ハッカー集団「アノニマス」が参戦!次期大統領の最有力候補クリチコ氏のスキャンダル暴露!

先日の「日米合同委員会」に関するエントリー≪安保法制が「日本国憲法」より上位にあり政治家も関与できない「日米合同委員会」で重要案件が決められている現況を変えるには「米軍基地完全撤去」しかない!≫でも書いたが、鳩山さんが総理の時に、普天間米軍基地を「最低でも県外、できれば国外」と方針を打ち立てたが、官僚は全く動こうとしなかった背後に「日米合同委員会」があり、官僚たちは総理に向いて仕事をしているのではなく「アメリカに向いて」仕事をしていた事を明かしている。

そのアメリカの鳩山さんに対する批判が強烈である。

hatoyama01_201503142307580fa.jpg

総理になって改革しようとしても、アメリカの影響があまりにも大きい事を嫌と云うほど味わった当事者であるから、今回の訪問も西側の論理に染まっている論調に風穴をあけに行ったのだろうと個人的に大いに評価している。


最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

賛同してくださる方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

応援してくださる方は、拍手をお願いします



「広告」



Comments

Leave a Comment

ama
フェイクと憎悪 : 歪むメディアと民主主義
フェイクと憎悪 : 歪むメディアと民主主義
権力と新聞の大問題
権力と新聞の大問題 (集英社新書)
よみがえる戦時体制 治安体制の歴史と現在
よみがえる戦時体制 治安体制の歴史と現在 (集英社新書)
「反グローバリズム」の逆襲が始まった
「反グローバリズム」の逆襲が始まった
対立の世紀 グローバリズムの破綻
対立の世紀 グローバリズムの破綻
今、心配されている環境問題は、実は心配いらないという本当の話
今、心配されている環境問題は、実は心配いらないという本当の話
平成の重大事件 日本はどこで失敗したの
平成の重大事件 日本はどこで失敗したのか (朝日新書)
Page Selector
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
アメリカの原爆神話と情報操作 「広島」を歪めたNYタイムズ記者とハーヴァード学長
アメリカの原爆神話と情報操作 「広島」を歪めたNYタイムズ記者とハーヴァード学長 (朝日選書)
「超」独学法 AI時代の新しい働き方へ
「超」独学法 AI時代の新しい働き方へ (角川新書)
歳を取るのも悪くない
歳を取るのも悪くない (中公新書ラクレ 627)
権力の「背信」 「森友・加計学園問題」スクープの現場
権力の「背信」 「森友・加計学園問題」スクープの現場
女政治家の通信簿
女政治家の通信簿 (小学館新書 ふ 5-2)
追跡 日米地位協定と基地公害――「太平洋のゴミ捨て場」と呼ばれて
追跡 日米地位協定と基地公害――「太平洋のゴミ捨て場」と呼ばれて
女子高生が憲法学者小林節に聞いてみた。憲法ってナニ!?
女子高生が憲法学者小林節に聞いてみた。憲法ってナニ!? (ベストセレクト)
脱北者たち
脱北者たち 
不機嫌は罪である
不機嫌は罪である (角川新書)
断罪~政権の強権支配と霞が関の堕落を撃つ 次世代への日本再建論~
断罪~政権の強権支配と霞が関の堕落を撃つ 次世代への日本再建論~
rakuad2
「ポスト真実」の世界をどう生きるか―ウソが罷り通る時代に
「ポスト真実」の世界をどう生きるか―ウソが罷り通る時代に
rakuad03
公文書問題 日本の「闇」の核心
公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)
「安全神話」PRに加担した 原発とメディア マネー(1)
「安全神話」PRに加担した 原発とメディア マネー(1) (朝日新聞デジタルSELECT)
日米地位協定
日米地位協定
Black Box
Black Box
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
紙の爆弾 2017年 2月号
Kindle版
紙の爆弾 2017年 2月号 [雑誌]
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
スポンサードリンク3
 
 
注目ブログ
 
 
[スポンサードリンク]
 
 
これから出る注目本
(予約可)
雪ぐ人 えん罪弁護士 今村 核・・・佐々木 健一 (著)NHK出版 (2018/6/21発売予定)
雪ぐ人 えん罪弁護士 今村 核
夫婦という他人 (講談社+α新書)・・・ 下重 暁子 (著) 講談社 (2018/6/21発売予定)
面従腹背・・・ 前川 喜平 (著) 毎日新聞出版 (2018/6/22発売予定)
面従腹背
まんがでゼロからわかる ブラック企業とのたたかい方・・・ 佐々木 亮 (著), 大久保 修一 (著), 重松 延寿 (著) 旬報社 (2018/6/26発売予定)
まんがでゼロからわかる ブラック企業とのたたかい方
まぼろしの「日本的家族」・・・ 早川 タダノリ (著, 編集) 青弓社 (2018/6/27発売予定)
エセ保守が日本を滅ぼす・・・ 適菜 収 (著), 山崎 行太郎 (著) ケイアンドケイプレス (2018/7/8発売予定)
エセ保守が日本を滅ぼす
世界から核兵器がなくならない本当の理由 (SB新書)・・・ 池上彰+「池上彰緊急スペシャル! 」制作チーム (著) SBクリエイティブ (2018/7/6発売予定)
世界から核兵器がなくならない本当の理由 (SB新書)
前川喜平「官」を語る・・・ 前川 喜平 (著), 山田 厚史 (著) 宝島社 (2018/7/12発売予定)
平成を愚民の時代にした30人のバカ・・・ 適菜収 (著) 宝島社 (2018/7/13発売予定)
保守と大東亜戦争 (集英社新書)・・・ 中島 岳志 (著) 集英社 (2018/7/13発売予定)
核実験地に住む――カザフスタン・セミパラチンスクの現在・・・ アケルケ スルタノヴァ (著), Akerke SULTANOVA (著) 花伝社 (2018/7/18発売予定)
核実験地に住む――カザフスタン・セミパラチンスクの現在
日本会議の野望――極右組織が目論む「この国のかたち」・・・ 俵 義文 (著) 花伝社 (2018/7/18発売予定)
池上彰の「天皇とは何ですか?」・・・ 池上 彰 (著) PHP研究所 (2018/7/20発売予定)
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
オンライン署名
 
 
IWJサポート
 
 
raku3-2
 
 
インターネット政党 「新党憲法9条」
Inter.jpg
 
 
raku3-2-03
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...