日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




面白い!「一郎と太郎」が化学反応を起こして規格外の政党「生活の党と山本太郎となかまたち」が始動!

Category: 政治   Tags: 小沢一郎  山本太郎  生活の党  
びっくりした。まさか山本太郎が生活の党に入るとは…

小沢00 山本00

両陣営から賛否両論があるだろうが、たぶん否定的なものが多いのではないか。

マスコミの格好のターゲットになりやすい「一郎と太郎」

我々が考える以上の何かが起こるかも…

*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


今まで政治手法の範疇外、規格外、我々の想像以上の「化学反応」がおこり、すごいことになりそうで、なんだかワクワクしてくる。

総務省資料

soumushou.jpg


平成26年12月26日

政治資金規正法に基づく政治団体の届出

政治資金規正法(昭和23年法律第194号)第6条第5項において準用する同条第1項の規定による政治団体の届出があったので、同法第7条の2第1項の規定に基づき、その名称等を下記のとおり公表します。

政 党
○政治団体の名称 生活の党と山本太郎となかまたち
○代表者の氏名 小沢 一郎
○会計責任者の氏名 佐藤 公治
○主たる事務所の所在地 東京都千代田区永田町2-12-8
○届出年月日 平成26年12月26日



*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


「脱被ばく」の考え方は両者は近いと思う。

ozawa 002

ツイッター上の反応







*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********



山本氏のブログで次のように書かれていた。

yamamoto_201412262235447c1.jpg


全国の市民の力を結集できるような政党を作れるよう、

新党の先輩方から、魑魅魍魎だらけの永田町での泳ぎ方を

学ばせて戴きながら、全国を飛び廻ります。



小沢さんから沢山の事を吸収しつつ、ガンガン炎上を起こして話題をつくっていってほしい。


最後までお読みいただきありがとうございます

強権政治の横暴を許さないと思う方はクリっとお願いします


官僚主導政治、役人天国から真の国民主権国家をあくまでも希求していくという方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

応援してくださる方は、拍手をお願いします



「広告」



 生活の党に山本太郎参院議員が加わり「生活の党と山本太郎となかまたち」が結成され、来年の政党交付金を受け取ることができるようになったと報じられた。このため生活の党は政党活動に必要な資金を得ることが可能となり、次回2016年7月の参院選で「生活の党と山本太郎となかまたち」が躍進する基礎が固まった、に関連する最新のWeb情報を引用すると、

Comments

Re: なかまたちって?
> 三宅洋平とか、佐藤ダイジとか、今度大河の準主役やる伊勢谷友介とかあの辺の連中のこと?? そういえば三宅洋平、この間、伊勢谷友介のラジオで統一地方選、みんなで立候補すれば恐くない的なこと言ってたな。その辺の意味合いも含んでるのかな???
> でもたぶん、生活の党とつるんだということは、前つるんでいた社民党とはなかま解消ということなんだろな????

妄想がハンパないですね(笑)来年も引き続き想像力を鍛えてください!
なかまたちって?
三宅洋平とか、佐藤ダイジとか、今度大河の準主役やる伊勢谷友介とかあの辺の連中のこと?? そういえば三宅洋平、この間、伊勢谷友介のラジオで統一地方選、みんなで立候補すれば恐くない的なこと言ってたな。その辺の意味合いも含んでるのかな???
でもたぶん、生活の党とつるんだということは、前つるんでいた社民党とはなかま解消ということなんだろな????
こんばんは、福岡県のでんじはじめと申します。
核心リポートを見て検索して立ち寄りました。
新党ひとりひとりのボランティアスタッフや候補者がどうなるのかが心配です。
どうでもいいけど、小沢さん今も小選挙区制正しかったと思ってんのかね。
小選挙区制のせいで、大した得票率も得てない自公がバカみたいに議席を得るなんて事態になってんだが。こう見てくると、小沢さんこそ自公政権を維持させてきた張本人じゃないの。小選挙区制でなけりゃとっくに野党連立で自民党なんて葬られてるハズなんだからにね。
変化するエネルギーを潰す人々
古い意識の人達は小沢さんそろそろ、引退時ですよ、などとあくびのでる様なコメントをする。しかし、小沢さんはいつも、新しい風を運ぶ不思議な人だ。
小沢ファンも自称アナリストもほんとは、小沢さんをよく知らないんだろう。
風通しがいいから、なんでもありだ。最も、柔軟な二人が集合体を作ったが、天木直人なんて人は、左翼の悪口をいい、民主を蹴落とし、あげ句の果てに
自民の悪態を誰か早く何とかしろと叫ぶ。
自分はイヌの遠吠えしかしない高座の上の判官のようなつもりで、小沢さん、太郎氏の結びつきにも、
文句をつける。
あれこれやってみようとする市民運動の力を、根こそぎそいでいる、希望や夢を摘む自画自賛の
クレーム男に成り下がった感がする。
党議拘束かけんとか自由だとかいってるけどモノは言い様。

思想も考えもバラバラでOKなら政党なんて作る必要ないやん。各々個人同士で協力すればいいだけでしょ。

もはや政党交付金受けとるためのバケツとして政党を利用してるとしか考えられない。
こりませんねぇ
また新党?腰掛け椅子ですよね。こんなのばっかり。ウンザリした有権者も多いのでは?山本議員はこういうところは見習って欲しくなかったんですけどね
もう、直ぐこういのが現れる
政治には金が掛かるんだよ!演説しに全国回るのにどれだけ掛かると思ってんだあ!本人以外にスタッフ連れて歩けば、あっという間に数百万吹っ飛ぶんだ!
私はそんな心配よりも小沢氏と繋がって上手く行った人がこの頃居ない方が心配だな。
飲み込もうとするのか、飲み込まれまいとするのか、ギクシャクして別れてしまう話ばかりが続いているように思うのだが。
化学反応よりも核分裂みたいな気がしてるんだがなあ、、。
おかしいやん。生活の党に入るわけじゃないってことだよね、党名変えたってことは。つまり、考え方が違うことを自白してるわけでしょ、これは。なのに一緒にやるってことは、結局「お金」しか目的がみつからんよね。それならそういうべきだよね。「お金が必要なんです」と。いや、別にそれならそれでいいのよ、やはりお金が必要だってことは一つの考え方なのでね。自分はまったく賛同しませんがね。ま、ただ一応成り立つ考え方なんで、改めて非難はしませんよ。国会なんてそんな輩ばかりなんでね。でも、そのホンネは口にしてないよね、カネ目当てって批判されるのをおそれたんだろね。山本太郎って、そういう所をきちんと包み隠さず説明するところに魅力があったんだけどね。残念だわ。

Leave a Comment

世川行介放浪日記 愛欲上野篇
世川行介放浪日記 愛欲上野篇
日本の裏社会 闇の職業図鑑
日本の裏社会 闇の職業図鑑
縮小ニッポンの衝撃
縮小ニッポンの衝撃 (講談社現代新書)
日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る
日航123便墜落の新事実  目撃証言から真相に迫る
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
Page Selector
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
人間の居場所
人間の居場所 (集英社新書)
メディアの驕り
メディアの驕り (新潮新書)
世界を動かす巨人たち <経済人編>
世界を動かす巨人たち <経済人編> (集英社新書)
マル暴捜査
マル暴捜査 (新潮新書)
僕らの社会主義
僕らの社会主義 (ちくま新書 1265)
日本一やさしい「政治の教科書」できました。
日本一やさしい「政治の教科書」できました。
地政学から読み解く米中露の戦略
地政学から読み解く米中露の戦略 (別冊宝島 2601)
東芝崩壊 19万人の巨艦企業を沈めた真犯人
東芝崩壊 19万人の巨艦企業を沈めた真犯人
日米開戦へのスパイ 東條英機とゾルゲ事件
日米開戦へのスパイ  東條英機とゾルゲ事件
憂国論 戦後日本の欺瞞を撃つ
憂国論 戦後日本の欺瞞を撃つ(祥伝社新書) (祥伝社新書 508)
「軍学共同」と安倍政権
「軍学共同」と安倍政権
物言えぬ恐怖の時代がやってくる 共謀罪とメディア
物言えぬ恐怖の時代がやってくる 共謀罪とメディア
在日米軍 変貌する日米安保体制
(激トーク・オン・ディマンド vol. 11)
在日米軍 変貌する日米安保体制 (岩波新書)
rakuad2
信じてはいけない 民主主義を壊すフェイクニュースの正体
信じてはいけない 民主主義を壊すフェイクニュースの正体 (朝日新書)
rakuad03
徹底解剖 安倍友学園のアッキード事件
徹底解剖 安倍友学園のアッキード事件
共謀罪の何が問題か
共謀罪の何が問題か (岩波ブックレット)
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
海の放射能に立ち向かった日本人 ビキニからフクシマへの伝言
海の放射能に立ち向かった日本人 ビキニからフクシマへの伝言
「テロ等準備罪」にだまされるな (「計画罪」は「共謀罪」そのものだ)
「テロ等準備罪」にだまされるな (「計画罪」は「共謀罪」そのものだ)
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
紙の爆弾 2017年 2月号
Kindle版
紙の爆弾 2017年 2月号 [雑誌]
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
日本会議の研究
日本会議の研究 (扶桑社新書)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
一億総選挙革命
一億総選挙革命 (veggy Books)
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
日々坦々twitter
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
Web Translate
Social bookmark
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
[スポンサードリンク] 2
 
 
IWJサポート
 
 
これから出る注目本
(予約可)
ヒトラーの陰謀伝説・・・ 噂の真相を研究する会 (著) 宝島社 (2017/7/24発売予定)
ヒトラーの陰謀伝説
激論!安倍政権(仮)・・・ 佐高 信 (著), 田原 総一朗 (著) 河出書房新社 (2017/7/24発売予定)
激論!安倍崩壊
これからの日本と社会保障、そして私たち―「生活大国」スウェーデンに学ぶ・・・ 日野秀逸 (著) あけび書房 (2017/7/25発売予定)
これからの日本と社会保障、そして私たち―「生活大国」スウェーデンに学ぶ
昭和・平成 日本の凶悪犯罪100・・・ 別冊宝島編集部 (編集) 宝島社 (2017/7/26発売予定)
昭和・平成 日本の凶悪犯罪100
原爆死の真実――きのこ雲の下で起きていたこと・・・ NHKスペシャル取材班 (著) 岩波書店 (2017/7/26発売予定)
ブラック・フラッグス(上):「イスラム国」台頭の軌跡・・・ ジョビー・ウォリック (著), 伊藤 真 (翻訳) 白水社 (2017/7/26発売予定)
ブラック・フラッグス(上):「イスラム国」台頭の軌跡
ポピュリズムと「民意」の政治学 : 3・11以後の民主主義・・・ 木下ちがや (著) 大月書店 (2017/7/26発売予定)
ポピュリズムと「民意」の政治学 : 3・11以後の民主主義
マフィア国家――メキシコ麻薬戦争を生き抜く人々・・・ 工藤 律子 (著) 岩波書店 (2017/7/28発売予定)
〈ひとり死〉時代のお葬式とお墓 (岩波新書)・・・ 小谷 みどり (著) 岩波書店 (2017/7/29発売予定)
「高齢者差別」この愚かな社会 (詩想社新書)・・・ 和田 秀樹 (著) 詩想社 (2017/7/31発売予定)
「高齢者差別」この愚かな社会 (詩想社新書)
フリーメイソン 秘密結社の社会学 (小学館新書)・・・ 橋爪 大三郎 (著) 小学館 (2017/8/1発売予定)
フリーメイソン 秘密結社の社会学 (小学館新書)
核大国ニッポン (小学館新書)・・・ 堤 未果 (著) 小学館 (2017/8/1発売予定)
核大国ニッポン (小学館新書)
人はどうして犯罪に走るのか 『犯罪学』第5版の概略と解説・・・ 山上 賴男 (著) 文芸社 (2017/8/1発売予定)
人はどうして犯罪に走るのか 『犯罪学』第5版の概略と解説
文庫 最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか (草思社文庫)・・・ ジェームズ・R・チャイルズ (著), 高橋健次 (翻訳) 草思社 (2017/8/2発売予定)
「いじめ」や「差別」をなくすためにできること (ちくまプリマー新書)・・・ 香山 リカ (著) 筑摩書房 (2017/8/3発売予定)
ネット右翼亡国論 桜井誠と廣松渉と佐藤優の接点・・・ 山崎 行太郎 (著), (発行)春吉書房 (その他) メディア・パル (2017/8/3発売予定)
ネット右翼亡国論 桜井誠と廣松渉と佐藤優の接点
震災ジャンキー・・・ 小林みちたか (著) 草思社 (2017/8/5発売予定)
震災ジャンキー
日本の「黒幕」100の名言・・・ 単行本 別冊宝島編集部 (編集) 宝島社 (2017/8/7発売予定)
犯罪「事前」捜査 ネットが生んだ手法とそれを支える民間企業 (角川新書)・・・ 一田和樹 (著), 江添 佳代子 (著) KADOKAWA (2017/8/10発売予定)
リベラルという病・・・ 山口 真由 (著) 新潮社 (2017/8/10発売予定)
沖縄と国家 (角川新書)・・・ 辺見 庸 (著), 目取真 俊 (著) KADOKAWA (2017/8/10発売予定)
炎上する世界経済 日本人だけが知らない国際金融の残酷な現実・・・ 鈴木啓功 (著) イースト・プレス (2017/8/18発売予定)
炎上する世界経済 日本人だけが知らない国際金融の残酷な現実
戦略の地政学 ランドパワーVSシーパワー・・・ 秋元 千明 (著) ウェッジ (2017/8/18発売予定)
現代日本の地政学 - 13のリスクと地経学の時代・・・ 日本再建イニシアティブ (著) 中央公論新社 (2017/8/18発売予定)
緊急提言! 刑事再審法改正と国会の責任・・・ 九州再審弁護団連絡会出版委員会 (編集) 日本評論社 (2017/8/18発売予定)
ナチスの「手口」と緊急事態条項 (集英社新書)・・・ 長谷部 恭男 (著), 石田 勇治 (著) 集英社 (2017/8/19発売予定)
アジア辺境論 これが日本の生きる道 (集英社新書)・・・ 内田 樹 (著), 姜 尚中 (著) 集英社 (2017/8/19発売予定)
医者が教えない健康ホントの話 (別冊宝島)・・・大型本 宝島社 (2017/8/21発売予定)
大惨事と情報隠蔽: 原発事故、大規模リコールから金融崩壊まで・・・ ドミトリ・チェルノフ (著), ディディエ・ソネット (著), 橘明美 (翻訳), 坂田雪子 (翻訳) 草思社 (2017/8/22発売予定)
 
 
オンライン署名
 
 
raku3-2
 
 
インターネット政党 「新党憲法9条」
Inter.jpg
 
 
raku3-2-03
 
 
注目ブログ
 
 
「フォーラム4」に賛同します!
F4001.jpg
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
DMM3-2
ブランドバッグ、ドレス、家電レンタル
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
ad-Kindle
 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...