日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




警視庁公安部が今時のヤクザもしない京都大学にお礼参り!警察組織は「破防法」適用され得る「危険組織」に成り下がっている!

Category: 警察関連   Tags: 特高警察  警察官僚  京大  警視庁公安部  家宅捜査  
警視庁公安部が何ら通告なく突然、京都大学熊野寮を家宅捜索した。

明らかに先日、公安警察官が京都大学構内で京大生に拘束された事に対する報復である。

*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


参照映像:



ツイート情報:







*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


今回の出来事を俯瞰すると、あまりにも露骨な「報復」を白昼堂々とやってのける精神構造にまず驚くと同時に、そこには驕り高ぶる傲岸不遜な権力を笠に着た戦前の特高警察の流れを汲む精神が現在の警察官僚に脈々と受け継がれている事がよくわかる。

マスコミも一応、先日の公安警察官拘束も同時に伝え「報復」との二文字を暗示させるように報じ露骨な強制捜査を間接的に批判してはいるが、情報を貰えなくなることもあり、どこも面と向かっては言えない体質であるからしょうがない。

人々の論評ツイート





*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


この件に関して次のようにツイートした。



まさに警察組織が明治以来、税金をネコババしてきたことは、多くの警察官自身が告発してきた。そして現在もなお、「裏金づくり」を行い続けモラルが崩壊しているのは、毎日のように起きる警察官による不祥事でも推察できる。(参照
毎日起きる警察の不祥事】(Yahoo)


*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


ジャーナリストの青木理氏がラジオで論評



青木氏の発言要旨:

<中核派に関して>
公安警察は日本全国にあるが、左翼セクトに対して監視を続けていて、中核派は公安警察にとっては最大のターゲットとなっている。
全共闘運動がピークで、運動員も高齢化していて新しく入る学生は少ない。
今回捕まった学生は希少な若者。最近は大学で立て看板も見なくなっている。

<今回の事件での公安部の思惑>
デモ行進で公務執行妨害を機に関係先を捜査するというのは、かつてロケット弾やゲリラ事件などを起こしてきた中核派を定期的に情報収集したい。中核派は最大の監視対象で危険な団体とのことで定期的に捜査している。

また、先日、京都府警の警察官が京大校内で学生に捕まった事に対する嫌がらせであり報復という側面もある。

今回、注目したいのは、大学という高度な自治が保障されなくてはならない場に公安警察が事前通告もなく入ることは、法的にもグレイであり、学問の自由を考えれば、非常に無理がある捜査だという。



先日も青木氏は次のように語っていた。(関連ツイートから)


日本の公安警察 (講談社現代新書)
青木 理
講談社
売り上げランキング: 15,259


青木理の抵抗の視線
青木理の抵抗の視線
posted with amazlet at 14.11.14
青木 理
トランスビュー
売り上げランキング: 10,406



*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


社会正義を実現させるために警察官になった者も多いだろう。

それが裏金づくりという犯罪に手を染めることになり、今までどれだけ多くの警察官が悩み、苦しんだことだろうと、告白した現役警察官やOBなどの証言からも、推しはかれることだろうと思う。

各都道府県警察本部には、それぞれの「心得」的なものがあり、そのいくつかはネットで見ることができる。

最後にその中の二つを紹介しておく。

■北海道警察本部
「刑事の誓い」(参照

刑事

■大阪府警察本部
[警察職員の信条](参照

一、警察職員は、誇りと使命感を持って、国家と社会に奉仕する。
一、警察職員は、人権を尊重し、公正かつ親切に職務を執行する。
一、警察職員は規律を厳正に保持し、相互の連帯を強める。
一、警察職員は、人格を磨き、能力を高め、自己の充実に努める。
一、警察職員は、清廉にして、堅実な生活態度を保持する。



まあ、これらができてないから毎日声を出して読み上げているのだろうが、心から目標としていただきたいものである。

関連エントリー
最高裁の裏金:「日本国民は、犯罪者集団に裁かれているのです」 by 生田暉雄 (元高裁判事) 
http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-770.html

裁判所、検察、警察の闇を追及してきた「裏ガネ三兄弟+1」が一同に集結!
http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-912.html

「犯罪を取り締まるはずの警察が自ら犯罪組織になってしまっている」仙波敏郎氏
http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-1441.html


最後までお読みいただきありがとうございます

強権政治の横暴を許さないと思う方はクリっとお願いします


官僚主導政治、役人天国から真の国民主権国家をあくまでも希求していくという方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

応援してくださる方は、拍手をお願いします



「広告」



Comments

日本の警察は世界最悪最狂の犯罪組織
こんにちは。
日本の犯罪組織と言われている暴力団は、世界でも特出した反社会組織です。
年収
第一位 日本山口組 年収約2.4兆
第二位 ロシアSolntsevskaya Bratva 年収約2558億
第三位 イタリアCamorra 年収約1475億
第四位 イタリア’Ndrangheta年收約1354億
第五位 メキシコSinaloa Cartel年收約903億

仙波敏郎さん曰く
「日本の警察は暴力団よりひどい」
という事は、不名誉なことですが、日本の警察は世界最悪の犯罪組織という事が言えるのでしょう。
まーヤクザから金をせびるぐらいですから。
●官僚・警察腐敗! 勘違いが支える日本(7)
・飛松 僕が暴力団の事務所に行ってるじゃないですか、そこに、「集金、集金」と来て、組の頭から1回5万円もらっていく。頭が「また来やがった、あいつは」と言うとりました。
・竹原 どっちがヤクザかわからない。警察がみかじめ料を取りに来る。

Leave a Comment

ama
私は真珠湾のスパイだった 新書版
私は真珠湾のスパイだった 新書版
日本会議の野望――極右組織が目論む「この国のかたち」
日本会議の野望――極右組織が目論む「この国のかたち」
「右翼」の戦後史
「右翼」の戦後史 (講談社現代新書)
核実験地に住む――カザフスタン・セミパラチンスクの現在
核実験地に住む――カザフスタン・セミパラチンスクの現在
日本の大問題 残酷な日本の未来を変える22の方法
日本の大問題 残酷な日本の未来を変える22の方法
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
Page Selector
前川喜平「官」を語る
前川喜平「官」を語る
嘘に支配される日本
嘘に支配される日本
フェイクの時代に隠されていること
フェイクの時代に隠されていること
平成を愚民の時代にした30人のバカ
平成を愚民の時代にした30人のバカ
保守と大東亜戦争
保守と大東亜戦争 (集英社新書)
エセ保守が日本を滅ぼす
エセ保守が日本を滅ぼす
面従腹背
面従腹背
「反グローバリズム」の逆襲が始まった
「反グローバリズム」の逆襲が始まった
権力と新聞の大問題
権力と新聞の大問題 (集英社新書)
よみがえる戦時体制 治安体制の歴史と現在
よみがえる戦時体制 治安体制の歴史と現在 (集英社新書)
rakuad2
権力の「背信」 「森友・加計学園問題」スクープの現場
権力の「背信」 「森友・加計学園問題」スクープの現場
追跡 日米地位協定と基地公害――「太平洋のゴミ捨て場」と呼ばれて
追跡 日米地位協定と基地公害――「太平洋のゴミ捨て場」と呼ばれて
断罪~政権の強権支配と霞が関の堕落を撃つ 次世代への日本再建論~
断罪~政権の強権支配と霞が関の堕落を撃つ 次世代への日本再建論~
rakuad03
公文書問題 日本の「闇」の核心
公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)
「安全神話」PRに加担した 原発とメディア マネー(1)
「安全神話」PRに加担した 原発とメディア マネー(1) (朝日新聞デジタルSELECT)
日米地位協定
日米地位協定
Black Box
Black Box
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
紙の爆弾 2017年 2月号
Kindle版
紙の爆弾 2017年 2月号 [雑誌]
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
スポンサードリンク3
 
 
注目ブログ
 
 
[スポンサードリンク]
 
 
これから出る注目本
(予約可)
池上彰の「天皇とは何ですか?」・・・ 池上 彰 (著) PHP研究所 (2018/7/20発売予定)
池上彰の「天皇とは何ですか?」
核兵器はなくせる (岩波ジュニア新書)・・・ 川崎 哲 (著) 岩波書店 (2018/7/21発売予定)
言論の飛礫(つぶて)不屈のコラム・・・ 鎌田 慧 (著) 同時代社 (2018/7/31発売予定)
言論の飛礫(つぶて)不屈のコラム
ブラック校則 理不尽な苦しみの現実・・・ 荻上 チキ (著, 編集), 内田 良 (著, 編集) 東洋館出版社 (2018/8/1発売予定)
ブラック校則 理不尽な苦しみの現実
日本衆愚社会 (小学館新書)・・・ 呉 智英 (著) 小学館 (2018/8/3発売予定)
袴田事件 これでも死刑なのか・・・ 小石 勝朗 (著) 現代人文社 (2018/8/6発売予定)
驚くべきCIAの世論操作 (インターナショナル新書)・・・ ニコラス・スカウ (著), 伊藤 真 (翻訳) 集英社インターナショナル (2018/8/7発売予定)
驚くべきCIAの世論操作 (インターナショナル新書)
図解版 老人の取扱説明書・・・ 平松 類 (著) SBクリエイティブ (2018/8/8発売予定)
図解版 老人の取扱説明書
神社崩壊・・・ 島田 裕巳 (著) 新潮社 (2018/8/9発売予定)
〈平成〉の正体 なぜこの社会は機能不全に陥ったのか (イースト新書)・・・ 藤井達夫 (著) イースト・プレス (2018/8/10発売予定)
使ってはいけない集団的自衛権 (角川新書)・・・ 菊池 英博 (著) KADOKAWA (2018/8/10発売予定)
日大の帝王 田中英壽理事長と巨大私学の伏魔殿・・・ 別冊宝島編集部 (編集) 宝島社 (2018/8/27発売予定)
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
オンライン署名
 
 
IWJサポート
 
 
raku3-2
 
 
raku3-2-03
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...