日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




週刊朝日、検察リーク認める!!

Category: 検察   Tags: 検察リーク  週刊朝日  大鶴基成  暴走検察  
本日発売、週刊朝日2/5号でついに「本誌にリークされた〝検察情報〝」と題し、検察リーク情報があったことを認めた。

週刊朝日 s-P1010191.jpg(週刊朝日2/5号&記事)

(以下引用&要点)
「・・・ところが〝小沢聴取"の直前、編集部にこんな情報が寄せられた。ニュースソースは明かせないが、東京地検特捜部の「関係者」からのリークである。
「小沢は、何があっても必ずやるよ。強硬派筆頭の大鶴(基成・最高検検事)さんは「証拠は揃った。あとは何でやるかだ」と話している。狙いはあっせん収賄だが、ダメでも政治資金規正法違反の「共犯」であげられる。脱税でだってできるからね。ただ、最後は議員辞職と引き換えに手を打つという方向も残している・・・・・」
実はこの関係者、先週も本誌にこんな情報をもたらしていた。「いま捜査の指揮棒を振っているのは、特捜部長の佐久間(達哉)さんじゃなくて大鶴さん、大鶴さんは本気だから、弱腰の〝上〝に活入れて、石川(知裕衆院議員)逮捕にもってったんだ。石川は任意じゃウソばっか言ってたからな。週刊朝日もどうせまた検察の悪口書くんだろうけど、早めに路線変更しないと恥かくぞ。ゼネコンもベラベラ話している。石川もパクられて完オチだし。小沢も、もう完全にアウトだ。在宅でもなんでも起訴して有罪にすれば、公民権停止で、もう議員などやってられない」
この東京地検関係者によると、大阪、京都などの関西の各地検からも敏腕検事6人を呼び寄せ、さらに〝小沢立件〝に向け応援が増える可能性もあるという。法務省や最高検は、こうした現場の先走りをかなり気にしているが、「もう、そんな段階ではない」(同関係者)ようだ。
「相手が民主党なんで、大鶴さんも法務大臣の指揮権発動の可能性もちゃんと視野に入れている。発動させないためにも、もっとマスコミを使って風を強く吹かせないと。場合によっては、国会に逮捕許諾請求を出させないといけないかもしれない」(同)

この後、記事はキーマンの最高検検事でありながら、東北ゼネコンの事は検察内の誰よりも詳しいとして樋渡検事総長に直訴して東京地検の次席検事として大鶴検事が指揮をとっている、との法務省関係者からの話を載せている。

TKY200605300259.jpg大鶴基成・最高検検事)

その大鶴検事は例の福島県のダム談合事件で、現場が乗り気でなかったにもかかわらず「これができるかどうかに俺の出世がかかっている」とハッパをかけたと言われ、知事だった佐藤栄佐久氏を逮捕・起訴したが、二審で検察側の主張がことごとく覆されて〝実質無罪"判決となり、このとき検察が頼りにしたのが今回と同じく三重の水谷建設元会長の証言だった。大鶴氏にとって〝小沢立件"は汚名返上の最後のチャンスでもある。・・・・」

マスコミの中にも特に新聞社系列にも関わらず、よく書いてくれたし、今後大丈夫かなと心配でもある。
本屋2軒行ったが売れ切れていて、コンビニにあった。

この号は必読である。

今号の特集として「暴走検察」と銘打ち、ジャーナリストの魚住昭氏の「狙いは小沢氏の議員辞職。これは議会制民主主義の危機だ」と元検事の郷原信郎氏の「検察には明確な方針がない。小沢氏を狙い撃ちにしているだけ」を掲載。
続いてジャーナリストと本誌取材班による「子育て女性をも脅かす検察の卑劣」はもっと驚くべき事実が書かれている。

こんな検察の暴走を許しておけば、民主主義の危機であり、起訴・逮捕になれば国民の民意が反映された国会議員による国権の最高機関としての国会から検察への権力奪取であり、まさしく検察によるクーデターである。

我々良識ある国民はそれを絶対に許さない。

今、検察の暴走に拍車をかけるのも、ストップをかけられるのもマスコミ次第である。

さらに勇気あるマスコミが出てくることを祈るばかりである。


最後までお読みいただきありがとうございます

少しだけ共感を覚えた方はクリっとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

参考になったという方、再度クリッとお願いします
人気ブログランキングへ

応援してくださる方は最後にクリくりっとお願いします


全くその通りと思えた方は拍手をお願いします

テーマ : 政治のニュース    ジャンル : ニュース



「広告」



最高検 検事 の魅力 こんばんは。最近、最高検 検事について理不尽な思いをすることが多いです。 元大阪高検・三井環氏が語る《検察の裏金》(前)-JanJanニュースとおり、検察組織は、最高検察庁に検事総長が1人、8ケ所の高等検察庁に検事長8人、50ケ...
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。
毎日新聞に、石川弁護士の情報として、石川議員の政治団体「勝山会」の会計処理についても、事情聴取をしていることが報道された。 http://mainichi.jp/select/today/news/20100127k0000e040078000c.html
「検察によるリークは違法行為」というエントリーでも紹介したが、今回の小沢幹事長の政治資金規正法問題をめぐる大手メディアの報道は、検...
 4億円土地取引問題で、検察とマスコミが 本当か嘘かもわからないような情報を 垂れ流し、小沢叩き、民主党叩きを、繰り返している。 こ...

Comments

熊木 和枝 様
ありがとうございます。

ブログ拝見いたしました。

実は世界規模で考えたら、陰謀組織については、より深刻な問題だと思います。

今後もちょくちょく拝見させていただきます。
右翼さんは
身に覚えの無い容疑をかけられてもお国の為に喜んで処罰を受けるのでしょうね。
感動の余り泣けてきます><
マスコミへの苦情を言う時の連絡先。一覧
マスコミへの苦情を言う時の連絡先。一覧

http://d.hatena.ne.jp/masukomihaaho/
全てリンク先が載っています。
使いましょう。あちこちにコピペしてご利用下さい。
和順庭四季おりおり
 いつもブログ拝見しています。週刊朝日の記事、「四季のおりおり」(23 なぜこの時期に小沢捜査なのか?特捜部大鶴基成検事と週刊朝日の記事)に引用させていただきました。これからもよろしくお願いいたします。
この男こそライブドア・村上ファンド事件で国策捜査を仕掛けた張本人。
あの「額に汗する」云々を聞いたとき、心底胸糞悪くなったのをよく覚えている。
たかだか木っ端役人の分際で国民倫理の統制者にでも成ったつもりなのか ?

あのライブドア事件でようやく持ち直しかけていた日本経済は完全に息の根を止められた。
当然だ。経済活動でちょっと目立ったことをすれば検察に目をつけられ、恣意的捜査で潰されるような国では誰も安心して投資などできやしない。
おそらく大鶴によって日本経済が受けたダメージは数十兆円以上、間接的に死に追いやられた人間は数万人に及ぶだろう。
まさに日本のスターリンか毛沢東とでも呼ぶべき人間。

まさしく今の検察の諸悪を凝縮したかのような存在で、こいつの首を取り、きちんと刑事責任を問わない限りは日本経済の復活は無いと私は思っている。
さすが朝日。
この期に及んで検察リーク説をなんの証拠にもならないコメントで証明ですか…
それはそれとして違法献金で4億の裏金つくって土地購入した巨悪に対して議員辞職モノの声が上がらないのはなんでですかね。
たしかに、我われ良識ある国民としては、小沢一郎逮捕こそが悲願です。

Leave a Comment

辺野古問題をどう解決するか――新基地をつくらせないための提言
辺野古問題をどう解決するか――新基地をつくらせないための提言
新貧乏物語――しのび寄る貧困の現場から
新貧乏物語――しのび寄る貧困の現場から
ジリ貧大国ニッポン
ジリ貧大国ニッポン
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
Page Selector
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
在日米軍 変貌する日米安保体制
(激トーク・オン・ディマンド vol. 11)
在日米軍 変貌する日米安保体制 (岩波新書)
生涯投資家
生涯投資家
東京大改革 小池百合子の戦い
東京大改革 小池百合子の戦い (別冊宝島 2595)
ニーチェに学ぶ「奴隷をやめて反逆せよ! 」―まず知識・思想から
ニーチェに学ぶ「奴隷をやめて反逆せよ! 」―まず知識・思想から
世界の右翼
世界の右翼
東大卒貧困ワーカー
東大卒貧困ワーカー (新潮新書)
信じてはいけない 民主主義を壊すフェイクニュースの正体
信じてはいけない 民主主義を壊すフェイクニュースの正体 (朝日新書)
人は、老いない
人は、老いない (朝日新書)
どアホノミクスの断末魔
どアホノミクスの断末魔 (角川新書)
ドン ―最強の敵か、最良の友か
ドン ―最強の敵か、最良の友か
rakuad2
国民のしつけ方
国民のしつけ方 (インターナショナル新書)
築地移転の謎 なぜ汚染地なのか 石原慎太郎元都知事の責任を問う
築地移転の謎 なぜ汚染地なのか 石原慎太郎元都知事の責任を問う
rakuad03
日本中枢の狂謀
日本中枢の狂謀
東芝 大裏面史
東芝 大裏面史
日本人と右翼
日本人と右翼 (別冊宝島 2580)
徹底解剖 安倍友学園のアッキード事件
徹底解剖 安倍友学園のアッキード事件
共謀罪の何が問題か
共謀罪の何が問題か (岩波ブックレット)
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
原発より危険な六ヶ所再処理工場
原発より危険な六ヶ所再処理工場
「テロ等準備罪」にだまされるな (「計画罪」は「共謀罪」そのものだ)
「テロ等準備罪」にだまされるな (「計画罪」は「共謀罪」そのものだ)
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
紙の爆弾 2017年 2月号
Kindle版
紙の爆弾 2017年 2月号 [雑誌]
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
日本会議の研究
日本会議の研究 (扶桑社新書)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
一億総選挙革命
一億総選挙革命 (veggy Books)
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
日々坦々twitter
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
Web Translate
Social bookmark
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
[スポンサードリンク] 2
 
 
IWJサポート
 
 
これから出る注目本
(予約可)
ある日うちの愛犬が介護老犬に! - みんなの家族になれて良かった (MyISBN - デザインエッグ社)・・・ 桜梅桃李 (著), KAREN (イラスト) デザインエッグ社; 1版 (2017/6/24発売予定)
ある日うちの愛犬が介護老犬に! - みんなの家族になれて良かった (MyISBN - デザインエッグ社)
物言えぬ恐怖の時代がやってくる 共謀罪とメディア・・・ 田島 泰彦 (編集) 花伝社 (2017/6/25発売予定)
物言えぬ恐怖の時代がやってくる 共謀罪とメディア
昭和初期政治史の諸相―官僚と軍人と党人・・・ 堀 茂 (著) 展転社 (2017/6/25発売予定)
昭和初期政治史の諸相―官僚と軍人と党人
「軍学共同」と安倍政権・・・ 多羅尾 光徳 (著), 池内 了 (著), 山崎 正勝 (著), 西山 勝夫 (著), 河村 豊 (著), 土井 誠 (著), 竹内 真 (著) 新日本出版社 (2017/6/27発売予定)
「軍学共同」と安倍政権
新自由主義に抗して スーザン・ジョージと世界市民運動・・・ 日下部 史彦 (著) SSBパブリケーションズ (2017/6/28発売予定)
新自由主義に抗して スーザン・ジョージと世界市民運動
拉致と日本人・・・ 蓮池 透 (著), 辛淑玉 (著) 岩波書店 (2017/6/28発売予定)
拉致と日本人
東芝 原子力敗戦・・・ 大西 康之 (著) 文藝春秋 (2017/6/28発売予定)
東芝 原子力敗戦
海の放射能に立ち向かった日本人 ビキニからフクシマへの伝言・・・ 奥秋 聡 (著) 旬報社 (2017/6/30発売予定)
海の放射能に立ち向かった日本人 ビキニからフクシマへの伝言
日米開戦の正体 東條英機とゾルゲ事件・・・ 孫崎享 (著) 祥伝社 (2017/7/2発売予定)
日米開戦へのスパイ  東條英機とゾルゲ事件
憂国論 戦後日本の欺瞞を撃つ(祥伝社新書)・・・ 鈴木 邦男 (著), 白井 聡 (著) 祥伝社 (2017/7/4発売予定)
憂国論 戦後日本の欺瞞を撃つ(祥伝社新書)
僕らの社会主義 (ちくま新書)・・・ 國分 功一郎 (著), 山崎 亮 (著) 筑摩書房 (2017/7/5発売予定)
戦場 - 元国家安全保障担当補佐官による告発・・・ マイケル フリン (著), マイケル レディーン (著), 川村 幸城 (翻訳) 中央公論新社 (2017/7/6発売予定)
地政学から読み解く米中露の戦略 (別冊宝島)・・・大型本 宝島社 (2017/7/7発売予定発売予定)
東芝崩壊 19万人の巨艦企業を沈めた真犯人・・・ 松崎 隆司 (著) 宝島社 (2017/7/7発売予定)
三菱財閥 最強の秘密 (宝島社新書)・・・ 田中 幾太郎 (著) 宝島社 (2017/7/10発売予定)
マル暴捜査・・・ 今井 良 (著) 新潮社 (2017/7/14発売予定)
メディアの驕り・・・ 廣淵 升彦 (著) 新潮社 (2017/7/14発売予定)
昭和・平成 日本の凶悪犯罪100・・・ 別冊宝島編集部 (編集) 単行本 宝島社 (2017/7/15発売予定)
日本の裏社会 闇の職業図鑑・・・ 別冊宝島編集部 (編集) 単行本 宝島社 (2017/7/22発売予定)
 
 
オンライン署名
 
 
raku3-2
 
 
インターネット政党 「新党憲法9条」
Inter.jpg
 
 
raku3-2-03
 
 
注目ブログ
 
 
「フォーラム4」に賛同します!
F4001.jpg
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
DMM3-2
ブランドバッグ、ドレス、家電レンタル
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
ad-Kindle
 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...