日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




昭和の怪人・最後の闇の実力者と云われる「朝堂院大覚」こと松浦良右氏が逮捕…直近動画でバーニング周防郁雄社長の批判を展開!

Category: 政治   Tags: バーニング  周防郁雄  朝堂院大覚  
小渕優子元経産相の高崎の事務所や元秘書の自宅などが東京地検特捜部に強制捜査された。辞任という文字が走ったが、不逮捕特権で逮捕を免れるためか、官邸の差配か「辞任しません」と宣言しているようだ。まあ、東京地検特捜部が、この件で息を吹き返すのも胸糞悪いので取り上げない事にする。

朝堂院大覚

ある時は「最後の大物フィクサー」、またある時は「昭和最後の黒幕」などと呼ばれ、政財界、芸能界などに幅広い人脈を持つとされ朝堂院大覚氏が逮捕されたので取り上げてみる。

*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


逮捕の記事:
「ぶっ殺すぞ」と音楽イベントを妨害 自称団体役員の73歳を逮捕
(産経新聞2014.10.30)

音楽イベントを妨害したとして、警視庁戸塚署は、威力業務妨害容疑で、自称団体役員で、朝堂院大覚(ちょうどういん・だいかく)こと松浦良右(りょうすけ)容疑者(73)=住所不定=を逮捕した。同署によると、「でっちあげだ」と容疑を否認している。
 逮捕容疑は6月20日午後、東京都新宿区のCD販売店で、ロックバンドグループのアルバム発売記念イベントが行われていた際に、同店経営者に「責任者を出せ。この野郎。ぶっ殺すぞ」などと叫び、イベントを中断させて店の営業を妨害したとしている。
 捜査関係者によると、松浦容疑者と店側の間で、アルバム製作をめぐりトラブルがあったという。
 松浦容疑者は警備員に店外に出され、イベントは約15分ほど中断した後に再開。店側が戸塚署に被害届を出していた。


まあ、今年の6月の事を引っ張り出して、警察に負い目のある輩を突っついて告訴させたのがミエミエな恣意的逮捕だと思われる。

朝堂院氏の運営するインターネット放送局では、よく「世界に後れをとっている日本の芸能界」を憂いて、その元凶となっているのが、「右手に警察、左手に暴力団」の日本芸能界を牛耳るバーニングの周防郁雄社長だとして、常に糾弾していた。


*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


逮捕直前の動画でも、紅白歌合戦の人選も含め、周防社長の息のかかったタレントが優遇され日本のテレビ番組を席巻し、同じタレントが各局を巡回していると批判していた。

【NET TV ニュース.報道】"朝堂院大覚 闇のサイト 2014 1027" 五社協定廃止で配役をオーディション形式に




*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


この朝堂院氏のバーニング批判は、以前、周防郁雄社長のトラブル処理を請負ってきたという「大日本新政會」の動きと連動していた。 その政治結社「大日本新政會」の総裁で神戸を拠点とする非指定暴力団「2代目松浦組」の組長でもある笠岡和雄氏(70歳)も今年の4月に、やはり突如逮捕されていたのだ。 今回の朝堂院氏といい、笠岡組長といい、共通点がバーニングの周防社長批判であるということで、サイゾーの記事で笠岡「今回の逮捕は、周防が仕掛けたものだ」と書いている。

参照記事:
「バーニングを絶対潰す!」“芸能界のドン”を追及し、“無実の罪”で逮捕された暴力団組長が命を懸けた反撃宣言
http://www.premiumcyzo.com/modules/member/2014/05/post_5100/

≪笠岡氏だが、かつては“芸能界のドン”として業界内に隠然たる影響力を持っている、バーニングプロダクションの周防郁雄社長(73歳)の用心棒を2001年から10年近く務めていた。周防氏に関係する「表には出せない裏の仕事」に深く関わっていたのだ。だが、2人の関係は、両者で手がけた新規事業をめぐる金銭トラブルが発端で破綻する。笠岡氏いわく「周防が一方的に、億単位の金銭返済の約束を反故にした」≫


そして今はお金の事は関係なく、≪バーニングプロやその関連会社を潰すまで、オレは徹底的に追及し続ける≫とインタビューに答えている。

逮捕されて怒り心頭で、70歳にしてなお意気軒高というところだろう。



*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


ちなにみ「大日本新政會」ブログの最新記事は、かなり衝撃的なものになっている。

なにせタイトルが≪元モーニング娘。の矢口真理が沈黙する、バーニング周防郁雄の淫行売春斡旋は今も続く。芸能マスコミ界をドス黒く汚染する卑劣な犯罪、少女タレント売春を即刻やめろ!周防グループ!≫である。
http://www.dainipponshinseikai.co.jp/burning_1028.html

その辺をツイートした。



朝堂院氏を紹介している動画:


参照記事:
鈴木亜美、北野誠…なぜ芸能人は突然“干される”のか?芸能界を歪める芸能プロの“政治”

参照書籍:
芸能人はなぜ干されるのか?
星野陽平
鹿砦社
売り上げランキング: 8,777



バーニングの周防社長およびその周辺に関しては、本ブログでもいくつか取り上げてきた。

■悪い噂が絶えないバーニング周防・ケイダッシュ川村両氏を後ろ盾に創価大出の谷口元一がミス世界一を脅迫!マスコミはスルー…
http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-2218.html

■前ミス世界女王・吉松育美さんがSOS!創価大出の谷口元一をストーカー脅迫被害で刑事告訴するも未だ受理されずしかも裁判所も仮処分申請を放置!
http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-2242.html

朝堂院氏によると、紅白の人選がずれ込んでいるのは、あの悪名高きNHK籾井会長が、「周防色」を払拭するためだと言っているが、どうなのだろうか・・・


最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

賛同してくださる方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

応援してくださる方は、拍手をお願いします



「広告」



 米国の金融政策の正常化への第一歩に対し日銀総裁はアベノミクスふらつき金融のゆがみを増幅させる量的緩和政策を実施し日本経済・国民生活への悪影響が懸念される。 2008年以降の量的緩和政策で市場に流れ込んだ資金が金融市場のゆがみを生んでいるとの指摘があるため、米国は金融政策の正常化に向けて、失業率が5%台にまで下がるなど雇用の改善が一定程度進んだとの判断から、米連邦準備制度理事会(FRB)が...

Comments

続報
処分保留で釈放、不起訴処分だそうです。理由は非公開。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014120900796

Leave a Comment

知ってはいけない 隠された日本支配の構造
知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書)
炎上する世界経済 日本人だけが知らない国際金融の残酷な現実
炎上する世界経済 日本人だけが知らない国際金融の残酷な現実
戦略の地政学 ランドパワーVSシーパワー
戦略の地政学 ランドパワーVSシーパワー
ナチスの「手口」と緊急事態条項
ナチスの「手口」と緊急事態条項 (集英社新書)
リベラルという病
リベラルという病 (新潮新書)
安楽死で死なせて下さい
安楽死で死なせて下さい (文春新書 1134)
アジア辺境論 これが日本の生きる道
アジア辺境論 これが日本の生きる道 (集英社新書)
沖縄と国家
沖縄と国家 (角川新書)
犯罪「事前」捜査 知られざる米国警察当局の技術
犯罪「事前」捜査 知られざる米国警察当局の技術 (角川新書)
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
Page Selector
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか
文庫 最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか (草思社文庫)
CIAの秘密戦争――変貌する巨大情報機関
(激トーク・オン・ディマンド vol. 11)
CIAの秘密戦争――変貌する巨大情報機関 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
日本の「黒幕」100の名言
日本の「黒幕」100の名言
震災ジャンキー
震災ジャンキー
rakuad2
ネット右翼亡国論 桜井誠と廣松渉と佐藤優の接点
ネット右翼亡国論 桜井誠と廣松渉と佐藤優の接点
「いじめ」や「差別」をなくすためにできること
「いじめ」や「差別」をなくすためにできること (ちくまプリマー新書 283)
核大国ニッポン
核大国ニッポン (小学館新書 つ 3-1)
人はどうして犯罪に走るのか 『犯罪学』第5版の概略と解説
人はどうして犯罪に走るのか 『犯罪学』第5版の概略と解説
物言えぬ恐怖の時代がやってくる 共謀罪とメディア
物言えぬ恐怖の時代がやってくる 共謀罪とメディア
徹底解剖 安倍友学園のアッキード事件
徹底解剖 安倍友学園のアッキード事件
共謀罪の何が問題か
共謀罪の何が問題か (岩波ブックレット)
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
rakuad03
海の放射能に立ち向かった日本人 ビキニからフクシマへの伝言
海の放射能に立ち向かった日本人 ビキニからフクシマへの伝言
「テロ等準備罪」にだまされるな (「計画罪」は「共謀罪」そのものだ)
「テロ等準備罪」にだまされるな (「計画罪」は「共謀罪」そのものだ)
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
紙の爆弾 2017年 2月号
Kindle版
紙の爆弾 2017年 2月号 [雑誌]
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
日本会議の研究
日本会議の研究 (扶桑社新書)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
一億総選挙革命
一億総選挙革命 (veggy Books)
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
日々坦々twitter
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
Web Translate
Social bookmark
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
[スポンサードリンク] 2
 
 
IWJサポート
 
 
これから出る注目本
(予約可)
医者が教えない健康ホントの話 (別冊宝島)・・・大型本 宝島社 (2017/8/21発売予定)
医者が教えない 健康ホントの話 (別冊宝島)
ルポ 沖縄 国家の暴力・・・ 阿部 岳 (著) 朝日新聞出版 (2017/8/21発売予定)
ルポ 沖縄 国家の暴力
大惨事と情報隠蔽: 原発事故、大規模リコールから金融崩壊まで・・・ ドミトリ・チェルノフ (著), ディディエ・ソネット (著), 橘明美 (翻訳), 坂田雪子 (翻訳) 草思社 (2017/8/22発売予定)
ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ (岩波現代全書)・・・ 保坂 修司 (著) 岩波書店 (2017/8/24発売予定)
アメリカを動かす『ホワイト・ワーキング・クラス』という人々 世界に吹き荒れるポピュリズムを支える"真・中間層"の実体・・・ ジョーン・C・ウィリアムズ (著), 山田 美明 (翻訳) 集英社 (2017/8/25発売予定)
アメリカを動かす『ホワイト・ワーキング・クラス』という人々 世界に吹き荒れるポピュリズムを支える
反―寺山修司論 《復刻版》・・・ 永山 則夫 (著) アルファベータブックス; 復刻版 (2017/8/25発売予定)
米中「二大帝国」の戦争はもう始まっている ~アメリカの敗北と中国の野望、そして日本の生きる道~・・・ ベンジャミン・フルフォード (著) かや書房 (2017/8/29発売予定)
池上彰のこれが「世界のルール」だ! (文春文庫)・・・ 池上 彰 (著) 文藝春秋 (2017/9/5発売予定)
ナショナリズムの正体 (文春文庫)・・・ 半藤 一利 (著), 保阪 正康 (著) 文藝春秋 (2017/9/5発売予定)
永久属国論・・・ 山田 順 (著) さくら舎 (2017/9/7発売予定)
永久属国論
「なんとかする」子どもの貧困 (角川新書)・・・ 湯浅 誠 (著) KADOKAWA (2017/9/8発売予定)
ヤクザと介護 暴力団離脱者たちの研究 (角川新書)・・・ 廣末 登 (著) KADOKAWA (2017/9/8発売予定)
国民国家のリアリズム (角川新書)・・・ 三浦 瑠麗 (著), 猪瀬 直樹 (著) KADOKAWA (2017/9/8発売予定)
おい、マジか。池上彰の「ニュースを疑え!」・・・ 池上 彰 (著) 文藝春秋 (2017/9/14発売予定)
おい、マジか。池上彰の「ニュースを疑え!」
怖い中国食品、不気味なアメリカ食品 (講談社文庫)・・・ 奥野 修司 (著), 徳山 大樹 (著) 講談社 (2017/9/15発売予定)
チェ・ゲバラと共に戦ったある日系二世の生涯~革命に生きた侍~・・・ マリー前村=ウルタード (著), エクトル・ソラーレス=前村 (著), 伊高 浩昭 (監修), 松枝 愛 (翻訳) キノブックス (2017/9/16発売予定)
 
 
オンライン署名
 
 
raku3-2
 
 
インターネット政党 「新党憲法9条」
Inter.jpg
 
 
raku3-2-03
 
 
注目ブログ
 
 
「フォーラム4」に賛同します!
F4001.jpg
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
DMM3-2
ブランドバッグ、ドレス、家電レンタル
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
ad-Kindle
 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...