日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




強引な「同日辞任」で過熱報道を鎮静化させたつもりが…「前代未聞」と野党追及に拍車!政治日程影響で安倍政権崩壊の始まりか?

Category: 政治   Tags: 安倍政権  
大臣のダブル辞任では、何ら変わっていない旧態依然たる自民党体質が露呈した。

yatou01.jpg

官邸ではW辞任で収束を図ろうとミエミエだが、これが今後、大きな影響を与えるかも…

小渕大臣は自ら進んで辞表を提出したが、松島大臣は駄々をこねたようだ…。官邸主導で強引に同じ日に辞任させ、過熱報道を鎮静化しようとしているものの、返って「前代未聞のダブル辞任」という文言が独り歩きし、今後の政策にも大きな影響を及ぼそうとしているようにも見える。


*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********



W辞任収束図るも影響大きく、難題は山積みに…(10/21 16:51)


政治日程を見ていきますと、この週末、福島県知事選挙、11月の沖縄の知事選挙、そして消費税率の引き上げ判断、原発再稼働の判断など、安倍政権には難題が山積しています。一方の野党は、21日も衆議院本会議の審議を拒否するなど、強硬な姿勢を崩していません。国会の日程もあと1カ月余りですが、安倍政権は今後、どのように国会運営をしていくつもりなのでしょうか。
 (政治部・澤井尚子記者報告)
 安倍総理大臣としては、閣僚のダブル辞任で国会への影響を少なくしようとしましたが、いまだ尾を引いています。21日の衆議院本会議の審議も野党が強硬に反発していることから、自民党は閣僚の辞任で国会審議に迷惑を掛けたと認めて野党に譲歩し、本会議は開いたものの法案審議を見送りました。自民党内は、「もう丁寧にやるしかない」と低姿勢で当面、乗り切ろうというムードです。しかし、これによって、政府がこの国会で重要法案としている派遣法改正案の審議も後ろにずれ込みました。与党側は「まだ日程には猶予がある」としていますが、来月は、安倍総理の外遊も予定されていて、廃案を狙う野党を前に会期内の成立が危ぶまれてきました。野党側は、閣僚のドミノ辞任を狙う方針で、政府・与党としてはなかなか思うようには進めず、今の国会で成立できない法案も出てきそうです。



*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


小渕優子ワイン疑惑も、本人は「選挙区外に配布していた」と違法ではないと苦しい答弁をしていたが、選挙区で受け取ったという「支援者」男性がテレビのインタビューに現れて、もう議員辞職も時間の問題である。

wain01.jpg

wain.jpg

参照
否定していたが…「小渕ワイン」選挙区内で贈答

小渕氏側有権者にワイン 公選法違反の疑い


*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


野党はW辞任で勢いが付き、一気呵成に安倍政権を追い込むためにも新たなターゲット定めている。


yatou.jpg

野党、一転攻勢へ…他の閣僚も追及する方針

江渡聡徳防衛相

obuchi005.jpg

自身の資金管理団体が、江渡氏個人に計350万円を寄付していた問題。

西川公也農相
和牛オーナー制度が行き詰まり経営破綻した「安愚楽(あぐら)牧場」(栃木県)から2010年までに計125万円の政治献金を受けた。

塩崎恭久厚生労働相
地元選挙区の特別養護老人ホーム開設に「口利き」

山谷えり子国家公安委員長
「在日特権を許さない市民の会(在特会)」関係者と一緒に写真を撮影していたことが判明。

高市早苗総務相
も極右団体幹部と写真に写っていた

参照記事:
「火種」5閣僚追及へ ダブル辞任に続き野党
(東京新聞2014年10月22日)




*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


こうした疑惑で、新たに決まった大臣二人に全くスポットライトが当たらずに、スッカリ陰の存在になっている感があるが、本人自身も見た目あまりにも地味ということでも全く話題に上らないんでは…

上川陽子
新法相上川陽子衆院議員(61)

宮沢洋一
新経産相に宮沢洋一参院議員(64)

参照
人材払底…“チョー地味”上川陽子法相は消去法で後釜の座に

新法相・上川陽子氏に“不思議ちゃん”説

税のプロがなぜ? 宮沢洋一経産相は原発再稼働の「答弁屋」


最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

賛同してくださる方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

応援してくださる方は、拍手をお願いします



「広告」



Comments

Leave a Comment

ama
私は真珠湾のスパイだった 新書版
私は真珠湾のスパイだった 新書版
日本会議の野望――極右組織が目論む「この国のかたち」
日本会議の野望――極右組織が目論む「この国のかたち」
「右翼」の戦後史
「右翼」の戦後史 (講談社現代新書)
核実験地に住む――カザフスタン・セミパラチンスクの現在
核実験地に住む――カザフスタン・セミパラチンスクの現在
日本の大問題 残酷な日本の未来を変える22の方法
日本の大問題 残酷な日本の未来を変える22の方法
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
Page Selector
前川喜平「官」を語る
前川喜平「官」を語る
嘘に支配される日本
嘘に支配される日本
フェイクの時代に隠されていること
フェイクの時代に隠されていること
平成を愚民の時代にした30人のバカ
平成を愚民の時代にした30人のバカ
保守と大東亜戦争
保守と大東亜戦争 (集英社新書)
エセ保守が日本を滅ぼす
エセ保守が日本を滅ぼす
面従腹背
面従腹背
「反グローバリズム」の逆襲が始まった
「反グローバリズム」の逆襲が始まった
権力と新聞の大問題
権力と新聞の大問題 (集英社新書)
よみがえる戦時体制 治安体制の歴史と現在
よみがえる戦時体制 治安体制の歴史と現在 (集英社新書)
rakuad2
権力の「背信」 「森友・加計学園問題」スクープの現場
権力の「背信」 「森友・加計学園問題」スクープの現場
追跡 日米地位協定と基地公害――「太平洋のゴミ捨て場」と呼ばれて
追跡 日米地位協定と基地公害――「太平洋のゴミ捨て場」と呼ばれて
断罪~政権の強権支配と霞が関の堕落を撃つ 次世代への日本再建論~
断罪~政権の強権支配と霞が関の堕落を撃つ 次世代への日本再建論~
rakuad03
公文書問題 日本の「闇」の核心
公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)
「安全神話」PRに加担した 原発とメディア マネー(1)
「安全神話」PRに加担した 原発とメディア マネー(1) (朝日新聞デジタルSELECT)
日米地位協定
日米地位協定
Black Box
Black Box
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
紙の爆弾 2017年 2月号
Kindle版
紙の爆弾 2017年 2月号 [雑誌]
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
スポンサードリンク3
 
 
注目ブログ
 
 
[スポンサードリンク]
 
 
これから出る注目本
(予約可)
池上彰の「天皇とは何ですか?」・・・ 池上 彰 (著) PHP研究所 (2018/7/20発売予定)
池上彰の「天皇とは何ですか?」
核兵器はなくせる (岩波ジュニア新書)・・・ 川崎 哲 (著) 岩波書店 (2018/7/21発売予定)
言論の飛礫(つぶて)不屈のコラム・・・ 鎌田 慧 (著) 同時代社 (2018/7/31発売予定)
言論の飛礫(つぶて)不屈のコラム
ブラック校則 理不尽な苦しみの現実・・・ 荻上 チキ (著, 編集), 内田 良 (著, 編集) 東洋館出版社 (2018/8/1発売予定)
ブラック校則 理不尽な苦しみの現実
日本衆愚社会 (小学館新書)・・・ 呉 智英 (著) 小学館 (2018/8/3発売予定)
袴田事件 これでも死刑なのか・・・ 小石 勝朗 (著) 現代人文社 (2018/8/6発売予定)
驚くべきCIAの世論操作 (インターナショナル新書)・・・ ニコラス・スカウ (著), 伊藤 真 (翻訳) 集英社インターナショナル (2018/8/7発売予定)
驚くべきCIAの世論操作 (インターナショナル新書)
図解版 老人の取扱説明書・・・ 平松 類 (著) SBクリエイティブ (2018/8/8発売予定)
図解版 老人の取扱説明書
神社崩壊・・・ 島田 裕巳 (著) 新潮社 (2018/8/9発売予定)
〈平成〉の正体 なぜこの社会は機能不全に陥ったのか (イースト新書)・・・ 藤井達夫 (著) イースト・プレス (2018/8/10発売予定)
使ってはいけない集団的自衛権 (角川新書)・・・ 菊池 英博 (著) KADOKAWA (2018/8/10発売予定)
日大の帝王 田中英壽理事長と巨大私学の伏魔殿・・・ 別冊宝島編集部 (編集) 宝島社 (2018/8/27発売予定)
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
オンライン署名
 
 
IWJサポート
 
 
raku3-2
 
 
raku3-2-03
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...