日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




「世界一無能な諜報機関(公安)のデマリークを垂れ流したら世界一無能な報道機関(読売)になっちゃうのに」常岡浩介氏

Category: 警察関連   Tags:  常岡浩介  イスラム国  公安警察  中田考  
先日の本ブログ10/9エントリー≪歪んだ捜査と的外れな情報収集を続け普通のイスラム教徒の反発と憎悪を煽りテロの素地をつくっているのはむしろ警視庁公安部では?≫で公安警察を揶揄したが、家宅捜索を受けた中田考元同志社大教授が週刊ポストのインタビューで次のように答えている。

nakata.jpg

「意図的に間違った情報を流して騒ぎを大きくしているとしか思えない。いかにも公安部らしいやり方です。その構図に乗るメディアも全く何をやっているのかと思います」

*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


(以下引用)

IS志願事件で家宅捜索された元教授「公安の情報操作」を告発
(NEWS ポストセブン 10月14日)
イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の志願兵になるため渡航しようとした男子学生(26)が10月6日に警視庁公安部に事情聴取された。さらに警 視庁は学生の渡航を手助けしようとしたとして、イスラム法学者の中田考・同志社大学元教授とジャーナリスト・常岡浩介氏の事務所を家宅捜索した。中田氏は 『週刊ポスト』の直撃にこう語った。

──日本人学生のイスラム国行きを手助けしたのか。

「知り合いのやっている秋葉原の古書店が、『シリアに行けば食っていけるらしい』と聞いて、冗談半分でイスラム国の兵士を募集する貼り紙を出しました。それを見て申し込んだ学生の相談が、私のところに持ち込まれたという経緯です」

──学生はシリアに行って何をするつもりだったのか。

「わかりません。ただ、『戦いに行く』『死にに行く』といっていました」

──捜査当局はあなたがイスラム国から依頼を受け、学生を集めたとみている。

全くの間違い。意図的に間違った情報を流して騒ぎを大きくしているとしか思えない。いかにも公安部らしいやり方です。その構図に乗るメディアも全く何をやっているのかと思います

──ジャーナリストの常岡氏も家宅捜索を受けた。

「海外経験もない若者が、シリアに簡単には行けません。常岡さんはイスラム国を取材しているので、私が『一緒に行ってやってほしい』と学生を紹介しました。なぜ常岡さんのところまで家宅捜索などするのか、全く理解できません」

──とはいえ、戦闘員募集をサポートしたことになる。

「私はただ、彼らが現地でイスラム国の人と一緒に暮らして信頼を得て、そして世界への交渉役になってくれればと思っただけです」

※週刊ポスト2014年10月24日号


(以上引用)


*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


読売新聞が≪元教授、北大生にビザ不要の「経由国」教える≫のタイトルで、なんだと思ったらツイッターでやり取りしていたと公安からのリーク情報をなんだか自信満々に次のように書いている。

≪イスラム研究家の中田考・元大学教授(54)が簡易投稿サイト「ツイッター」を通じ、北大生にシリアへの渡航方法を教えていたことが同庁幹部への取材でわかった。≫



箇条書きにすると、(しなくても短い記事だが…)

北大生は海外経験が全くなく、公安部は、中田元教授らの助言で計画が具体化していった

外国人戦闘員になることを希望していた北大生に、中田元教授はシリアの環境などを伝えていた

北大生はその後、中田元教授の助言を受け、トルコ経由でシリア入りすることに

航空券はフリージャーナリストの常岡浩介氏(45)が準備した。



*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


この記事に対する常岡氏のツイートが本エントリーのタイトルにもなったもので、皮肉を込めた真実だと思う。(タイトルの括弧は管理人)


関連のツイートも面白い・・・



まさに、警察、検察、役人の情報を自分の頭で考える事無く、ただ単に垂れ流す「記者クラブメディア」の実態がよくわかるというものだ。

参照記事:
「イスラム国」志願兵事件で家宅捜索 行き過ぎた権力暴走
(週刊ポスト2014年10月24日号A)

参照映像:
■清水勉氏:私戦予備・陰謀罪は秘密保護法の予行練習・公安警察に詳しい清水勉弁護士に聞く



最後までお読みいただきありがとうございます

強権政治の横暴を許さないと思う方はクリっとお願いします


官僚主導政治、役人天国から真の国民主権国家をあくまでも希求していくという方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

応援してくださる方は、拍手をお願いします



「広告」



Comments

Leave a Comment

知ってはいけない 隠された日本支配の構造
知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書)
炎上する世界経済 日本人だけが知らない国際金融の残酷な現実
炎上する世界経済 日本人だけが知らない国際金融の残酷な現実
戦略の地政学 ランドパワーVSシーパワー
戦略の地政学 ランドパワーVSシーパワー
ナチスの「手口」と緊急事態条項
ナチスの「手口」と緊急事態条項 (集英社新書)
リベラルという病
リベラルという病 (新潮新書)
安楽死で死なせて下さい
安楽死で死なせて下さい (文春新書 1134)
アジア辺境論 これが日本の生きる道
アジア辺境論 これが日本の生きる道 (集英社新書)
沖縄と国家
沖縄と国家 (角川新書)
犯罪「事前」捜査 知られざる米国警察当局の技術
犯罪「事前」捜査 知られざる米国警察当局の技術 (角川新書)
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
Page Selector
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか
文庫 最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか (草思社文庫)
CIAの秘密戦争――変貌する巨大情報機関
(激トーク・オン・ディマンド vol. 11)
CIAの秘密戦争――変貌する巨大情報機関 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
日本の「黒幕」100の名言
日本の「黒幕」100の名言
震災ジャンキー
震災ジャンキー
rakuad2
ネット右翼亡国論 桜井誠と廣松渉と佐藤優の接点
ネット右翼亡国論 桜井誠と廣松渉と佐藤優の接点
「いじめ」や「差別」をなくすためにできること
「いじめ」や「差別」をなくすためにできること (ちくまプリマー新書 283)
核大国ニッポン
核大国ニッポン (小学館新書 つ 3-1)
人はどうして犯罪に走るのか 『犯罪学』第5版の概略と解説
人はどうして犯罪に走るのか 『犯罪学』第5版の概略と解説
物言えぬ恐怖の時代がやってくる 共謀罪とメディア
物言えぬ恐怖の時代がやってくる 共謀罪とメディア
徹底解剖 安倍友学園のアッキード事件
徹底解剖 安倍友学園のアッキード事件
共謀罪の何が問題か
共謀罪の何が問題か (岩波ブックレット)
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
rakuad03
海の放射能に立ち向かった日本人 ビキニからフクシマへの伝言
海の放射能に立ち向かった日本人 ビキニからフクシマへの伝言
「テロ等準備罪」にだまされるな (「計画罪」は「共謀罪」そのものだ)
「テロ等準備罪」にだまされるな (「計画罪」は「共謀罪」そのものだ)
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
紙の爆弾 2017年 2月号
Kindle版
紙の爆弾 2017年 2月号 [雑誌]
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
日本会議の研究
日本会議の研究 (扶桑社新書)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
一億総選挙革命
一億総選挙革命 (veggy Books)
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
日々坦々twitter
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
Web Translate
Social bookmark
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
[スポンサードリンク] 2
 
 
IWJサポート
 
 
これから出る注目本
(予約可)
医者が教えない健康ホントの話 (別冊宝島)・・・大型本 宝島社 (2017/8/21発売予定)
医者が教えない 健康ホントの話 (別冊宝島)
ルポ 沖縄 国家の暴力・・・ 阿部 岳 (著) 朝日新聞出版 (2017/8/21発売予定)
ルポ 沖縄 国家の暴力
大惨事と情報隠蔽: 原発事故、大規模リコールから金融崩壊まで・・・ ドミトリ・チェルノフ (著), ディディエ・ソネット (著), 橘明美 (翻訳), 坂田雪子 (翻訳) 草思社 (2017/8/22発売予定)
ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ (岩波現代全書)・・・ 保坂 修司 (著) 岩波書店 (2017/8/24発売予定)
アメリカを動かす『ホワイト・ワーキング・クラス』という人々 世界に吹き荒れるポピュリズムを支える"真・中間層"の実体・・・ ジョーン・C・ウィリアムズ (著), 山田 美明 (翻訳) 集英社 (2017/8/25発売予定)
アメリカを動かす『ホワイト・ワーキング・クラス』という人々 世界に吹き荒れるポピュリズムを支える
反―寺山修司論 《復刻版》・・・ 永山 則夫 (著) アルファベータブックス; 復刻版 (2017/8/25発売予定)
米中「二大帝国」の戦争はもう始まっている ~アメリカの敗北と中国の野望、そして日本の生きる道~・・・ ベンジャミン・フルフォード (著) かや書房 (2017/8/29発売予定)
池上彰のこれが「世界のルール」だ! (文春文庫)・・・ 池上 彰 (著) 文藝春秋 (2017/9/5発売予定)
ナショナリズムの正体 (文春文庫)・・・ 半藤 一利 (著), 保阪 正康 (著) 文藝春秋 (2017/9/5発売予定)
永久属国論・・・ 山田 順 (著) さくら舎 (2017/9/7発売予定)
永久属国論
「なんとかする」子どもの貧困 (角川新書)・・・ 湯浅 誠 (著) KADOKAWA (2017/9/8発売予定)
ヤクザと介護 暴力団離脱者たちの研究 (角川新書)・・・ 廣末 登 (著) KADOKAWA (2017/9/8発売予定)
国民国家のリアリズム (角川新書)・・・ 三浦 瑠麗 (著), 猪瀬 直樹 (著) KADOKAWA (2017/9/8発売予定)
おい、マジか。池上彰の「ニュースを疑え!」・・・ 池上 彰 (著) 文藝春秋 (2017/9/14発売予定)
おい、マジか。池上彰の「ニュースを疑え!」
怖い中国食品、不気味なアメリカ食品 (講談社文庫)・・・ 奥野 修司 (著), 徳山 大樹 (著) 講談社 (2017/9/15発売予定)
チェ・ゲバラと共に戦ったある日系二世の生涯~革命に生きた侍~・・・ マリー前村=ウルタード (著), エクトル・ソラーレス=前村 (著), 伊高 浩昭 (監修), 松枝 愛 (翻訳) キノブックス (2017/9/16発売予定)
 
 
オンライン署名
 
 
raku3-2
 
 
インターネット政党 「新党憲法9条」
Inter.jpg
 
 
raku3-2-03
 
 
注目ブログ
 
 
「フォーラム4」に賛同します!
F4001.jpg
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
DMM3-2
ブランドバッグ、ドレス、家電レンタル
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
ad-Kindle
 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...