日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




古舘キャスターが番組内で朝日新聞社長を大批判!「もうちょっと事細かに謙虚に謝罪をしてほしかった…しかも8月5日の段階でなぜ謝罪ができなかったのか!」

Category: マスコミ   Tags: 朝日新聞  報道ステーション  古舘伊知郎  木村伊量    杉浦信之  恵村順一郎  東郷和彦  石原信雄  
朝日新聞社の社長と幹部二人が謝罪会見を行った。その同じ日、報道ステーションでそれまで取り上げてこなかった従軍慰安婦報道での「吉田証言」取り消し問題の検証報道を行った。

housute01

*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


朝日はこの数か月で三つの大きな問題を抱えていた。「従軍慰安婦報道での吉田証言取り消し」「池上彰氏のコラム掲載中止」「政府事故調が作成した吉田調書の誤報」で、散々謝罪がないと言われ続けてきたが、政府が「吉田調書」を公表したことで謝罪会見を開かざるを得なくなって出てきた格好である。

謝罪会見に現れたのは次の三人。
木村伊量 代表取締役社長
杉浦信之 取締役編集担当
喜園尚史 執行役員 知的財産・広報・ブランド推進・環境担当

会見


*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


会見を受けて古舘伊知郎氏が報ステの中で次のように語っていたのが印象的だった。

古舘

・「池上彰氏のコラム問題」について

役員が自分の判断で見送ったと言ったがどうして見送ったのかもっと詳しく聞きたかった


・「原発の吉田調書問題」について

なぜ記者が読み誤ったのか、間違いのプロセス、どうしてここまで誤報になったのかをきちっと説明してほしい


また「私の印象であるが」と前置きし、

主体が吉田調書であり、慰安婦問題に関する謝罪というのは、その後のいわば付け足しのように見えたという印象を正直もちました。


この後、朝日新聞の論説委員で報道ステーションのコメンテータの恵村順一郎氏が発言するが、その後、再び古舘氏は社長と朝日新聞の姿勢を痛烈に批判した。

「慰安婦問題」というのは存在するわけです当然、そこで社長自身も仰っておられました。あの訂正記事に関するところは大変自信を持っているということを何回か仰いました。
訂正に関して自信を持っているならば過ちを犯した部分に関して、もうちょっと事細かに謙虚に謝罪をしてほしかったという印象があります。しかも8月の5日の段階でなぜ謝罪ができなかったのかということを問い直していただきたい。



*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


報道ステーションのコメンテーターで朝日新聞論説委員の恵村順一郎氏は、今回の件で朝日新聞は読者に「三つの姿勢」を裏切ったと次のように語っていたのも印象的だった。

恵村

≪3つの点でご批判されたが、報道機関、言論機関の命というべき3つの姿勢を裏切ってしまった。

「吉田調書」・・・事実に謙虚であるということ

「慰安婦問題」・・・説明責任を尽くす

「池上問題」・・・多様な言論を大切にする


≪この三つを裏切ってしまった
原因をしっかり検証する
報道の使命をしっかり果たしていく≫



*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


続いて報道ステーションの「朝日新聞・従軍慰安婦検証記事についての特集」に関して、印象に残ったのが「河野談話」の作成に携わった当時の内閣官房長官だった石原信雄氏が、「吉田証言」は全く信用ならないと参考にしなかったと次のように語っている。

河野談話の作成の過程で「吉田証言」を直接根拠にして強制性を認定したものではない



石原信


その上で、日本政府が何を根拠に従軍慰安婦問題での強制性を認めたのかを明かしている。

初めは各省の倉庫、書類、その他を調べてたんですが、それだけでは不十分ということで、都道府県の公文書館とか
さらにはアメリカの公文書館とか、あらゆるところに手を伸ばして、当時の資料を調べた
んですが、最終的には慰安所の運営につきまして深く政府が関わっておったと…
それから慰安婦とされた人たちの輸送について安全を図ったほしいとか、あるいは慰安所の運営について衛生管理、あるいは治安の維持をしっかり頼むとう旨の文書は出てきたんですよ
・・・
宮沢内閣としては最終的に当事者の話を聞いてその心証から強制性の有無を判定するということが必要だというふうに決断したわけです。これは大きな政治決断だったと思います。≫



*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


また、元外交官の東郷和彦氏の話もかなりインパクトがあり「従軍慰安婦問題」に関する日本と世界との大きな認識の違いと温度差を突きつけられた。

東郷

2007年当時、国会で当時の安倍総理が従軍慰安婦に関する答弁で、「広義の解釈においては強制性があった」と強制性を広い意味と狭い意味に分ける議論をして世界でも話題になっている時に、東郷氏がアメリカで行われたあるシンポジウムに参加し「従軍慰安婦問題」で日本の立場を説明したら、ある方から次のように指摘されたという。

≪狭い意味での強制性があるかないかにこだわっている日本が世界の世論とかけ離れたところにいることをあなたは理解してないのではと・・・
一番のポイントは、
いま自分の娘が慰安所に送られていたらどう思うかというふうにこの問題を見ると、50年前60年前に何が起きたというふうには見ないんですよと…。あなたから見るとアンフェアかもしれないけど、これが世界の現実であり、女性の戦時性暴力を人道に対する罪というナチスのホロコーストと同じランクにあげてきている世界の大勢なんですよと≫
・・・
強制連行があったかなかったかという話は、世界では問題の本質では全くなくなってきている



参照映像:(資料ブログ)
動画:朝日新聞社の吉田調書訂正の緊急会見特集 慰安婦問題

動画&詳報:「吉田調書」めぐる報道で朝日新聞が記者会見


*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


内閣官房のHPに公表された「政府事故調査委員会ヒアリング記録」だが、やはりというか官僚の常套手段の姑息さというような「黒塗り」が目に付く。まあ、個人情報的なものが書かれていることは予想できるが、前後の文脈から「どうしても公表できない内容」が書かれてることは間違いないと思う。

内閣府


下記は福山哲郎へのヒアリング内容だ。

官房

全てを読んではないが、NHKスペシャルなどでの証言でも福山氏は結構赤裸々に語っているように思ったので覗いてみるとやはり、「黒塗り度」が高かった。まあ、それだけ真摯に答えている?というか役人にとって不都合なことをペラペラしゃべった?ともいえる。逆に北澤俊美などは予想通り、一か所だけ黒塗りだった。立場上ということもあるとは思うが…


*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


そして注目はやはり菅直人総理(当時)の証言だろう。

特に黒塗りが多いのが米国関連の内容である。少し今回のエントリーの趣旨と違う方向にいってしまうので該当箇所を貼るだけで論評は避けるが、米国はSPEEDIデータを早々に日本から提供されている事が明らかになっている。(参照)
その辺の米国からの要求や官邸内に米国の専門家が入り込む過程などが書かれているのではないかと推測しているが…

米国02
米国01

一連の朝日新聞騒動=「吉田証言の撤回」「「吉田調書」「池上問題」で、朝日新聞が弱体化させられている、という印象が強い。この数か月間で、これだけ大きな問題が次から次へと起きることの「不自然性」が気になるところ。

ブログ『くろねこの短語』では、「吉田調書」の本質は、「東日本潰滅」という危機的状況に日本が置かれていたんだっていう厳粛な事実だと指摘。また

≪吉田調書を含めた原発事故に関する調書が、これまで公開されずにいたってことこそ、いま問われなくてはいけない…この調書がもっと早くに公開されていたら、原発再稼働なんて、軽々しく口に出せなかった≫

と政府の隠蔽体質を批判している。

今回の公表に関して菅直人元首相がブログやツイッターで反論している内容を紹介している記事:
「吉田調書」公開 菅直人元首相、福島第一原発の撤退問題について「吉田所長と東電の言っていることに食い違い」
(huffingtonpost)


最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

賛同してくださる方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

応援してくださる方は、拍手をお願いします

テーマ : 報道・マスコミ    ジャンル : 政治・経済



「広告」



Comments

皆忘れてる
 1Fの退避問題は東電のTV会議の中で検討されてるんだよね。本店清水や武藤と2Fの所長が受け入れの方法なんかを話し合ってるよ。
 だから朝日の「命令違反」の方が正しいんだな。
そこを産経や読売翼賛新聞が隠して批判報道してるんだ。
 じゃあ何故朝日の社長は謝罪したのか?
 それは体制翼賛新聞になる為だと思うんだな。戦前と同じ道を行こうとしている訳だ。
緊急告知
【広瀬隆】9月23日の集会に関する緊急のおしらせ
URL http://hibi-zakkan.net/archives/40151725.html

全国のみなさま  広瀬隆です

 みなさまご存知の通り、怪しげなデング熱の流行のため、9月23日の大集会に
は代々木公園が使えなくなり、急遽、東京・台東区の「亀戸中央公園」に会場が変更になりました。
結局、東郷氏の言うことに尽きる。

また、昔の国連勧告の前提に吉田証言が資料として掲げられているという話もあるが、その文書作成者自身が、吉田証言を重視して書いたわけではないから取り消しや修正は不要、と言っているとおり、吉田証言なんてもともと信ずるに足りず、というのが以前からの一般的な考え。


日本のヘイトウヨク達が口にすることは世界では相手にされない。

極右の常識は世界の非常識ってことねw

誰が日本の名誉を毀損させてるのかはもはや明白。

極右連中は「反日売国」というコトバを専売特許のごとく多用するが、冷静に、感情的にならず落ち着いて、客観的にみてみれば、日本の国際的地位を貶めているのはそういうキョクウ連中自身であるということがよくよく理解できるだろう。
そもそも吉田証言なんてあらゆる立場の研究者が信憑性ナシと指摘されていたわけで(吉見氏が吉田氏に対して取り消しを要請したが拒否されたという事実もある)、これまで慰安婦研究は吉田証言を除外した上で積み重ねられてきた。また、河野談話が吉田証言を前提にして作成されたわけでもない。 従って吉田証言取り消しが、現在の慰安婦問題に影響を与えることは皆無なハズだが、バカウヨはこの吉田証言取り消しを理由に、慰安婦問題なんて存在しない、河野談話は取り消すべき、なんて支離滅裂なことばかりほざいている(大阪市議会でも維新+自民の賛成で意見書が可決されたとか)。ハッキリいって世界からみれば恥の上塗りで売国行為でしかないわな。

Leave a Comment

ama
私は真珠湾のスパイだった 新書版
私は真珠湾のスパイだった 新書版
日本会議の野望――極右組織が目論む「この国のかたち」
日本会議の野望――極右組織が目論む「この国のかたち」
「右翼」の戦後史
「右翼」の戦後史 (講談社現代新書)
核実験地に住む――カザフスタン・セミパラチンスクの現在
核実験地に住む――カザフスタン・セミパラチンスクの現在
日本の大問題 残酷な日本の未来を変える22の方法
日本の大問題 残酷な日本の未来を変える22の方法
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
Page Selector
前川喜平「官」を語る
前川喜平「官」を語る
嘘に支配される日本
嘘に支配される日本
フェイクの時代に隠されていること
フェイクの時代に隠されていること
平成を愚民の時代にした30人のバカ
平成を愚民の時代にした30人のバカ
保守と大東亜戦争
保守と大東亜戦争 (集英社新書)
エセ保守が日本を滅ぼす
エセ保守が日本を滅ぼす
面従腹背
面従腹背
「反グローバリズム」の逆襲が始まった
「反グローバリズム」の逆襲が始まった
権力と新聞の大問題
権力と新聞の大問題 (集英社新書)
よみがえる戦時体制 治安体制の歴史と現在
よみがえる戦時体制 治安体制の歴史と現在 (集英社新書)
rakuad2
権力の「背信」 「森友・加計学園問題」スクープの現場
権力の「背信」 「森友・加計学園問題」スクープの現場
追跡 日米地位協定と基地公害――「太平洋のゴミ捨て場」と呼ばれて
追跡 日米地位協定と基地公害――「太平洋のゴミ捨て場」と呼ばれて
断罪~政権の強権支配と霞が関の堕落を撃つ 次世代への日本再建論~
断罪~政権の強権支配と霞が関の堕落を撃つ 次世代への日本再建論~
rakuad03
公文書問題 日本の「闇」の核心
公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)
「安全神話」PRに加担した 原発とメディア マネー(1)
「安全神話」PRに加担した 原発とメディア マネー(1) (朝日新聞デジタルSELECT)
日米地位協定
日米地位協定
Black Box
Black Box
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
紙の爆弾 2017年 2月号
Kindle版
紙の爆弾 2017年 2月号 [雑誌]
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
スポンサードリンク3
 
 
注目ブログ
 
 
[スポンサードリンク]
 
 
これから出る注目本
(予約可)
池上彰の「天皇とは何ですか?」・・・ 池上 彰 (著) PHP研究所 (2018/7/20発売予定)
池上彰の「天皇とは何ですか?」
核兵器はなくせる (岩波ジュニア新書)・・・ 川崎 哲 (著) 岩波書店 (2018/7/21発売予定)
言論の飛礫(つぶて)不屈のコラム・・・ 鎌田 慧 (著) 同時代社 (2018/7/31発売予定)
言論の飛礫(つぶて)不屈のコラム
ブラック校則 理不尽な苦しみの現実・・・ 荻上 チキ (著, 編集), 内田 良 (著, 編集) 東洋館出版社 (2018/8/1発売予定)
ブラック校則 理不尽な苦しみの現実
日本衆愚社会 (小学館新書)・・・ 呉 智英 (著) 小学館 (2018/8/3発売予定)
袴田事件 これでも死刑なのか・・・ 小石 勝朗 (著) 現代人文社 (2018/8/6発売予定)
驚くべきCIAの世論操作 (インターナショナル新書)・・・ ニコラス・スカウ (著), 伊藤 真 (翻訳) 集英社インターナショナル (2018/8/7発売予定)
驚くべきCIAの世論操作 (インターナショナル新書)
図解版 老人の取扱説明書・・・ 平松 類 (著) SBクリエイティブ (2018/8/8発売予定)
図解版 老人の取扱説明書
神社崩壊・・・ 島田 裕巳 (著) 新潮社 (2018/8/9発売予定)
〈平成〉の正体 なぜこの社会は機能不全に陥ったのか (イースト新書)・・・ 藤井達夫 (著) イースト・プレス (2018/8/10発売予定)
使ってはいけない集団的自衛権 (角川新書)・・・ 菊池 英博 (著) KADOKAWA (2018/8/10発売予定)
日大の帝王 田中英壽理事長と巨大私学の伏魔殿・・・ 別冊宝島編集部 (編集) 宝島社 (2018/8/27発売予定)
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
オンライン署名
 
 
IWJサポート
 
 
raku3-2
 
 
raku3-2-03
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...