日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




写真週刊誌「FLASH」が発売日直前に自主回収!光文社は口を濁しネットでは憶測が飛び交っている…真相は如何に ?

Category: マスコミ   Tags: 写真週刊誌  FLASH  光文社  セレブ画像流出  iCloud  
発売日直前、でき上がっていた雑誌を「自主回収」するというのは滅多にないことなので、出版社に身を置いていた者としては非常に気になるニュースである。

フラッシュ(FLASH9/23号)
出典 :www.7netshopping.jp

*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


自主回収となった「FLASH」9月23日号の発行元、光文社のウェブサイトでは「一部記事に不備」があったとのことで、次のように書かれている。

≪【お知らせ】9月9日(火)発売予定のFLASHについて 掲載日:2014.09.08
2014年9月9日(火)発売予定のFLASH(2014年9月23日号)は、一部記事に不備がありましたので、発売を中止することといたしました。
読者の皆様をはじめ、関係者の皆様にご迷惑をおかけすることを深くお詫び申し上げます。 ≫



koubunnsha.jpg


取材に対して光文社の広報が次のように答えている。

「記事内容についてはコメントを差し控える。外的圧力は一切無く、社内で協議して発売中止を決めた」

参照


*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


「○○の記事で関係者には多大なご迷惑をお掛けして…」ならスッキリするのだが、ダンマリを決め込まれると、「相当大きな圧力がかかっているのでは」と様々な噂がネットを中心に飛び交っている。

まずは、このFLASH9月23日号にどのような記事が掲載されていたのか、この号のラインナップ、タイトルを並べてみた。
(これは絶対違うだろうという記事は除いた)
・錦織圭「年収30億円」跳躍の理由-小さなアジア人との二人三脚物語

・みのもんた次男はパパの会社に「チャリ通勤」-親バカ再出発!?
・熱愛!不倫!破局!スクープ<男&女スキャンダル>28年間のベスト
<反原発>ディレクター衝撃の自殺!テレ朝が古舘伊知郎を見限った!
・ロンブー亮「35年ローン」大丈夫か!?-都内に1億5千万円一戸建て
・新幹線50年・後編/零戦技術者たちが戦った悪魔の「大振動」!
・従軍慰安婦報道と酷似。吉田調書は意図的な虚報 辛坊治郎
・リーマンの家計簿/介護費用の現実-公設空きなし、民間は月々30万円
全米が震撼!海外セレブ美女プライベートSEX写真スキャンダラス流出

・国民的健康雑誌「壮快」に学ぶ<灰になるまでSEX>のススメ!
・数字は踊る/地震、雷、火事、親父

東京地裁をジャックした<黒い人々>の緊迫写真-暴力団組長ゴルフ裁判


http://www.zasshi.com/zasshiheadline/flash.htmlより


*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


既に流通され書店に並んでいる状態での回収など、裁判所からの出版差し止め請求が通ったなどとかはあるものの、発売直前でしかも自主回収というのは非常に珍しく、首都圏均衡の書店などには既に届いていて陳列するだけという状態にあり、鉄道関係の売店などには並べあるところもあるという状況である。

発売することのリスクが非常に高かったことがうかがえる。

フラッシュ(光文社)は1986年11月5日創刊で、先行して創刊されていたフライデー(講談社・1984年11月9日創刊)より2年遅れてスタートしたが、既に30年近くも継続して発行している写真週刊誌としては、かなり定着しているといえる。

日本雑誌協会が公表している部数は約21万4千部で、フライデーが約40万部ということだ。

でき上がった雑誌を発売できないということは、制作、印刷、流通など全ての経費を既に掛けているのにそれを回収できない、くわえて広告はゼロカウントという、出版社にとっては莫大な損失になる。

そうした大きな損失をしてでも発売中止にした背景について、当初は「報道ステのディレクターの自殺」か「暴力団組長ゴルフ裁判」の記事が怪しいとなっていた。

芸能ジャーナリストの渡邉裕二氏は、当初つぎのようにツイートしていた。


*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


そして現時点で真実味を持って噂されている内容は、例の「iCloud」からの海外セレブのプライベート画像流出がひっかかったというものだ。

iCloud.jpg


前出の渡邉裕二氏がその後つぎのようにツイートしていた。


その流出写真の中にロンドン五輪の女子体操団体総合で米代表金メダル、個人跳馬で銀メダルを獲得したマッケイラ・マロニー(18)のプライベートで撮ったヌード画像が、「未成年」(米国のほとんどの州が18歳成人)時のもので引っかかったというものだが、これを報じた記事の中でも説得力がないと書いているように、あまりピンとこない。(参照

参照:
セレブのヌード大流出、原因はiCloudの穴?

まあ、真相を薮の中であり闇に葬られるのだろうと思う。

この画像情報流出については、他人事ではない。

最近のスマートフォンアプリなどでは、登録している電話番号からメールアドレス、保存している画像や動画、位置情報やSDカードの中味までも、「使用します」「許可します」などに対して「同意」することが使用する条件となっている。

いわば、根こそぎ個人情報が覗かれているということだ。

まあ、スノーデン元CIA職員の証言でわかったように、我々の情報などはいとも簡単に抜き取られプールされ活用されているということを自覚することが肝要である。


最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

賛同してくださる方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

応援してくださる方は、拍手をお願いします

テーマ : 報道・マスコミ    ジャンル : 政治・経済



「広告」



 少子化問題は経済危機を引き起こし大学倒産危機につながっている。地方を若い女性に魅力あるものにしない限り、彼女達は地方を見限り消滅の危機に瀕するのだ。大学関係者の間で「2018年問題」という言葉が語られている。近年横ばい状態にあった18歳人口が、この年あたりから再び大きく減り始めることから、「倒産する大学が相次ぐ」との懸念が広がっているのだ。民間有識者による「日本創成会議」の分科会が公表した...

Comments

Leave a Comment

ama
誰が世界を支配しているのか?
誰が世界を支配しているのか?
実録・レイシストをしばき隊
実録・レイシストをしばき隊
決断のとき――トモダチ作戦と涙の基金
決断のとき――トモダチ作戦と涙の基金 (集英社新書)
ベルルスコーニの時代――崩れゆくイタリア政治
ベルルスコーニの時代――崩れゆくイタリア政治 (岩波新書)
ジハード大陸:「テロ最前線」のアフリカを行く
ジハード大陸:「テロ最前線」のアフリカを行く
公文書問題 日本の「闇」の核心
公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)
Page Selector
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
琉球独立は可能か
琉球独立は可能か
新聞社崩壊
新聞社崩壊 (新潮新書)
さまよう民主主義 アウトサイダーの台頭は政党政治の終焉なのか
さまよう民主主義 アウトサイダーの台頭は政党政治の終焉なのか (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)
炎と怒り――トランプ政権の内幕
炎と怒り――トランプ政権の内幕
団塊絶壁
団塊絶壁 (新潮新書)
不当要求・クレーマー撃退のポイント50
不当要求・クレーマー撃退のポイント50
子どもの人権をまもるために (犀の教室)
子どもの人権をまもるために (犀の教室)
知らないではすまされない自衛隊の本当の実力
知らないではすまされない自衛隊の本当の実力 (SB新書)
保守と立憲 世界によって私が変えられないために
保守と立憲 世界によって私が変えられないために
ヘイト・クライムと植民地主義 (反差別と自己決定権のために)
ヘイト・クライムと植民地主義 (反差別と自己決定権のために)
rakuad2
「賢い愚か者」の未来:政治、経済、歴史、科学、そして人間――「深層」へのアプロー
「賢い愚か者」の未来:政治、経済、歴史、科学、そして人間――「深層」へのアプローチ
金子勝先生のやさしい憲法教室 ──自民党「日本国憲法改正草案」をきる 〈第一巻〉
金子勝先生のやさしい憲法教室 ──自民党「日本国憲法改正草案」をきる 〈第一巻〉
なぜ「やらせメール」に手を染めたか 原発世論操作のカラクリ
なぜ「やらせメール」に手を染めたか 原発世論操作のカラクリ (朝日新聞デジタルSELECT)
「安全神話」PRに加担した 原発とメディア マネー(1)
「安全神話」PRに加担した 原発とメディア マネー(1) (朝日新聞デジタルSELECT)
日米地位協定
日米地位協定
Black Box
Black Box
rakuad03
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
紙の爆弾 2017年 2月号
Kindle版
紙の爆弾 2017年 2月号 [雑誌]
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
スポンサードリンク3
 
 
注目ブログ
 
 
[スポンサードリンク]
 
 
これから出る注目本
(予約可)
チェルノブイリという経験――フクシマに何を問うのか・・・ 尾松 亮 (著) 岩波書店 (2018/2/22発売予定)
貴の乱 日馬富士暴行事件の真相と日本相撲協会の「権力闘争」・・・ 鵜飼 克郎 (著),‎ 岡田 晃房 (著),‎ 別冊宝島特別取材班 (著) 宝島社 (2018/2/22発売予定)
貴の乱 日馬富士暴行事件の真相と日本相撲協会の「権力闘争」
記者襲撃 赤報隊事件30年目の真実・・・ 樋田 毅 (著) 岩波書店 (2018/2/22発売予定)
記者襲撃 赤報隊事件30年目の真実
日本の情報機関は世界から舐められている 自衛隊情報下士官が見たインテリジェンス最前線・・・ 宮田敦司 (著) 潮書房光人社 (2018/2/24発売予定)
日本の情報機関は世界から舐められている 自衛隊情報下士官が見たインテリジェンス最前線
問題は右でも左でもなく下である。・・・ 適菜 収 (著) ベストセラーズ (2018/2/24発売予定)
日報隠蔽 南スーダンで自衛隊は何を見たのか・・・ 布施 祐仁 (著),‎ 三浦 英之 (著) 集英社 (2018/2/26発売予定)
日報隠蔽 南スーダンで自衛隊は何を見たのか
祇園秘話 日本一の花街と昭和の偉人たち (宝島SUGOI文庫)・・・ 岩崎 究香 (著) 宝島社 (2018/2/26発売予定)
成年後見制度の闇(仮)・・・ 長谷川学 (著),‎ 宮内康二 (著) 飛鳥新社 (2018/2/28発売予定)
シリアの秘密図書館 (瓦礫から取り出した本で図書館を作った人々)・・・ デルフィーヌ・ミヌーイ (著),‎ 藤田 真利子 (翻訳) 東京創元社 (2018/2/28発売予定)
全電源喪失の記憶: 証言・福島第1原発 日本の命運を賭けた5日間 (新潮文庫)・・・ 共同通信社原発事故取材班 (著),‎ 高橋 秀樹 (著) 新潮社 (2018/2/28発売予定)
保守の遺言:JAP.COM衰滅の状況 (平凡社新書)・・・ 西部 邁 (著) 平凡社 (2018/3/1発売予定)
保守の遺言:JAP.COM衰滅の状況 (平凡社新書)
米軍の北朝鮮爆撃は6月! 米、中が金正恩体制破壊を決行する日・・・ 副島隆彦 (著) 光文社 (2018/3/2発売予定)
米軍の北朝鮮爆撃は6月!  米、中が金正恩体制破壊を決行する日
「平和をつくる」を仕事にする (ちくまプリマー新書)・・・ 鬼丸 昌也 (著) 筑摩書房 (2018/3/5発売予定)
知ったらひっくり返る この国《裏政界と裏科学》超奥底の秘密 日本解体を無効化する複合発酵篇・・・ 韓 永學 (編集),‎ 大塚 一美 (編集),‎ 浮田 哲 (編集),‎ 田島 泰彦 (その他) 花伝社 (2018/3/16発売予定)
権力vs市民的自由――表現の自由とメディアを問う
権力vs市民的自由――表現の自由とメディアを問う・・・ 髙嶋 康豪 (著),‎ 藤原 直哉 (著) ヒカルランド (2018/3/6発売予定)
知ったらひっくり返る この国《裏政界と裏科学》超奥底の秘密  日本解体を無効化する複合発酵篇
世界を動かす【国際秘密力】の研究 トランプ大統領のパフォーマンスは《隠された支配構造》をえぐり出す・・・ ベンジャミン・フルフォード (著),‎ クリス・ノース (著) ヒカルランド (2018/3/20発売予定)
世界を動かす【国際秘密力】の研究 トランプ大統領のパフォーマンスは《隠された支配構造》をえぐり出す
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
オンライン署名
 
 
IWJサポート
 
 
raku3-2
 
 
インターネット政党 「新党憲法9条」
Inter.jpg
 
 
raku3-2-03
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...