小沢節炸裂!朝日新聞の「民主に統一会派持ちかけた」との捏造記事に一喝!「従軍慰安婦」の大失点で自分をダシに野党再編を邪魔して自民党に阿っていると…

東京ローカルのMXテレビに小沢さんが生出演した。

ozawa.jpg

ロンドンブーツの田村淳とジャーナリストの上杉隆氏がタッグを組むTOKYO MXの生放送番組『淳と隆の週刊リテラシー』(毎週土曜 後5:00)≪今回のゲストは生活の党代表・小沢一郎氏。第2次安倍政権600日。剛腕小沢一郎は、安倍政権をどう評価する?集団的自衛権・アベノミクス・野党再編は?後半は、視聴者の皆様からの質問メールを大募集!小沢氏に生質問をぶつけます!真実か否かあなたのリテラシーが問われます!番組HPより ≫

*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


番組終了後、感想として番組HPに次のように書かれている。

≪8月23日(土)本日はゲストに生活の党代表・小沢一郎さんをお迎えしてお送りしました!
奈々ちゃんは小沢さんを昨日まで苦手意識があったと告白(笑)
でも今日お会いして大好きになったそうです(笑)
放送後記を書いている私も、実際お会いして、
MXテレビに出て頂き思ったんですが、良く笑う方だなと・・・。
新聞や他のテレビでは奈々ちゃん同様
「怒っている」「ムスッとしている」印象が強く、
笑顔の小沢さんは何だか新鮮でした!
そしてとっても気さくな方でした!!

今日はたくさん貴重なお話をお伺いできて
皆さん、いかがでしたか??

以前、鳩山さんにも来て頂きましたが、小沢さんとは仲が宜しいそうで、今度は二人で来て頂きたいですね!(豪華すぎますね・・・)

さて、本日の世論調査では
ヘイトスピーチを法規制すべきだと思いますか?
という質問でしたが結果は思わないが少し多かったですね。≫



*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


内容はかなり面白かったので通して見られることをおススメする。

映像:


淳と隆の週刊リテラシー20140823 投稿者 patisserie96-sudo



*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


朝日新聞は従軍慰安婦記事の失策で小沢一郎を叩くことで自民党に媚びを売っている!


この中で表題にもあるように朝日新聞がなんら取材もせずに書いている憶測記事というか捏造記事を糾弾し、その動機までも見事に論破した。

窮地の小沢氏、頼みは古巣 統一会派持ちかけ→民主は慎重姿勢
(2014年8月20日05時00分)

asahi.jpg


要は窮地に陥っている小沢一郎代表が、「古巣」の民主党に国会で統一会派を組もうと持ちかけ起死回生を図ろうとしているというもの。その経緯などを「険のある書き方」で小沢さんを扱き下ろしている。

有料記事なので書いている内容を独自に要約してみる。

消費増税に反対して衆参国会議員47人と民主党を離れたが、今は衆参9人の小所帯に落ち込み、最近では消費増税にも理解を示している。そんな中で小沢さんが頼ったのが、野党による統一会派を呼びかけている古巣の海江田民主党だが、民主内では小沢アレルギーが強く小沢さんたちの離党が野党転落につながったと考えている議員も多く、もし小沢さん組めば党が分裂する事態になると憂いているというものだ。
いわば小沢一郎は疫病神だから民主党は組まないほうがいいと言いたいのだろう。

この記事に関して聞かれ小沢さんは次のような事を言っていた。
≪私から民主党に話かけたことはない。この記事に関しては、一切取材を受けていない。
朝日新聞ね、従軍慰安婦問題で自民党では「朝日新聞けしからんと社長を証人喚問せよ」という与党におもねって書いた、ボクを題材にして…
読売や産経は体制側、自民党政治を支援する側ではっきりしている。朝日は自民党ではダメだと野党共闘を言ったと思っていたら、この記事は野党の協力関係にマイナスの記事を書いている。

「小沢の悪口書いているよ」とアピールして今の状況から脱すべく自民党におもねっているだけ。



*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


以下、小沢発言要約


野党が選挙協力ができれば、自民党に勝てる!


先の衆院選挙でも自民党政治を良いと思っている人は増えてはいない。

1000万人以上の人が棄権してしまった。

本当は自民党に代わる受け皿さえできれば、国民はそっちを選ぶはず。

先日、滋賀県知事選挙があり、当初は自民党推薦候補が圧倒的有利だったのが、逆転して非自民候補が当選した。

民主党が采配を振って選挙協力をすれば勝てる。

野党が協力して一人に絞る

一対一ならほとんど勝っている。


検察、国家権力、日本の民主主義の危機

総選挙の半年前に、次に政権とるかもしれないと思われている野党の党首を、検察官が権力でもって何の証拠も無いのに強制捜査して事実上引きづり降ろしたわけですね。

これはもう民主主義国家じゃないですね。

後進国の独裁国家のような検察権力の濫用ですから、これが日本の民主主義にとって本当に深刻だと思います。

何かあれば検察に面白くない奴だと思われたら全部やられます。政治家だけじゃない、誰でも…

検察や検察のご機嫌をうかがっていなければ、何もできなくなる。証拠も無くてもやるんだから…


まさに日本の民主主義の危機は未だ続いている。


最後までお読みいただきありがとうございます

強権政治の横暴を許さないと思う方はクリっとお願いします


官僚主導政治、役人天国から真の国民主権国家をあくまでも希求していくという方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

応援してくださる方は、拍手をお願いします

コメント

非公開コメント

トラックバック

電気産業も転換期・自動車向け事業に生き残りをかけているが、中国メーカーの急追が急

 電気産業も転換期・自動車向け事業に生き残りをかけているが、中国メーカーの急追が急。電機各社の自動車向け事業が、熱を帯びてきた。カメラやレーダーなどを使い、運転の安全性を高める先進運転支援システム(ADAS)や、自律型の自動運転技術の開発で、半導体をはじめとした製品の商機が拡大しているためだが、収益源だったスマートフォンむけは足元で中国メーカーが急速にシェアを拡大、に関連する最新のWeb情報...