日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




袴田巌さんの罪をデッチあげた刑事・検事・裁判官…全員実名で告発!(週刊現代)&「袴田救済ファンド」

Category: 政治   Tags: 週刊現代  袴田事件  吉村英三  松本久次郎  冤罪事件  袴田救済ファンド  
先日の週刊現代に「袴田事件をデッチ上げた男たち」との記事が掲載された。

袴田巌さんは、48年にも及ぶ拘禁で健康状態も悪く、精神的にも未だにお姉さんを認識できずにいるという。袴田弁護団を中心に「袴田救済ファンド」という基金が作られたということだ。

この犯罪ともいえる冤罪製造装置と化した刑事・検事・裁判官は許していてはいけない。

cover_gen20140412.jpg(2014/4/12/19号)
<タイトル>
袴田巌さんの罪をデッチあげた刑事・検事・裁判官…全員実名で告発!

*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


先回エントリーした≪袴田事件を作り上げた警官の松本久次郎警部、岩本広夫、松本義男、森田政司、 検事の岩成重義、裁判官の石見勝四、高井吉夫は万死に値する!≫では、この冤罪事件をデッチ上げた張本人とも呼べる検事が、なぜか抜けてしまっていた。以下、この記事にあった実名を抜粋させていただく。

<リード>
≪48年もの間、死と隣り合わせで生きる恐怖とはいかばかりか。矛盾だらけのシナリオを成立させるために結託したエリートたちには、到底わかるまい。人の命はそんなに軽いものではない。≫

袴田厳さんの捜査と裁判にかかわった主な刑事・検事・裁判官一覧

刑事:逮捕から起訴まで連日12時間以上の強引な取り調べを行い、袴田さんに「自白」を強要した

松本久次郎警部(捜査班長。取り調べ回数は最多)

岩本広夫 警部補(取り調べなど捜査に従事)

住吉親 警部補(現金入り封筒を送った女を取り調べ)'07年春に瑞宝双光章を受賞している

松本義男 巡査部長(自白をとるも公判では不採用)
'99年秋に勲六等単光旭日章を受章している。


森田政司 巡査部長(血の付着したパジャマを発見)

検事:警察の捜査をチェックすべき検事が、刑事と同じく「自白」を強要。公判では死刑を求刑

吉村英三 静岡地検捜査検事(自白をとる。公判で採用)

岩成重義 静岡地裁公判検事(一審で死刑を求刑)

猪囗民雄 東京高裁公判検事(控訴棄却を主張)

竹村照雄 最高裁公判検事(上告棄却を主張)

裁判官:刑事の違法な取り調べを認めつつ「死刑」とした一審判決を、すべての裁判官が追認した

熊本典道 一審裁判官(死刑判決文を書く。後に謝罪)

石見勝四 ―審裁判長(死刑判決を下す)

横川敏雄 東京高裁裁判長(控訴棄却)

宮崎梧一 最高裁裁判長(上告棄却

鈴木勝利 静岡地裁裁判長(再審請求棄却)

安廣文夫 東京高裁裁判長(再審請求即時抗告棄却)
村木厚子現厚生労働事務次官を冤罪に陥れた郵便不正事件の検証アドバイザーに選ばれている

今井功 最高裁裁判長(再審請求特別抗告棄却)

その他の裁判官:一審の熊本裁判官以外、誰一人、間違いを認めていないし謝罪もしていない

高井吉央(一審裁判官・死刑判決)以下、カッコ内は当時の肩書・出した判決

中西武夫、柏井康央(東京高裁裁判官・控訴棄却)

塩野宜慶、塚本重頼、木下忠良、栗本―央(最高裁裁判官・上告棄却)

内山梨枝子、伊東一廣(静岡地裁裁判官・再審請求棄却)


竹花俊徳、小西秀宣(東京高裁裁判官・再審請求即時抗告棄却)

古田佑紀、中川了滋、津野修(最高裁裁判官・再審請求特別抗告棄却)


これらのフザケタ腐れ裁判官にプラスして先回のエントリーでの「足利事件」と「飯塚事件」における、同じく「地獄行き確定」最高裁判事の方もよろしくお願いします。

足利事件と飯塚事件に関わった特に醜悪な最高裁判事の実名を晒しとく…滝井繁男、津野修、今井功、中川了滋、古田佑紀、亀山継夫、河合伸一、福田博、北川弘治、梶谷玄


*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


「袴田事件をデッチ上げた張本人」
本文より

松本久次郎 警部

≪静岡県警の元警部補の話
「家宅捜索責任者の松本久次郎警部に『袴田の実家のダンスを探せ』と指示されたとおりに捜索したら、共布が出てきた。自分は県警本部から応援組として派遣されたんですが、『なんで公判中の事件のガサ入れに付き合わねばならんのだ』と思っていました」
松本警部(当時、以下同)は最も多く袴田さんの取り調べを行った捜査班長。証拠を応援組に発見させ、客観性を持たせようとしたとすればあまりに姑息だ。
救う会幹部が続ける。
「共布は味噌に潰かっていなかったから変色していない。それなのに松本警部はすぐに『タンクで発見されたズボンの共布だ』と指摘した。なぜ即座に見分けがついたのか?」
 捜査班は「カネに困った袴田さんが強盗目的で専務一家を襲った」というシナリオを描いたが、専務のスーツのポケットに入っていた財布などが物色された形跡はなかった。
 「すると今度は5万円が入った差出人不明の封筒が清水郵便局に届くわけです。ご丁寧に1万円札のシリアルナンバーが焼き消されていて、『袴田に送るよう頼まれた』という証言者の女まで現れた。しかし、この女は袴田さんと親しくない人物だった。この一件も警察によるデッチあげだったことが公判で判明しています」(前出・山本氏)≫



吉村英三 静岡地検捜査検事
吉村調書は警察の取った調書とほとんど同じ内容であるにもかかわらず、唯一証拠採用されていたとのこと。

吉村

「救う会」の後藤氏が、この吉村検事がこの冤罪事件を生んだ主犯だと指摘している。

この冤罪事件デッチ上げ後、長崎地検佐世保支部長、東京高検検事、甲府地検次席検事、仙合地検検事正と順調に出世。'02年春の叙勲で勲二等瑞宝章を受章。

彼は横浜市金沢区に法律事務所を構え、地元のローターリークラブ会員として悠々自適な生活を送っているのかもしれない。

この二人は謝罪しなければ、全く反省もしていないようだ。こうした「責任を取らない」悪慣習が、役人、特に官僚組織の中には蔓延っていて、同時に「正義」などを持ち出したならば、組織から排除され干されるという、日本社会をダメにしている大きな要因となっていると思う。


*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


以下は「袴田救済ファンド」に関して転載しておくことにする。
http://plaza.rakuten.co.jp/yyy0801/diary/201404080000/?scid=we_blg_tw01

袴田巌さんのための募金をお願い致します

3月27日、待ちに待った袴田巌さんが解放されました。
今までのご支援、ありがとうございました。
しかしながら、今後、再審公判で無罪になり、刑事補償を受けるときまでは、まだ相当の時間を要することは確実です。48年間の拘禁のため、巌さんの健康状態は完全ではありません。その間、巌さんの生活を支えなければなりません。

 そこで、私たちは、袴田救済ファンドという基金を作り、広く募金をお願いし、今後の費用を賄っていきたいと考えています。ご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。

2014(平成26)年3月30日
袴田事件弁護団
団長 西嶋勝彦

下記の口座に一口1000円以上で、余裕のある方は10口程度をめどに振り込んでいただけると幸いです。今後、銀行にも、口座を開設する予定です。

ゆうちょ銀行 二三八支店
普通 3833391
名義人 岡島順治

郵便局から振り込む場合は手数料の関係でこちらが便利です。番号が似ていますが違いますのでお気を付け下さい。

記号 12350
番号 38333911
名義人 岡島順治


少し補足します。
袴田さんが、解放されて、明日で二週間になります。
袴田さんが釈放されたそのこと自体は、とてつもなく素晴らしいことで、ご親族、弁護団、支援者などの関係者すべてが喜んでいることなのですが、目下「袴田さんの生活を実際、どのように支えていくか」ということが喫緊かつ日々直面している現実的な課題です。

何しろ、袴田さんが拘禁されていた期間は、48年間です。
この期間に袴田さんが心身に受けた傷は、私たちの想像をはるかに超えた深さであり、釈放されたからといって、すぐに癒える性質の傷ではありません。
医療や福祉をはじめとする様々なサポートが不可欠です。
当然のことながら、これらのサポートは、無償ではありません。

一方で、袴田さんは、78歳のご高齢である上、上記の心身の状況を踏まえると、とてもお仕事ができる状態ではありません。
仮に心身共にお元気な方でも、48年間も社会から隔絶されていたら、お仕事以前に、現代社会に順応するだけでも相当な努力が必要になることは、どなたでも想像できることだと思います。

つまり、袴田さんは、無職無収入で、日々、心身の傷と向き合いながら生活をしていかなければならない。これが、現実です。

もし、袴田さんが、「無罪の裁判を受けた者」(刑事補償法1条)であれば、「一日千円以上一万二千五百円以下の割合による補償金」(同法4条)の交付を受けることができます。
無実の罪で死の恐怖に耐えて独房で過ごしていた日々の代償が最高でも一日12500円?という疑問はさておくとしても、とにかく、補償する仕組みは存在します。

しかし、あれ程、毅然とした再審開始決定を得ながら、袴田さんは、今尚、「無罪の裁判を受けた者」ではありません。
この決定は、文字通り、裁判のやり直しである「再審」を開始するという意味の決定です。
静岡地方検察庁は、この決定自体を取り消すべきだと主張し、東京高等裁判所に即時抗告しているため、袴田さんは、「無罪の裁判を受けた者」どころか、そもそも、無罪の裁判を受ける前提である「再審」公判を受けられるかどうか自体が、不明確な状態にあるのです。

前例を基準とすると、即時抗告審、その上級審である特別抗告審が終結し、再審公判が始まり無罪判決が確定するまで、数年単位の時間が掛かると考えるのが現実的な見立てです。

つまり、無罪判決が確定し、刑事補償を受けられるまでの数年間(と見込まれる期間)、袴田さんは、自助努力での生活を強いられるわけですが、この期間を乗り切って行くために、一人でも多くの方に、ご支援をお願いできないでしょうか、というのが今回の呼びかけの趣旨です。

なお、口座の名義人は、弁護団の中心メンバーのお一人である岡島順治弁護士です。岡島弁護士は、「袴田基金」等の名称を口座名義にしようとご尽力されていたのですが、ゆうちょ銀行では、上記のような名称の口座を開設できないということで、やむなく、個人名義での開設になったということです。

袴田さんの身に起きたことは、決して他人事ではありません。
一口からでも構いませんので、どうかご協力頂けないでしょうか。
何卒宜しくお願い申し上げます。



最後までお読みいただきありがとうございます

刑事、検事、裁判官のデッチ上げを許さないと思う方はクリっとお願いします


官僚主導政治、役人天国から真の国民主権国家をあくまでも希求していくという方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

応援してくださる方は、拍手をお願いします



「広告」



最近になり、日弁連(日本弁護士連合会)からアクセスがありました。ブログを見た方が通報して下さったのかも知れません。そうであればあらためて感謝申し上げます。ありがとうござ ...

Comments

袴田さんは殺ってないと思います。
私は袴田さんの拘束された年月さえも生きていない若輩者ですが、ネット等で彼の人物像を調べれば調べるほど悪人とは対極に生きていたんだなと思いました。
杜撰で暴力的な取調とか 司法によって袴田さんのような善良な一市民が不当に扱われるのは心苦しく思います。
冤罪によって犯人に仕立てあげられるのは決して他人事ではないという事実も恐ろしい事であります。
思考盗聴被害者のアテクシも期待していいのかな

ん?

Leave a Comment

ama
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
使ってはいけない集団的自衛権
使ってはいけない集団的自衛権 (角川新書)
〈平成〉の正体 なぜこの社会は機能不全に陥ったのか
〈平成〉の正体 なぜこの社会は機能不全に陥ったのか (イースト新書)
マスコミ偽善者列伝 建て前を言いつのる人々
マスコミ偽善者列伝 建て前を言いつのる人々
神社崩壊
神社崩壊 (新潮新書)
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
Page Selector
驚くべきCIAの世論操作
驚くべきCIAの世論操作 (インターナショナル新書)
日本衆愚社会
日本衆愚社会 (小学館新書)
袴田事件 これでも死刑なのか
袴田事件 これでも死刑なのか
図解 老人の取扱説明書
図解 老人の取扱説明書
言論の飛礫(つぶて)不屈のコラム
言論の飛礫(つぶて)不屈のコラム
ブラック校則 理不尽な苦しみの現実
ブラック校則 理不尽な苦しみの現実
日本会議の野望――極右組織が目論む「この国のかたち」
日本会議の野望――極右組織が目論む「この国のかたち」
「右翼」の戦後史
「右翼」の戦後史 (講談社現代新書)
前川喜平「官」を語る
前川喜平「官」を語る
嘘に支配される日本
嘘に支配される日本
面従腹背
面従腹背
rakuad2
権力の「背信」 「森友・加計学園問題」スクープの現場
権力の「背信」 「森友・加計学園問題」スクープの現場
追跡 日米地位協定と基地公害――「太平洋のゴミ捨て場」と呼ばれて
追跡 日米地位協定と基地公害――「太平洋のゴミ捨て場」と呼ばれて
断罪~政権の強権支配と霞が関の堕落を撃つ 次世代への日本再建論~
断罪~政権の強権支配と霞が関の堕落を撃つ 次世代への日本再建論~
rakuad03
公文書問題 日本の「闇」の核心
公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)
日米地位協定
日米地位協定
Black Box
Black Box
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
紙の爆弾 2017年 2月号
Kindle版
紙の爆弾 2017年 2月号 [雑誌]
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
スポンサードリンク3
 
 
注目ブログ
 
 
[スポンサードリンク]
 
 
これから出る注目本
(予約可)
スノーデン 監視大国 日本を語る (集英社新書)・・・ エドワード・スノーデン (著), 国谷 裕子 (著) 集英社 (2018/8/17発売予定)
スノーデン 監視大国 日本を語る (集英社新書)
監視社会と公文書管理――森友問題とスノーデン・ショックを超えて・・・ 三宅 弘 (著) 花伝社 (2018/8/17発売予定)
監視社会と公文書管理――森友問題とスノーデン・ショックを超えて
日本転覆テロの怖すぎる手口 スリーパー・セルからローンウルフまで (PHP新書)・・・ 兵頭 二十八 (著) PHP研究所 (2018/8/18発売予定)
日本転覆テロの怖すぎる手口 スリーパー・セルからローンウルフまで (PHP新書)
「新自由主義」の妖怪――資本主義史論の試み・・・ 稲葉 振一郎 (著) 亜紀書房 (2018/8/24発売予定)
「新自由主義」の妖怪――資本主義史論の試み
まんがで簡単にわかる! テレビが報じない精神科のこわい話 新・精神科は今日も、やりたい放題・・・ 内海 聡 (著), くらもとえいる (著) ユサブル (2018/8/24発売予定)
まんがで簡単にわかる! テレビが報じない精神科のこわい話 新・精神科は今日も、やりたい放題
日大の帝王 田中英壽理事長と巨大私学の伏魔殿・・・ 別冊宝島編集部 (編集) 宝島社 (2018/8/27発売予定)
日大の帝王 田中英壽理事長と巨大私学の伏魔殿
大人の道徳 (扶桑社新書)・・・ 中小路 徹 (著) 洋泉社 (2018/9/4発売予定)
大人の道徳 (扶桑社新書)
脱ブラック部活 (新書y)・・・ 中小路 徹 (著) 洋泉社 (2018/9/4発売予定)
政治の哲学 (ちくま新書)・・・橋爪 大三郎 (著) 筑摩書房 (2018/9/5発売予定)
日本が壊れていく (ちくま新書)・・・ 斎藤 貴男 (著) 筑摩書房 (2018/9/5発売予定)
人間関係をリセットして自由になる心理学 (詩想社新書)・・・ メンタリスト DaiGo (著) 詩想社 (2018/9/7発売予定)
人間関係をリセットして自由になる心理学 (詩想社新書)
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
オンライン署名
 
 
IWJサポート
 
 
raku3-2
 
 
raku3-2-03
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...