Nスペ「メルトダウン4放射能"大量放出"の真相」はよかった!安倍政権べったりのNHKで吉田賢治デスクは大丈夫か?

3月16日に放映したNHKスペシャル「メルトダウン File.4放射能"大量放出"の真相」は、最近のNHKの番組の中では意外だったが、結構、踏み込んだものだった。

yosida.jpg
(取材デスク吉田賢治氏)

最後のプロデューサーだろうか、引きつったような顔で、政権批判ともとられるような、「まだ福島原発事故は終わっていない」などと語っていたのが印象的だった。

*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


それはあたかも、私には「これだけ大きな事故を起こしておきながら検証はまだ道半ばであり、その上での原発再稼働などは絶対にありえない」と聞こえた。

その引きつった顔が、震災からちょうど一年後の2012年3月11日の報道ステーション特番で古舘伊知郎氏が生放送で「原子力ムラ」からの圧力があることを示唆し「番組を切られても本望」と言ったときの事を思い起こさせる雰囲気だった。

と、ここまで書いて、どうしてももう一度「Nスペ」の最後の部分を見たくなりネットで映像を探したらあったので、その部分だけ書き起こしてみた。

取材デスクの吉田賢治という方だった。

(以下、書き起こし)

≪福島第一原発のような事故を二度と起こしてはいけません。
そのためには、多くの課題を置き去りにしたまま、検証を止める事は決してあってはなりません。
事故の教訓が本当の意味で踏まえられているのか。
これほどの影響を及ぼした事故の検証が、まだ道半ばであることを忘れず、
問い続けていく事が求められています。


こうして書き起こすと、最初に聞いた印象とあまりかけ離れては無かったことがわかった。


*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


せっかくだから、ついでに古舘氏の言説を書きとどめておくことにする。(コピペで)

≪「『報道STATION』ではスペシャル番組として、去年の12月28日の夜、原発の検証の番組をお送りしました。津波で原発が壊れたのではなく、それ以前の地震によって一部、(福島)第1原発のどこかが損壊していたのではないかという、その追求をしました。今回、このスペシャル番組で、その追求をすることはできませんでした。"原子力ムラ"というムラが存在します。都会はこことは違って目映いばかりの光にあふれています。そして、もう一つ考えることは、地域で、主な産業では、なかなか暮らすのが難しいというときに、その地域を分断してまでも、積極的に原発を誘致した、そういう部分があったとも考えています。その根本を、徹底的に議論しなくてはいけないのではないでしょうか。私はそれを、強く感じます。そうしないと、今、生活の場を根こそぎ奪われてしまった福島の方々に申し訳が立ちません。私は日々の『報道STATION』の中でそれを追求していきます。もし圧力がかかって、番組を切られても、私は、それはそれで本望です。また明日の夜、9時54分にみなさまにお会いしたいです。おやすみなさい」≫

参照

音声:



*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


NHKの吉田氏も、今や安倍お友達テレビと化しているNHKだから、飛ばされなければいいが…。

昨今のNHKの劣悪さはあまりに酷く、公共放送とは絶対に言えない偏向報道、隠蔽し真実を伝えない独裁国会の国営放送の域にまで達しているといえる。

月刊SAPIOの第二特集でタイトル部分だけ紹介したツイート(下記)が、かなりの反響があったので貼っておく。

雑誌の内容に関しては、あらためてエントリーしてみたい。

最近のNHK関連の自ツイート






*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


まだ観てないという人は、削除される前に観ておこう。


NHKスペシャル_メルトダウン_File4「放射能“大量放出”」 投稿者 gomizeromirai


最後までお読みいただきありがとうございます

強権政治の横暴を許さないと思う方はクリっとお願いします


官僚主導政治、役人天国から真の国民主権国家をあくまでも希求していくという方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

応援してくださる方は、拍手をお願いします

コメント

非公開コメント

ウラン鉱山

核燃料の原料、ウラン鉱を採掘する現場の実態はメディアでは全く取り上げられません。
この問題に光を当てる事は極めて重要。
廃棄物をどうするか、以前に、ウラン鉱山近隣の環境破壊と住民の被曝を前提にした発電が許されるのかという主張は、誰にも論破出来ない。

管直人元首相

管直人氏が引き吊り降ろされた原因がこの検証をストップする為だった事に気付いて下さい。小沢氏をどんなに支持して居ても、当事者だった彼は、それなりに必死に日本を救おうとしていた為に、辞させられた事を認めなくてはいけないと思います。

上層部からすればガス抜きのつもりでしょう。みなさまに受信料を払ってもらわないといけませんから。間違ってもこのような番組がNHKの「主役」になることはありません。