【怒】「特定秘密保護法案」強行採決と同じくらいにトンデモナイNHK!放映を恣意的に飛ばす!

NHKが衆院特別委で行われていた「秘密保護法」の質疑の様子を放映していてライブで見ていたが、肝心の強行採決の場面は恣意的に外し飛ばしていた。

kyuoukou005.jpg
野党の理事たちが委員長に詰め寄っていた中での強行採決

*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


怒りのツイート


前回のエントリーでも指摘したとおり、特別委員会の最中に猪瀬都知事の会見があり、強行採決前にNHKが突然、映像を切り替えて報じたニュースが猪瀬会見だったことからも、スピン確定!

毎日新聞が「自民党関係者」の話として次のように報じている。

≪この日の特別委の審議が全国にテレビ中継されていることを考慮。「首相がいる場で採決を強行する姿を国民に見せてはまずい」とみて、質疑を終えて首相が退席した後のタイミングで採決に踏み切った。≫

参照

国民生活にとっても影響がある希代の悪法なのに一切中継せず、最後の採決だけ中継させたことについて、自民党からNHKに依頼していた事を日刊ゲンダイが報じている。

「秘密保護法」 採決だけ中継させる安倍政権の不敵な意図
(2013年11月25日 掲載)

 特定秘密保護法案に対する世論の反対が急速に広がりつつあるが、与党は26日採決する方針を崩していない。しかも、その様子をテレビ中継させようとしているから不敵だ。
 法案を集中審議している国家安全保障特別委員会の中谷元・与党筆頭理事は先週末、記者団から「(法案は)火曜日に緊急上程するのか」と聞かれ、こう答えたという。
「そうだ。火曜日はNHKに頼んである」
 頼んだのは委員会採決のテレビ中継。
みんなの党と日本維新の会の修正合意を取り付け、いざ採決となれば、圧倒的多数で可決される公算が大きい。問題は、なぜわざわざ中継させるのかだ。
「共産党や社民党は法案に強硬に反対していますから、委員会の採決はモメるでしょう。数の力ではかなわない反対派が委員長席に詰め寄るなど、紛糾する場面があるはず。安倍政権は、『野党は暴力的』『審議を妨害している』というイメージを国民に植えつけようとしているのだと思います。もちろん、国民注視の中で堂々と採決し、圧倒的多数の賛成を得たとアピールする狙いもあります」(元NHK政治部記者でジャーナリストの川崎泰資氏)
 それにしても、NHKも情けない。これまで特定秘密保護法案の審議をロクに中継してこなかったのに、頼まれたら唯々諾々と採決を中継するのか。



やはり自民党とNHKとの間で事前の打ち合わせができていたという証左である。

こんな似非公共放送は日本にはいらない。


最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

賛同してくださる方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

応援してくださる方は、拍手をお願いします

コメント

非公開コメント

安倍ジョンイルが本性発揮やな。NHKも確実に「国民ではなく」「安倍サマのNHK」と化したな。NHKなんて有害(無理やり金を徴収+政府の広報機関)放送以外のなにものでもないわ。