日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




「警察を信じるな!」元婦警の告白・警察内の男尊女卑を語る「女性警察官はアフターありの飲み会要員だった!」(宝島2012年10月号)

Category: 警察関連   Tags: 警察  裏金  仙波敏郎  警察不祥事  セクハラ  
警察官の不祥事が絶えない。

1111232111221.jpg

以前、仙波敏郎氏への何回目かのインタビューで、警察裏金問題でモラルは崩壊し未だに公金横領という犯罪を犯し続けているので、女性警察官に対するセクハラなんて犯罪にもならないと思っている、というのが印象に残った。

*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


これは、「日本国憲法 (講談社学術文庫 (678))」、と一緒にいつも持ち歩いている。職質などや女性警察官に会ったときに「大丈夫?」と元気づけようと思ってのことだ。

直近の不祥事:
警察車両内で、女性警察官を押し倒した巡査部長
(読売新聞2013年8月28日)

《公務中に女性警察官の体を無理やり触るなどしたとして、地検は27日、岡山県警岡山西署生活安全課の巡査部長、清友紀行容疑者(37)を強制わいせつ罪で地裁に起訴した。
 起訴状などによると、清友容疑者は6月4日午前8時30分頃から約2時間にわたり、赤磐市内の駐車場に止めていた警察車両内で、20歳代の女性巡査を押し倒して覆いかぶさり、体を無理やり触るなどした、とされる。》


今日は、私がいつも日本国憲法とともに持ち歩いている『宝島 2012年 10月号 [雑誌]』の紹介をしたい。

特集「警察を信じるな!」の中でも、非常に衝撃的だった記事を紹介しようと思う。

これが今のモラル崩壊した警察の実態である。


*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


(以下、抜粋)

宝島 2012年 10月号 [雑誌]

宝島社 (2012-08-25)


<記事タイトル>
元婦警の告白・警察内の男尊女卑を語る
女性警察官はアフターありの飲み会要員だった!

<記事リード>
誤認逮捕に痴漢に恐喝、飲酒運転、挙句の果てにレイプまで。絶えることのない警察の不祥事だが、このほどセクハラ事件が神奈川県警で持ち上がった。たたけばほこりが出る組織、警察内部の男と女について元女性警察官が激白!>

女性警官は愛嬌だけが求められる?

 盛夏に入っての神奈川県警セクハラ事件、大阪府警強姦未遂事件の発覚。オリンピック報道で影が薄くなった印象だが、そもそもこういった事件の露呈は珍しいと警察関係者は□をそろえている。

それはなぜなのか。

元長崎県警巡査、現在大手警備会社勤務の山崎しのぶさん(42歳・仮名)に話を聞くことができた。

-セクハラ事件の露見が珍しいとはどういうことなんでしょうか。企業なら問題ですね。

山崎一セクハラ自体が日常化していて、どこから罪な行為かが明確じゃないので珍しいとかいわれるんですよ。お尻を触るとか当たり前で目くじら立てるほうがバカつて世界。今回は被害者の女性警官は勇気があったというか……県警に支援者がいたのか、よほどのことですよ。泣き寝入りが普通です」

-山崎さんは警察官になったのが高校卒業後だそうですね。

山崎「警察大学校へ行く気はなかったんですが、女性警察官にあこがれはありました。高校のエアライフル部でしたんで推薦を受けたのと、親戚が福岡県警にいましたから」


*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


-配属は最初、警遜につかれたそうですが。

山崎「ミニパトです。パトロール勤務は楽しかったですよ、署にいるより数倍。配属されたとき、係長に『女性警察官は一に愛嬌、二に愛嬌、三四がなくて五に愛嬌』 つて訓示を受けました。で、署内にいるときは領収書の計算、食事の注文、灰皿を洗ったりって雑務ばかり」

警察内部は男女問題だらけ

-職務でこれはないだろってのは?

山崎「最悪は飲み会要員で必ず出席しなくちゃいけないことかな。これって不文律で」

-飲み会要員?なんてすかそれは。

山崎「お酌とか愛嬌振りまいて、ひどいとキャバクラ嬢でも嫌がるアフターも。
肉体関係ができると恋愛と勘違いして騒ぎ出す女性警察官もいて。痴話揉めは日常茶飯事でした。そういう場合は内々で示談とか配置換えとか、男に都合よく処理される。別の若い警官をくっつけて丸く収めようという上司がいたり・…それからこれは先輩から聞いた話ですが、無理に関係を迫られて、堕胎するハメになったとか、転「ミニパトに乗っでパトロールするのは楽しかった」という勤先へもしつこくつきまとったマル暴のヒラ刑事がいたとか、数え上げたらきりがないです」

-すごいな。人権もなにもないですね。

山崎「そう責めたものでもないんです。男女雇用機会均等法以来、警察庁としては平等な職場をつて努力してた。でも、地方公務員である前に地場組織である県警の現場は、急に頭ごなしに男女平等って指導されても困っちゃったんですよ。だって女性警官への捜査指導なんて誰もやったことないし、女性の警視総監なんてのもいないし。突き詰めればオス社会でやってきて頭の切り替えができなかった警察庁の問題ですよ」てにに。

元旦那の警官は借金漬けの遊び人だった

山崎「私は通常勤務に途中で嫌気が差して昇進試験を理由に飲み会とか雑務を断ったんですが、総スカンに遭ってしまったんですよね。同僚の女性警察官にも白い目でみられるようになって」

-テレビの警察とは乖離してるなあ。

山崎「あんなの嘘っぱちの世界(苦笑)。高村薫さんの小説が近いといえば近い空気。広報代わりのドキュメンタリーで警察24時みたいなのがあるけど、あれだって『広報』だから。まさかエレベーター内で女性警察官の胸を揉むとかオンエアできないでしよ(笑)」


*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


-そんなにひどいんですかり‥

山崎「今の夫が借りてきたビデオで『十階のモスキート』 つて内田裕也主演の映画があったけど、あの空気はホンモノつぽかった。ダメ警官が慰謝料やバーのツケ、ギャンブルの借金に追われる生活は前の旦那そのものって」

-今の旦那様は二度目の方ですか?

山崎「はい、最初は職場結婚でした。多いんですよ、環境を知ってるから不満も少ないと思うんですかね。異業種だと即離婚のケースが多いんです。試験も越境受験しようと思ったけどなんか気持ちが折れて。言い寄られるまま結婚、退職。ダメ男過ぎて。女出入りはともかく、地回りのノミ屋にカモられて借金だらけ。地場組織だからヤクザとつながることは多々あるんですよ」

-今は警備会社で働いていらつしやるそうですが。

山崎「居心地いいですよ。司令職で勤務中は緊張を強いられますけど、昇進も能力制だし、産休ももらえました」

警察改革どころか革命がないと変わらない!

-山崎さんの考える警察制度の問題は?

山崎「警察って市民のために法と正義を守るんだって私はいまだに信じてる。でも現実はドブ臭い情実や政治に利用されてる。地元出身ゆえに手が出せない案件もあって泣いてる警官も多いんです。だから3割地元採用で7割を中央派遺制にすべきかなと。
 女性警官の処遇問題では、キャリアとノンキャリ双方で女性が特進するような『革命』がないと女にはキツい職場。いまだにその道は閉ざされたまま。だから採用男女比率もメスを入れるべきだと思います。県1 内を監視・逮捕特権を持つ内務監査班も絶対に外部組織で設立すべきだと思います」

「被疑者をレイプした」「知人女性の裸を撮影しネットに投稿した」「捜査資料から女性に交際を求めた」など、エロ小説もびっくりの所業の数々。そのたびに本部長や警察署長が謝っているが、これらの不祥事はなくなりそうもない。
 理由は簡単。セクハラやわいせつ行為をそれほど悪いと思っていない警察官が少なからずいるからだ。
 関係者で警察に近い人ほど、□をそろえて「若い健全な男ばかりの厳しい階級社会だから仕方がない」と真顔で説明する。1999年の桶川ストーカー殺人では、犠牲者女性が、相談した埼玉県上尾署の刑事から「あなたもいい思いをしたんじゃないの」と言われたが、その時代からなんら進歩は見られない。


*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


 特にひどいのは警察内部。前ページで元女性警察官が赤裸々に話しているとおり、警察内でのセクハラ行為は当たり前すぎて、どこまでがいけなくて、どこからが一般社会で問題なのか、判断がつけられないのだ。
 元警察官で、鹿児島県阿久根市の副市長たった仙波敏郎氏は、その著書『現職警官「裏金」内部告発』(講談社刊)のなかで、「単身赴任してきているキャリアに自分の妻を人身御供として差し出す」「警察学校では、酒席で女性職員のスカートの中に足を突っ込み、下着の中に手まで入れるという事件があった」「妻子ある警察官と不倫関係に陥り、『妻と別れて結婚する』という約束を反故にされて自殺した女性職員」といった、自身が見た警察内部の男女関係の様子を明かしているが、驚くことに本になるときにカットされた部分があって、その理由が「現実と信じてもらえないから」というから笑えない。
 その内容は、ペアで行動する男女の警官が昼間にラブホテルを利用したり、不倫関係にあった女性職員を部下と結婚させたというもの。だが、こうした話も警察に近い人になればなるほど「別段驚く話ではない」というから、そのことにこそ驚く。そして彼らに言わせると、「女性問題を起こすなら警察内部にしろ」が常識だという。外部の女性と問題を起こすから騒ぎが大きくなるのであって、内部ならいくらでももみ消せるからなのは言うまでもない。いまでもそうだ。

裏金がある限り自浄作用はありえない

 こうした異常状態が当たり前になっていることについて、関係者の声は二つに集約される。その一つが「キャリア、ノンキャリアの弊害」だ。
 警察組織は、キャリアという官僚幹部組とノンキャリアという現場組に分かれる。片や東大出のエリート、片や現場の採用組と、普通なら同じ職場になることはまずありえない状況の特殊な職場といえる。
 警察幹部(キャリア)は、不祥事が起きると現場組(ノンキャリア) への締め付けを厳しくする。するとその締め付けによって現場組のストレスが大きくなる。その結果、現場組が不祥事を起こすというシャレにならない負のスパイラルになっているというのだ。
 そしてもう一つ、セクハラ問題の陰に存在し、あらゆる警察問題の諸悪の根源になっていると指摘するのが、警察最大の暗部「裏金問題」だ。この裏金問題がある限り、幹部も現場も共犯関係になるため、どれだけ幹部が厳しく現場をいましめようと、規律がゆるみきっているというのが関係者全員の一致した結論だ。

(以上、抜粋)


*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


映像:仙波敏郎氏インタビュー






現職警官「裏金」内部告発
仙波 敏郎
講談社
売り上げランキング: 288,916

ドキュメント・仙波敏郎 -告発警官1000日の記録-
東 玲治
創風社出版
売り上げランキング: 422,344

日本警察と裏金―底なしの腐敗 (講談社文庫)

講談社
売り上げランキング: 383,429


最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします


賛同してくださる方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

応援してくださる方は、拍手をお願いします



「広告」



Comments

Leave a Comment

ama
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日米地位協定
日米地位協定
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
公文書問題 日本の「闇」の核心
公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
スノーデン 監視大国 日本を語る
スノーデン 監視大国 日本を語る (集英社新書)
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた (講談社現代新書)
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか (講談社現代新書)
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
「アベ友」トンデモ列伝
「アベ友」トンデモ列伝
安倍「4項目」改憲の建前と本音
安倍「4項目」改憲の建前と本音
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
Page Selector
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
知りたくないではすまされない
ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
知りたくないではすまされない ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
安倍政治 100のファクトチェック
安倍政治 100のファクトチェック (集英社新書)
改訂版 全共闘以後
改訂版 全共闘以後
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
対米自立
対米自立
rakuad2
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体 (講談社現代新書)
rakuad03
Black Box
Black Box
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
スポンサードリンク3
 
 
注目ブログ
 
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
オンライン署名
 
 
IWJサポート
 
 
raku3-2
 
 
raku3-2-03
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...