日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




「反原発へのいやがらせの歴史展」で、電力・公安・官僚・広告などが結託し国家規模の「いじめ」「嫌がらせ」をしてきた事がよくわかった!

Category: 社会問題   Tags: 海渡雄一弁護士  西尾漠  西村成生  原発  国家的嫌がらせ  原子力ムラ    
8月10日、11日両日行われた「反原発へのいやがらせの歴史展」に行ってきた。

そこで、週刊朝日に集中連載され、暴露された動燃の反原発運動抑制の担当者だった、西村成生氏の機密ファイルについて書かれた記事が一冊の本になるようだ。

予約必須!
原子力ムラの陰謀: 機密ファイルが暴く闇
今西憲之+週刊朝日編集部
朝日新聞出版 (2013-08-20)
売り上げランキング: 5,893

*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


――反原発活動に対する分断工作の数々、デモの後ろに張り付く公安の数、本当にびっくりする歴史…凄まじい、圧力。こうやって守られてきた原発…。

原発反対運動へのいやがらせは「1980年代の終わり頃から見え隠れし、1993年ころがピークで、2000年頃まで」続いたという。

「この反対運動が一般人に波及していくことを何としても阻止したい」ということで、国家権力、公安組織、電力会社、経産省をはじめとする霞ヶ関、原子力ムラ、大手広告代理店などがタッグを組んで、様々な「嫌がらせ」をし、その「現物」が会場に展示された、というある意味画期的なものだった。

■送り付けられた「いやがらせ」の現物

IMAG0453.jpg

IMAG0450.jpg
全国の反原発集会などに参加した人を列挙しもの「私たちは全て把握している」という脅しで、公安機関が関わっていることがわかる。

IMAG0440.jpg

IMAG0441.jpg

IMAG0444.jpg

こうしたわけのわからないものが、時には全国から一斉に届けられ、一日に何十通も届くということもあるとのことで、いかにも「こちらは全国的な大組織であなたを見張っている」ということをわからせる手法で、完全な脅しである。


*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


ただ、ここに展示できないほどエログロなものもあるようで、時には鳥の首や虫類なども届けられたとのことがあるとのことだ。

今回の展示会を企画した海渡雄一弁護士等による講演の模様をツイキャス生中継できた。その中で、原子力資料室の共同代表である西尾漠氏が、実際のいやがらせは、ここに展示されている事柄とは比較にならないくらい酷かった、というようなことを語っている。

それほど凄まじい嫌がらせが毎日続いていたということだ。

たぶん多くの人が運動から離れざるを得なかっただろうことは容易に想像できる。

原発産業には国策として莫大なおカネが動き、その既得権益を守るためならば、何でもありだったのだろう。この嫌がらせには莫大な経費が掛かっていると海渡弁護士がいう。

無言電話、無数の郵送物、その中には海外から送られているものや速達まで、そのコピー代と封筒、郵送料だけでも莫大だと…。

そして内容においても、特にカルタなどは、専門のコピーライターを使っているような力作?もあり、大手広告代理店が絡んでいることを示唆していた。

反原発運動側でカルタが作られている。

IMAG0464.jpg

IMAG0466.jpg

こちららブログでアップされている。

発行元は「宇宙はてない社」で、この「原発いらないにこにこかるた」は、もう売ってないようだが、他にも面白そうなラインナップがある。


*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


このかるたに対抗して原発推進派は、「嫌がらせかるた」を送り付けてきたとのことだ。

IMAG0463.jpg

偽物
IMAG0460.jpg

IMAG0461.jpg

IMAG0462.jpg


*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


講演で、自殺したと言われるご主人の死に関して違和感を覚え、裁判まで起こした夫人の話を聞いていたら、「ディジャブ(既視感)」に襲われた。

聞いていくうちに思い出したのが、昨年11月に知り合いが出演するというので見に行った演劇の内容と、まるっきりダブっていたことに気が付いた。

昨年、11月7日~18日に俳優座劇場(六本木)で公演された『いのちの渚』である。
image.jpg
一応、説明には、

≪1989年に福島第二原発で起きた事故を基に書かれた戯曲です≫

と書かれているものの、これは明らかに西村夫妻を題材にして書かれたものである。


*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


偶然ということもあるなあ、と思っていたところ、もう一つ最近エントリーした内容と展示物が重なって、びっくりしたものがある。

それが、この「反原発いやがらせ」の一連の行動や手法、組織の作り方が、CIAから伝授されたものではないかという疑念で、動燃の反原発運動抑制の担当者だった西村成生氏の機密ファイルの一部が展示されていて、その組織図や指示書などを見て実感した。

つい先日のエントリー≪CIAエージェントがウジャウジャいて、その人や組織に取り囲まれた「対米隷属社会」というのが日本の今の姿である!≫の中で、日本におけるCIA活動の様子を引用した。

≪日本で活動する実行部隊(オペレーション担当)は工作員指揮官として、まず3人の現地工作員の指揮に当たる。そして、工作員はそれぞれ3人の配下(協力者)を抱え、3人の配下もさらに3人の部下を抱える。つまり、1人の指揮官が3×3×3=27人の工作要員を指揮して情報収集などに当たっている。CIAエージェントとされる中には、本人が意識せずにCIAに対して情報提供をする者も含まれる。≫


まさに、この内容と同じような組織図や指示書が展示されていた。

日本の原発もCIAから莫大なカネが流れていて、エージェントだった正力松太郎にテレビ局(日テレ)までつくらせて、各方面にエージェントと協力者を放ち推進してきたことを考えれば、反原発運動を抑え込む手法もCIAが伝授するのは、当たり前っていえば当たり前かもしれないが…。

その全てが公安組織に引き継がれ実行されてきたのだろう。


*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


「一連の嫌がらせの最終目的は何か」ということに関して海渡弁護士は、メインターゲットになっていたのは原子力資料室の高木仁三郎氏で、高木氏がやろうとしていたことは、チェルノブイリ事故で、広がりをみせつつあった反原発運動で、古くからの運動と新たな運動を結び付けようとしていた事で、これを非常に嫌い分断を謀ろうとした事が目的だったのではないかと分析している。

犯人像を推理して次のように言っている。

電力会社と公安機関、そしてキャンペーン活動のプロ集団が複雑に絡み合った組織による組織的な運動破壊であったと…。

この破壊活動には莫大な経費がかかっていて、この活動が電力会社がスポンサーとなり、科学技術庁などの国の機関による指示と承認があった可能性があるということだ。

また、市民集会の参加者リストや全国の反対運動に関わっている活動家のリストを把握していることから、官民の合作である「原子力ムラ」の事業の一つだった可能性も指摘している。

さらに、彼らの違法行為を被害申告しても取り合わなかった警察組織、特に公安機関の関与も強く疑われるとのことだ。

まとめとして、一連の「いやがらせ活動」は、次の複合的な集団により行われたと推定している。

①費用は電力会社から、ないしそのキャンペーン費用の一部が流用された
②活動のための情報集めは公安機関と電力会社がおこなった
③活動全体の指揮や封入物の企画、製作には広報の専門家の関与があった。
④嫌がらせ手紙の投函は全国や海外に派遣されていた電力や原子力機関の者らが動員された。

この展示会で、もう時効でもあり我々も訴えることは無いので、実行した人たちは今こそ名乗り出てくれと呼びかけている。


*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


311以降の「脱原発運動」では、国家権力や原子力ムラが一番嫌がる「普通の一般人」がデモに参加するようになった。
これでより「嫌がらせ」は強化され、脱原発デモ参加者が大量に逮捕されたりしだしている。

大阪でもガレキ反対の演説をしただけで、阪南大学の下地准教授が逮捕されている。(参照
福岡では原発事故避難者のKさんが脱原発運動に参加して不当逮捕され、未だに拘留されている。この女性は、機動隊員に野花をさした、というだけで暴行したということで逮捕されているという。
(参照:『Kさんを支える会』)
このサイトを運営している「ゆずりん」さんも、大飯原発の再稼働反対行動を取材した後に、福井県警が家宅捜索を行い、撮影したビデオ素材やパソコンなどの機材を押収されている。

こうしたことを鑑みれば、「嫌がらせ」は益々エスカレートして、国家権力が引き継ぎ実力行使に出てきたという、「新たな段階」入っているといえる。

海渡弁護士が最後に、「夏から秋にかけて原発再稼働が進んでいく時に、今までこれだけ、あくどいことをやってきた原子力ムラの人たちが、やらない、とは考えにくい」と言っていたのが印象的だった。


*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


映像:




参照:資料ブログ
ナゾの死を遂げたもんじゅ調査担当者・西村成生氏のファイル 週刊朝日

この反原発運動や現在の脱原発運動を抑え込むやり方と手法は、他の市民運動などにも適用され、同じように監視、嫌がらせ、工作員の送り込みが行われているだろうことは、疑う余地はない。

私たちも「告訴告発の会」や「CNM」という市民メディアの緩やかな集合体を作っているが、嫌がらせが後を絶たない。別に我々の力など微々たるものなのだが、彼ら、権力側から見れば、市民が告訴告発をすることやマスメディアも報じない事を拡散するなど、やってもらいたくないことには蓋をし、芽が出そうなところで摘んでおきたいのだろう。

我々のすぐ近くに様々な罠があることを、この展示会で痛感させられた。


最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

賛同してくださる方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

応援してくださる方は、拍手をお願いします



「広告」



Comments

Leave a Comment

おい、マジか。池上彰の「ニュースを疑え!」
おい、マジか。池上彰の「ニュースを疑え!」
こうして歴史問題は捏造される
こうして歴史問題は捏造される (新潮新書)
怖い中国食品、不気味なアメリカ食品
怖い中国食品、不気味なアメリカ食品 (講談社文庫)
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
Page Selector
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
永久属国論 ―憲法・サンフランシスコ平和条約・日米安保の本質
永久属国論 ―憲法・サンフランシスコ平和条約・日米安保の本質
「なんとかする」子どもの貧困
「なんとかする」子どもの貧困 (角川新書)
それ、時代ものにはNGです
それ、時代ものにはNGです
知ってはいけない 隠された日本支配の構造
知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書)
池上彰のこれが「世界のルール」だ!
池上彰のこれが「世界のルール」だ! (文春文庫)
米中「二大帝国」の戦争はもう始まっている
アメリカの敗北と中国の野望、そして日本の生きる道
米中「二大帝国」の戦争はもう始まっている  アメリカの敗北と中国の野望、そして日本の生きる道
アメリカを動かす『ホワイト・ワーキング・クラス』という人々
世界に吹き荒れるポピュリズムを支える"真・中間層"の実体
アメリカを動かす『ホワイト・ワーキング・クラス』という人々 世界に吹き荒れるポピュリズムを支える
ルポ 沖縄 国家の暴力 現場記者が見た「高江165日」の真実
(激トーク・オン・ディマンド vol. 11)
ルポ 沖縄 国家の暴力 現場記者が見た「高江165日」の真実
ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ
ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ (岩波現代全書)
戦略の地政学 ランドパワーVSシーパワー
戦略の地政学 ランドパワーVSシーパワー
ナチスの「手口」と緊急事態条項
ナチスの「手口」と緊急事態条項 (集英社新書)
リベラルという病
リベラルという病 (新潮新書)
犯罪「事前」捜査 知られざる米国警察当局の技術
犯罪「事前」捜査 知られざる米国警察当局の技術 (角川新書)
rakuad2
核大国ニッポン
核大国ニッポン (小学館新書 つ 3-1)
大惨事と情報隠蔽: 原発事故、大規模リコールから金融崩壊まで
大惨事と情報隠蔽: 原発事故、大規模リコールから金融崩壊まで
物言えぬ恐怖の時代がやってくる 共謀罪とメディア
物言えぬ恐怖の時代がやってくる 共謀罪とメディア
共謀罪の何が問題か
共謀罪の何が問題か (岩波ブックレット)
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
rakuad03
海の放射能に立ち向かった日本人 ビキニからフクシマへの伝言
海の放射能に立ち向かった日本人 ビキニからフクシマへの伝言
「テロ等準備罪」にだまされるな (「計画罪」は「共謀罪」そのものだ)
「テロ等準備罪」にだまされるな (「計画罪」は「共謀罪」そのものだ)
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
紙の爆弾 2017年 2月号
Kindle版
紙の爆弾 2017年 2月号 [雑誌]
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
日本会議の研究
日本会議の研究 (扶桑社新書)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
一億総選挙革命
一億総選挙革命 (veggy Books)
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
日々坦々twitter
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
Web Translate
Social bookmark
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
[スポンサードリンク] 2
 
 
IWJサポート
 
 
これから出る注目本
(予約可)
福島第一原発 1号機冷却「失敗の本質」 (講談社現代新書)・・・ NHKスペシャル『メルトダウン』取材班 (著) 講談社 (2017/9/20発売予定)
福島第一原発 1号機冷却「失敗の本質」 (講談社現代新書)
暴かれた伊達政宗「幕府転覆計画」 ヴァティカン機密文書館史料による結論 (文春新書)・・・ 大泉 光一 (著) 文藝春秋 (2017/9/20発売予定)
大メディアだけが気付かない どアホノミクスよ、お前はもう死んでいる (講談社+α新書)・・・ 佐高 信 (著), 浜 矩子 (著) 講談社 (2017/9/21発売予定)
チェ・ゲバラと共に戦ったある日系二世の生涯~革命に生きた侍~・・・ マリー前村=ウルタード (著), エクトル・ソラーレス=前村 (著), 伊高 浩昭 (監修), 松枝 愛 (翻訳) キノブックス (2017/9/21発売予定)
チェ・ゲバラと共に戦ったある日系二世の生涯~革命に生きた侍~
FAKEな平成史 自粛と萎縮に抗して・・・ 森 達也 (著) KADOKAWA (2017/9/22発売予定)
家族をテロリストにしないために:イスラム系セクト感化防止センターの証言・・・ ドゥニア・ブザール (著), 児玉 しおり (翻訳) 白水社 (2017/9/23発売予定)
自民党に天罰を! 公明党に仏罰を!・・・ 佐高 信 (著) 七つ森書館 (2017/9/23発売予定)
東アジア連携の道をひらく 脱炭素社会・エネルギー・食料・・・ 国際アジア共同体学会 (監修), 進藤 榮一 (編集), 朽木 昭文 (編集), 松下 和夫 (編集) 花伝社 (2017/9/25発売予定)
東アジア連携の道をひらく  脱炭素社会・エネルギー・食料
だから、居場所が欲しかった。 バンコク、コールセンターで働く日本人・・・ 水谷 竹秀 (著) 集英社 (2017/9/26発売予定)
ヒトは「いじめ」をやめられない (小学館新書)・・・ 中野 信子 (著) 小学館 (2017/9/28発売予定)
ヒトは「いじめ」をやめられない (小学館新書)
世界政治 裏側の真実・・・ 副島 隆彦 (著), 佐藤 優 (著) 日本文芸社 (2017/9/29発売予定)
届かなかった手紙 原爆開発「マンハッタン計画」科学者たちの叫び・・・大平 一枝 (著) KADOKAWA (2017/9/29発売予定)
偽装の被爆国――核を捨てられない日本・・・ 太田 昌克 (著) 岩波書店 (2017/9/29発売予定)
ジブラの日本語ラップ完全メソッド・・・ Zeebra (著) 文響社 (2017/9/29発売予定)
誰も書けなかった 首都圏沿線格差 in ディープ・・・ 首都圏沿線格差研究会 (編集) 笠倉出版社 (2017/9/29発売予定)
世代の痛み - 団塊ジュニアから団塊への質問状・・・ 上野 千鶴子 (著), 雨宮 処凛 (著) 中央公論新社 (2017/10/5発売予定)
小林よしのり×田原総一朗の 日本人なら知っておきたい天皇論 (SB新書)・・・ 小林 よしのり (著), 田原 総一朗 (著) SBクリエイティブ (2017/10/6発売予定)
日本人なら知っておきたい天皇論 (SB新書)
東芝はなぜ原発で失敗したのか・・・ 電波社 (2017/10/7発売予定)
探査ジャーナリズムとNGOとの協働(仮)・・・ 渡辺 周 (著, 編集), 花田 達朗 (著, 編集), 野中 章弘 (著, 編集), 金 敬黙 (著, 編集), 加地 紗弥香 (著, 編集), ワセダクロニクル (著, 編集) 彩流社 (2017/10/10発売予定)
「日米指揮権密約」の研究:自衛隊はなぜ、海外へ派兵されるのか (「戦後再発見」双書6)・・・ 末浪 靖司 (著) 創元社 (2017/10/12発売予定)
「日米指揮権密約」の研究:自衛隊はなぜ、海外へ派兵されるのか (「戦後再発見」双書6)
底辺への競争 格差放置社会ニッポンの末路 (朝日新書)・・・ 山田昌弘 (著) 朝日新聞出版 (2017/10/13発売予定)
「暴走する」世界の正体 最強論客が読み解く戦争と革命の国際情勢 (SB新書)・・・ 宮崎 学 (著), 佐藤 優 (著) SBクリエイティブ (2017/11/7発売予定)
「暴走する」世界の正体 最強論客が読み解く戦争と革命の国際情勢 (SB新書)
謎多き団体「フリーメイスン」全面協力ブック FACTS ABOUT FREEMASONRY BOOK #SQUARE (バラエティ)・・・大型本 宝島社 (2017/12/20発売予定)
謎多き団体「フリーメイスン」全面協力ブック FACTS ABOUT FREEMASONRY BOOK #SQUARE (バラエティ)
 
 
オンライン署名
 
 
raku3-2
 
 
インターネット政党 「新党憲法9条」
Inter.jpg
 
 
raku3-2-03
 
 
注目ブログ
 
 
「フォーラム4」に賛同します!
F4001.jpg
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
DMM3-2
ブランドバッグ、ドレス、家電レンタル
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
ad-Kindle
 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...