日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




安倍晋三総理があまりに「姑息」過ぎて本質を見落としはぐらかされ深い議論にもならない…

Category: 安部政権   Tags: 安倍政権  内閣法制局  小沢一郎  
5年目に入ったブログのテーマ設定を少しだけ見直そうと、ここ数日、いろいろと考えてきたがまとまらず更新もできずにいた。

まあ、ブロガー同士の叩き合いで周辺読者を巻き込み、その批判の表現や毒素に辟易しながらも、変な正義感が前面に出てしまい自分も同じ土俵に乗ってしまったことを十分反省しつつも、参院選での投票行動と共にそれらが大きな心境の変化の要因となっているようにも思える。

すぐには答えは出るものではないが、先日の「内閣法制局長官人事」問題などが少しヒントになるかも、と感じた。

*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


小沢一郎「生活の党」代表は、先日の記者会見でも、その件については「従来の自論」を展開していた。

安倍総理が、内閣法制局長官の固定路線人事を破り、集団的自衛権行使容認派で駐仏大使の小松一郎氏を起用した件を、小沢さんが記者から聞かれ次のように答えている。

≪僕は、内閣法制局というのは、廃止していいと思っていますので、あまり関心はありません。何度も申し上げますように、法制局は立法府にこそ必要でありまして、これは明治以来の旧体制の名残ですね。
ところが、政治家も国民も、内閣の法制局が法の権威、法の番人みたいなことを言う人がいまして、とんでもない話しで、今の人事が象徴するように内閣のやりたいことを法律的に屁理屈を考えるのが法制局の役目ですから。
ですから、そういう意味で制度的には必要ないということ…。≫

(参照:『銅のはしご』ブログ)

まあ、「内閣法制局廃止論」を展開したということだ。

この辺を含めて、産経新聞が次のように書いている。

内閣法制局長官 「法の番人」実際は4省出身者が歴任(2013.8.8)

≪「法の番人」と呼ばれる内閣法制局長官だが、歴代長官は主に法務、財務、総務、経済産業(名称は現在)の4省出身者が就任してきた。必ずしも法律の専門家ではなく、憲法解釈を担当する第1部長から次長、長官という階段を昇ってきた。
・・・
平成15年には小沢一郎自由党党首(当時)が「役人が解釈を縛るのは僭越(せんえつ)だ」として、国会に内閣法制局廃止法案を提出(のちに廃案)。民主党は政権についた21年9月から24年1月まで、原則長官を国会答弁させなかった。≫



*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


これより遡ること、小沢さんが自民党の幹事長時代に「内閣法制局」との確執は始まっている。

1990年に起きた湾岸戦争への自衛隊派遣問題で、憲法解釈をめぐって闘った。朝日新聞の『GLOBE』に詳しい。

≪「国家が行使する自衛権と国連の活動とは、まったく異質のもの。(自衛隊が参加する)国連の活動は、武力行使を含んでも憲法に抵触しない」小沢率いる党執行部は内閣に湾岸戦争への自衛隊派遣を迫ったが、当時の法制局長官、工藤敦夫は「国連の指揮下でも憲法の制約は及ぶ。正当防衛を除く武器使用はできない」と首を縦に振らなかった。≫


これで日本は、自衛隊を派遣せず130億ドルを拠出したが、各国からはなんら感謝もされなかった、という有名な話である。その後、産経が報じるように自由党党首の時でも民主党代表の時も、「内閣法制局」に関して自論が展開されたということだ。

≪自由党党首だった2003年には「日本一新11基本法案」の一つとして「内閣法制局廃止法案」を議員立法で提出。2008年には民主党代表として「内閣法制局はいらない。国会に法制局があればいい。なぜ行政府に法制局がなければいけないのか」と発言している。≫



先回の「生活保護改正案」などもそうだが、この「集団的自衛権」については、よりセンシティブな問題で、今まで生活の党を支持し小沢さんを支持してきた「よりリベラル」な方々は、到底受け入れられないものだと思う。

まあ、安倍総理の「超短絡的思考回路」から発せられる、憲法96条の改正問題にしても、今回の「内閣法制局長官人事」にしても、あまりにも「姑息」なので、その本質が見えないままに深い議論にならず、大きな違いがまだ表面化してきてないだけかもしれない。

東京新聞の「こちら特報部」を読むと、「内閣法制局側」からの見方が書かれていて、これはこれで正直頷けるものがある。

参照:資料ブログ
内閣法制局人事と解釈改憲 揺らぐ「法の番人」 歴代長官が疑問

この辺の「揺らぎ」があり、テーマなども絞りきれないでいるのかもしれないが…。

以前エントリーした関連記事
内閣法制局は「官庁の官庁」として絶大な権力と「法の番人」としての支配力があり、小沢一郎氏に強烈な敵愾心を持つ組織である!


最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします


賛同してくださる方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

応援してくださる方は、拍手をお願いします



「広告」



Comments

Leave a Comment

ama
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日米地位協定
日米地位協定
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
公文書問題 日本の「闇」の核心
公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
スノーデン 監視大国 日本を語る
スノーデン 監視大国 日本を語る (集英社新書)
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた (講談社現代新書)
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか (講談社現代新書)
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
「アベ友」トンデモ列伝
「アベ友」トンデモ列伝
安倍「4項目」改憲の建前と本音
安倍「4項目」改憲の建前と本音
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
Page Selector
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
知りたくないではすまされない
ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
知りたくないではすまされない ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
安倍政治 100のファクトチェック
安倍政治 100のファクトチェック (集英社新書)
改訂版 全共闘以後
改訂版 全共闘以後
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
対米自立
対米自立
rakuad2
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体 (講談社現代新書)
rakuad03
Black Box
Black Box
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
スポンサードリンク3
 
 
注目ブログ
 
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
オンライン署名
 
 
IWJサポート
 
 
raku3-2
 
 
raku3-2-03
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...