日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




皮肉か?嫌味か?それとも「最後っ屁」か?・・・飯島勲氏が帰国した直前直後に北朝鮮がミサイル発射!

Category: 安部政権   Tags: 飯島勲    安倍晋三  北朝鮮  西村真悟  
皮肉か?嫌味か?・・・それとも友好の印なのか?

img_389115_8620708_0.jpg

北朝鮮を訪問していた飯島勲内閣官房参与が18日午後に帰国したが、前後して同じ18日の午前中に2発、午後に1発、日本海の北朝鮮の領海に落ちたということだ。

*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


まさに「最後っ屁(追いつめられたとき、敵を追い払うために尻から放つ悪臭)ミサイル」ではないのか。(笑)

559886.jpg 558886.jpg

見方によっては、当初、北朝鮮はムスダンなど中距離や長距離の弾道ミサイルの発射の構えを見せていたが、短距離ミサイルでしかも自国領域内にしたということは、顔を立てたということもできる。


*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


飯島氏は、一応、北朝鮮側に安倍晋三首相の拉致問題解決への思いを伝えたという。

≪拉致問題解決には
(1)すべての被害者の即時帰国
(2)拉致に関する真相究明
(3)拉致実行犯の引き渡しが不可欠
拉致・核開発・ミサイル問題の包括的解決を目指す方針を説明した。(朝日)≫


これはあくまでも表向きの体裁で、日刊ゲンダイで孫崎氏が下記のように言っているように、まんまと「北朝鮮のよるプロパガンダのお手伝いをさせられた」ということだろう。

≪どうせ北朝鮮サイドから訪朝の“誘い水”があり、安倍・飯島がホイホイ乗ったのだろう。それほど北は追い詰められていた。
「核実験や、ミサイル発射実験を今にも強行する構えだった北朝鮮ですが、米国だけでなく中国までもが猛烈に圧力をかけ、実験できなくなるところまで追い込まれた。特に中国が、対北朝鮮の輸出を引き締め、4大銀行の北朝鮮口座を凍結して金融制裁を強めたことで、ニッチもサッチもいかない状況にありました。これに少しでも風穴を開けたいと、拉致問題をエサに安倍政権に接触したのでしょう」
「米中韓の『核とミサイルを止めることを明言しない限り、外交チャンネルは開かない』というスタンスに逆行し、日本の国益に反します」(元外務省国際情報局長・孫崎享氏)≫



安部政権にすれば参院選対策ミエミエだが、北朝鮮にすれば簡単にいつでも利用できる相手ということだろう。

一方で、例の橋下「従軍慰安婦・女性活用発言」に続いて西村真悟議員の「レイシスト発言」で、今後、かなりの批判を浴び参院選の影響も出るだろう維新の「敵失」により、同じ思考回路を持つ安倍晋三率いる自民党が漁夫の利を得る、という異常な状況になりつつある。

hashi.jpg d4bed9b92d22117c27ca17.jpg

*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


それにしても西村議員の発言は酷い。

≪日本維新の会の西村真悟衆院議員(比例近畿)は17日、国会内で開かれた同党の代議士会で「売春婦はまだ日本にうようよいる。韓国人。大阪の繁華街で『お前韓国人、慰安婦』と言ってやったらよろしい。戦いましょう」などと発言したという。(参照)≫


まるで在特会のヘイトスピーチそのものだ。

zaitoku.jpg

実際に現場で見たり、ネットなどに流れている在特会のヘイトスピーチを聞いたりしていると、その発言やスピーチ、手に持っているプラカードの文言などの底流に流れる「憎悪の感情」憎しみや恨み辛み、自分は搾取されているという被害者意識などなど、「負のオーラ」に支配され、かなり気持ちが重くなる。中には逆に「高揚」する人がいるから、デモであれだけの人が集まるのだろう。・・・最近はヘイトデモに反対する「カウンター」の人たちの方が圧倒的に多いが・・・(本日も大久保であるようだ)

「ヘイトデモ」などで、彼らは一斉に「ネガティブな要素」を街中に撒き散らしながら練り歩くため、街が一遍に「嫌な雰囲気」「異常な空気」に包まれ、買い物に来ている人たちの表情も一瞬にして変わる。

まあ、言ってみれば、彼ら彼女らは「糞尿」を撒き散らしながら歩いているようなものなのだ。


*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


西村発言に戻り、実際にはこの発言の前に次のように語っているようだ。

≪「外国のメディアでは従軍慰安婦がセックススレーブ(性奴隷)に転換されている。売春婦とセックススレーブは違う。」≫


これら海外メディアの報道に対しては、かなり怒り心頭のようで、17日付けの自身のブログには強烈な内容のブログ記事が書かれていたが、既に削除されていて「魚拓」に残っていて読んだが、その直後に再び削除されてしまった。

まあ、ヘイトスピーチと同じで噴飯もので読むに耐えないのだが・・・

要は、衆議院で民主党の女性議員が冒頭に質疑で、「橋下発言は全女性を蔑視するものであり許せない」と言ったことに対して

≪国会の近くの赤坂にも、現在も韓国人慰安婦は大勢いるから、呼び込みの韓国人に抗議すべきだ≫

≪東京や大阪の繁華街には、今も韓国人慰安婦が大勢いて、まるで韓国は、慰安婦を輸出しているのかと思うほどで、豊かになった今の韓国ですらそうであるから、貧しい時代ではどれだけ輸出されたのか推測せよ≫


また、海外での報道に関して

≪国際的に虚偽の報道が流されはじめた・・・橋下さんが言った「慰安婦」を「性奴隷」と訳している。明らかに虚偽だ。≫

とし

≪かつて欧米人が原住民を拉致監禁して輸送し、奴隷にして売った欧米人にとって、もっともわかりやすいおぞましい言葉だ≫

≪それを喧伝しているのが、中韓と国内左翼で、彼らの謀略と闘うときが来ている≫

と書いている。(こちらでまだ読めるようだ)

「片寄り過ぎる」というか「傾きすぎる」「偏る」ことが視野を非常に狭くし、視点、視座がズレコミ、俯瞰できず狭量な思考で物事を捉えてしまうことになる典型だろうと思う。

また一方では、米国が、以前よりそうだが、最近とくに日中韓の微妙な未解決問題を利用し、それを煽って分断を図ろうとしているのではないかなど、なるべく三国が結託しない方向に仕向けていると見る方が多いと思う。

それらを鑑みると、複雑に絡み合いながらも、こうした突然、偶発的に出てきた暴言をも活用していこうという狡猾さも垣間見えてくる。

参照:資料ブログ
「橋下問題発言」報道スクラップ
「維新・西村議員が暴言」報道スクラップ

これと同じように最近、嫌悪感を感じたものがあったと思い出したのが、あの「民主党大反省会」という名の「大責任転嫁会」「大言い訳会」だ。ライブで見てしまい、非常に気分が悪くなり悪寒を感じるほどだった。どうしたらあそこまで卑劣で醜悪になれるのだろうかと・・・。

kan1.jpg

民主党も、そして維新も壊れかけているのだろう…


最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

賛同してくださる方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

応援してくださる方は、拍手をお願いします



「広告」



Comments

Leave a Comment

ama
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日米地位協定
日米地位協定
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
公文書問題 日本の「闇」の核心
公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
スノーデン 監視大国 日本を語る
スノーデン 監視大国 日本を語る (集英社新書)
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた (講談社現代新書)
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか (講談社現代新書)
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
「アベ友」トンデモ列伝
「アベ友」トンデモ列伝
安倍「4項目」改憲の建前と本音
安倍「4項目」改憲の建前と本音
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
Page Selector
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
知りたくないではすまされない
ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
知りたくないではすまされない ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
安倍政治 100のファクトチェック
安倍政治 100のファクトチェック (集英社新書)
改訂版 全共闘以後
改訂版 全共闘以後
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
対米自立
対米自立
rakuad2
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体 (講談社現代新書)
rakuad03
Black Box
Black Box
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
スポンサードリンク3
 
 
注目ブログ
 
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
オンライン署名
 
 
IWJサポート
 
 
raku3-2
 
 
raku3-2-03
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...