日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




参院山口補選で「脱原発派」が大惨敗…絶好調の安倍内閣に「緑茶(冷や水)」を浴びせ掛ける事ができるか!

Category: 安部政権   Tags: 緑茶会  脱原発    
安倍政権発足後、初の国政選挙ということで注目されていた参院山口補選は、自民の圧勝で終わり「脱原発派」は大差をつけられ惨敗した。

●江島潔氏…28万7604票(原発推進)
●平岡秀夫氏12万9784票(脱原発派)

安倍内閣支持率も60~75%と高支持率が続いている。一方、民主党が参院で過半数を割るのは時間の問題である。
このまま、次の参院選に突入していけば、先の衆院選のごとくに、脱原発派議員は「木端微塵」ということになる。

サンフランシスコ講和条約で沖縄が切り離され、人間扱いされなかったと沖縄県民は「屈辱の日」としていた4月28日を、安倍内閣では「主権回復の日」として祝おうとする時点で、この内閣に内在する本質的な危険性が垣間見える。

*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


TPP参加、改憲、増税、原発推進、一般国民の管理や監視などなど、参院選を自民が圧勝すれば、弱者切り捨て格差拡大社会が到来するのは確実である。

それを阻止するためにも、多くの目覚めた市民が動いているが、議員や政党と同じくなかなかまとまらないのが現状である。

そうした中でも「脱原発」の灯を政治の世界で消してはならない、ということで参院選では市民が前面に立って闘おうという機運が高まってきている。

その一つが先日、設立集会が行われた市民による政治組織「緑茶会」(脱原発政治連盟)だろう。

この「緑茶会」については、ネーミング、米国ティーパーティ由来、飯田哲也氏の間接的関与などと、様々なネガティブ情報が早くも出回っている。確かに「生活の党」の三宅雪子氏が推薦されてないという事には非常に疑問は残る。

山本太郎氏も三宅氏が推薦されてないことに胡散臭さを感じているようで、次のようにツイートしている。


他の関連ツイート


まあ、第一次の推薦候補とのことで、この後、二次、三次推進と発表されていくはずだから、あまり批判することはないように思える。

ただ、やはり推薦する候補者を選択する過程と理由を可視化する必要があるようだ。


*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


資料として関連報道記事を貼っておく。

参院選へ緑茶会発足 「脱原発」結集 1次推薦40人
(東京新聞2013年4月25日 朝刊)

脱原発を求める市民グループが、七月の参院選で脱原発候補を支援しようと立ち上げた政治団体「脱原発政治連盟」(略称・緑茶会)の設立集会が二十四日、東京・永田町の参院議員会館であった。党派を問わず、脱原発を実現できる候補者を見極めた上で、市民から募金で集めた政治資金や「脱原発有権者名簿」を提供する。この日は第一次推薦候補として、選挙区と比例代表で計四十人を発表した。 
 設立集会には、生活の党などの候補予定者も参加。代表に就任した自然エネルギー会社役員・竹村英明氏は「脱原発勢力が散り散りに選挙をやっていては政治は変わらない」と、脱原発勢力の結集を訴えた。福島第一原発5、6号機がある福島県双葉町の井戸川克隆前町長らの応援メッセージも紹介された。
 緑茶会は、参院で脱原発勢力が過半数を占めるには、参院選の改選百二十一議席のうち少なくとも六十一議席が必要と見積もり、(1)原発の再稼働(2)核燃料の再処理(3)原発の海外輸出-の三点に反対しているかどうかを基準に推薦候補を選定した。
 今回は、民主、みんな、生活、共産、みどり、社民の各党などから比例区で二十四人、選挙区で十六人を勝手連的に支援することを決めた。さらに上積みを目指す。
 また、昨年十二月の衆院選で脱原発候補が乱立し、脱原発票を結集できなかった反省を踏まえ、各党に候補者の一本化も呼び掛ける。
 緑茶会は、昨年十二月の都知事選に出馬した前日弁連会長の宇都宮健児氏、原発問題を告発する作品で知られる映画監督の鎌仲ひとみ氏らが呼び掛け人となり、福島第一原発事故から二年目の今年三月十一日付で設立した。
 略称は米国の政治運動「ティーパーティー(茶会)」をもじった。

◆「緑茶会」の呼び掛け人(敬称略)
安部 芳裕 プロジェクト99%代表
上原 公子 元東京都国立市長
宇都宮健児 前日弁連会
長鎌仲ひとみ 映画監督
河合 弘之 弁護士
木村  結 東電株主代表訴訟事務局長
田中  優 未来バンク事業組合
羽仁カンタ FLAT SPACE代表
星川  淳 作家、翻訳家
マエキタ ミヤコ サステナ代表



*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


大同団結 市民の手で 脱原発「緑茶会」 衆院選教訓に
(東京新聞2013年4月25日)

市民グループが二十四日に設立した政治団体「脱原発政治連盟」(緑茶会)。自民党は、原発維持路線をとり早ければ今秋にも再稼働させる見通し。対抗する政治勢力を結集するため、参院選に向けた大同団結を政党に任せるのではなく市民側から迫る方針だ。 (城島建治、宮尾幹成)

 脱原発勢力にとって昨年十二月の衆院選は、悔やんでも悔やみきれない結果だった。
 各種世論調査では脱原発を求める声が強く、本紙が衆院選公示直前に行った調査でも、約60%が支持していた。
 しかし脱原発を標ぼうする政党は民主党、日本未来の党、公明党、共産党、みんなの党、社民党、新党大地、新党日本の八党に分散。三百小選挙区のうち、脱原発政党三党以上が候補を出した「脱原発乱立区」は百五十にのぼった。
 その結果、自民党が漁夫の利を得た。例えば、埼玉1区では民主、みんな、共産、社民各党の候補の総得票率は60%を超えたが、議席は得票率が40%にも満たない自民党が獲得した。最終的には比例代表も含めて全体の六割を超える二百九十四議席を自民党が占めた。
 脱原発を求める世論は、いまも高い。本社加盟の日本世論調査会が二月中旬に実施した調査では、脱原発を求める回答は70%近くに達している。
 しかし、国会では「衆院選の反省」から連携する動きはなかなか進んでいない。生活の党、みどりの風、社民党の三党は三月に脱原発基本法案を参院に共同提出。しかし、民主党と共産党は、脱原発を実現する時期が違うとして足並みをそろえなかった。
 参院選での共闘も進んでいない。このまま政党に任せていては、衆院選の二の舞いになるという危機感が緑茶会の発足につながった。
 脱原発を後押しする団体はこれまでも少なくなかったが、緑茶会の特徴は(1)支援する候補に離党を求めず、所属政党のままでの立候補を認める(2)選挙資金や脱原発賛同者の名簿を提供して「直接支援する」-ことだ。
 参院選に立候補するには選挙区が三百万円、比例が六百万円の供託金を納めなければならない。資金が潤沢とは言えない中小政党や無所属で出馬する新人にとっては、緑茶会が出馬のハードルを下げる役割を果たすことになり得る。緑茶会側は「物心両面」で支援をしながら緩やかな連携を迫ることで、政党側にも大同団結の機運が高まることを期待している。

◆推薦する立候補予定者(敬称略)
【選挙区】
▼民主党
松浦大悟(秋田) 岡崎トミ子(宮城)
金子恵美(福島) 藤田幸久(茨城)
谷博之(栃木) 大河原雅子(東京)
川上義博(鳥取) 武内則男(高知)
松野信夫(熊本)
▼みんなの党
行田邦子(埼玉) 米長晴信(山梨)
▼生活の党
森裕子(新潟) 佐藤公治(広島)
▼みどりの風
舟山康江(山形) 亀井亜紀子(島根)
▼無所属
糸数慶子(沖縄)
【比例代表】
▼民主党
相原久美子、大島九州男、神本美恵子、ツルネン・マルテイ、藤谷光信
▼みんなの党
川田龍平、平智之
▼生活の党
はたともこ、広野允士、藤原良信
▼共産党
井上哲士、紙智子、山下芳生
▼みどりの風
谷岡郁子、山田正彦
▼社民党
又市征治、山城博治
▼緑の党
須黒奈緒、長谷川羽衣子、杉原浩司、大野拓夫、松本なみほ、田口まゆ
▼新党今はひとり
山本太郎



*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


■映像


Video streaming by Ustream



Video streaming by Ustream


*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


参照:

緑茶会(脱原発政治連盟) 設立趣意書

日本の政治がどんどん悪くなっています。それは有権者のせいでしょうか。

私たちは、未曾有の東日本大震災と福島第一原発事故を経験し、エネルギー供給の仕組みも物資輸送のインフラなどが緊急時には機能できないこと、そして人々を助けるための政治や行政システムなども機能不全の状態にあることを知りました。新たな災害に備えるためにも、被害にあった人々を救済するためにも、日本社会がもう一度元気になるためにも、新しいシステムが必要であると多くの人が感じたのではないでしょうか。

しかし2012年12月の総選挙後、歯車は逆回転をはじめました。震災に有効な対応ができず、原発事故を引き起こし、日本社会に大きな打撃を与えた仕組みや制度を、新政権は何ごともなかったかのように復活させようとしています。

人々は原発推進を選んだのでしょうか。いいえ、それまでの政府に代わる選択肢がなかっただけです。既存の政党に対する有権者の信頼が完全に失われているいま、私たちはその政治の「選択肢」を提示する必要があるのではないかと考えます。

多くの人が「脱原発」を望んでいるのに、多くの人が安心して暮らせる社会を求めているのに、それを実現してくれると信じることのできる政党はありません。この状態を脱するために私たちは「緑茶会(脱原発政治連盟)」を設立します。

「緑茶会(脱原発政治連盟)」は政党ではありません。したがって自ら候補者を擁立したりはしません。複数の政党や候補者の中から「脱原発」を実現できる候補を選びます。その「選択」された集団が「緑茶会(脱原発政治連盟)」候補者です。その中には、既存政党の議員もいれば、政治に挑戦しようとする無名の市民もいるでしょう。

私たちは、新たな政党を立ち上げるのではなく、脱原発を実現する力を持つ「政治勢力」を登場させたいのです。そのためには有権者の皆さんの力を結集することが不可欠です。「選択」された候補者のために、資金を集め、有権者名簿をつくること。本当に選挙で勝つことを私たちはめざしたいと思います。

■「緑茶会」という名前は、
米国の保守派の政治運動「TEA PARTY」をもじったものです。
「TEAPARTY」は、草の根運動として全米で広がりを見せ、政治的に大きな圧力団体となりました。私たちがあやかりたいのはこの運動の内容ではなく、草の根的に全米に広がっていった活動のあり方です。

また、脱原発から「Green」をイメージし、団体名を「Green Tea Party =緑茶会」としました。

呼びかけ人の星川淳さんからは、「『Green Tea Party』というネーミングが洒落てて、まずは名前を聞いて賛同した」とのコメントをいただいています。また、同じく賛同人で茶道をなさる木村結さんからは「日本の緑茶会では、お茶を飲みながら気軽に政治の話をあちこちでするようなムーブメントにしたい」というコメントをいただきました。
脱原発に向けて政治の流れを変えてゆくために、草の根活動で大きな広がりをつくっていきましょう。



*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********

■緑茶会(脱原発政治連盟)の5つのお約束

1.脱原発の実現を目指す複数の政党や政治団体、政治家や候補者を応援する団体であり、賛同会員と個人会員により構成される。

2.応援の中身は、「脱原発政治資金」の募集、「脱原発有権者名簿」の作成、推薦する候補者への選挙資金の提供や選挙活動への協力である。選挙活動には、公示前の準備活動や、公示後のサポートなどが含まれる。

3.運営は若干名の事務局によって行われる、緩やかなネットワーク組織とする。「緩やかな」の意味は、常任幹事会のような硬直的な意思決定機関を持たず、全体集会やML参加者による意見交換を通じて多数意見を判断し、最終的には事務局判断で運営されるという意味である。ただし、選挙支援を有効に行うため適宜、各選挙区ごとの取りまとめ役を置くものとする。

4.「脱原発有権者名簿」は選挙公示前の準備活動、寄付募集の活動などに活用される。脱原発総選挙政治連盟の会員は、単に情報を受けとるだけでなく、受けた情報を発信し、積極的に「脱原発有権者」を増やしていく能動的有権者であることを求められる。

5.したがって「脱原発有権者名簿」に記載された者は、事務局の判断において、その記載内容が推薦する候補者に提供されることを了解するとともに、推薦候補者の決定過程において、各選挙区の取りまとめ役にも提供されることがあり得ることについて、事前に了解をするものとする。

■活動内容・組織

活動内容
緑茶会(脱原発政治連盟)は、以下の事業を行います。
・講演会、座談会、セミナー、シンポジウム、パーティー等の開催
・新聞、会報等の発刊および配布
・政党、行政機関、関係諸団体との連携、調査研究
・政治資金規正法に基づく政治活動
・その他本会の目的達成のため必要な事業組織

代表:竹村英明
会計責任者:松田光世
連絡先
(Eメール)ryokuchakai[@]gmail.com  
      *送信の際は[ ]をはずしてお送りください。
(住所)東京都新宿区新宿1−2−1 エナジーグリーン株式会社気付

・緑茶会(脱原発政治連盟)
http://ryokuchakai.wordpress.com/

・エナジーグリーン株式会社
http://www.energygreen.co.jp/
創業者・相談役:飯田哲也



*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


■告知

「ヤオヨロズの合議・TPP 原発 増税 の是非を問う!」
~市民の、市民による、市民のための 「政治」(まつりごと)はなるか!?~

3.11後の放射能汚染の実態すら定かではなく、既に首都圏の水道も汚染。 TPP参加なら、食の安全も破壊される!?大ピンチ! 自然と共生する日本古来の「ヤオヨロズのまつりごと」 を もう一度 市民の手に取り戻し、「子どもたちに安心して残せる国づくり」を! 今、 私たちにできることは、何か?  

5月3日(金・祝:憲法記念日)
開場18:00 開演18:30 ~ 21:30

第一部
【講演.1】山本 太郎 氏 /俳優
【講演.2】長谷川 羽衣子 氏 /緑の党・共同代表
【講演.3】安部 芳裕 氏 /プロジェクト99%代表

第二部
(パネルディスカッション+「2分・オープンマイク型」質疑応答)
テーマ:「市民のための政治を実現するために、私たちにできることは?」
<進行&パネリスト> 安部芳裕氏
【1】パネリスト: 山本太郎氏×長谷川羽衣子氏 × スペシャルゲストX
【2】パネリスト + 会場参加者・オープンマイク(2分)方式の質疑応答

場所 日本橋社会教育会館・8Fホール(定員204名)
東京都中央区日本橋人形町1丁目1番17号
交通 地下鉄 人形町駅 徒歩4分 都営浅草線(A6) 、東京メトロ日比谷線(A2)
地下鉄 水天宮前 徒歩5分 東京メトロ半蔵門線(8番出口)
http://worldforum.jp/information/2013/05.html



最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

賛同してくださる方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

応援してくださる方は、拍手をお願いします



「広告」



Comments

こんにちは。モーニングバード見て一言。トルコへ日本が原発を売ったという話ですが。青木さんのコメントに違和感感じました。石原さんのコメントの方がよっぽどまともですよ。トルコが日本製を採用しなかったら、他の国の物を買うだけの話ですよ。日本の技術は世界でもトップクラスだと聞いています。しかも地震を経験したのは日本だけです。世界は原発ラッシュです。個人的にはいっせいのせ!で地球の原発をゼロにしたいけど、そうもいきません。これが現実です。日本の技術を終わらせるのか、努力して発展させるのか?日本の経済、安全保障の事も考えると今原発をやめてしまって良いのでしょうか?放射線の人体に対する影響は調査、研究が必要なことは当然ですが。

Leave a Comment

ama
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日米地位協定
日米地位協定
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
公文書問題 日本の「闇」の核心
公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
スノーデン 監視大国 日本を語る
スノーデン 監視大国 日本を語る (集英社新書)
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた (講談社現代新書)
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか (講談社現代新書)
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
「アベ友」トンデモ列伝
「アベ友」トンデモ列伝
安倍「4項目」改憲の建前と本音
安倍「4項目」改憲の建前と本音
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
Page Selector
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
知りたくないではすまされない
ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
知りたくないではすまされない ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
安倍政治 100のファクトチェック
安倍政治 100のファクトチェック (集英社新書)
改訂版 全共闘以後
改訂版 全共闘以後
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
対米自立
対米自立
rakuad2
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体 (講談社現代新書)
rakuad03
Black Box
Black Box
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
スポンサードリンク3
 
 
注目ブログ
 
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
オンライン署名
 
 
IWJサポート
 
 
raku3-2
 
 
raku3-2-03
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...