掃溜め組織「在特会」をこれ以上のさばらせないためにも「民衆扇動罪」は絶対必要だ!

先日、国会内で行われた「拝外・人種侮辱デモの抗議する国会集会」は多くの人が集まり盛況の内、第一回目が開催された。

まあ、言ってみるならば、日本の掃溜め『在特会』糾弾集会が国会内で行われた。

ジャーナリストの安田浩一氏が解説と苦言と危機感を織り交ぜながらスピーチしていたのをツイートした。

*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


以前より、この団体の異常性と醜悪な人間性には、ヘドが出るほど気持ち悪いと思ってきたが、今はどんどんエスカレートしているという。

こういう人間の心の中にある一番闇の部分、一番マイナスの要素を、自分の境遇など自分の責任を転嫁し、自己正当化する集団の気持ち悪さと言ったら他に類を見ない。

自己陶酔の世界であり、それが自分の趣味であるとか、主義主張を表明しているのならば、まだ救いようはあるのだけれども、彼ら彼女らは、自分よりも弱い立場二居る者たちを攻撃することによってでしか、自分を優越な立場に立つことができない、日本社会に放り出さつまはじきにされた恨みを晴らしているのだろう。

こんなモノは、そう長くは続かないと思って相手にもしてこなかったが、彼らの運動を維持させるために、どんどん過激になっているようで、これを見過ごすわけにはいかなくなってきているようだ。

大阪の鶴橋や東京の新宿でのレイシストたちのデモに対して、はっきりとNOを突きつける人たちも確実に増えてきているようだ。

今度の3月17日にもあり、それに反対する人たちは集合して各々プラカード、特に同じ土俵でヘイト文句を書くのではなく、「外国の皆さんと仲良くしましょう」とか
「ヘイトスピーチはやめましょう」など平和的な文言を、ということである。

私ならば、「クソやガキは日本から出て行け!」「お前らに日の丸を持つ権利はない」「自分の生活を見直せ!」などなど、もっとストレートに書いてみたい。

「在特会」は「在日特権許さない市民の会」らしいが、対抗すべく「在特会を許さない市民の会」を立ち上げたほうがいいかも。


*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


集会でのツイート

ジャーナリストの安田浩一氏:在特会とは何か、彼らの口からは「死ね」「飛び込め」と口汚い言葉が次々に出てくる。名称は「在日特権を許さない市民の会」で2007年1月が始まりで、いかに在日が日本人にはない特権を付与されていると、最初は勉強会

当初の会員は100人で設立。代表の桜井誠が、なんではじめたか、無年金訴訟をあげている。そのそも外国人がなぜ年金をもらうのか」福祉ただ乗り論を展開。今は交渉12000人。生活保護問題。在日に対する敵意をドライブにして膨張してきた。

在特会は大阪の鶴橋、東京の大久保で、毎週デモをやっている。彼らに「人を差別して人を傷つけて何が楽しいのか」と聞くと、活動することで今まで感じたことがない高揚感を感じられたと。叫ぶことで大声を上げることで楽しい、と。

龍谷大学教授・金尚均氏:在特会を知ったのは、ユーチューブのビデオでいつか朝鮮学校を襲撃すると予告していた。彼らがきたときには正直「言葉がなかった」小学校の時に「チョンコー」とか「おまえら竹食ってる」と馬鹿にされた。

金教授:京都事件(在特会の朝鮮人学校襲撃)の時、誰が在特会で誰が警察官かわからなかった。警察は何もやってくれなかった。学校側はひたすれ彼らのヘイトスピーチを一方的に聞かざるを得なかった。

金教授:刑法230条名誉毀損罪、231条に侮辱罪があるが、これは具体的に個人に対して想定されたこと。彼らが朝鮮人に対して「死ね」とか言っても具体的な個人に対して言っているので、日本の法体系では犯罪ではない、ということになってしまう。

金教授:彼らは表現の自由ということで自らを正当化している。これはあくまでも日本社会の中で一般的にやってはいけないことは、日本の法律では規制されていない。鶴橋や大久保のデモは具体的には規制できない。規制する法律がない。

金教授:京都の件では彼らの行動に対して刑事告訴したが、朝出したが受け取るまで11時間かかった。最初、告訴状を受け取らず、文字が間違っているとか、明日にしましょうなど対応されたが、受け取らないと帰らないと、ようやく受け取った。

金教授:ドイツでは「民衆扇動罪」がある。「公の平和を乱し得るような態様で、国籍、民族、宗教、または民族性によって特定される集団、住民の一部に対して、…悪意で侮辱し中小することで人間の尊厳を害した者は3月以上5年以下の自由刑に処する」

金教授:日本でもヘイトスピーチに対して早急にドイツなどのように対応をしなければならない。

上瀧浩子弁護士:先日2月24日の鶴橋のデモに行った。このデモは「出てけ出てけ朝鮮人」「殺せ殺せ朝鮮人」という酷いものだった。「南京大虐殺ではなく鶴橋大虐殺をやるぞ」など。それに対してカウンター行動をとった。

上瀧氏:在特会が攻撃をしているのに、警官は、こちらがプラカードをあげただけで「上げさせるな」と、こちらを規制し始めた

上瀧氏:ヘイトスピーチを浴びると非常に傷つく。在日朝鮮人という属性は取り払うことができないことで、それを攻撃することは抵抗が不可能なこと。そして「沈黙効果」といい、抵抗すればもっと傷つけられるからと言論が無力化される。

上瀧氏:社会に対する安全感が失われる。ヘイトスピーチを浴びせかけれらたあと、学校のエンブレムを見せられないと子供が言っている。自分も暗いところは怖いと思うようになった。在特会と思想が違うものはいつでも攻撃の対象となりうる。

上瀧氏:民事では警察が止めてくれない。警察はとにかくトラブルがないようにしているだけ。ある程度の強制力が必要だと思う。

鈴木邦男氏:出て行けとか帰れというのは民族主義や右翼ではない。一人ひとりが勇気をもって立ち上がってほしい。変なやつがきたら在特会でもなんでもやったらいい。警察に取り締まってもらわないで、我々がデモをやればいい。警察が意図的にやらせている。

鈴木氏:映画コーブの時に街宣車を出せば、我々なら逮捕されていたが、彼らがデモをやっても警察から排除されない。彼らのデモへ僕が一人で行ったら、僕を捕まえようとする。彼らは警察、特に公安に守られてやっている。公安は事件がないから。

鈴木氏:警察もだらしがないが、マスコミも彼らを映したら文句がくるからと映さない。政治が警察がといった他人任せではなく、我々が行動をおこさないといけない

木村氏:在特会がやっているのは弱い者いじめ、右翼はそんなことはしない。大使館などには抗議したが、小学校などに行くなどは考えられない。拉致問題で日本が明確な被害者になったことから、彼らの活動の背景があると思う

森達也氏(作家):これほど下劣で醜悪な行動を見たことがない。彼らは一人ひとりはおだやかだが、集団になるとああなる。集団化する課程で自分たちとは違う存在を排除しようとする。学校のいじめと同じ行動。

森氏:海外メディアなどは安倍政権になって右傾化、保守化と言われているが、ぼくは集団化と思っている。特に311以降、ぼくはオウム事件以降だと思っいてるが、繋がろうとか絆など…



*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********

参照映像





最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

賛同してくださる方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

応援してくださる方は、拍手をお願いします

コメント

非公開コメント

安田はいつまでジャーナリスト面するんだろうな
妄想だけで語っている輩はジャーナリストでもなんでもねーよw

歴史の真実を知れ!!

何だ、ここは!?
在日の巣窟板か!?
「偏狭無知無学」&「歴史的痴呆」の「逆差別レイシスト」とは、過去数百年前から今なお現在進行形で続く「日本人大虐殺事件」=「不逞朝鮮人凶悪犯罪列伝」を知らずして、一方的に「在特会」批判しているお喪ら“情弱在日朝鮮人”のことだ!!
よ~く、覚えておけ!!

生ぬるい。「肥溜め」でしょ。でも見方によっては、あちらこちらに転がってるより一カ所に集まってくれたほうが処理しやすいかもね。

Re: 日本人よ、騙されるな!!

焦ってるねえ、笑い

> 賢明なる日本人の皆さん、騙されてはいけません!!
> こんな荒唐無稽で“客観的事実”“歴史の真実”に基かない糞サヨクの言説などに惑わされてはいけません!!
> 過去数百年に渡る悪逆非道の限りを尽くして来た「不逞朝鮮人列伝」は一体何処へ消え去ったのか!?
> それに対して、日本の朝鮮半島や在日を含む朝鮮人への「多大なる貢献」は一体何処へ消え去ったのか!?
> この「逆差別の塊」と化した実態の誰が弱者なのか!?
> 一体どの口が言うのか!?
> “謂れなき”差別や排外主義を日本人の誰が唱えたと言うのか!?
> 「差別された」「搾取・収奪された」「虐殺された」と言うなら、それは日本人の方だ!!
> 正しい“歴史の真実”を知るために「日本被害史/オークラ出版」「ひと目でわかる日韓日中歴史の真実/PHP研究所」「ひと目でわかる日韓併合時代の真実/PHP研究所」をお読み下さい!!
> この三冊は日本人なら最低限知っておくべき“常識”“日本人必読の書”です!!
> 在特会への一方的批判はそれからにすべきです!!

日本人よ、騙されるな!!

賢明なる日本人の皆さん、騙されてはいけません!!
こんな荒唐無稽で“客観的事実”“歴史の真実”に基かない糞サヨクの言説などに惑わされてはいけません!!
過去数百年に渡る悪逆非道の限りを尽くして来た「不逞朝鮮人列伝」は一体何処へ消え去ったのか!?
それに対して、日本の朝鮮半島や在日を含む朝鮮人への「多大なる貢献」は一体何処へ消え去ったのか!?
この「逆差別の塊」と化した実態の誰が弱者なのか!?
一体どの口が言うのか!?
“謂れなき”差別や排外主義を日本人の誰が唱えたと言うのか!?
「差別された」「搾取・収奪された」「虐殺された」と言うなら、それは日本人の方だ!!
正しい“歴史の真実”を知るために「日本被害史/オークラ出版」「ひと目でわかる日韓日中歴史の真実/PHP研究所」「ひと目でわかる日韓併合時代の真実/PHP研究所」をお読み下さい!!
この三冊は日本人なら最低限知っておくべき“常識”“日本人必読の書”です!!
在特会への一方的批判はそれからにすべきです!!

判明

わかりましたよ!不思議だったんですよね。なんで「彼ら」が我が国の名誉を毀損するような振る舞いを敢えてしているのかが。彼らは我が国の評価を貶めるために外国から送り込まれてきた「スパイ」か「工作員」かなんかじゃないですかね(笑)そうじゃなかったらただの「国賊」でしかないですね。甚だ迷惑な連中ですね。

新しい犯罪を作ってみても取り締まられるのは「彼ら」じゃないかもしれませんから、まあ、慎重に考えるべきこととは思いますが。しかし、本当に戦うべき相手を完全に見失って、少数派や声を上げられない方へ当たり散らしている「彼ら」をみていると本当に“憐れ”に思えてきますね。情けないですね。