日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




「そんなバカな答弁ありますか?」稲田刑事局長に森ゆうこ議員が一喝!審議ストップ!

Category: 森ゆうこ   Tags: 森ゆうこ  
19日に続いて、本日、参院予算委員会で森ゆうこ議員が質疑にたった。

ライブで見ながらツイートした。

早々と議事録全文が書き起こしされていた。恐るべし森ゆうこ事務所!

*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


森ゆうこ議員の質疑「冤罪はなぜ発生するのか」、谷垣法相「無罪判決が出る理由はいろいろあるが、三審制、確定あとも再審の道もありそれを十全に活用していく」森氏「それはあたりまえ、PC遠隔操作事件で4名が逮捕され2名が自白をした。なぜ無実の人が自白するということがあるのか」

刑事局長「2名の方が自白したが、1名は同居の者の犯行だと思いかばって自白した。もう一人は早く社会復帰をしたい思いから自白してしまった。捜査側の遠隔操作に関する虚偽の自白を見抜けなかった。」森氏「供述調書は作文だったということか?」刑事局長「本人の供述内容が記載されたものだ」

森ゆうこ氏「やってもいないことを供述することは、捜査側が作文をしたちうことではないか?」参考人「4つの捜査事案については調査している。誤認逮捕された方からも話を聞いている。自白自体は虚偽の自白で、それを基に調書が作成された」、森ゆうこ「到底理解できない」

森氏「捜査機関が証拠をねつ造する、調書を偽造する。捜査報告書をねつ造する。こういうことをしたらどうなりますか?」谷垣法相「当然あってはならない。捜査機関は重責を担っていることを自覚する」森氏「捜査機関がねつ造すれば、全く関係のない市民が逮捕されてしまう」


*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


全く笑ってしまうが、本人が虚偽の自白をしたと警察の論理ではなるようだ。

そして、虚偽の自白をした理由もしっかり脅し透かして言質をとっているのであろうことは想像に難くない。

余談だが、この事件については、資料ブログで≪稀にみる冤罪事件になりそうな「PC遠隔操作事件」報道スクラップ≫としてまとめた。

その警察以上に異常なのが検察で、警察の供述調書偽造には逃れられない一部だけ(または別の意図があるのかもしれない)刑事事件化しているが、小沢事件における田代政弘元検事による虚偽報告書について不問に付した検察に対して森議員が追及した。

「期ズレ」や「虚偽記載」で、小沢さんを陥れようとした暴走検察が、同じく期ズレと虚偽記載で追及されるという、ほとんど漫画の世界である。

森議員が追及した検察の「期ズレ」について、稲田伸夫・法務省刑事局長は、「作成し始めた日が5月17日で、完成させたのが5月19日だったので複数日にまたがった」として、特に問題ないような事をノウノウと言ってのけた。

これに対して森議員は「そんなバカな答弁ありますか?」と2度、審議がストップした。

この最高検がなぜ「期ズレ」をしなければならなかったのか、やはり八木啓代女史の推論は、事実に近いように思うので、最後に一部抜粋させていただく。


*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


八木啓代のひとりごと』より

この最高検報告書では、報告書ができあがったのは、19日だとはっきり書かれているのです。

では、何故、田代報告書の日付は、2日も遡った17日なのか?

ここで、田代報告書が、妙に迫真性のある(そして、まるっきり創作の)「会話体」部分が存在していることとつながります。
「検察崩壊」でも指摘されていましたが、この会話部分は、あとで挿入されたのではないか、という疑惑です。

つまり、田代検事は、5月17日に5時間かけて、取り調べを行った。終わったのは6時過ぎです。
その後、木村検事に報告書を書くことを命じられて、作成を開始した。

その翌日の18日、木村検事は佐久間部長に相談して、「勾留中にB氏がA氏への報告等を認める供述をした経緯を振り返るやり取りがあったのであれば、これについて報告書を作成するよう指示をした。」
(つまり、ここで書き加えの指示が出されたとみられるわけです。)

そして、同月19日夜までに田代報告書を完成させた。
この報告書が上司に提出するためのものであるなら、日付は5月19日でなければおかしいのです。

では、なぜ、2日遡ったのか?
まさに、田代が取調をしたその日のうちに、新鮮な記憶で、すらすら報告書を書いたかのように見せかけるためであったとしか考えられず、だとすれば、それは、上司に提出するためではなく、検察審査員に見せるためとしか考えられないわけです。

そして、言うまでもなく、これを受け取った佐久間部長が、「日付の間違い」に気づかないわけがない。まさしく「2日バックデート」こそは、佐久間の指示ではなかったか?

つまり、この報告書の虚偽に、木村と佐久間が関与していることを、最高検報告書自体が示しているのです。



*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


すでに、森ゆうこHPにて質問通告(要旨)と資料がアップされていたので貼り付けておく。

平成25年2月21日 参議院予算委員会 質問通告(要旨)

●冤罪はなぜ後を絶たないのか。(法務大臣)

●遠隔操作ウイルス事件について(政府参考人)
 ・誤認逮捕された無実の4人の男性のうち2人が自白したのは何故か。
 ・供述調書は作文だったのか
 ・真犯人とされる男性の逮捕の状況が放映されている。捜査情報は秘密ではないのか。

●兵庫県警、大阪府警等による供述調書の捏造について。経過と対応如何。(政府参考人)


●捜査機関による証拠、供述調書、捜査報告書の捏造に対する見解如何(法務大臣)
●取り調べの可視化についての内閣の方針如何(法務大臣)
●平成24年6月27日付 最高検察庁調査報告書作成の経緯如何(法務省刑事局長)
 ・公文書の作成日は何を意味するか。
 ・田代報告書の日付が実際の作成日の日付と違うのは何故か。
●司法は冤罪防止の機能を有しているか。(最高裁刑事局長)
●自由、民主主義、基本的人権の尊重についての見解如何。(麻生国務大臣)



添付資料:
http://my-dream.air-nifty.com/moriyuuko/files/130221siryou.pdf

*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


動画もアップされている。




最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

賛同してくださる方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

応援してくださる方は、拍手をお願いします



「広告」



Comments

いつも楽しみに読ませていただいております。

検察・警察・マスゴミに裁判所まで加わり、司法マフィアと化している日本の最大の病巣を鋭くえぐっていく姿勢を応援します。

この「冤罪量産機関」の問題は、遠隔操作事件をとばくちに、当然ながら小沢問題の本質にもつながるわけですが、ゴビンダさんや菅谷さん、それから是非にとももう一度クロースアップしていただきたいのが、「高知県警白バイ事故」です。

最高裁まで完全に掌握されており、森ゆうこ議員の追及の手札カードとして加えていただければ、おそらくは県警内部にもまだ内部告発できる人間が居るとの話です。(懲戒処分を撤回させた不貞が、白バイ事故の真実暴露を脅しに使ったと騒がれています)

最高裁までいって収監されてしまっているとはいえ、あれほどに滅茶苦茶な証拠捏造を唯々諾々と認める司法のあり方は、まさしく現在の腐敗司法に通底しており、なんとか世間の関心をもう一度振り向けられないものかと唇とかむ想いです。

マスゴミがニュース性の重み付けを独占している気になって、さっさと流して「亡き者」にする手法に対抗することこそが肝要だと感じます。それをひたすらに追いかける現代人の習性にあわせて、ついついトピックを後追いしてしまいがちなのは、ひたすらにヤツラの思う壺です。

積み上げて蒸し返してやるのがネットの強さの源泉だと思います。

Leave a Comment

ama
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日米地位協定
日米地位協定
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
公文書問題 日本の「闇」の核心
公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
スノーデン 監視大国 日本を語る
スノーデン 監視大国 日本を語る (集英社新書)
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた (講談社現代新書)
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか (講談社現代新書)
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
「アベ友」トンデモ列伝
「アベ友」トンデモ列伝
安倍「4項目」改憲の建前と本音
安倍「4項目」改憲の建前と本音
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
Page Selector
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
知りたくないではすまされない
ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
知りたくないではすまされない ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
安倍政治 100のファクトチェック
安倍政治 100のファクトチェック (集英社新書)
改訂版 全共闘以後
改訂版 全共闘以後
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
対米自立
対米自立
rakuad2
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体 (講談社現代新書)
rakuad03
Black Box
Black Box
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
スポンサードリンク3
 
 
注目ブログ
 
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
オンライン署名
 
 
IWJサポート
 
 
raku3-2
 
 
raku3-2-03
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...