日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




広瀬隆氏の魂の叫びが天に通じた!「小沢一郎が、生涯最後の豪腕を発揮すべき時が来た!!この勢力をすべてまとめてください!」

Category: 小沢一郎   Tags: 小沢一郎  広瀬隆  日本未来の党  
小沢一郎「国民の生活が第一」代表が、嘉田知事の「日本未来の党」結党宣言直後に合流を決めた。

hirose.jpg
(広瀬隆氏の後援会資料より)

まさに広瀬氏が希望する形となった。

*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


以下、嘉田知事の記者会見の模様をIWJが実況ツイートしているので、貼っておく。

IWJエリアCh1@IWJ_AreaCh1

1.11月27日(火)15:00?、嘉田由起子滋賀県知事の記者会見の模様を実況します。 #IWJ_SHIGA @iwakamiyasumi

2.嘉田知事と飯田哲也氏が記者会見場に入ってきました。#IWJ_SHIGA1

3.嘉田知事「右か左ではない、日本の未来を作りたい。3.11後、初の国政選挙であるにも関わらず、脱原発への議論が足りない。自民党は原発推進のマニフェストを発表した。経済性だけで原発政策を推進することは国会としての品格を欠く」

4.嘉田知事「未来を作る政治の六つの結集軸。①卒原発②全員参加型社会③守る暮らし④脱増税⑤脱官僚⑥主権国家としての権利を堅持。稲盛和夫氏、坂本龍一氏、菅原文太氏、鳥越俊太郎氏、茂木健一郎氏が賛同人」

5.飯田哲也代表代行「脱原発の意志をどこに投じていいのか、という市民の思いがある。その選択肢を作りたい。『原発ゼロ』と言わない日本維新の会と自民党。2030年にゼロ、あるいはゼロにしないという政治は無責任」

6.嘉田知事「もっと賛同者が増えてくることを期待」。ここで菅原文太氏からのメッセージが代読される「日本のメルケルになってください」。

7.嘉田知事「新しい党を作る。名前は『日本未来の党』」

8.質疑応答。中日新聞「他党との連携について。他の賛同者はどういう人か」。嘉田知事「呼びかけはすべての党にさせていただく。『この指とまれ』方式。賛同者については、まだ確認出来ていない。早い段階で賛同者リストを作りたい」

9.フリー横田一氏「日本維新の会との違いは『原発ゼロ』への具体策が入るかどうか、ということか」。飯田代表代行「これから盛り込める柱をしっかりと提示していきたい」。「都知事選で宇都宮候補を応援するのか」。飯田代行「基本的にはそうだ」。

10.橋下市長から応援メッセージが届いているとのこと。「嘉田さん、絶対に党首になるべきだ。エネルギー政策についておおいに議論しましょう」という内容。

11.嘉田知事「3.11が結党のきっかけ。原発の問題を発信してきたがなかなか国が動かない。衆院選の候補者はこれから呼びかけ。政党要件はまだ満たしていないので任意団体。代表は私で代表代行が飯田さん」

12.テレビ朝日記者「『生活』と連携する可能性はあるのか。あるとして、小沢さんの色がつくことへの懸念はないか」嘉田知事「『生活』と方向性が一致すれば、あり得ると思う」

13.読売新聞「維新の会との関係は。飯田氏は大阪維新の会のブレーンだったと思うが」飯田代表代行「維新のブレーンだったという事実はない。石原代表が『原発ゼロ』を目指さないと言ったし、男性的な色合いを持つ維新は私の選択肢ではない」

14. 嘉田知事「橋下さんの見ている地域は大都会。私は田舎を見ている。維新は女性や子供の視点を欠いている。維新とは論戦をして国民的議論を活発にしていきたい」

15.記者達から「外交をどうするのか、経済はどうするのか、具体的なことが何も出ていないんですけど。公務も大事だと思うが。よく分かりませんよ!」と厳しい声。嘉田知事「今日は呼びかけの段階なので、すべてはこれから」

16.事務局「マスコミの皆様からすれば物足りないという感があるかもしれませんが、昨日からマスコミの報道が先行したけっか、今日、急いで記者会見をセッティングすることになった。ご理解いただきたい」



参照:
日本未来の党 政策要綱


*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


この大合流について各「生活」議員たちの反応をツイッターから拾ってみた。

森ゆうこ ‏@moriyukogiin
嘉田知事から新党「日本未来の党」への合流について正式な要請があったことを受け、党本部で常任幹事会を開催し、合流して協力して総選挙を戦うことを決定した。

三宅雪子(国民の命、くらしが第一) ‏@miyake_yukiko35
色々と報道が賑やかだが、私は淡々と活動するのみ。党名に愛着があるので変わらなければいいな、と思うぐらい。小沢代表は(気の毒に)長年のマスコミによるネガキャンで自分にアレルギーがある人がいることをよく承知しており自分が引くことで「原発ゼロ」が進むなら、という気持ちだろう。

黒田ゆう 未来の党 前衆議院議員 ‏@yuu5241
先程、党の常任幹事会が終了し嘉田知事の立ち上げた「日本未来の党」に合流することが決まった。「国民の生活が第一」は解党することに…。脱原発の勢力を総結集し掲げる政策実現に向け弾みをつけたいものだ…。総選挙の公示目前でもあり事務所は印刷物の変更で大忙し。

松崎哲久 ‏@mztmatsuzaki
前衆院議員 埼玉10区、松崎哲久より。けさの駅立ちビラ配りの印象によると、未来の党は好感をもたれているようです。少なくとも批判はまったくありません。

木村たけつか ‏@KimuraTaketsuka
本日、私たち国民の生活が第一は、日本未来の党に合流することになりました。脱原発、脱増税を掲げてより具現化するべく闘って参ります。

岡島一正 ‏@kazu_okajima
新しい政党「日本未来の党」の立党にあたって 平成24年11月28日  昨日、19時過ぎに国民の生活が第一の党本部、東幹事長jから夕方、党本部で開かれた党の常任幹事会での決定について報告がありました。
常任幹事会では、立党の目的でもある国民の生活が第一の政策をより具現化するために日本未来の党への参加・合流が決定されました。  この決定を受けて国民の生活が第一の千葉県連に所属する公認立候補予定者全員は日本未来の党が設立手続きを済ませ次第に合流することとなりました。

中村てつじ【日本未来の党】奈良2区 ‏@NakamuraTetsuji
「日本未来の党」へ合流することになりました。「国民の生活が第一」は解党します。先ほどの党常任幹事会で決定されました。

日本未来の党 斎藤やすのり ‏@saitoyasunori
理念や政策が違う者同士が集結するのは”数合わせ”。私たちは「過度な競争ではなく共生社会」、原発ゼロ、増税の前にやるべきことがある、医療制度・食品の安全を守る=否TPPで”心合わせ”ができている。政治は数。同じベクトル、政策を持つならば、集結するべき。私達の相手は既得権ホルダー。

衆議院議員 大谷啓 【日本未来の党】 ‏@otani_jimusho
おはようございます。 今朝は富田林市 滝谷不動駅でのビラ配布からスタート。28日は毎月瀧谷不動の縁日があり、今日はこのまま街宣活動を続けます。日本未来の党としてのビラを早速作成致しました! pic.twitter.com/VVnHAxFN

はたともこ ‏@hatatomoko
国民の生活が第一、常幹で解党決定。日本未来の党へ合流。「卒原発」の内容が不明で心配したが、党本部から届いた「日本未来の党政策要綱」を読んで一安心。再生エネ重視で原発代替即戦力「天然ガス・コンバインドサイクル」等の記述はないが、今後努力する。http://p.tl/BZEP

国民の生活が第一衆議院議員萩原仁事務所 ‏@hagiharahitoshi
おはようございます!今日から「日本未来の党」のはぎはら仁です。共通の志を持った仲間と頑張っていきます。しかしどこまでいっても{国民の生活が第一}の理念は変わりません。子ども達の未来の為にがんばります! http://twitpic.com/bh248t

笠原多見子事務所 国民の生活が第一 ‏@info00477754
おはようございます。昨日は殆どツイートができない位忙しかったです。【卒原発で大合流】です。政党名が国民の生活が第一から日本未来の党に変わりますがよろしくお願いします。

【未来の党】ふくしま健一郎/日本未来の党 ‏@fukken01
「党名を変えても、国民の生活が第一の理念はいささかも揺るがず」、「日本の未来の為に、脱原発、脱増税、TPP反対の覚悟を確固とする。」 あらためての、決意の朝です。

三宅雪子(国民の命、くらしが第一) ‏@miyake_yukiko35
ツイートでは、NHKの今回の新党や「生活」に対する華麗なスルーぶりに怒りの声だが、社の方針なのか?私はまずテレビを見ないし、テレビがあるだけで毎月NHKにお金を落としているのも何だかむなしく感じる。スルーされたうえにお金は搾取される。公平・中立はどこにいったのさ(口が悪くなる)

橋本久美(国民の生活が第一から未来へ) ‏@hashimotokumi
私たちの選挙はこれまでの常識から外れている。昭和時代のような後援会のお祭り選挙ではない。何しろ公認はギリギリでしかも政党名や党首まで突然変わるので、後援会もなく組織もなく資金もなく。支援者は、しがらみ無しの全くの勝手連でツイッターの告知で当日集まる。何て自由な選挙だろう!

日本未来の党 相原しの(前衆議院議員) ‏@aiharashino
日本未来の党 衆議院千葉県第5区支部 市川市伊勢宿18番6号 リベラル行徳 事務所オープン:12月2日(日)12:00 事務所開き(出陣式):12月4日(火)15:00 お気軽にお立ち寄りください。

加藤 学 ‏@kato_gaku
嘉田滋賀県知事が立ち上げた日本未来の会に合流することが決まりました。突然のことで事務的に忙しくなりますが、国民に明確な選択肢を示す本当の第三極ができたといえます。脱原発に向けて、国民のお願いを結集させていきたい。 http://twitpic.com/bgyo9g

木内孝胤(衆議院議員) ‏@takatanekiuchi
【日本未来の党】嘉田滋賀県知事が代表の新党が結成され、「国民の生活が第一」が合流することが決定。山田・亀井・河村新党も合流するとの報道があった。脱原発と消費増税凍結等が政策の柱となることが予想される。二週間前に小沢さんと都知事選挙について相談した際に考えていることがこれだったんだ

内山 晃 ‏@uchiyama_akira_
選挙間際慌ただしく民意を反映する政治を目指す為に大合流が行われた。「国民の生活が第一」のノボリ旗が届いたばかりだったが、今度は新たな「日本未来の党」に大合流だ。

日本未来の党 斎藤 やすのり ‏@saitoyasunori
私が所属します「国民の生活が第一」は解党し、新党『日本未来の党』に合流します。過度な競争社会でなく共生社会を作る、原発ではない自然を生かす再生可能エネルギーの普及を促進させます。合流に際し、私から国民の皆様に動画で説明をさせて頂きます。http://youtu.be/lskjElvR7Fs

牧義夫 ‏@yoshiomaki758
本日、国民の生活の解党に伴い「反消費税増税」「原発ストップ」「反TPP参加」を掲げる、日本未来の党に参画いたしました。 早速明日からの街宣車等で使用する争点レポートを録音してきました。 2分程度でまとめてあります、是非ご視聴下さい。 http://www.youtube.com/watch?v=W00cYJVy30U&feature=plcp

太田真平(日本未来の党) ‏@otashimpei
「国民の生活が第一」は、本党の目的にある国民の生活が第一の政策をより具現化していくため、「日本未来の党」に参加・合流することになりました。 今後とも、宜しくお願い致します。



*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


まさに捨て身、小沢さんは権力を持つことを全く目的としていないことは、自民党を飛び出した時から事実としてよくわかっていることだ。

とにかく「日本を普通の国にしたい」「日本社会を歪めている統治機構改革を断行する」という目的のためならば、自分が犠牲になっても構わないという姿勢で、この平成の24年間戦い続けてきたことは、小沢さんをウォッチしてきた人間は誰もがわかっていることである。

むしろ反小沢勢力のほうが、小沢改革の破壊力を十分知っているがゆえに、自分たちの権益や権力を守るというエゴ一点で「人格破壊」を仕掛け、様々な謀略を張り巡らせ、捏造、偽造を繰り返し、法律をも破ることを厭わず、制度をも逆手にとって、ありとあらゆる手段を講じて、小沢一郎という稀有な政治家抹殺のために蠢いてきた。
これぞ、まさしく「目的のためならば手段を選ばない」ということに他ならない。

「生活」を解党して新たな政党に移行するということは、候補者にとっては、もう、てんやわんや、めっちゃくちゃ、ということだろう。

公示日の一週間前にして、新たな党名に変えるというのだから、普通の頭で考えれば「もう無茶苦茶や」ということになる。

小沢さんは、9月からとか10月から嘉田知事と接触していたと言われてはいるが、それならポスターを作ったり、貼ったりということの整合性があまりない。やはり、橋下維新との連携を最後まで模索し、石原慎太郎と合流した時点で、早急に動いただろうことが真相だと思う。

先週あたりから大合流の噂が極一部で流れ私も風の便りに聞いていたことだったが、まさに風雲急を告げるごとくに決まったということだと思う。まあ、状況の変化に応じて様々な手は前々から打っていたのは、当然だということを前提としているのだが…。


*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


今、最も喫急の課題であり、今のままでは未来にわたり禍根を残しつつある原発事故対策を、より国民の命と暮らしを守る視点から、根本的に変えていくためにも、まず「脱原発基本法案」という法律によって「脱原発」を不動のものにしていくことこそ、何よりも最優先されるべきことで、この動きを加速化するためにも今回の大合流は必要条件であった。

「脱原発」を掲げる政党がバラバラで、このままでは民主と自民を利するだけとなっている現状を打破するためにも、小沢さんは自らをかなぐり捨てて合流を決めた。

この動きを封じるようにマスメディアが一斉にネガティブ情報を撒き散らしているが、それだけ、この合流のインパクトは強大で、原発推進の財界や電力、原子力ムラにとっても脅威だと認識しているということである。

まさに、小沢さんの剛腕発揮、「目的のためには手段を選ばない」という本領発揮である。通常ならば自らの権勢を保ちながら、権力を持つために手段を選ばないというエゴイズムで使われる言葉も、ここでは正反対なのである。

坂本龍一や原文太、稲盛和夫、鳥越俊太郎、茂木健一郎の各氏が賛同しているというが、ここに是非、広瀬隆、鎌田慧、落合恵子、湯川れい子、小出裕章、武田邦彦などの各氏も呼応してほしいと思う。

冒頭の広瀬隆氏も次のように言っている。

≪「小沢一郎と、渡辺喜美と、志位和夫と、亀井静香と、福島瑞穂と、河村たかしと、この水と油が合同記者会見をするなんて、画期的だと思わないか。その日から、一挙に、日本全土に熱気がみなぎるはずだ。金のかかる個別の選挙運動は必要ない。国民を味方につければ、一週間あれば勝てる」≫



広瀬氏の魂の叫びとも言える文章を、文字起こししていただいているので、それを最後に取り上げておきたい。


*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


http://www.asahi-net.or.jp/~pv8m-smz/archieve/121120hirose5.pdf

真剣に原発の完全廃絶を求める政治家が、山のようにいることをマスメディアが隠してきた。第一極は正義だ。現在の国会勢力としては、衆議院解散時点で、小沢一郎の国民の生活が第一は45人もいるのだ。
志位和夫の共産党も9人。渡辺喜美のみんなの党も7人。福島瑞穂の社民党も5人。
 河村たかしの減税日本は5人。国民新党は3人。新党大地・真民主は3人。みどりの風は2人。新党日本は1人。このあと民主党の離党組が続々と出て、亀井静香と山田正彦元農林水産相も明確に原発ゼロと反TPP、反消費税増税を打ち出した。
 ここに川内博史の新党が出てくれば理想的なのだが。

 小沢一郎が、生涯最後の豪腕を発揮すべき時が来た!!
かつてはわれわれの宿敵だった小沢一郎だが、今はまったくその恨みはない。
やってください。この勢力をすべてまとめてください。


小沢一郎の国民の生活が第一は、原発廃絶を打ち出し、10月の集会でトテツモナイ数の支持者を集めたが、新聞とテレビでまったく無視された。慎太郎ばかりを報道するマスメディアが、おかしいのだ。

お前たちが異常なのだ。

志位和夫の日本共産党は、現在の国会勢力で唯一「即時原発ゼロ」を打ち出している。偉い!!
ただしひと言、政党の名前を変えられないのか。資本主義も共産主義も、共に大事なのだよ。これから日本を共産主義国家にできるはずはないのだから、何とかならないのかねえ。ならないだろうね。
まあいい。目をつぶろう。

 福島瑞穂の社民党は、もともと脱原発でありながら、現在は「危険な原発から順次廃炉」というあいまいな政策。これは、すぐに明確な即時原発全廃に変更するべき。

民主党の離党組──新党大地・真民主、新党きづな、名古屋市長・河村たかし代表の減税日本などに合流──これらの諸政党は、消費税増税に反対しているが、原発政策にあいまいな点もある。明確にせよ。

市民運動派(グリーン派)の新党は、勿論、原発廃絶政党。

渡辺喜美のみんなの党は、発送電分離とエネルギーの地産地消を政策の柱としてきた。戦略的には「10年後」の原発ゼロを掲げても、実質的に「即時」全基廃炉の路線だと言っていた。私を二度も党内学習会に招いて、3時間ずつ全党員が話を聞いてくれたので、信頼してきたのだが、最近は慎太郎と組もうとして分らなくなった。ここにきて、その暗黒党と袂を分ったので、ほっとした。

独自路線で進めば、大変な数の支持を得られるのだ。われわれが支援する。




*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


■第一極の諸政党……われわれは浮動票ではない 広瀬 隆

 雨の中、10万人が国会大包囲デモに出た!!!!(11月11日)
総選挙とは、数を争う勝ち負け。
国会議員の当選総数の過半数を占めなければならない、ということだ。
逆に言えば、当選者が過半数をとればいい。ならば、これら原発の即時完全廃絶を求める政党と政治家が、ひとつの政党に結集すれば理想的だ。
だが、誰が見ても水と油、それは不可能だ。では、どうする?

 彼らが、選挙協力をすれば、勝てるんだよ!!

 国民が求めているのは、このアンケートの通り、原発廃絶での一致団結だ。

 『第三極 政策の一致「重要」』75%

 『次期政権「非自民中心で」』32%  (11/13朝日新聞 本社世論調査)

 「一選挙区・候補者一人」にしぼるんだ。

統一会派として同じ幟(ノボリ)を掲げればいい。そしてその候補を全員で応援する。

 新聞では小政党と書かれるが、トンデモナイことだ。彼らの党首が全員揃って、記者会見をすればいいんだよ。

 小沢一郎と、渡辺喜美と、志位和夫と、亀井静香と、福島瑞穂と、河村たかしと、この水と油が合同記者会見をするなんて、画期的だと思わないか。

 その日から、一挙に、日本全土に熱気がみなぎるはずだ。金のかかる個別の選挙運動は必要ない。国民を味方につければ、一週間あれば勝てる。

 われわれ市民が、投票すべき候補者を決めて、有権者に発信するんだ。そうすれば、どの選挙区でも勝利できる。そう思わないか?

 小沢一郎の豪腕に期待する!選挙協力に動け、動け!まだ充分に時間はある。

 『「脱原発」第三極結集図る』『小沢代表、反転攻勢』 (11/13東京新聞)

 彼らが、選挙協力をするよう、われわれ市民が急いで呼びかけよう!!

この運動を広めることに、坂本龍一氏と山本太郎氏も同意している。

国政にまったく関心のなかった私も同意する。

 この選挙協力に参加しない候補者は、すべて偽物だ。

共産党も、どうか今度は、全選挙区に候補者を立てて票を食い合う過去の結果を避けるよう、英断を下しなさい。頼みます!!

 年内に決着つけよう!!!!

 希望の日を!!!!

原発即時廃絶派が第一極をとる!

原発延命策をみなで粉砕!!

総選挙決戦だ・・・

天地をひっくりかえそう!!



おけらの いつか青空 脱原発』ブログより


最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

賛同してくださる方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

応援してくださる方は、拍手をお願いします



「広告」



Comments

Leave a Comment

トランプ革命の始動 覇権の再編
トランプ革命の始動  覇権の再編
決定版! 「都市伝説」大全 超タブーDX
決定版! 「都市伝説」大全 超タブーDX
アウトサイドで生きている
アウトサイドで生きている
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
Page Selector
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
保育園問題 - 待機児童、保育士不足、建設反対運動
保育園問題 - 待機児童、保育士不足、建設反対運動 (中公新書 2429)
原発より危険な六ヶ所再処理工場
原発より危険な六ヶ所再処理工場
スマホ廃人
スマホ廃人 (文春新書 1126)
トランプドルの衝撃 新生アメリカはロシアとの白人同盟を目指す
トランプドルの衝撃 新生アメリカはロシアとの白人同盟を目指す
定年後 - 50歳からの生き方、終わり方
定年後 - 50歳からの生き方、終わり方 (中公新書)
日本共産党 思想と正体
日本共産党 思想と正体 (別冊宝島 2573)
不寛容社会 - 「腹立つ日本人」の研究 -
不寛容社会 - 「腹立つ日本人」の研究 - (ワニブックスPLUS新書)
天皇125代 皇位継承の智恵
天皇125代 皇位継承の智恵 (別冊宝島 2569)
50代から本気で遊べば人生は愉しくなる
50代から本気で遊べば人生は愉しくなる (SB新書)
rakuad2
「テロ等準備罪」にだまされるな (「計画罪」は「共謀罪」そのものだ)
「テロ等準備罪」にだまされるな (「計画罪」は「共謀罪」そのものだ)
安倍でもわかる保守思想入門
安倍でもわかる保守思想入門
グローバル・ジャーナリズム――国際スクープの舞台裏
グローバル・ジャーナリズム――国際スクープの舞台裏 (岩波新書)
国際テロリズム:その戦術と実態から抑止まで
国際テロリズム:その戦術と実態から抑止まで
日本とフランス「官僚国家」の戦後史
日本とフランス「官僚国家」の戦後史 (NHKブックス)
徹底追及 築地市場の豊洲移転―崩された「食の安全・安心」
徹底追及 築地市場の豊洲移転―崩された「食の安全・安心」
孤独死大国 予備軍1000万人時代野のリアル
孤独死大国 予備軍1000万人時代野のリアル
rakuad03
自発的対米従属 知られざる「ワシントン拡声器」
自発的対米従属 知られざる「ワシントン拡声器」 (角川新書)
ゴーマニズム宣言SPECIAL 天皇論 平成29年: 増補改訂版
ゴーマニズム宣言SPECIAL 天皇論 平成29年: 増補改訂版
ポピュリズムと欧州動乱 フランスはEU崩壊の引き金を引くのか
ポピュリズムと欧州動乱 フランスはEU崩壊の引き金を引くのか (講談社+α新書)
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
紙の爆弾 2017年 2月号
Kindle版
紙の爆弾 2017年 2月号 [雑誌]
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
日本会議の研究
日本会議の研究 (扶桑社新書)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
一億総選挙革命
一億総選挙革命 (veggy Books)
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
日々坦々twitter
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
Web Translate
Social bookmark
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
[スポンサードリンク] 2
 
 
IWJサポート
 
 
これから出る注目本
(予約可)
MI6対KGB 英露インテリジェンス抗争秘史・・・ レム・クラシリニコフ (著), 佐藤 優 (翻訳), 松澤 一直 (翻訳) 東京堂出版 (2017/4/26発売予定)
MI6対KGB 英露インテリジェンス抗争秘史
日本はなぜ原発を拒めないのか──国家の闇へ・・・ 山岡 淳一郎 (著) 青灯社 (2017/4/26発売予定)

日本はなぜ原発を拒めないのか──国家の闇へ
本当は怖い! 成年後見 成年後見人には気をつけろ!・・・ 仲島 幹朗 (著) 文芸社 (2017/5/1発売予定)
外交官が読み解くトランプ以後(祥伝社新書)・・・ 高岡 望 (著) 祥伝社 (2017/5/1発売予定)
私の仕事 国連難民高等弁務官の十年と平和の構築 (朝日文庫)・・・ 緒方貞子 (著) 朝日新聞出版 (2017/5/8発売予定)
私の仕事 国連難民高等弁務官の十年と平和の構築 (朝日文庫)
ドキュメント 日本会議 (ちくま新書)・・・ 藤生 明 (著) 筑摩書房 (2017/5/9発売予定)
スパイの血脈――父子はなぜアメリカを売ったのか?・・・ ブライアン・デンソン (著), 国弘喜美代 (翻訳) 早川書房 (2017/5/9発売予定)
スパイの血脈――父子はなぜアメリカを売ったのか?
降り積もる光の粒 (文春文庫)・・・ 角田 光代 (著) 文藝春秋 (2017/5/10発売予定)
芸能界「宗教と信仰」事件史 (別冊宝島)・・・大型本 宝島社 (2017/5/11発売予定)
さらば、民主主義 憲法と日本社会を問いなおす (朝日新書)・・・ 佐伯啓思 (著) 朝日新聞出版 (2017/5/12発売予定)
偽装死で別の人生を生きる・・・ エリザベス・グリーンウッド (著), 赤根 洋子 (翻訳) 文藝春秋 (2017/5/15発売予定)
偽装死で別の人生を生きる
ドローン・ウォーズ・・・ 船瀬俊介 (著) イースト・プレス (2017/5/15発売予定)
金正恩 荒ぶる3代目の正体 (別冊宝島)・・・大型本 宝島社 (2017/5/15発売予定)
反戦後論・・・ 浜崎 洋介 (著) 文藝春秋 (2017/5/15発売予定)
反戦後論
政治を動かすメディア・・・ 芹川 洋一 (著), 佐々木 毅 (著) 東京大学出版会 (2017/5/15発売予定)
政治を動かすメディア
うつ病休職 (新潮新書)・・・ 中嶋 聡 (著) 新潮社 (2017/5/16発売予定)
世川行介放浪日記 貧乏歌舞伎町篇・・・ 世川行介 (著) 彩雲出版 (2017/5/16発売予定)
世川行介放浪日記 貧乏歌舞伎町篇
PC遠隔操作事件・・・ 神保 哲生 (著) 光文社 (2017/5/17発売予定)
歯は治療してはいけない! あなたの人生を変える歯の新常識 (講談社+α新書)・・・ 田北 行宏 (著) 講談社 (2017/5/19発売予定)
共謀罪の何が問題か (岩波ブックレット)・・・ 高山 佳奈子 (著) 岩波書店 (2017/5/20発売予定)
偽りの経済政策――格差と停滞のアベノミクス (岩波新書)・・・ 服部 茂幸 (著) 岩波書店 (2017/5/20発売予定)
1985-1991 東京バブルの正体 (MM新書)・・・ 昼間たかし (著) マイクロマガジン社 (2017/5/23発売予定)
1985-1991 東京バブルの正体 (MM新書)
徹底解剖 安倍友学園のアッキード事件・・・ 佐高 信 (編集) 七つ森書館 (2017/5/23発売予定)
トランプ政権を操る[黒い人脈]図鑑・・・ ベンジャミン・フルフォード (著) 扶桑社 (2017/5/24発売予定)
トランプ政権を操る[黒い人脈]図鑑
隷属なき道 AIとの競争に勝つ ベーシックインカムと一日三時間労働・・・ ルトガー・ブレグマン (著), 野中 香方子 (翻訳) 文藝春秋 (2017/5/25発売予定)
隷属なき道 AIとの競争に勝つ ベーシックインカムと一日三時間労働
日本中枢の狂謀・・・ 古賀 茂明 (著) 講談社 (2017/5/30発売予定)
 
 
オンライン署名
 
 
raku3-2
 
 
インターネット政党 「新党憲法9条」
Inter.jpg
 
 
raku3-2-03
 
 
注目ブログ
 
 
「フォーラム4」に賛同します!
F4001.jpg
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
DMM3-2
ブランドバッグ、ドレス、家電レンタル
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
ad-Kindle
 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...