日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




嘉田知事の「脱原発新党」は橋下維新が石原慎太郎と合流したことに対するアンチテーゼであり、第三極だと騒いでいたマスコミに対する拒否反応が表出した結果である!

Category: 政治   Tags: 嘉田由紀子  維新  脱原発新党  
昨日の小沢一郎「国民の生活が第一」代表の記者会見で、フジテレビのクドウという女性記者が、「嘉田滋賀県知事との会談があったのか」と共に、なぜか「改めて脱原発の考えを聞かせてください」と質問した。

その「脱原発の考え」だったら、今までも言ってきたし、生活のHPでも読めることだ。明らかに時間を浪費させる意図が感じられ、次のようにツイートした。


*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


ここから否定的な考えに支配されてしまい、この全体の動きまで疑念を持ってしまった。

そんな状況だったので次のようなツイートなった。



小沢一郎「国民の生活が第一」代表記者会見 2012/11/26「小沢一郎「週末に滋賀県の知事との会談があった事実はない。」

小沢代表記者会見なう。小沢さんはいつもの脱原発の考えを熱心に語っているが、どれだけこれを報じるメディアがあるのか疑問。それよりも時間をロスさせようという意図が感じられるのは考えすぎか。

田中龍作氏 合流の報道について、 小沢氏「私も同僚から聞いたが、まだ嘉田知事からの明確な返事があったわけではなく、新党ができたわけでもない。嘉田さんがいわれているように新しい党を作られて、もし呼びかけがあれば、その政策を検討して対応する。 現時点ではそのことは聞いてない

やっぱり、読売、産経、時事通信のやらせ記事だった可能性が大きい。嘉田滋賀県知事とは会談もしていない。合流の話し合いもしていない、というのは水面下の動きで本当の事実はわからないが、何か解せないものが残った。



*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


質問した田中龍作氏に会見の後、滋賀県の嘉田由紀子知事の新党についての小沢さんの反応をどうみるかと聞いてみた。
田中氏は、小沢さんは大変にすっきりした顔をして語っていたから、間違いなく報じられているような動きをしている、というような見解聞かせてくれた。

全体を見ると、読売、産経がすっぱ抜いて、26日朝のフジテレビ「とくダネ!」で、みどりの風の谷岡共同代表の発言が、その後の報道に拍車をかけた。

その辺を次のようにツイートした。





まあ、少し情報が出るのが早すぎ、読売、産経はいち早くその動きを封じる方向に出たとみることもできる。

動画:



*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


今朝の特ダネにも谷岡共同代表が出ていたが、小倉キャスターから昨日の発言が物議を醸したことを振られると、谷岡氏は「まずかった」という表情をモロに出していた。

時事通信も、この件についてはいち早く報じていたが、特ダネで論説委員でもある田崎史郎氏が谷岡氏に質問して、あの発言を引き出しているので、「してやったり」というところだろう。

谷岡氏は「連携、連合、協力ができる道を模索したいが、即合流までは考えていない」とトーンを落としている。

とにもかくにも本日、嘉田知事が新党結成をするようだ。

読売が報じている。

≪党名は「日本未来の党」を軸に調整している。「国民の生活が第一」(小沢一郎代表)などとの合流や連携を模索しており、「第3極」では日本維新の会とは別に、脱原発を旗印とした勢力の結集につながる可能性がある。≫

嘉田知事、脱原発で新党結成へ(読売新聞2012年11月27日)

これは維新が石原慎太郎と合流したことに対するアンチテーゼであり、あれが第三極だと騒いでいたマスコミに対する拒否反応が表出した結果だといえる。


*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


この日、第三次の公認候補者が発表された。

国民の生活が第一  第3次公認候補者(衆議院総選挙) 2012年11月26日
No. ふりがな 性別 現元新 年齢 生年月日 選挙区   主な経歴
1 武藤 優子 ムトウ ユウコ 女 新 48 1964年9月27日 茨城1区 一般社団法人理事兼事務局長

2 後藤  新 ゴトウ アラタ 男 新 52 1960年7月17日 群馬1区 元県議

3 長谷川 嘉一 ハセガワ カイチ 男 新 60 1952年11月6日 群馬3区 元県議

4 小高 真由美 コダカ マユミ 女 新 48 1964年5月4日 埼玉15区 市民じゃーなる事務局長 

5 相原 史乃 アイハラ シノ 女 前 38 1974年2月28日 千葉5区 前衆議院議員、元会社役員

6 白石 純子 シライシ ジュンコ 女 新 50 1962年9月6日 千葉6区 元客室乗務員

7 姫井 由美子 ヒメイ ユミコ 女 新(参現) 53 1959年2月14日 千葉8区 参議院議員、元県議

8 池田 剛久 イケダ ゴウキュウ 男 新 47 1965年11月11日 東京3区 元国会議員秘書

9 岡本 幸三 オカモト コウゾウ 男 新 52 1960年5月27日 東京7区 銀行員

10 木内 孝胤 キウチ タカタネ 男 前 46 1966年8月30日 東京9区 前衆議院議員、元銀行員

11 多ケ谷 亮 タガヤ リョウ 男 新 44 1968年11月25日 東京10区 会社経営

12 橋本 久美 ハシモト クミ 女 新 43 1969年7月11日 東京11区 豊島区議会議員

13 杉村 康之 スギムラ ヤスユキ 男 新 43 1969年2月19日 東京18区 府中市議会議員

14 中川  治 ナカガワ オサム 男 前 61 1951年2月10日 大阪18区 前衆議院議員、元府議

15 小手川 裕市 コテガワ ユウイチ 男 新 45 1967年6月15日 大分1区 元市役所職員


*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


この中での注目はなんと言っても、埼玉15区の小高真由美氏である。

早速、小高氏が所属している「市民じゃーなる」の代表であり、埼玉市民の会の代表世話人である長内経男氏に電話してみた。経緯はいろいろあったようだが、小高氏は小沢支援デモやシンポジウム、そして9・1「国民の生活が第一」を支援する市民大集会にも参加された、「市民の会」のメンバーであり、その市民の側から候補者を出したということが非常に大きなことだと思う。

長内氏と「これからドンドン市民側から候補者を出し、本当の国民目線の政治を目指してもらいたい」ということで締めくくった。


最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

賛同してくださる方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

応援してくださる方は、拍手をお願いします



「広告」



Comments

Leave a Comment

トランプ革命の始動 覇権の再編
トランプ革命の始動  覇権の再編
決定版! 「都市伝説」大全 超タブーDX
決定版! 「都市伝説」大全 超タブーDX
アウトサイドで生きている
アウトサイドで生きている
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
Page Selector
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
保育園問題 - 待機児童、保育士不足、建設反対運動
保育園問題 - 待機児童、保育士不足、建設反対運動 (中公新書 2429)
原発より危険な六ヶ所再処理工場
原発より危険な六ヶ所再処理工場
スマホ廃人
スマホ廃人 (文春新書 1126)
トランプドルの衝撃 新生アメリカはロシアとの白人同盟を目指す
トランプドルの衝撃 新生アメリカはロシアとの白人同盟を目指す
定年後 - 50歳からの生き方、終わり方
定年後 - 50歳からの生き方、終わり方 (中公新書)
日本共産党 思想と正体
日本共産党 思想と正体 (別冊宝島 2573)
不寛容社会 - 「腹立つ日本人」の研究 -
不寛容社会 - 「腹立つ日本人」の研究 - (ワニブックスPLUS新書)
天皇125代 皇位継承の智恵
天皇125代 皇位継承の智恵 (別冊宝島 2569)
50代から本気で遊べば人生は愉しくなる
50代から本気で遊べば人生は愉しくなる (SB新書)
rakuad2
「テロ等準備罪」にだまされるな (「計画罪」は「共謀罪」そのものだ)
「テロ等準備罪」にだまされるな (「計画罪」は「共謀罪」そのものだ)
安倍でもわかる保守思想入門
安倍でもわかる保守思想入門
グローバル・ジャーナリズム――国際スクープの舞台裏
グローバル・ジャーナリズム――国際スクープの舞台裏 (岩波新書)
国際テロリズム:その戦術と実態から抑止まで
国際テロリズム:その戦術と実態から抑止まで
日本とフランス「官僚国家」の戦後史
日本とフランス「官僚国家」の戦後史 (NHKブックス)
徹底追及 築地市場の豊洲移転―崩された「食の安全・安心」
徹底追及 築地市場の豊洲移転―崩された「食の安全・安心」
孤独死大国 予備軍1000万人時代野のリアル
孤独死大国 予備軍1000万人時代野のリアル
rakuad03
自発的対米従属 知られざる「ワシントン拡声器」
自発的対米従属 知られざる「ワシントン拡声器」 (角川新書)
ゴーマニズム宣言SPECIAL 天皇論 平成29年: 増補改訂版
ゴーマニズム宣言SPECIAL 天皇論 平成29年: 増補改訂版
ポピュリズムと欧州動乱 フランスはEU崩壊の引き金を引くのか
ポピュリズムと欧州動乱 フランスはEU崩壊の引き金を引くのか (講談社+α新書)
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
紙の爆弾 2017年 2月号
Kindle版
紙の爆弾 2017年 2月号 [雑誌]
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
日本会議の研究
日本会議の研究 (扶桑社新書)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
一億総選挙革命
一億総選挙革命 (veggy Books)
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
日々坦々twitter
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
Web Translate
Social bookmark
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
[スポンサードリンク] 2
 
 
IWJサポート
 
 
これから出る注目本
(予約可)
MI6対KGB 英露インテリジェンス抗争秘史・・・ レム・クラシリニコフ (著), 佐藤 優 (翻訳), 松澤 一直 (翻訳) 東京堂出版 (2017/4/26発売予定)
MI6対KGB 英露インテリジェンス抗争秘史
日本はなぜ原発を拒めないのか──国家の闇へ・・・ 山岡 淳一郎 (著) 青灯社 (2017/4/26発売予定)

日本はなぜ原発を拒めないのか──国家の闇へ
本当は怖い! 成年後見 成年後見人には気をつけろ!・・・ 仲島 幹朗 (著) 文芸社 (2017/5/1発売予定)
外交官が読み解くトランプ以後(祥伝社新書)・・・ 高岡 望 (著) 祥伝社 (2017/5/1発売予定)
私の仕事 国連難民高等弁務官の十年と平和の構築 (朝日文庫)・・・ 緒方貞子 (著) 朝日新聞出版 (2017/5/8発売予定)
私の仕事 国連難民高等弁務官の十年と平和の構築 (朝日文庫)
ドキュメント 日本会議 (ちくま新書)・・・ 藤生 明 (著) 筑摩書房 (2017/5/9発売予定)
スパイの血脈――父子はなぜアメリカを売ったのか?・・・ ブライアン・デンソン (著), 国弘喜美代 (翻訳) 早川書房 (2017/5/9発売予定)
スパイの血脈――父子はなぜアメリカを売ったのか?
降り積もる光の粒 (文春文庫)・・・ 角田 光代 (著) 文藝春秋 (2017/5/10発売予定)
芸能界「宗教と信仰」事件史 (別冊宝島)・・・大型本 宝島社 (2017/5/11発売予定)
さらば、民主主義 憲法と日本社会を問いなおす (朝日新書)・・・ 佐伯啓思 (著) 朝日新聞出版 (2017/5/12発売予定)
偽装死で別の人生を生きる・・・ エリザベス・グリーンウッド (著), 赤根 洋子 (翻訳) 文藝春秋 (2017/5/15発売予定)
偽装死で別の人生を生きる
ドローン・ウォーズ・・・ 船瀬俊介 (著) イースト・プレス (2017/5/15発売予定)
金正恩 荒ぶる3代目の正体 (別冊宝島)・・・大型本 宝島社 (2017/5/15発売予定)
反戦後論・・・ 浜崎 洋介 (著) 文藝春秋 (2017/5/15発売予定)
反戦後論
政治を動かすメディア・・・ 芹川 洋一 (著), 佐々木 毅 (著) 東京大学出版会 (2017/5/15発売予定)
政治を動かすメディア
うつ病休職 (新潮新書)・・・ 中嶋 聡 (著) 新潮社 (2017/5/16発売予定)
世川行介放浪日記 貧乏歌舞伎町篇・・・ 世川行介 (著) 彩雲出版 (2017/5/16発売予定)
世川行介放浪日記 貧乏歌舞伎町篇
PC遠隔操作事件・・・ 神保 哲生 (著) 光文社 (2017/5/17発売予定)
歯は治療してはいけない! あなたの人生を変える歯の新常識 (講談社+α新書)・・・ 田北 行宏 (著) 講談社 (2017/5/19発売予定)
共謀罪の何が問題か (岩波ブックレット)・・・ 高山 佳奈子 (著) 岩波書店 (2017/5/20発売予定)
偽りの経済政策――格差と停滞のアベノミクス (岩波新書)・・・ 服部 茂幸 (著) 岩波書店 (2017/5/20発売予定)
1985-1991 東京バブルの正体 (MM新書)・・・ 昼間たかし (著) マイクロマガジン社 (2017/5/23発売予定)
1985-1991 東京バブルの正体 (MM新書)
徹底解剖 安倍友学園のアッキード事件・・・ 佐高 信 (編集) 七つ森書館 (2017/5/23発売予定)
トランプ政権を操る[黒い人脈]図鑑・・・ ベンジャミン・フルフォード (著) 扶桑社 (2017/5/24発売予定)
トランプ政権を操る[黒い人脈]図鑑
隷属なき道 AIとの競争に勝つ ベーシックインカムと一日三時間労働・・・ ルトガー・ブレグマン (著), 野中 香方子 (翻訳) 文藝春秋 (2017/5/25発売予定)
隷属なき道 AIとの競争に勝つ ベーシックインカムと一日三時間労働
日本中枢の狂謀・・・ 古賀 茂明 (著) 講談社 (2017/5/30発売予定)
 
 
オンライン署名
 
 
raku3-2
 
 
インターネット政党 「新党憲法9条」
Inter.jpg
 
 
raku3-2-03
 
 
注目ブログ
 
 
「フォーラム4」に賛同します!
F4001.jpg
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
DMM3-2
ブランドバッグ、ドレス、家電レンタル
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
ad-Kindle
 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...