日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




恐るべし!初めて検察庁の中に入り込んだが、藤島氏は、なんと、隠し撮り生中継を行なっていた!

Category: 検察   Tags: 検察  
昨日、市民ネットメディアグループ の面々、山崎康彦氏、藤島利久氏と東京高検に行ってきた。

藤島氏の事情聴取ということで、付き添いとして初めて検察庁の中に入った。

そこで藤島氏は、なんと、隠し撮り生中継を行なっていた!恐るべし・・・

*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


藤島氏が、水谷建設の川村尚元社長を業務上横領罪及び特別背任罪で告発したが、それを東京地検があっさり不受理とし、再度、東京高検にあげて、事情を伺いたいとのことで三人で行ってきたというわけだ。

藤島氏は、

≪陸山会事件は水谷建設元社長・川村の横領事件に過ぎない。≫

との読みで、

≪検察が民間企業の横領事件を利用し、マスコミの無責任報道を操って「政治と金=小沢一郎」という架空問題を創り上げた≫

とし、この捜査の過程で、

≪検察と川村の裏取引、その他の企業からの自民党政治家への裏金供与を検察が見逃している事実も「70通のメモ」から出てくる≫

はずだと見込んでいる。

その高検の事情聴取の模様を生中継していたというわけだ。

そういえば、高検に行った後、三人で話した時にも話題になったが、『一市民が斬る』の志岐氏が、最高裁事務総局に行った時に事務官から、「街カフェTV」の藤島氏が検察審査会に行った時に、禁止されている撮影をして、しかも「生中継」をしていたことを聞かされたとのことで、法曹界の一部では藤島氏は超有名人?なのだろうと思う。

思えば4月20日、藤島さんとこの案件で東京地検に行ったが、門前払いを食らっていた。(参照

わざわざ高知から告発人が建物の目の前まで来ているというのに、東京地検の担当者は「高知に書類を送った」と言い張るばかり。藤島さんが、「家に帰ってないので見れないから、ここで説明してください」と食い下がるも、4回くらい電話をたらい回しにされ、長い時間、寒い中を待たされたあげく結局追い返された。

その後、東京高検にシフトして、事情をお聞きしたいとのことで藤島さんの付き添いで行ってきた。

相対した東京高検の竹内寛志検事は、私が初めて会う現役検事で、このような場も初めてなので、結構、緊張した。

特にICレコーダーをポケットに入れて録音していたので、検事が「録音はしていませんよね」と念押しされた時はさすがにビビってしまった。石川議員の、次元は全く違うが、一端を理解できた気がした。

聴取中、藤島さんの百戦錬磨の図太い恫喝や言い回しに、検事はたぶん今までそんな風に人から言われたことはないのだろう・・・・手が震えていた。

ただ、印象としては大変いい検事で、良識派であることは顔や雰囲気でよくわかった。

最初は「『六何』がしっかり書けてない告発状は受け取れないことになっている」と、告発状の不備を指摘してきたので、受理したくないという口実を、あの手この手で説明しようとしているのだ思っていた。そのうち実際の判例を用いて、六何=5W1Hがないと受理できないので、「補足したいんだ」というのがわかってきた。そのための事情聴取だというわけである。

結局は、最後、竹内検事自身が、抜けている部分を補って清書するということになり、たぶん受理される方向で動いていくように思われる。


*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


今日は、いい経験をさせていただき、藤島さんには本当に感謝申し上げたい。

そしてもう一つ、東京高検に行った後、日比谷公園にあるレストランで食事をしながら、またいつものダラダラ生中継をしていた最中に、藤島さんが京都大学の小出裕章助教に電話をして、その場で来月のインタビューのアポを取ってくれた。

6月14日18時頃から中継できる見込みで、「市民ネットメディアグループ」の活動の幅が広がっていきそうである。

植草一秀氏が提唱している「主権者国民連合」での3つの基本政策、「脱原発」、「反TPP」、「消費増税反対」に沿い、その「脱原発」については、小出先生に理論的支柱となっていただきたいと勝手に想像し、著書では読めない背後にある「思い」などを、実際にお会いして吸収できたらと思っている。

その週はかなり忙しくなりそうで、6月10日12時からは、山崎氏が主催する「ネットメディアと主権在民を考える会」では、最高裁の裏金を追及している元判事、生田暉雄弁護士が講演をするとのことで、便乗させていただくことになった。

そして、次の6月11日には「TBSみのもんた『嘘ズバ!』 告発説明会」を東京で行う、ということが決まった。

これに先立ち、大阪の西岡正士氏の『討論バーシチズン』で1回目の説明会が行われるとのことである。

その西岡氏のブログに書いてある説明を転載しておく。

≪ TBS平日朝の看板番組「朝ズバ!」が、陸山会事件に関して2010年1月に放送した「核心証言/ウラ金受け渡し疑惑」は、なんら証拠に基づかず、法廷での川村尚(元・水谷建設社長)証言とも矛盾するお粗末な内容でした。

 「お粗末」だけで済めば良いのですが、この放送は対論側からの検証もなく、CGで再現ビデオを作るなど、視聴者の誤認識を誘導する「悪意」に満ちたものと言わざるを得ません。

 もはや「偏向報道」の域を超え、故意にネガティブキャンペーンを展開し、裁判や政治に多くの悪影響を与えた「犯罪」行為とすら捉えることができます。

 この放送を問題視し、街頭演説を通じて鋭く糾弾を繰り返してこられた、「土佐の野良犬」こと藤島利久氏が、いよいよ「刑事告発」を決意しました。

 藤島氏は、多くの共同告発人を募り、よりインパクトの強いものにしたいとの思いから、大阪、東京を皮切りに全国で説明会の開催を予定しています。

 討論Bar“シチズン”での今回の「説明会」は、その第1回となります。

 とことん腐敗したマスコミに鉄拳を食らわせたいとお思いの方、ぜひこぞってご参集くださいますようお願い申し上げます。≫



*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


ついでに、東京高検の事情聴取の資料として藤島氏が自身のブログ『街カフェTVブログ』 に書いてあることを転載しておく。

≪街カフェTVでは、水谷建設(元社長川村尚)の共同告発人を集め、東京高等検察庁へ告発状を提出したいと考えています。
どうか協力してください。
あなた自身の手で、元秘書3者の無罪を立証し、陸山会事件を完全解決に導くのです。 
必要事項を記載して東京高等検察庁に郵送してください。 

(告発状の原本はこちら) ⇒ 「kyoudou.pdf」をダウンロード

これに署名・捺印して東京高等検察庁に郵送すれば告発完了!

宛先 〒100-8903千代田区霞が関1丁目1番1号
東京高等検察庁 御中
告発状在中」

告発に要する費用は切手代90円のみです。他には一切要りません。

後の面倒なことは全て私(街カフェTV運営者・藤島利久)が済ませます。告訴・告発・裁判は慣れてますので皆さんは他に何をすることもありません。。。唯、後の推移を見守り、応援してくだされば結構です。重ねて国民の皆様にお願い致します。

「共同告発状」をよく読んで、上記ダウンロード原本に必要事項を記載(署名捺印)して投函すればOKです。

是非とも、この共同告発にご協力ください。この共同告発人が、100・200と増えてゆけば、何とかなるかもしれないと考えております。

他の全ての方法は直接的効果がありません。私自身がしゃにむに活動しつつ考え抜いた結論です。≫




最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

賛同してくださる方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

応援してくださる方は、拍手をお願いします



「広告」



Comments

Leave a Comment

物言えぬ恐怖の時代がやってくる 共謀罪とメディア
物言えぬ恐怖の時代がやってくる 共謀罪とメディア
昭和初期政治史の諸相―官僚と軍人と党人
昭和初期政治史の諸相―官僚と軍人と党人
ある日うちの愛犬が介護老犬に! - みんなの家族になれて良かった
ある日うちの愛犬が介護老犬に! - みんなの家族になれて良かった (MyISBN - デザインエッグ社)
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
Page Selector
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
辺野古問題をどう解決するか――新基地をつくらせないための提言
辺野古問題をどう解決するか――新基地をつくらせないための提言
新貧乏物語――しのび寄る貧困の現場から
新貧乏物語――しのび寄る貧困の現場から
ジリ貧大国ニッポン
ジリ貧大国ニッポン
在日米軍 変貌する日米安保体制
(激トーク・オン・ディマンド vol. 11)
在日米軍 変貌する日米安保体制 (岩波新書)
生涯投資家
生涯投資家
東京大改革 小池百合子の戦い
東京大改革 小池百合子の戦い (別冊宝島 2595)
ニーチェに学ぶ「奴隷をやめて反逆せよ! 」―まず知識・思想から
ニーチェに学ぶ「奴隷をやめて反逆せよ! 」―まず知識・思想から
rakuad2
世界の右翼
世界の右翼
信じてはいけない 民主主義を壊すフェイクニュースの正体
信じてはいけない 民主主義を壊すフェイクニュースの正体 (朝日新書)
人は、老いない
人は、老いない (朝日新書)
どアホノミクスの断末魔
どアホノミクスの断末魔 (角川新書)
築地移転の謎 なぜ汚染地なのか 石原慎太郎元都知事の責任を問う
築地移転の謎 なぜ汚染地なのか 石原慎太郎元都知事の責任を問う
rakuad03
日本中枢の狂謀
日本中枢の狂謀
東芝 大裏面史
東芝 大裏面史
日本人と右翼
日本人と右翼 (別冊宝島 2580)
徹底解剖 安倍友学園のアッキード事件
徹底解剖 安倍友学園のアッキード事件
共謀罪の何が問題か
共謀罪の何が問題か (岩波ブックレット)
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
原発より危険な六ヶ所再処理工場
原発より危険な六ヶ所再処理工場
「テロ等準備罪」にだまされるな (「計画罪」は「共謀罪」そのものだ)
「テロ等準備罪」にだまされるな (「計画罪」は「共謀罪」そのものだ)
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
紙の爆弾 2017年 2月号
Kindle版
紙の爆弾 2017年 2月号 [雑誌]
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
日本会議の研究
日本会議の研究 (扶桑社新書)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
一億総選挙革命
一億総選挙革命 (veggy Books)
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
日々坦々twitter
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
Web Translate
Social bookmark
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
[スポンサードリンク] 2
 
 
IWJサポート
 
 
これから出る注目本
(予約可)
「軍学共同」と安倍政権・・・ 多羅尾 光徳 (著), 池内 了 (著), 山崎 正勝 (著), 西山 勝夫 (著), 河村 豊 (著), 土井 誠 (著), 竹内 真 (著) 新日本出版社 (2017/6/27発売予定)
「軍学共同」と安倍政権
新自由主義に抗して スーザン・ジョージと世界市民運動・・・ 日下部 史彦 (著) SSBパブリケーションズ (2017/6/28発売予定)
新自由主義に抗して スーザン・ジョージと世界市民運動
拉致と日本人・・・ 蓮池 透 (著), 辛淑玉 (著) 岩波書店 (2017/6/28発売予定)
拉致と日本人
東芝 原子力敗戦・・・ 大西 康之 (著) 文藝春秋 (2017/6/28発売予定)
東芝 原子力敗戦
海の放射能に立ち向かった日本人 ビキニからフクシマへの伝言・・・ 奥秋 聡 (著) 旬報社 (2017/6/30発売予定)
海の放射能に立ち向かった日本人 ビキニからフクシマへの伝言
日米開戦の正体 東條英機とゾルゲ事件・・・ 孫崎享 (著) 祥伝社 (2017/7/2発売予定)
日米開戦へのスパイ  東條英機とゾルゲ事件
憂国論 戦後日本の欺瞞を撃つ(祥伝社新書)・・・ 鈴木 邦男 (著), 白井 聡 (著) 祥伝社 (2017/7/4発売予定)
憂国論 戦後日本の欺瞞を撃つ(祥伝社新書)
僕らの社会主義 (ちくま新書)・・・ 國分 功一郎 (著), 山崎 亮 (著) 筑摩書房 (2017/7/5発売予定)
戦場 - 元国家安全保障担当補佐官による告発・・・ マイケル フリン (著), マイケル レディーン (著), 川村 幸城 (翻訳) 中央公論新社 (2017/7/6発売予定)
地政学から読み解く米中露の戦略 (別冊宝島)・・・大型本 宝島社 (2017/7/7発売予定発売予定)
東芝崩壊 19万人の巨艦企業を沈めた真犯人・・・ 松崎 隆司 (著) 宝島社 (2017/7/7発売予定)
日本一やさしい「政治の教科書」できました。・・・ 木村草太 (著), 津田大介 (著), AKB48 (著) 朝日新聞出版 (2017/7/7発売予定)
日本一やさしい「政治の教科書」できました。
三菱財閥 最強の秘密 (宝島社新書)・・・ 田中 幾太郎 (著) 宝島社 (2017/7/10発売予定)
マル暴捜査・・・ 今井 良 (著) 新潮社 (2017/7/14発売予定)
メディアの驕り・・・ 廣淵 升彦 (著) 新潮社 (2017/7/14発売予定)
人間の居場所 (集英社新書)・・・ 田原 牧 (著) 集英社 (2017/7/14発売予定)
コンプレックス文化論・・・ 武田 砂鉄 (著) 文藝春秋 (2017/7/14発売予定)
コンプレックス文化論
世界を動かす巨人たち <経済人編> (集英社新書)・・・ 池上 彰 (著) 集英社 (2017/7/14発売予定)
昭和・平成 日本の凶悪犯罪100・・・ 別冊宝島編集部 (編集) 単行本 宝島社 (2017/7/15発売予定)
日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る・・・ 青山透子 (著) 河出書房新社 (2017/7/17発売予定)
日本の裏社会 闇の職業図鑑・・・ 別冊宝島編集部 (編集) 単行本 宝島社 (2017/7/22発売予定)
ヒトラーの陰謀伝説・・・ 噂の真相を研究する会 (著) 宝島社 (2017/7/24発売予定)
原爆死の真実――きのこ雲の下で起きていたこと・・・ NHKスペシャル取材班 (著) 岩波書店 (2017/7/26発売予定)
 
 
オンライン署名
 
 
raku3-2
 
 
インターネット政党 「新党憲法9条」
Inter.jpg
 
 
raku3-2-03
 
 
注目ブログ
 
 
「フォーラム4」に賛同します!
F4001.jpg
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
DMM3-2
ブランドバッグ、ドレス、家電レンタル
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
ad-Kindle
 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...