日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




「江川紹子 VS きっこ大バトル」のきっかけ・・・きっこ氏は100%理解でき、江川氏は1%も理解できなかったという上杉隆氏のツイート「ひばくなう」の真意!

Category: 原発・環境問題   Tags: 上杉隆  江川紹子  きっこ  原発  福島  被曝  マスコミ問題  
江川紹子氏と『きっこのブログ』の管理人のきっこ氏が、ツイッター上でバトルを繰り広げた。

これを読むと、江川紹子氏が山下俊一教授とダブって見えてきた。

img_172441_26175332_0.jpg a0028694_6133822.jpg

資料ブログにも貼ったが、江川氏ときっこ氏のツイートバトルは、やはり今の世の中の「空気」とか福島の現状と政府や官僚の施策、マスコミの現況など、様々なことが見え考えさせられる、大変に重要だと思われるので、本ブログでも取り上げることにした。

まず、このバトルで気になったことを次のようにツイートした。

≪・・・個人的に気になるのは、江川氏が最近、特に脱原発で影響力がある人達を狙って意識的に議論を吹きかけているように見える・・・≫



たとえば、
江川紹子氏 VS 飯田哲也氏ツイッター対決など・・・・・・

*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


もともと、今年はじめに上杉隆氏が暫定代表だった自由報道協会の一周年&表彰式で小沢一郎氏を表彰することに江川氏が反発し脱退を持ってそれを示していた。

参照ツイート
自由報道協会は役割を終えた by 江川紹子

参照記事
「自由報道協会賞」小沢氏受賞に異論続出 「選考不備」で仕切り直し

参照エントリー
自由報道協会の一周年&表彰式・・・この会の言い出しっぺは小沢一郎氏だった!

きっこ氏とのツイートバトルでの江川氏の言い分をまとめるとこうなる。

≪福島での放射能汚染を煽るのはデマで、日本人の半数はガンで死ぬのに、「福島の子供たちが甲状腺ガンになる」というのは恫喝である。また、福島の人を移住せてそのストレスで体を壊すよりも、現在の福島で住まわせることを考えることが先決だといい、上杉隆のいうことは全てデマだ、という勢いで否定している。≫


*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********




このバトルでもきっこ氏の質問に江川氏は、他の横槍を入れてきた人とのツイートばかりして、正面から答えようとしていないのがよくわかる。

たとえば、きっこ氏が、

≪紹子さんは上杉さんが「ひばくなう」とツイートした時の写真の線量計の数値が「嘘で事実無根」だと証明できる証拠をお持ちなのですか?2012/05/20 23:18:26≫



との質問に、江川氏がその答えと思われるツイートをしたのが30分後で、その間散々この二人の議論に横から入ってきた人たちの質問に応えている。

江川氏

≪私は、上杉氏が計器を操作してるとか言ってませんよ。福島県内では、今も高線量の場所があることは事実だし、例えば、郡山市内でも線量の濃淡はあります。だから、上杉氏がその中で高いところをみつけて出したことは否定していません。2012/05/20 23:47:09≫


「嘘で事実無根」というのは完全に否定していることだと思うのだが・・・。

その後も、江川氏はこのスタイルを続け、きっこ氏の質問に正面から答えようとせず、横槍のどうでもいい人達に対しての質問に応えつつ、はぐらかしていたという印象をもった。

江川氏はきっこ氏が日常的に≪福島に住む人たちを恫喝している≫といい、それに対してきっこ氏がその例を上げてくれとツイートしたのに最後まで無視していた。

きっこ氏が憤慨し次のようにツイートしていた。

≪私自身、福島の人を恫喝した覚えなどありませんので、「日常的に恫喝している」と言うのであれば、私のどの発言がそれに該当するのか指摘してください。指摘できないのなら撤回してください。2012/05/21 00:37:16≫



これに対しても江川氏はまともに答えていない。まあ、泥沼化になるのを恐れたのかもしれないが、一事が万事この調子だったのは、まとめを見れば明らかである。

ここら辺が、仙谷はじめ民主党主流派が得意の誤魔化し、はぐらかし、目くらましと同根であるように思える。

この『togetter』をまとめた早川由紀夫教授が次のように呆れていた。

≪事実と意見の切り分けができないジャーナリストほど害毒はない。≫



江川氏の最近のツイートの傾向を見ていると、「虎の尾=地雷」となるものは、「記者クラブ批判」、「上杉隆」、「自由報道協会」、「被ばく」、「放射能」、「福島」で、これらを踏む人には、瀬戸内寂静といえども論点をすり替えて喰らいついてくる。

先日、経産省前テントで瀬戸内寂聴氏が参加した「関西電力の大飯原発再稼働に反対するハンガーストライキ」で、瀬戸内氏がテレビで次のように発言したことに江川氏が噛み付いた。

≪日本は原爆を2度受けてて、わたしが生きてきた90年でね、こんな悪い時代はなかった、って言っているの。戦争中の方がね、まだ、ましでしたよね。恐ろしい国ですよ、滅びつつありますよ、これから生きていくね、若い人とかね、子どもたち、生まれてくる子はどうするんですか?と、どうやってそれをね、平気で恐ろしい国に渡せるんですか?
だから、それはとてもね、今悪い状態ですね。それをどうして政治家が感じないのかがね、本当に鈍いと思いますね。だって今の政府が再稼働をしようとしているんでしょ?
ドジョウはそんなことしませんよ。本当のドジョウは。もう、政府がけしからんと思っています。≫

(参照:『みんな楽しくHappy♡がいい♪』)


*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


これについて江川氏がツイートで、

≪兵士や軍属など約230万人が戦死し、80万人の一般市民が空襲などで命を失った戦争中の方がましだった、という発言は残念…というか、ダメだと思う≫



江川紹子「情報の真偽を確かめずに公表して、ぬれぎぬを着せたのは、誰なのかにゃ~」


この中で、江川氏の瀬戸内氏への批判に対して、きっこ氏が反論し「ミニバトル」を繰り広げていた。

きっこ

≪紹子さんは常々「発言の一部だけを切り取っての批判」を嫌っている人だと思っていたので意外でした。とても残念です。≫



江川氏→きっこ氏

≪戦争中の方がまし、というのは、彼女の失言でしょう。これはダメです。ある種の高揚感の中で言ってしまったことで、後で冷静になって見れば、これは違うなと、本人も思うのでは?それから私は他の発言も見ていますよ。ツイート全部見たんですか?≫



きっこ

≪「瀬戸内さんの言葉に一切意見を言ってはいけない雰囲気っていうのも異様」かも知れませんが、私から見ると紹子さんほど賢い人が周りの取り巻きと一緒になって自論を補強するために低レベルなツイートをRTしていることも異様に見えます。「らしくない」と思います。

紹子さんの考えや主張はよく分かりましたが、寂聴さんの発言の表面を批判している紹子さんと、発言の本質を理解して納得している私とでは、議論のテーブルにつく以前の問題なので、このまま平行線が続いてしまうと思います。お忙しいところありがとうございました。感謝します。

繰り返しになりますが、あの流れからの発言なのですから、あくまでも「戦争体験者の私が『戦争中のほうがマシ』と言いたくなるほど今の日本は酷い」という比喩表現であって、本心から「戦争中のほうがマシ」と言っているのではないと解釈すべき、これが私の見解です。≫



江川

≪ご自分と異なる意見は低レベルですか…あと、私には「周りの取り巻き」なんていません。どうでもいいですが、頭を冷やした方がいいと思います。今回の震災と原発事故を受けて、非常時は政府があらゆる権限を集約するよう憲法改正すべきだという意見すら出ている昨今≫



どこからどう見ても、きっこ氏の言っているほうがまともだと私は思えるがどうだろうか。

そのほか、上杉氏を講演会の講師に呼んだ大阪弁護士会に対して次のようにツイートしている。

≪大阪弁護士会に、なぜ捏造コメントまで使って虚偽の言説を流布する人の講演会を開いたのか、問い合わせをした。同弁護士会が誠実に答えてくれることを期待したい≫



(両者のツイートは全て上記の『togetter』に入っている)

江川氏は基本的には再稼働賛成であるようだ。

≪1年や2年で関電の原発で供給していた電力を補う代替電源を用意するのは無理かと・・・原発の再稼働ができなければ関西での夏場の電力不足は明らかだし、周辺自治体などが容易に再稼働に賛同しないことは分かっていたと思うのだけど、政府はなぜ今になってあたふた(と見える)しているのだろう。もっと早く、需給の数字を元に、廃炉何基、再稼働は何基必要という目標を出せたのでは?≫

とツイートもしている。


*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


今回のバトルは、きっこ氏の上杉隆氏の5月13日のツイート「ひばくなう」がきっかけとなって始まった。

ただでさえ批判の嵐の真っただ中にいる上杉氏が、また挑発的な発言ということで批判に晒されたが、ラジオでその真意を語ってそれに賛同してきっこ氏が次のようにツイートした。

きっこ ‏@kikko_no_blog

≪テレビやラジオに出ている著名人が「安全です」と言った場所に住み、テレビやラジオに出ている著名人が「安全です」と言ったものを食べ続け、それで数年後に癌になっても、その著名人は何の責任も取ってくれませんよ。彼らはスポンサーの望むことを言ってエサを貰っているだけの飼犬ですから。

国民を被曝させている国や企業を批判せずに「ひばくなう」とつぶやいた人を吊し上げるという民度の低さ。これほどバカが多ければ取り返しのつかない大事故を起こした原発が平然と推進されていくのもうなずける。

あたしは別に上杉さんを擁護するつもりはないけど、2日前のTOKYO FMで上杉さんが「ひばくなう」とツイートした理由を説明してるのを聴いて100%理解できた。

上杉さんの「ひばくなう」を批判した人たちって、アーサー・ビナードさんの「セシウム咲いた」を批判した人たちと同じレベル。国語力が低いだけじゃなくて、洞察力、判断力、感性、すべてが鈍すぎる≫



これは黙っていてはフォロワーも多く影響力もあるきっこ氏に反論をしなければと思ったのだろう。

事の発端となった「ひばくなう」の真意、きっこ氏は100%理解でき、江川氏は1%も理解できなかったという上杉氏の発言を書き起こしたので、お読みいただき皆さんに判断を仰ぎたいと思う。


*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


■上杉隆さんのお話 (5月18日)


(以下書き起こし)

7:40~

事故から一年以上が過ぎているが、内部被爆も含めて政府が対応していない。

逆に、20キロ圏内を一部解除したり、郡山や福島の一部では高線量な箇所を情報提供もせずに子供たちを住まわせている。

知ってて、放射能を管理した生活と、知らないで被曝するというのは全然レベルが違う。

「安全」という判断をしてもいいし、「危険」という判断もしてもいいんですけれども、情報公開というものをきちんとやってください、と、ここの部分を昨年の3月11日からずうっと政府に対して、県に対して言い続けているんですが、それを言っていると「デマ」だとか言われるんですね。

ぼくは、ただの一回も住民に向かって「あなたたち逃げなさい」とは言ってないんですよ。

全て情報の出処を把握してるのは政治家や行政の人間なんで、そういう人達が情報をもっているんだったら、ちゃんと責任を持っていろんな判断をしてください、としか言ってないんですが、日本の全体の言論空間が、非常に感情的になっているので、放射能の事実を伝えただけでも、もう大騒ぎして「あいつは危ない」というふうにやってしまうんですね。
・・・

司会者
いったいどいうなってるんだろうね、少しはタブーのような雰囲気は無くなったかのように思ってたんですけど・・・。

上杉
「原発」のタブーはだいぶ無くなりました。私もここで原発とか言って、一年前は「原発」というと賛成、反対で大騒ぎになってましたから・・・。
国会の事故調でいろいろ呼ばれて、勝俣会長とか海江田さん、来週からは枝野元官房長官、菅元総理も呼ばれます。そういう意味では、「原発」のことに関しては、やっと日本人の中で議論になってきたんです。

これを昔でいえば、拉致とかですね、それからいろんな問題がタブーだったのが、皆んなが言い出すと横並びなんで、まあメディアも言い出したんですね。東京電力から広告費も見込めないとか、そんなようなビジネス上の問題もあって、ここはOK。

ところが、「被曝」とか「放射能」に関してはまだタブーですね。むしろタブーがかなり加速して、朝日新聞の連載「25年の轍(わだち)」もそうですが、タブーを認めてるわけです、新聞・テレビが・・・。

司会
目の前に記事があるが、5月2日の新聞に載ってたもの・・・。福島のコミュニティFMの話ですね。

上杉
これは「放射能」というものを伝えることにタブーがあるということで、自分でその番組で触れた瞬間に、「トンデモない」というメールが来たり、社内での話し合いで実際放送ができなくなるというような事が起こってるんですが、この記事自体も取材したのが10月なんですよ。なんで今なんだと。チェルノブイリが25年なんですけど、今26年ですよね。(タイトルは「25年の轍」)

つまり、朝日新聞の社会面に出すだけでも、これを載せるのに半年以上かかっちゃうわけです。

これはサクっと朝日新聞に書いてあることですけど、ちゃんと言わないと、また煽ったと言われちゃいますから・・・。

鈴木さんという福島在住の方が妊娠されたということがわかって、そして昨年10月に長男が産まれたと。ですが心臓に穴が開いていたと。これによって改めて放射能と健康について考えさせられたと・・・。

これが、普通に福島に住んでいる人たちに対して不安なわけです。
これが放射能由来かどうかは別問題なのに、不安に思っている人が多いので、行政はちゃんと対応しなくちゃいけないんですが、福島県では甲状腺も血液もそうですが、基本的には「検査をするな」ということを福島医大の山下俊一副学長がメールで流し、そして医師もそれに従わざるを得ないと・・。

たまたま今ツイッターできましたけれども、福島のお医者さんが「もういい加減にしてくれ」ということで、という声を初めてあげたんですね、小児科の方が、「子供の検査だけさせてくれ」と。

つまり、検査もしないで安全だというのもおかしいですよね。

検査すれば安全な人がほとんどなんで安心するのに、検査しないで安全だ安全だと、その代わり検査しませんと。
これが不安を煽ってるんで、まさに不安やそういうのを煽っているのは、放射能のことを言っている人ではなくて、行政やマスコミなんですね。
・・・

マスコミは福島の人達が居心地良く過ごすこととは、別に事実を伝えなくてはいけない。

マスコミでは「放射能」「被曝」という言葉をは使わないようにしましょうとなっている。

そういう言葉を使うと、「なんでそんなことを言った。福島の人を傷つけた」ということになるので、

(15:11~)
私も先週の日曜日あえて、福島第一原発の横にいって「ひばくなう」とつぶやいたのはそういう意図があったんです。

1年前に「メルトダウン」と言ったら同じように叩かれたんです。

これは日本のほんとに悪い癖で戦前もありましたよね。

戦争負けてるのに「戦争負けた」と言った瞬間に「非国民だ」と。

事実を知らせることと守ることはまた別なのに、そしてその上で守ればいいものを、事実を伝えないということがまた始まり出したなというふうに思いますね。

・・・

(以上書き起こし)


*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


今年になって自由報道協会を脱退してからの江川氏の論戦の特徴として、上記に上げた地雷(「記者クラブ批判」、「上杉隆」、「自由報道協会」、「被ばく」、「放射能」、「福島」)を踏んだ、世の中に影響力がある人(著名人やフォロワー数が多い人など)をターゲットにする傾向がある。

そして、江川氏は客観的、論理思考で反論なりツイートしているように表面的には見えるが、そこここに綻びが見え出し、時に感情が剥き出しになり、全体として無理が生じている。

それは、ひとつの論理、ひとつの方向性に執着している証左ともいえるのではないだろうか。

その方向性というのが、邪推であるが、仙谷由人の方向性と一致しているような気がしてならない。

江川氏が仙谷由人へ政治献金をしていることは有名な話だが、ジャーナリストが政権幹部に献金していて、中立な記事がかけるのか、非常に疑問が残る。(参照

ましてや、再稼働するしないで緊迫するこの時に政府、特に東電や再稼働問題の当事者である仙谷の意を受けたような、江川氏の行動は異常という外ない。

今まで裁判問題など多くの江川氏のツイートを参照してきた。これは引き続き良いものは良いということで評価し、参考にしていきたいと思っている。

特に、3.11以降、「全ての価値観が同じでなければならない」なんていうのは絶対に無理なことであり、ナンセンスで最小公約の共通認識で緩く繋がっていくことが大事だと思うと同時に、考え方、意見の違いを認めつつ、自分の考えを伝えていくこと。そして相手の意見で納得でき、自らの過ちに気づいたならば素直に訂正し受容する勇気を持つことが大切だと思う。


最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

賛同してくださる方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

応援してくださる方は、拍手をお願いします



「広告」



Comments

脱原発は潮流
世の中のお母さん達や原発の怖さを知っている人は間違いなく脱原発だ。少なく見ても全国民の約70%だろう。江川氏は国民の敵になる覚悟だろうか?前からあちら側だったのだろうが、今のうちに宗旨替えしたほうが似合うとおもうがいかがかな。
江川氏が反原発派を攻撃しているというよりは、
反原発派が江川氏にちょっかい出してるように思います。

http://togetter.com/li/307141

で、きっこさん、論破されてツイート削除して逃げてしまってますけど。
管理人さんの「江川氏の主張のまとめ」はかなり曲解が入ってるように感じられます。

「ひばくなう」が顰蹙を買ったのって、単純に被災地でちゃらけた物言いをする趣味の悪さのせいでしょう。
普通に「現在、福島県○○町▲▲(F1から何km)」って書いてりゃ誰も怒りはしませんよ。
ここの記事だけでは判断できません
特定の視点から事の経緯を説明しているだけで、初見の私には何とも判断出来かねます。
ここの論調自体が、恣意的に、一つの方向に向けられているようにも思えますが。
私の、この発言自体が掲載されないようであれば、それを裏付ける結果となるでしょう。
寂聴さんの本当の失言。
戦争期を生きてきた寂聴さんは、我々と違って戦争中の社会の雰囲気を知っている。皆は、特に進歩的な人は人たちは否定したがるが、当時の国民は、今は信じられないような健康な空気の中に日常的に暮らせたという。それはきっと今の日本の状況よりいい状況に見えるほどなのだ。寂聴さんの本質的な「失言」あるいは誤りは、そのまま評価のできない当時の擬制的な「健康さ」をこのたびの震災後の悲惨さと、うかつにも比較させたところだ。
face to face!
福島、および市民団体の方々と議員会館で集まりがあるたび参加していますが、話題に上がりませんよ、こんなこと。私のまわりだけかな?
もう江川の本性に騙されちゃいかんよ、目を覚ませ!
 日々坦々さん、お久しぶりです。
4/15以来ですね。インナーマザーさんの消息を聞いた
田舎の爺さんです。これからも、大マスコミの腐敗に
国民が騙されないように、公正な記事の配信に貢献して下さい。 

もうとっくに地金が剥がれているのに、江川は人気者だね~(?)
反小沢勢力の仲間だよ、江川は~
反小沢が悪いというのじゃない。そんなの勝手・・・とは言え、それを飯のタネにするしたたかさ・・・・・に呆れるよ。

 江川の評論スタンスの定番。
右、左、中立の3つの視点があるとすると、江川は常に中立の立場にいる振りをする。
その中立の立場で、反体制を支持するような仕草で、ちゃっかり、巧妙に体制側の考えを主張するんだ、巧妙にね。
 自分は小沢支持ではないと明言して、あたかも『小沢援護』に見せかけた論調で、あちこちに『馬糞』を散らかしていく。 実態は、《時代の大悪党、仙谷に政治資金》。

 こうすることで、多くの江川ファンが出てくるわ。
主張内容が、野球で言えば、『2割打者』なのに、7割の支持を得る巧妙さ。

今度のきっこちゃん(正論)とのバトルで、メッキの剥がれが見えたと思うが、老いも若きも、評論家はこんな奴らばかり。評論家ではないが、きっこちゃんの方が、きちんとした情報収集能力が高く、公正さに溢れた報道陣になれると思うよ。

江川の傲慢さは鼻持ちならぬよ、近頃~♪
こんにちは。江川さんの志向がわかりますね
こんにちは。ちょこちょこお邪魔しています。

江川さんについては同感ですね。
政治家への献金について、何かしらの声明をだすべきでしょう。

「冷静な議論(?)」という<た・て・ま・え>でジャーナリストしてるので余計に不適切に感じます。

江川さん、自身の支持基盤がその辺なので、必死なのかもしれないですね。

益々、劣化が進んでいるのか・そんなもんなのか。
全くよく分からない人の1人です(笑)

Leave a Comment

ama
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日米地位協定
日米地位協定
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
公文書問題 日本の「闇」の核心
公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
スノーデン 監視大国 日本を語る
スノーデン 監視大国 日本を語る (集英社新書)
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた (講談社現代新書)
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか (講談社現代新書)
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
「アベ友」トンデモ列伝
「アベ友」トンデモ列伝
安倍「4項目」改憲の建前と本音
安倍「4項目」改憲の建前と本音
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
Page Selector
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
知りたくないではすまされない
ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
知りたくないではすまされない ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
安倍政治 100のファクトチェック
安倍政治 100のファクトチェック (集英社新書)
改訂版 全共闘以後
改訂版 全共闘以後
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
対米自立
対米自立
rakuad2
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体 (講談社現代新書)
rakuad03
Black Box
Black Box
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
スポンサードリンク3
 
 
注目ブログ
 
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
オンライン署名
 
 
IWJサポート
 
 
raku3-2
 
 
raku3-2-03
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...