日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




指定弁護人が有り得ない国策控訴!法曹三者の一部が結託し暴走か?!

Category: 検察   Tags: 小沢裁判  控訴  
まったくもって政治的な控訴が指定弁護士によりなされた。

指定弁護士3人は、複数回にわたって協議を重ね、「報告と了承があったと認めながら無罪にした理由があいまいで、納得がいかない」として控訴したと言っている。

参照:
5/9「指定弁護士が控訴決定」報道スクラップ

まず、このニュースに最初に接して次のようにツイートした。

(arths2009)asuma-ken‏ @hibi_tantan24

≪嫌な予感があたってしまった、指定弁護士が控訴へ / “朝日新聞デジタル:陸山会事件、指定弁護士が控訴へ 小沢氏の無罪確定せず - 社会” http://htn.to/dJBPwE 2012年5月9日 - 13:36≫



*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


また、法曹三者の一部がつるんで結託しているのではないかとの疑念から次のようにツイートした。

≪政界にいるゴミ弁護士、仙谷由人、枝野幸男、江田五月など、検察、裁判所の裏金や腐敗構造はあったが、今回の小沢一郎元代表の指定弁護士による控訴を考えると、やはり法曹三者含めて、司法全体が腐っていたことが証明されたように思える。≫



そして検察側の論理から考えて次のツイートをした。

≪大室俊三弁護士が1人気を吐いていたようだが、検察審査会での裁判での決着をするという意思は既に第一審の無罪判決でついたはず。この控訴はまたも政治的なものと見ざるをえない。検察や検察審査会に対する国民の疑惑の目を反らし、誤魔化すためには控訴せざるを得なかったということか。≫



指定弁護士会見の模様は、生中継は禁止され、ニコニコで録画放送していた。


(※視聴には会員登録が必要)

その辺の会見を見ての連続ツイートを転載する。(たぶんIWJスタッフ?の方)

原佑介 ‏ @MrSARU

≪指定弁護士会見。控訴決定。「な控訴理由は今後詰めるが、一審は看過し難い判決だった。判決は論理的にも、証拠に照らしてもおかしい。控訴可能との判断が指定弁護士で共通し、主文も変えることが出来ると判断」。

「現判決の誤りは既存の証拠でも十分指摘出来る」と指定弁護士。様々な意見が一般から寄せられた。名無しの電話には出ないようにしていたが、100を越える電話、FAX、手紙が。時期により控訴すべき、すべきでないは分かれたが、およそ半々の意見であった。多くの関心が寄せられていると実感、と。

「新たな証拠については、今後、精査する」。補充捜査の可能性もある、とのこと。控訴判断について「この事件の実態を二番目に理解しているのは指定弁護士で、その職責を果たす」との思いを持つ指定弁護士や、今朝まで悩んでいたという指定弁護士も。三名はそれぞれ控訴を悩み、議論を尽くしたとのこと

政治的な影響は大きいと思うが、とNHK。指定弁護士「政治的影響は考慮していない。どのような判断をしても政治的な影響はあっただろうが、予想される影響を視野に入れて判断を下した、ということはない」と回答。ん…ネイビー田代さんが何か言ってる

控訴するにあたり、「看過し難かった」としたが、具体的に何が看過し難かったのか、と江川さんが質問。具体的な内容は控訴理由そのものになるため控えるとしたが、一点挙げるとすれば「共謀が認められなかったことが、証拠に照らしてみてもおかしいこと」と回答。≫




*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


また、小沢弁護団も会見を開き、やはりニコニコで録画放送した。


(※視聴には会員登録が必要)

この録画を見てのツイート

(arths2009)asuma-ken‏ @hibi_tantan24

≪弘中 惇一郎「一審無罪が出て被告人の負担や人権などを考えれば、弁護士としての普通の感覚はもっているだろうと思ってたからがっかりしている。もともとこの事件は検察で不起訴になり検察審査会ではとりあえず裁判所に白黒つけてもらおうとなった。一審判決が納得できないとして控訴したならば遺憾」≫



■小沢元代表の弁護団の1人の発言

≪「検察の捜査と1審の裁判の中で事実関係は明らかになっており、新しい証拠もないなかで控訴したことは、刑事裁判の趣旨に反していて、非常に遺憾だ」と話しています。≫



実は昨日のブログの最後にも書いたが、今週の週刊ポストを読んでから、控訴するのではないかと思えていたところだった。

夕方、急に大阪の討論バー・シチズンの西岡さんから連絡があり、出演してくれとのことで、本ブログで書いたことなどを中心に発言したが、まとめれば次のようになる。

≪無罪判決以来、郷原氏の解説や見立てを中心にエントリーしてきたが、一通りざっくりと判決文を読んだ個人的感想としては、この週刊ポストの見立てのほうが近かった。
 週刊ポストでは、今回の無罪判決文を駄文判決だと糾弾し、司法の腐敗はさらに進んだとしていた。そして、無罪判決の二つの説として民主党幹部の話として次のように書いている。
 小沢被告は「無罪」にはなったものの、秘書や事務所は「虚偽記載」を「工作」したり、巨額のカネを隠薇したりしたと認定された。これには2説あり、「指定弁護士に″犯罪行為はあったのだから″と控訴する材料を与えて、小沢を再び座敷牢に放り込む法務当局の策略だ」(小沢支持派の民主党長老)という「控訴の布石」説と、逆に指定弁護士の顔を立てて、これで〝三方一両損〟で控訴は諦めさせようという「幕引き」説である。「・・・その後もずっと、メディアや野党から『証人喚問だ』『説明責任を果たせ』『道義的、倫理的問題は残る』といわれ続ける。むしろこのほうが小沢にとってはダメージが大きいかもしれない」(同前)≫



少しは予想していたとはいえ、控訴をニュースで見たときには、やはりショックで、その時にほとんど八つ当たり気味に次のようにツイートしてしまった。

≪江川紹子氏が小沢無罪判決の日に語っていたが、指定弁護士が「自分たちの言っていることはほとんど認めたが小沢さんが言ってもないことを基に無罪判決をだしことは、どうも釈然としない」と言っていたとのことで、その江川氏自身も「推認」と「可能性」の対決みたいになってスッキリしないとのこと。

指定弁護士の会見で江川紹子氏が嬉々として質問していた印象を受けたのは私だけか?判決当日江川氏は、無罪判決にはスッキリしないと納得できないとの認識を示していた。裁判官がいろんな推認をして自分の頭の中で考えている可能性を判決文にしていたことにスッキリしないということだと思いたいが…≫



ちょっと反省はしているが、先月の判決当日、江川氏の発言でこちらがスッキリとせず、指定弁護士側の論理を江川氏に見た気がしていた。


*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


それでは、この控訴について各議員や著名人は、どのような反応をしているか、ツイッターを中心に見てみることにする。

■辻恵衆院議員

≪「覆されることが考えにくい判決の中で、控訴することは極めて遺憾だ」≫



■郷原信郎氏
@nobuogohara

≪無罪判決に対して公訴棄却を求めて控訴はできないという判例があるようだが、本件は検審議決の有効性という特殊な問題なので同列には論じられない。それに、弁護側控訴ではなくても、控訴審で、検察捜査が再度大きな 問題になることは必至

私も同感。少なくとも一審判決が公訴棄却の申立て棄却に関連して検察に求めた、虚偽捜査報告書作成等の問題の経過と原因についての組織的背景も含む「調査等」は徹底して行わざるを得ない。 RT @TriggerJones42 控訴で青ざめてるのは検察庁の「良識派」ぢゃないのかな。≫



■江川紹子氏
Shoko Egawa ‏ @amneris84

≪小沢弁護団の一人は「石川調書が証拠排除された時に、指定弁護士は異議を言わなかった。それは、普通控訴せずのシグナル。だから裁判所もサービスしたんだろう。秘書公判で検察は異議出してるでしょ?それが無罪になった時の担保。それもやらずに控訴とは、まったく常識を欠いている」と憤慨していた。

検察元幹部。「判決が無罪にしたのは、(石川氏の小沢氏への)報告の中身が(違法行為を共謀したと)証明されていないから。我々が不起訴を決めたのも同じ理由だ。報告の中身が薄すぎた。仮に石川調書が採用されていたとしても無罪になっただろう。裁判ってものは白か黒かで、グレーなんてものはない」

さらにこの元幹部は「政治責任と刑事責任がぐちゃぐちゃにされている」と、マスコミや政界でのこの事件の取り上げ方にも、苦言を呈していた。

わらしが「刑事責任と倫理の問題がごっちゃにされている」とゆってきたコトを、この元検察幹部は「政治責任と刑事責任がぐちゃぐちゃにされている」と表現。ゆってることの中身は一緒≫



■森ゆうこ議員
‏@moriyukogiin

判決は無罪である。従って小沢一郎衆議院議員は現在、政治活動に何の制約も受けない。 検察審査会の起訴議決は、法廷での事実確認を要請するものだ。裁判で無罪判決が出た以上、「推定無罪」の原則はより強く尊重されなければならない。 そもそも、指定弁護士に控訴する権限が付与されているのか

政権交代を目前にして代表の座から小沢一郎を引き摺り下ろした西松建設事件は、結局、ダミー団体ではないと検察側証人が法廷で証言し、裁判から撤退。裁判自体が無くなった。そして、陸山会事件担当した検事が法廷で「検察の妄想」による壮大な虚構と証言したように、「でっち上げ」である。

検察のでっち上げだから、証拠が無く、起訴出来なかった。だから検察は、捜査報告書のねつ造という大犯罪を犯してまで、検察審査会を悪用し、とうとう小沢一郎を刑事被告人にした。もちろん、独立機関とは名ばかりの検察審査会を実質コントロールしている最高裁もそれに加担した。

ぎりぎりのところで、裁判所は無罪判決を言い渡した。指定弁護士の背景にはいろいろなものがあると言われていたが、国民の代表を、しかも、控訴権が法定されてもいないのに、控訴し、その政治活動を妨害できる権利があるのか。また、その責任をどうやってとるというのか。

2009年3月3日からこの3年と2ヶ月余り、前述した検察と司法の暴走に、マスコミはメディアスクラムを組んで協力してきた。 これは、明らかに政治弾圧である。 そして、その弾圧が小沢一郎という日本の最も重要なリーダーをターゲットにしたために、日本の政治は混乱した。




*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


■京野きみこ議員
‏@kyonokimiko

≪検察審査会に提出され、強制起訴を誘導する役割をした捜査報告書の捏造が明らかになった時点で、まともな法律家なら、抗議をするだろうに、裁判を続行し、地裁の無罪判決に対して、限りなくクロに近い心証を持った、とトンデモな発言をした検察審査会の指定弁護士達。今度は、控訴の暴挙に訴えた。



■木内孝胤議員
‏ @takatanekiuchi

≪【小沢裁判の控訴について】何回も取り調べをして何回も無罪。これを公正な裁判と呼べるのか。政治的に標的になれば誰でも抹殺されてしまうこの不公正は絶対に許せない。≫



■小野寺五典議員(自民党代議士)
@itsunori510

≪小沢裁判への控訴がなされました。ただ、今回の控訴には疑問が残ります。裁判過程をみても控訴審では無罪が濃厚です。いたずらに審議を長引かせ、選挙でえらばれた議員の活動をさまたげるのは議会制民主主義を否定するものではないでしょうか?≫



■川内 博史 ‏ @kawauchihiroshi

≪控訴?何の為に?≫



■元検事の市川寛弁護士
Hiroshi Ichikawa @TriggerJones42

≪僕は誹謗中傷はまずいと言っている。また、どうやら指定弁護士には「(無知な)国民」という味方がいるらしいが寡聞にして知らない。さらに、虚偽報告書で「問い詰める」べき相手は指定弁護士ではなく検察。さらに誰にその「責務」があるんだろうか。責務って重たい言葉ですよ。

指定弁護士が何を思って控訴したかは、少なくとも今詮索しても意味がない。せめて控訴趣意書が出てからでしょう。控訴できるんだから控訴したってそれ自体は違法でもなんでもないし、直ちに道義的責任を問うのは、まさに無罪判決後の小沢さんに訳の分からない責任を問うていたのと全く同じ。

僕は控訴してほしくはなかったけどね。その理由は既に複数回述べたとおり、指定弁護士の方々はそもそも刑事弁護をされる方々だと聞いていたから。「そこまで無理して検事ごっこをやらなくてもいいですよ。それに今後本業で困るんぢゃないですか」と言いたかった。

しかし、僕の希望は僕個人の単なる「思い」でしかないので、これが叶わなかったからと言って指定弁護士に腹立てたりしないよ。控訴を決めたからには、控訴審を見守るしかない。でも、公訴棄却になったら上告はしてもらいたくないなぁ(苦笑)

控訴で青ざめてるのは検察庁の「良識派」ぢゃないのかな。へたをすると木村、斎藤検事や佐久間元特捜部長が証人尋問に引きずり出されるかもしれない。

そう言えばそうだ。控訴審議では、例えば自白調書却下決定にきちんと異議を述べていたかどうかを厳しく上司からチェックされた。異議を述べていないと控訴理由に不備が出るし、趣意書にもきちんと書けない。




*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


■山下幸夫弁護士
Yamashita_y ‏ @crusing21

≪小沢事件。指定弁護士は控訴する方針を固めたという。最悪の選択だ。

世論的には控訴はあり得ないと考えていたでしょうね。国策控訴ですね。≫



■寺島道子弁護士
@himenoyumeha

≪小沢一郎ファンの怒りはごもっとも。私も新証拠も無しで、権力と公費を使って一市民を上訴した法律感覚には辟易します。しかし他方、違法操作捏造問題をはっきりさせる結果にむしろつながる事を期待。特捜検事こそ震えているかも。

その意味では、違法捜査を追及されるのが嫌だから検察なら控訴しなかった。皮肉なことがおこつている。今後の展開に目を離せない。同業者として想像します。今一番ストレスなのは広中弁護士ではないでしょうか。≫



■奥秋昌夫氏(フリージャーナリスト)
@tuigeki

≪新証拠が出る可能性はほとんどないのだから、つまり負ける可能性は少ないのだから、小沢側は政治裁判であることを徹底アピールする好機とすべき。指定弁護士は解釈で争う構え。そこからしておかしい⇒小沢氏、控訴にコメント「理解に苦しむ」

小沢裁判は政治裁判なので法廷で無罪を得ても結局勝てない。敵はあらゆる手段で小沢の政治力をつぶしにかかる。法律論だったら控訴は成り立たない。政治要素が入り込むから控訴になる。党員資格停止処分解除が控訴の一因になったことは外形的には否定できないことだ。そこを小沢側は突くべきだ。≫



そして、田原氏が皮肉まじりに次のように「推察」していた。

■田原総一朗 ‏ @namatahara

≪小沢さんが控訴された。昨日、民主党は輿石幹事長が中心になって小沢さんの党員資格停止を解除することを決めた。輿石さんたちは今日、小沢さんが控訴される事を知っていたのだろう。だからわざわざ1日前に解除を決めたのだろう。政治家の考える事はまるで推理小説のようだ。≫




*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


これはタイミングといい、輿石氏の決断といい、わかっていた可能性が大きいだろうと思っていた。

たぶん、政権幹部は仙谷などを通して控訴の意向は既に当初から持っていたように思える。

5月8日に野田首相は、菅前首相がよく会合していた反小沢の急先鋒・御用マスコミ人の面々、朝日新聞の星浩編集委員、毎日新聞の岩見隆夫客員編集委員、読売新聞の橋本五郎特別編集委員らと会っている。

邪推だが、この時、既に控訴することを聞いていた野田首相が、彼等に伝えるための設定だったのではないかと思える。

検察も結局、検察審査会を通じて起訴させ、裁判所も指定弁護士を通じて小沢氏の手足を再び拘束させようとしている。

この国の法曹三者、司法界は何かが狂っているのではないだろうか。

それは、検察でも裁判所でも弁護士においてもごく一部が腐っているのだろう。

これには抜本的な治療が必要なのかもしれない。

そして今まで以上に心ある国民が意志を持って行動していかなければならないと思う。


最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

賛同してくださる方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

応援してくださる方は、拍手をお願いします



「広告」



2012年5月10日(木曜日) -----------------------------------------------【第158号】司法の正義が無視された小沢一郎氏に対する控訴はこの国が放置国家を超えて「呆痴国家」に成り ...

Comments

要望。
大変よく出来たブログですね。
でも写真などが多すぎて、糞重いのがこまりものですね。
もひとつ、この問題明日のDigでもやって下さい!!このブログ見た後で、今朝の読売新聞の内容おかしすぎですよ。検察の報告書の虚偽記載の話しを全く触れてない!!
一言だけ、勉強になりました。応援します!!

Leave a Comment

ama
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日米地位協定
日米地位協定
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
公文書問題 日本の「闇」の核心
公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
スノーデン 監視大国 日本を語る
スノーデン 監視大国 日本を語る (集英社新書)
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた (講談社現代新書)
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか (講談社現代新書)
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
「アベ友」トンデモ列伝
「アベ友」トンデモ列伝
安倍「4項目」改憲の建前と本音
安倍「4項目」改憲の建前と本音
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
Page Selector
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
知りたくないではすまされない
ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
知りたくないではすまされない ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
安倍政治 100のファクトチェック
安倍政治 100のファクトチェック (集英社新書)
改訂版 全共闘以後
改訂版 全共闘以後
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
対米自立
対米自立
rakuad2
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体 (講談社現代新書)
rakuad03
Black Box
Black Box
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
スポンサードリンク3
 
 
注目ブログ
 
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
オンライン署名
 
 
IWJサポート
 
 
raku3-2
 
 
raku3-2-03
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...