日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




「木嶋佳苗裁判」は、小沢一郎を有罪にするための世論誘導の「スピン裁判」だ!

Category: 小沢一郎   Tags: 小沢一郎  山田厚史  
『愛川欽也パックイン・ジャーナル』(2012/3/17)で元朝日新聞の山田厚史氏(ジャーナリスト)が友人のPR会社の社長から聞いたという非常に重大な情報を披露した。

2012-3-2-17-02.jpg

*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


愛川欽也 パックイン・ジャーナル 20120317  7/8



4月7日からは http://kinkin.tv/
◆福井大飯原発再稼働 ついに政治判断でいいのか
◆東電へ天下り 原発事故後も続々
◆民主党 消費税10%上げた後2016年にさらに増税だそうだ
◆小沢裁判まもなく判決 検事の証言法廷でも矛盾とか
◆秘密保全法の危険 日本ペンクラブが声明
<コメンテーター>
山田厚史(ジャーナリスト)、梓澤和幸(弁護士)、鈴木 力(編集者、ジャーナリスト)、吉永みち子(作家)、横尾和博(社会評論家)



この中で、元朝日新聞編集員で現在フリーのジャーナリスト山田厚史氏の発言で、「小沢裁判」に関するものの一部を取り上げてみる。


2:15~
◆小沢裁判まもなく判決 検事の証言法廷でも矛盾とか

番組内での山田氏の発言

7:20~


今度の小沢さんというのは、ほとんど有力な証拠は採用されてないじゃないですか。
この間、起訴された時でも、言ってみれば、状況証拠を集めて「推定有罪」だと言っているわけね。
「こんなに証拠があってこの人おかしいよと、だから私が検察に代わっておかしいことを立証しますよ」というんだったらともかく、
弁護士っていう、言ってみれば「推定無罪」の立場に立たなきゃならない人が、いろんな状況証拠を集めて「この人はなんか知らないけど、確たる証拠は無いけど、黒いぞ」と言って糾弾するというのを弁護士がやってるっていうね、これはものすごい矛盾じゃないかなあ・・・。



10:40~

今度の検察のやり方っていうのは、あまりにも無茶苦茶ですよ。
石川さんが言ってないことまで調書しちゃったと、で、それがバレちゃった。
バレたら「実はあの人が書いた本の事が頭にあって」って、それがまた嘘だった。
嘘をついて、その嘘を方便するのに、また嘘をついた
こんなことやっていたら、こんな裁判無しですよね、ほんとは。

どう見たって小沢さんを引っ括るために、あらゆる力を集めて検察がやろうとしているのはミエミエなんで、こんなことはやっぱりね、民主党が小沢さんを好きか嫌いかじゃなくて、そういうふうな制度に対して「ダメだ」という事をちゃんと政治が言わなくちゃいけないんですよ。なんで、そんなことができないのか。



12:10~


これが無罪になったらね、この2年間はなんだったんだと。
検察がやってきた小沢の政治資金規正法違反で引きずり下ろす、いってみれば、有力な政治家を抹殺させる、言ってみれば政治生命を絶ったわけじゃないですか。こういうことが一体何だったんだ、ということがね。

しかも、それが、相当ひどい嘘とさらにその上に嘘で固めるような形でやってきたというのは明らかに司法が民主主義から逸脱している話なんですよ。

そこで、私一つ心配な話があるんですけどね。

実は私の友人のPR会社の社長が昨日言ってきましてですね、へえって思ったんですけれども。

今、木嶋なんとかさんという女の人がいて・・・(木嶋佳苗被告の首都圏の連続不審死事件)

練炭で親しい人たちを皆んな殺しちゃったという、それが急速に裁判進んでますよね。

でも、これも決定的な証拠がないんですよ。

いろいろな女の人の言動とか、状況証拠を組み合わせていくと「この人がやったんじゃないかな」っていう感じが強くて、そういうことを先行してマスメディアがスキャンダラスな面白い話だから、いろんなふうに書いて、まあ「ひでえ女がいたもんだ」と「こんなことまでやるぞ」っていうことになって、どうやらこの人は、それこそ有罪に、確たる証拠が無いまま死刑になるかもわかんないっていう、そういう状況なんですよね。

それが、ものすごいピッチでもって入っているわけですよ。

仮にこれが推定有罪で刑が確定したならば、「確たる証拠が無くたって人は死刑にできるんだ」っていうことができてしまう。

これって実は全く関係ないけれども、小沢さんの事件と重なるんじゃないかと、そのPR会社の社長が言うわけですよ。

世の中の人の意識を誘導しようと思ったならば、『こんな悪い奴をこうやってのさばらしておくのか』っていう形でもって見せしめをする。それと同じパターンで次を考えさすっていうのは、ひとつの世論誘導の大きなやりかたなんです」、と

で、「私はこういう仕事をしてて、今度のまったく関係ない木嶋さんの話と小沢さんの話っていうのは重なって見えてしょうがない」と・・・。

しかも、やってるのは検察本部ですよ。

そういうところから見れば、これは一連の大きな流れの中でね、主役は一緒ですからね。

私もその話を聞いてね。「いや、まさかそんなことは」と思ったんだけど、一日、こう考えてみると、「これは大きなウネリってものはあるんじゃないか」と。

みんな「疑わしい奴は皆んなでもって罰しちゃえ」っていう流れが出来ているんじゃないかなって。

これ非常に危険な話だと思いますね。



*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


これは検察がよく使うパターンで、このブログにも何度も書いてきたことであり、確実に木嶋裁判はスピン裁判だと思う。

「酒井法子失踪事件」、「押尾学事件」、「朝青龍引退」、「西沢康雄捜査1課長左遷問題」、「島田紳助引退問題」、「オセロ中島問題」など、マスメディアが沸騰して炎上しているような事件は、必ずその背景と意図があるんだ、ということを推測しておいたほうがいい。
また、警察や検察、裁判所などの不祥事などを発表しなければならない時や、その話題はあまり広がると困るような時などは、必ず、別の大きな事件をぶつけて、対象事件を目立たなくするなどはよくあることだ。

こうした裁判を調整して、小沢裁判にぶつけて「世論誘導」している、というのはスピンコントロールの基本的なことだ。

そして、それを動かしている司令塔というのが、警察、検察、裁判所の全ての情報を統括でき、綿密に計画を立て、それを実行するために指揮命令でき得る立場、すなわち権力と権限を駆使して実行できる人間達がいる、ということである。

その司令塔が現在「最高裁事務総局」と言われている。これが拠点となって、「内閣法制局」や霞が関の主だった一部のパワー官僚、それに歴代トップが警察出身者で固められている「内閣情報調査室」あたりが横に繋がっているのではないかと見ている。

本当に日本は今、危険な状況にある。

動画
愛川欽也 パックイン・ジャーナル (「資料ブログ」)

参考記事
朝日新聞が、みずほの圧力で記者を更迭(My NEWS Japamn2005/5/30)

「TPP=自由貿易」の嘘  米国の術中にはまる事前協議(DIAMOND online)




最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

賛同してくださる方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

応援してくださる方は、拍手をお願いします



「広告」



事件そのものにはぶっちゃけ関心がない。 男と女の出来事なんて当人たちにしかわからないところがあるしね。 この裁判で気になるのは検察側が状況証拠で死刑求刑をしているとい ...

Comments

Leave a Comment

ama
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日米地位協定
日米地位協定
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
公文書問題 日本の「闇」の核心
公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
スノーデン 監視大国 日本を語る
スノーデン 監視大国 日本を語る (集英社新書)
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた (講談社現代新書)
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか (講談社現代新書)
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
「アベ友」トンデモ列伝
「アベ友」トンデモ列伝
安倍「4項目」改憲の建前と本音
安倍「4項目」改憲の建前と本音
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
Page Selector
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
知りたくないではすまされない
ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
知りたくないではすまされない ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
安倍政治 100のファクトチェック
安倍政治 100のファクトチェック (集英社新書)
改訂版 全共闘以後
改訂版 全共闘以後
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
対米自立
対米自立
rakuad2
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体 (講談社現代新書)
rakuad03
Black Box
Black Box
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
スポンサードリンク3
 
 
注目ブログ
 
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
オンライン署名
 
 
IWJサポート
 
 
raku3-2
 
 
raku3-2-03
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...