日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




野田政権にみる「言葉遊び」の虚しさと不誠実さ、ここに極まれり!

Category: 野田政権   Tags: 小沢一郎  枝野  詭弁番長  
「議事概要」という「議事録」が出てきたようだ。

35106-1.jpg

あくまでも概要でメモをまとめたということだが、もう、議事録は焼いて捨てたのか?

既に最初の会合で「メルトダウン」の可能性が指摘されていたとのことだ。

≪原災本部の初会合は初めての原子力緊急事態宣言が発令された三月十一日午後七時三分から十九分間、官邸四階の大会議室で開催された。議事概要によると「八時間を超え炉心の温度が上がるようなことになると、メルトダウンに至る可能性もあり」と報告された。報告者は不明。≫

■3/9「議事録概要」関連報道スクラップ 議事録ようやく概要=「不親切」な発表方法-政府
「日々担々」資料ブログ

田中龍作氏が、これについて記事を書いている。

***人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ******


4d9a6652-s.jpg

この時の写真や映像はフラッシュバックしてくるので、あまり見たくはないが一応貼ってみた。

田中氏の記事の最初の部分だけ抜粋しておく。

詭弁番長・枝野官房長官 「メルトダウンしていない」は嘘だった
(田中龍介ジャーナル 2012年3月9日)
http://tanakaryusaku.jp/2012/03/0003843

 「ない」とされてきた福島原発事故をめぐる原子力災害対策本部会議の議事録が、『議事概要』として再現されたことで、あの人の嘘が“政府公認”となった。あの人とは当時官房長官だった枝野幸男・現経産相である。枝野氏は9日夕、記者会見に応じた。

議事概要によれば大震災・津波が発生した3月11日の午後7時過ぎ、東京電力から「炉心溶融に至る可能性がある」と報告があがっていた。

ところが枝野官房長官は記者会見で「メルトダウンはしていない」としばらく言い張っていたのである。

枝野氏は「メルトダウンの可能性をお伝えできなかったという指摘は甘んじて受ける」と述べ、事実を伝えていなかったことを言外に認めた。ここで突っ込まないのが記者クラブだ。



この記事を「元記事」として、いつもの「楽天ソーシャルニュース」に投稿した。

ウソに嘘を固めた原発対応が明らかになってきた。

つい先日、「議事録はない」と言っていたのに「議事概要」というものを突然だしてきた。

野田政権は「言葉による誤魔化し」が非常に多い。

最近は「社会保障と税の一体改革」だが、以前は「税と社会保障の一体改革」で、税が前に来るのを嫌がったのだろう。

また「子ども手当」を「子どものための手当」とし、略称は「子ども手当」なのだそうだ。

そして、悪法として名高い、「障害者自立支援法」が先日一部改正され、「障害者総合支援法」に改められた。「自立支援」だと上から目線だと批判されるからだろう。

このように特に野田政権になってから「言葉遊び」が多く上辺の誤魔化し、「詭弁」が得意なようだ。

この「詭弁番長」も言い得て妙で、田中康夫議員が名付け親とのこと。

先日、ツイートしたら本人から追加があった。

≪政界の有吉・田中康夫氏が命名したあだ名・・・前原:口先番長、細野:二股番長、枝野:詭弁番長、岡田:原理番長、仙谷:恫喝番長、菅:裏切番長、小沢:オザワン・・・やっぱり一番笑えるのが、古川元久(国家戦略相):トランジスタ坊や≫

本人からの追加
安住ちびっ子ギャング、蓮舫エリマキトカゲ




***にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ******



このときのツイートがこれだ。

yassy.jpg

「ちびっ子ギャング」も田中議員だったとは知らなかった。


この記事でも書いたように、野田政権になってから、小賢しい官僚の仕事の跡がクッキリと見えてくるような結果が多くなった。

この言葉遊び、表面的な言葉では人を説得することなどできない。いくら言葉巧みであっても右から左へ流れるだけで心にしみ込まない。


そこにいくと、小沢さんの言葉はしみ込んでくる。

最後に、先日、テレ東に出演した際の、最後のほうで語ったものを貼り付けておく。

さっきから言ってた政権交代の初心ということもですね、ゆったこと全部できるわけないんですよ、人間だから。
ただ、約束したことは、言ったことは一所懸命それを実現するために頑張ろうという誠意、まことの心、それが大事だと、いうのが僕のこのモットーです。





最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

賛同してくださる方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

応援してくださる方は、拍手をお願いします



「広告」



Comments

借金まみれの政党
野田内閣、自民党や公明党にウインクしながらの抱き込み工作と八方美人。解散と政界再編までの布陣とやらで、マスゴミが喧しい。
お相手の自民党を企業経営に例えれば放漫経営にほかならない。またこんな、借金王に融資しながら回収の目処さえつかぬ、メガ銀行の姿勢も大いに問題である。
銀行は、即刻に回収をはかり不況で苦しむ企業に融資させたら良い、政府の指導監督の在り方が問われる。
自由民主党 政務調査会. 財務金融部会. X-dayプロジェクトなるもの掲げ、国の再生を目指すとか?政界再編とか?解散とか?
どんなに、アピールしても、「秀吉の小田原ぜめの一夜城」、「から脅し」の様相であるまいか。どんなにもがいても、国民には空々しく響き、日本の再生など出来はしない。
野田さん、こんな魑魅魍魎で、追いはぎ集団の潜む輩を相手に解散を断行して、政界再編を目指すなら国民を愚弄したもので、国民は「決断的、怒り」をもち対応するだろう。
野田さん、こんな輩の誰と組みし、自由民主党本部の債務整理も抱き込み政界再編するというのか?考えを聞きたいものだ。
さて、自由民主党本部の政治資金報告書を閲覧すれば、その経営状況は放漫経営であり、民間事業者ならいつ破産してもおかしくない、そのうち政治団体更生法でも作り、借金をチャラにするのではあるまいな。
総務省発表の広報によれば、直近3年の自民党本部借入金は下記による。
●平成21年9月30日(21年3月報告分)http://www.soumu.go.jp/main_content/000061387.pdf#page=3により、借入残高・りそな銀行他3行75億円(トップの債権者3行一律25億りそなは貸付0)
●平成22年11月30日(22年3月報告分) http://www.soumu.go.jp/main_content/000094897.pdf#page=3により、借入残高・りそな銀行他3行105億55百円万円(トップの債権者三菱東京UFG32億75百万円)
●平成23年11月30日(23年3月報告分) http://www.soumu.go.jp/main_content/000139368.pdf#page=3により、借入残高・りそな銀行他3行101億円(トップの債権者三菱東京UFG38億75百万円)
検証のついでに、この間の自民党内閣総理大臣の任期を下記に示して、自民党総裁の「たに町」だったであろう銀行の変遷を検証したいものだが・・・
小泉純一郎(3)17/9/21~18/09/26、安倍晋三18/09/26~19/09/26、福田康夫19/09/26~20/09/24、麻生太郎20/09/24~21/09/16、鳩山由紀夫21/09/16~22/06/08
以上により、野田さんよ解散は衆議院の任期いっぱいまで、先送りし、放漫経営の自由民主党の自滅を待とうではないか?野田内閣よ、大事なことは「今なさねばならぬこと」から先にやれと言いたい。
天知る地知る我知る汝知る
一年前のこの日大津波を聞いた私はたくさんの敬愛する親戚知人家族の安否がまったくわからず断腸の涙を流していた。頼みの綱はテレビの報道だけだったが、NHKの報道は最初からすべてが許しがたい冷血の棄民報道であった。ちょうど原爆投下後に爆弾の威力を確認するため偵察に来てビラを撒いた米軍機と同じである。宮城で津波で完全に孤立した病院の屋上に被災者が集まってSOSを記しNHKのヘリに救援着陸を求めて手を振っているのに素通りした冷血はまさにユダ金私兵米軍悪魔とおなじ悪魔の所業である。なぜすぐに緊急着陸して病人の一人でも搬送し自衛隊に緊急通報しなかったのか。大災害の現場で日本人同朋の明らかな生命の危機を目撃すれば、うすっぺらな報道の使命などその場で捨てて救援のため緊急着陸し救護活動をする人間として当然の使命を果たせ。最初の一人を搬送し救助要請を出しておけば、現場に再び戻って生存者の顔と氏名をテレビで報道すれば何よりも確実な安否情報になったのである。報道の使命はまさにそこにあるのだ。政府広報を流すだけの記者クラブ報道などジャーナリズムとは対極の唾棄すべき白痴化洗脳報道に過ぎない。
そして福一の冷却停止の報を聞き菅無免許犯罪政府の無能から24時間以内の爆発は避けられないと覚悟して周辺の親戚知人に緊急避難するよう伝えようとつながらぬ電話にかじりついていた。
菅内閣東電保安院霞ヶ関全省庁記者クラブマスゴミをこの未曾有の国難大災害に国家の危機管理を放棄して棄民テロを実行した共謀共同正犯として告発する。日本国憲法の主権者国民の名において棄民テロリスト集団を断固として許さぬことを天地神明に誓う。

Leave a Comment

ama
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日米地位協定
日米地位協定
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
公文書問題 日本の「闇」の核心
公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
スノーデン 監視大国 日本を語る
スノーデン 監視大国 日本を語る (集英社新書)
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた (講談社現代新書)
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか (講談社現代新書)
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
「アベ友」トンデモ列伝
「アベ友」トンデモ列伝
安倍「4項目」改憲の建前と本音
安倍「4項目」改憲の建前と本音
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
Page Selector
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
知りたくないではすまされない
ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
知りたくないではすまされない ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
安倍政治 100のファクトチェック
安倍政治 100のファクトチェック (集英社新書)
改訂版 全共闘以後
改訂版 全共闘以後
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
対米自立
対米自立
rakuad2
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体 (講談社現代新書)
rakuad03
Black Box
Black Box
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
スポンサードリンク3
 
 
注目ブログ
 
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
オンライン署名
 
 
IWJサポート
 
 
raku3-2
 
 
raku3-2-03
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...