田んぼない風景…亡国 TPPに警告 安田節子さんに聞く (東京新聞)

田んぼない風景…亡国 TPPに警告 安田節子さんに聞く
(東京新聞「こちら特報部」11月12日)

野田佳彦首相が十一日に交渉参加の方針を表明した環太平洋連携協定(TPP)。そのテーマは幅広いが、何よりも国民生活に直結する問題が「食の安全」だ。福島原発事故による放射能汚染が消費者を不安に陥れている今、衰退する日本の農業にとどめを刺すことにならないか。「食の安全と真っ向から対立するTPPは亡国への道」と警告する食政策センタービジョン21代表、安田節子さん(64)に聞いた。 (佐藤圭)

 TPPは「例外なき関税撤廃」が原則。日本が加われば、農林水産省の試算によると、自国で食料を賄う指標の一つ、食料自給率(カロリーベース)は二〇一〇年度の39%から13%程度に急落する。米国から安いコメが大量に流入するからだ。

 「日本は農産物自由化の優等生だ。その証拠に世界最大の農産物純輸入国になっている。日本の食料安全保障を支える主食のコメ、地域経済に欠かせない北海道の乳製品や小麦、沖縄のサトウキビやパイナップルには高い関税をかけて守ってきたが、TPPによって壊滅的な打撃を受ける。米国が『放射能汚染のないカリフォルニア米が安いよ』と売り込みをかければ、みんな飛び付くだろう。水田がなくなった日本の風景を想像してみてほしい。途方もない損失だ」

 ハイチでは一九九五年、米国の圧力でコメの関税率を35%から3%に引き下げたところ、安価な米国産米が出回り、農家は競争に負けて自給能力を奪われた。トウモロコシ原産地のメキシコは、関税フリーの北米自由貿易協定(NAFTA)に加盟した結果、トウモロコシ畑の多くを失った。「明日はわが身」ではないか。
 安い輸入農産物は一見、消費者にはプラスに見えるが、「TPPは輸入国には関税撤廃義務を負わせるが、輸出国に輸出義務はない。十年後、五十年後も安定供給されるとは限らない」。
 世界の穀物価格は、農産物輸出国での干ばつや洪水による減産、投機マネーの流入などによって高騰している。ハイチでは〇八年、食料品高騰に端を発した暴動が原因で首相が交代した。エジプトやリビアなど中東・北アフリカで相次いだ独裁政権の転覆劇も、食料価格高騰が引き金の一つになった。
 「世界の緊迫した食料状況をよそに、日本が安閑としていられるのは、主食のコメを自給しているからだ」

 米国には市場価格が低迷した際、政府が設定する目標価格との差額を、生産者に支払う不足払い制度がある。
 「実質的な輸出補助金だ。安価な穀物を大量に輸出することで相手国の農産物をつぶし、米国の穀物に隷属させる。そうなれば価格を上げていく。日本は、コメ以外の穀物と飼料では既に支配されている。TPPでいよいよ主食のコメも米国に明け渡すことになる。穀物の中でも、国際市場で流通する量が少ないコメの価格は急騰が激しい。コメの自給を守ることは日本の生命線だということを肝に銘ずべきだ」
 「自由貿易という言葉にだまされている。『規制は悪い』と言うが、食品や環境には規制を設けなければ、安全、安心は得られない。貿易は本来、相手国の安全基準を順守して行うべきだが、日本は日米同盟の名の下に、米国の身勝手な要求に従って規制を緩和してきた」

 自民党の中曽根政権は一九八五年に策定した市場開放行動計画(アクションプログラム)に基づき、安全基準の緩和や輸入手続きの簡素化を推進した。二〇〇一年に小泉政権が発足すると、米国は毎年「年次改革要望書」の形式で、さらなる規制緩和の詳細な要望を突きつけるようになった。

〇九年の政権交代後、「対等な日米関係」を掲げた鳩山政権は、要望書の交換を取りやめたものの、菅政権下の今年二月、米国は要望書の復活版といえる「日米経済調和対話」で約七十項目の規制緩和の対日要望リストを提示。農業関連には「農薬の収穫後利用に関わる枠組み」とある。
 「船で輸送する前の穀物やかんきつ類などに、長期保存などを目的に殺虫剤や防腐剤を散布するポストハーベスト農薬のことだ。収穫後にかけるため残留農薬の値は高くなる。日本の法律では認められていないが、日本政府は苦肉の策として食品添加物扱いにしてきた。米国はもっと農薬を使いたいから、ポストハーベスト農薬を認めろということだ。TPPで自給率が低下すれば、日本の食品はポストハーベスト農薬だらけになる」

 牛海綿状脳症(BSE)対策として導入した米国産牛肉の輸入規制については、この日米経済調和対話に盛り込まれていない。
 「米国は日本の全頭検査を撤廃させ、月齢二十カ月以下に限って輸入を再開させた。政府は月齢制限の撤廃に向けて審議している。要求するまでもないということだ。米国産牛は人工ホルモン剤使用など問題を抱えている。そんな肉がTPPで何の規制もなく日本の食卓に上る」
 実際、玄葉光一郎外相は十日にホノルルで行われた日米外相会談で、米国産牛肉の輸入規制緩和に向けた手続き準備を開始したと述べた。

 TPPの交渉分野に目を凝らせば、遺伝子組み換え作物の表示問題が浮かび上がる。外務省のTPPに関する文書でも、「問題が生じる可能性」と明記している。
 米国の化学メーカーが開発し、九六年から栽培が始まった大豆やトウモロコシなどの遺伝子組み換え作物について、日本は同作物が原材料の食品に表示を義務付けている。「米国では、遺伝子組み換え食品表示はバイオ企業などの圧力で認められていない。米国は、日本の表示義務の撤廃を要求している」

 TPPに加わると、海外企業が日本の安全規制によって公正な競争が阻害されたと思えば、日本政府を訴えることもできる。「米国企業が、表示義務の規制撤廃や賠償金を求める可能性がある。日本の食品包装にある『遺伝子組み換えではない』旨の表示もやり玉に挙がるかもしれない」
 TPPで食の安全が脅かされる一方で、誰が得をするのか。「大企業だ。国内の規制が撤廃されれば、輸入農産物を扱う国内の大手商社にも巨大な利益が生まれる。自由貿易とは一貫して大企業の利益を追求するものでしかない」

 野田首相は「高いレベルの経済連携と、農業再生の両立を図る」と大見えを切る。
 「TPP向けの新しい農政などあるわけがない。放射能汚染のない地域の減反をやめてコメを大増産し、汚染地域に届ける。高い農業技術をもった福島の農家が、ほかの地域で活躍できるよう支援する。それしか再生の道はない。何を生産し、何を輸入するか。それを決めるのは日本国民だ。米国企業に押しつけられるいわれはない」

<デスクメモ> 失言や妄言、大風呂敷で前任者が追い込まれたからといって、首相が考えをギリギリまで明かさないのはひきょうだ。これでは議論しようにも議論できない。熟慮するフリをして、後ろ足で砂をかけるような表明だった。国のあり方や方針をこんなぶざまな形で示すなんて、国民をこけにするつもりか。(立)

 やすだ・せつこ 主婦として生協活動に取り組んだ後、1990年から2000年まで日本消費者連盟で、食の安全問題を担当。同年、市民団体「食政策センタービジョン21」を設立。現在、埼玉大非常勤講師も務める。遺伝子組み換え食品に関する著書多数。





参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

共感したという方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

全くその通りと思えた方は拍手をお願いします

コメント

非公開コメント

田んぼと日本人!

 すいません、もう一つコメントさせてください。

田んぼから得るものとは、
けっして食料としての「米」だけでない。

大変シャープな地形、
そして降水量も多く、その雨が
梅雨の時期に集中する日本。

日本人は、「治水」について
はるか昔から、相当苦労してきた。

その「治水」という面でも、
田んぼは大変な活躍をしている。

稲作というのは、
日本で梅雨の集中する時期に
一番「水」を必要とする。

日本中で水で溢れかえる時期に
田んぼは水を吸収してくれる。

つまり「治水」という面で、
田んぼは「ダム」の機能を果たしてくれている。

今、気象変動により、
毎年数回、どこかで
集中豪雨の被害が起こる。

田んぼが失われたら
一体どうなってしまうのだろうか。

さらにもう一つ。

田んぼが食料だけでなく、
エネルギーの生産地になる
可能性があるということだ。

ほんの50年ほど前まで、
電気もガスもあまり普及していない時代に、
農家では炊飯も風呂焚きも
田んぼから取れる「ワラ」を
燃料として使われていた。

形は違うが、その田んぼで取れる
「ワラ」が我々現代人の大事な
エネルギー源となる可能性がある。

昔のように、田んぼは
食料の生産地でもあり、
エネルギーの生産地にもなる
可能性がある。

最近、近畿大の井田民男教授らが
中心となって開発した
「バイオコークス」が大変注目されている。

廃材、雑草、生ゴミ、枝木などなど
生物由来の資源であれば、
石炭に大変近い燃料ができ、
高槻市や北海道などで、だいぶ
実用化が進んでいるらしい。

多くのこれらの生物系の資源が
ゴミとして扱われ、ごみ焼却場で
重油を使って燃やされている。

それらを燃料に変えれる技術であり、
ゴミ減少に大きく関与できるであろう。

その最大の課題は、
生物系資源の供給量と
乾燥らしい。

それを決定的に補うのが、
ワラや籾殻ではなかろうか。

日本中どこへ行っても、
田んぼが広がる。

それだけ、食料の面でも
治水の面でも必要であった。

そして、もう一度、ほんの50年前までの
ように、燃料(エネルギー)の
供給源になる可能性が
十二分にある。

そしてもう一つ言いたい。

農業用水など、まだまだ水力発電として
未開発な用水路や溜池、ダムなどが
いくつもある。

高度経済成長時に
安価で石油が入ってきた為、
水力の開発が鈍ってしまった。

そして、一番飛びつきやすい
水力発電は、中小規模の農業用水で
あると考える。

各地域の農業用水も
先人が大変な苦労を重ねて、
築いてくれたものだ。

これを、未来の子供たちのために
さらに有効に活用しなくてはならない。

何千年単位で、我々の祖国に
定着された稲作。

その稲作というのは、
この国にマッチした農業であり、
必要なモノであった。

それを定着される為に、
長い年月をかけた先人の方々の
大変な努力がつぎ込まれてきた。

農業用水や田んぼなど、
先人たちの偉大な遺産である。

それを有効に活用する道は
十分ある。



カリフォルニアやオーストラリアの農業の危うさ!

 カリフォルニアやオーストラリアというのは、
降水量の少ない乾燥地帯である。

そこに、無理に水を引っ張ってきたり、
地下水を過剰にくみ上げたり、
さらに大量の農薬、化学肥料を使って、
大変無理な農業をしている。

地下水の過剰なくみ上げにより、
塩水が上がってきたり、
過剰な農薬使用により、
土地がやせて、使い物にならなく
なってしまったり、
さらに近年の異常気象により
大干ばつにより、
カリフォルニアもオーストラリアも
その被害を大変受けやすい。

そんなところに、
日本の食糧を依存してよいのだろうか。

気が狂っているとしか、言いようがない。

まさに、自殺行為だ。

これだけ世界的に人口が増加する中、
なるべく地産地消に移行していかなくては、
自由貿易だの経済効果だの
今回のTPPの話は、
人類全体の未来に対しての
反逆行為である。

それに日本が乗るのか!?

「国民の生活が第一」と掲げて
政権をとった民主党が、
その理念と真逆の「TPP」か。

「ふざけるな、ばかやろー!」
と、言いたい。